明けましておめでとう御座います。

 ご無沙汰でした。なにか他のことばかりして全然ブログ書かなくなって半年以上過ぎてました。書きかけの記事も二三放ったままですが、ともあれ。


P11203031
 明けましておめでとう御座います。
 今年も宜しくお願いします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

「DP-CMX1 GUP」の鼓動

 来た。来てしまった。

 重厚感溢れるガジェットが。


P11104281


 ONKYO GRANBEAT Girls und Panzer 限定版 (DP-CMX1 GUP)

 ハイレゾオーディオプレーヤーとスマートフォンの合体した製品の、ガールズ&パンツァーモデル限定版。買ってしまいました。はっはっはっはっは……なにをとちくるったのか。

続きを読む "「DP-CMX1 GUP」の鼓動"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

サーモス・タンブラー用 フタ&ソコカバー

 サーモスのステンレス真空断熱タンブラー用の、フタとソコカバーを買いました。
 Amazonで合わせ買いで少し安かったので前からそのうち買おうと思ってましたが、今回他のものを買うついでに注文。5色のうち、ブルーを選びました。

P11100741


 「サーモス 真空断熱タンブラー用フタ (S) ブルー JDA Lid(S) BL」

 「サーモス 真空断熱タンブラー用ソコカバー (S) ブルー JDABottomCover(S) BL」

P11100771


 前からお気に入りに入れてたので個別で買いましたが、セット買いも今はあります。そちらだと合わせ買いじゃないのに、結果同じ価格(上記の値を足した価格)で出てました。消耗品でもあるし片方だけなら合わせ買いでしょうけど、初めて買うならこっちのセット買いで問題ないかな。

続きを読む "サーモス・タンブラー用 フタ&ソコカバー"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

初めての、ハイレゾ対応カナル型イヤホン「JVC HA-FX1100」

 7月10日はAmazonプライムデーでした。Amazonのプライム会員限定の、一年に一度の大規模セールの日です。前回などは特に買うものもなかったのですが、今回はちょうど買い物する必要がいろいろあり、それでチェックしていたせいか、結構出費してしまいました。

 今回登場する物はそのひとつ。JVCのカナル型イヤホン「HA-FX1100」です。WOODシリーズと銘打つJVCのインナーイヤーヘッドホンのハイエンド。写真は外箱から中箱を出したところ。

P11100521


 今までイヤホン(または(インナーイヤーヘッドホン)を買ったことがないわけではありませんが、PS Vita用純正イヤホンとか、kindle用純正イヤホンとか、5千円もしないものでした。どれもそれなりに聞けるものですが、もとよりカナル型(kindle向けのは固いイヤーピースでカナル型ではない)はその耳栓状態で密閉された感じがあまり好みではなく(口元動かしただけで、血流の音とか骨の音が耳障りに聞こえる)、まともに買うつもりはありませんでした。写真は外箱の裏側。

P11100551

 ただ、MDR-Z7というハイレゾ対応の大きめのオーバーヘッドホンを購入したことも有り、逆に気軽に付けられハンディ機器で使えるハイレゾ対応のヘッドホンが欲しかったのは事実。いずれは……と思っていたそこに、このHA-FX1100が目に留まったのです。

 2014年発売のこのイヤホンは、本来は5万円以上していたのですが、ここのところは3万円前後になっていました。それがなんとプライムデーでは2万3千900円という低価格に(いやまだ十分高いが)。当時の価格が29,900円ほどでしたので6,000円ほどの値引きでした。中古ではなんと約25,000円で売ってました。下位、というかノーマルな「HA-FX850」なども2万円前後でしたので、この価格差ならFX1100を選ぶのは自明の理。というわけで、イヤホンに2万円という、ちょっと前なら考えも付かないことをしてしまいました。オーバーヘッドホンで3万円超えるのすらためらっていたというのに、元の標準価格が高いので、値引き率につられてしまいました(半額以下ですからね)。

続きを読む "初めての、ハイレゾ対応カナル型イヤホン「JVC HA-FX1100」"

| | コメント (2) | トラックバック (0)

五十にして

 子曰く、「天命を知る」だそうですが、未だに振ってこないぞ、天命。

 というわけで、久々の記事は誕生日です。わーい、今年は誰にも祝われていないぞ……ついに親もスルーしてたわい。というか、日付、きっちり忘れてますね。

 まあ先日外食したので、いまさらではあるし、天命もわからんし、いつもどおりの土曜日を過ごしたわけです。
 なお自分へのプレゼントとして何か買うのもすっかり忘れてたけど、ちょうど『けものフレンズ BD付オフィシャルガイドブック 3巻』と『S.H.Figuarts メフィラス星人』が届いたので、それで。今頃に来るの忘れてた。

 しかしたとえ誕生日をさらりと忘れられたとしても、地球を売り渡したりはしません。中二病あたりのころは、一瞬頭に浮かんだかもしれないけど。サトル君、尊敬するよ。
P11100491

 「どうだね、この私にたった一言、地球をあなたにあげましょうと言ってくれないかね」
 「どうだね、サトルくん。地球なんかさらりと捨てて、そういう星の人間になりたくはないか」
 「聞き分けのない子だ。なぜ地球をあなたにあげますと言えないのか。わたしは、君が好きだ。わたしの星で、永遠の命を与えようと言っているんだぞ」

 よく考えたら、ただの子供がさらりと一言言っても、何の確約にもならないと思うんだけど。再放送で見た当時はなんか怖かったね。紳士ぽい言い回しではあるけども、やはり詐欺っぽさがにじみ出てるからだろうか。

 メフィラス星人といえば、当時(といっても本放送後、新マンのころかな)ソフビも持ってました。ただ、好きでしたけど、あとで見ると映像とは似てないデザインでした。あの特徴的な口元に分割線が入ってたせいもあるけど(最近のものは大抵ボディ一体型ですが、あれはなぜか頭部が別だった)。調べてみたらブルマァクのミドルサイズってやつですね。こちらのページに写真がありますが、口元?が小さいしヒゲも胴体側では色もついてないので他と全然イメージ違います。なんかね、丸いお尻とか脚の特徴的なダイヤカットみたいなディティールが好きでした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

「SONY MUC-B20SB1」購入。

P11004841

 去年の12月に購入したSONYのヘッドホン「MDR-Z7」用の、バランス接続ケーブル「MUC-B20SB1」を購入しました。Yahoo!ショッピングで。期間限定ポイントが1万ほどあったので、約15,000円で購入。ほんとはもうちょい貯まるのを待つつもりでしたが、期間切れが近い3,000弱があり、その次入っても同じくらいかなと思って。あとゾロ目の日で1,515円引きクーポンがあったのも理由の一つ。思いの外早く買うことになりましたが、まあしょうがない。

 やってきたのはこれまたコンパクトな箱。色は白基調で、ポータブルアンプ「PHA-2A」とおそろいです。軽くて、これが標準価格約27,000円もするとは思えません。


続きを読む "「SONY MUC-B20SB1」購入。"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

SONY「SRS-X1」入手。

P11004381


 SONYの球体スピーカー「SRS-X1」を入手しました。NTT会員のポイントを使って。

 niftyが去年、光コラボの@nifty光というのを始めたのがきっかけ。これはプロバイダがNTTの回線を借りて支払いを一括にするというもの。これまで以上の紐付けになります。私が最初に光ケーブル入ったころも同様に一括支払いでしたが、途中で分離してそれ以来ですね。
 それでまあ勧誘の電話がかかってきて、もう少しで入るところでしたが、そちらに入るとNTT-Westのポイントがすべて無くなるというので、先にポイントを使い切っておかないともったいないということで入るのを中止。見ると1万ポイントほど溜まってたので、交換品を探してみましたが、なんかいいのが無い。結局8800ポイントほどのこの球体スピーカーを選び、到着した次第。で、光コラボですが、今店と家の二カ所でNTTの値引きなども入ってて、結局そんなに金額が変わらないことから、止めることにしました。また電話かかってきそうだけど。

P11004421


 さてSRS-X1です。こいつはBluetoothの無線接続が可能で(有線でもつながります)、防水機能もあるモノラルスピーカーです。スペシャルページもあり、わりと音がいいのと、カジュアルな使い勝手の良さで人気あるようです。ワイヤレスポータブルスピーカーのシリーズとしては実はこいつは三代目です(X1の前に、RDP-NWV25BSRS-BTV5という球体スピーカーがありました。いずれも生産終了)。さらにこのあと2015年にはSRS-X11という機種が出ていますが、2014年に出たこのX1もまだ現役。X11の大きな違いは防水がなくなったことと、キューブ型になったこと。四角いので置きやすいけど、防水というアドバンテージが無くなったせいか、並売しているようです。あ、あとボール型で上部の振動板(ダイアフラム)をカバーする天辺にろうとのようなディフューザーが付いてるので、X1は単体で360°に音が広がります。その違いもあるからかな。

 なお発売当時のAV Watchのレビューがこちら

続きを読む "SONY「SRS-X1」入手。"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

SONYプレミアムワイヤレスサラウンドヘッドセット CUHJ-15005

 タイトルのものを買いました。Yahoo!で期間限定Tポイントが1万6千円分ほどあったので。約1万9千円ほどですが、実質三千円程度ですね。11日に予約し、19日に到着。

P11004001


 きっかけはそれですが、あともひとつは、PS4専用だから。いくつかのPS4ゲーム専用の音響プロファイルを選んで音を変えることが出来(ヘッドセットに通常記憶できるのはそのうち二種類のみ)、なおかつ3Dオーディオに対応してるからです(これは少し誤解があった)。あ、あともひとつ、PS3用にすでに「ワイヤレスサラウンドヘッドセットCUHJ-15001」を持っているのですが、これはPS4でも使えるものの、さっと付けたり外したりしてもすぐには認識しなかったりします。PS3はまあまだしも、PS4だと再起動したりややこしいので、もう付けっぱなしが一番だと思い、PS4用というこいつを選んだわけです。PS3には15001を、PS4にはこの115005を使おうというわけですね。

P11004081


 箱の中には真っ黒な分厚い箱が。開くと中に15005本体が布地っぽい台座に置かれ、妙なところがプレミアムな感じ。

 さて、プロファイルは15001と同じく二つまで記憶できますが、問題があるとすれば、このヘッドセットに対応したプロファイルを持つゲームは、今だ三つくらいしかないってことです。さらに3Dオーディオに対応してるものは、『アンチャーテッド4』だけ。PlayStation VRや海外では他にもあるようですが。

P11004101


 本体を取り出し、台座?を外すと下に付属品と取扱説明書などが入ってます。付属品は、USBトランスミッター、USBケーブル、3.5mm4極のステレオケーブル(4極なのはおそらくヘッドセットのマイクのため)、本体を入れるポーチ等。見比べてはいないけど、トランスミッター以外は15001と同じじゃないですかね。

 ところで、3Dオーディオに対応しているというPSVRですが、これの音声再生は付属の3.5mmアナログケーブルでつなぐヘッドホンがデフォルト。この15005も同じくPSVRとつなぐときはアナログケーブルで、ワイヤレスでは使えません。となると、3Dオーディオというのは、dts Headphone:Xと同様にステレオヘッドホンで聞けるオブジェクトベースのサラウンド方式ということになります。しかしこのヘッドセットのバーチャルサラウンドの切り換えスイッチでは、バーチャルサラウンドと3Dオーディオ、それと切り換える2chステレオしかありません。有線でつなぐのがデフォルトなら、2ch側に3Dオーディオがなくてはおかしいのですが、なぜかバーチャルサラウンドと一緒。なんでだろ。それはともかく、dts Headphone:Xと同じなら、それはソフト側が対応させた音声データを持ってるか否かで、ヘッドホン側は普通にステレオが聞ければ問題ないんですよね。dts Headphone:X対応をうたうビクターのヘッドホンが何の変哲もないヘッドホンだったのと同じで。とすると、3Dオーディオ目当てで15005を買う必要はとくに無い……?
 ……なんという罠。

続きを読む "SONYプレミアムワイヤレスサラウンドヘッドセット CUHJ-15005"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

「PHA-2A」到着。雑感。

 22日(日)、無事に到着。アミューズランドYahoo!店というところで6万切ってたので、そこにメーカー外の5年保証つけて大体6万円、それから残存ポイント全部の約23,000円分引いて、正味37,000円ってとこでした。

P11004211


 しっかりした大きなダンボールに入っていたのは、ポータブルなので当然ですが、思ったより小さな箱。そして思ったより分厚い。樹脂製の、フック用のつりさげパーツが上に付いてますけど、こんな高額商品つり下げてる店あるんだろうか。

続きを読む "「PHA-2A」到着。雑感。"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ついに購入したぞ、新ヘッドホン。

 というわけで、買いました新ヘッドホン。清水の舞台から飛び下りるつもりで。

P11003451


 買ったのはSONYの「MDR-Z7」。写真は分厚い箱の表から。一応密閉型のヘッドホンで、クラス最大の70mmの大口径ドライバを持つ、SONYの前ハイエンドヘッドホンです。前とつくのは、今年ハイエンドが更新されたから。「MDR-Z1R」というそれは、なんと一応オープン価格ながら、標準で21万円前後、安くても19万円弱という、とても手が出せるシロモノじゃありません。Z7は2014年発売ですが、まだ現役販売(そりゃまあ20万円もするものにバトンタッチして、この価格帯を消すわけにもいかない)。出てからずっと憧れてたので、Yahoo!でポイントが増えてる時期に、思い切ってカートに入れたというわけです。

P11003481


 こちらの写真は箱の裏側。購入理由は、そろそろハイレゾ対応と言われるタイプのヘッドホンが欲しい、リケーブルで一般的なアンバランス接続以外にバランス接続も可能(まあ今はまだ使えませんが)、デザインが好み(MDR-CD3000と少し似てる)、70mmドライバを聞いてみたい、たまには新規で欲しい、といったところ。実は学生時代から、2万円を超えるヘッドホンは一つを除いて中古で購入したものばかり。といっても全部で五つしかありませんが(そのうち三つはワイヤレスヘッドホン)。一番最近買ったPS3や4専用のワイヤレスヘッドホンは1万円切ってるし。そんなわけで、二十年くらいぶりに、新品のヘッドホン、しかもわりと高価なやつを買ったわけです(SONYなどでは。もちろんオーディオ界には、十万以上のヘッドホンなんていくつもあります)。

続きを読む "ついに購入したぞ、新ヘッドホン。"

| | コメント (2) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧