『KONICA MINOLTA DiMAGE A2』購入。レポートその1。

Pict7005_2r1


 2月末、KONICA MINOLTAのハイエンドコンパクトデジタルカメラの最終系、DiMAGE A2を買いました。2004年のデジタルカメラなので(6年も前だ)、もちろん中古。ヤフオクで、送料込み1万3千円弱。2年前に買ったA200の半額近く。A200も今は2万ちょいかそれ以下ですが、それより古いA2の値がもっと下がってるだけか。2年前はA200よりは高めでしたが。

 ブツは鏡筒の先、レンズフードの取り付け部の出っ張りの一部が割れてるけれど(フードはちゃんと付けられます)、それ以外は特に問題ない模様。正直修理の効かない部分というのが気になったけど、社外品の予備電池二つ付きで、元箱他全部揃いにワイヤードリモコンも着くというのでこれに決めました。

 A2のあとに発売された我が愛機DiMAGE A200もハイエンドコンデジの範疇ですが、正確にはこれの後継機ではなく弟分といったところ。基本スペックは近いものの、A200ではいくらかスペックダウンしてます。もっともその反面バリアブルモニタになってたりサイズが小さくなって軽くなったおかげで取り回しは楽になっていて、使い勝手が悪くなったという感じはさほどありません。グリップなど小型化したおかげで、女性など手の小さい人にはA200のほうが向いてるかと。

 スペックとしてはレンズは基本同じもので、画素数も800万で同じ(センサーは違うかも)。A200になって変わったのはEVFが普通になって、処理プログラムが少し進化したところか。多分日中、外で使う分にはA200のほうが有利な面が多いです。室内でじっくり静物を撮る、またはフラッシュ焚くようなシチュエーションだと、A2のほうが有利かもしれません。外付けフラッシュの一般的なシンクロ端子もデフォルトで付いてるし、ワイヤレスで外付けフラッシュを同期させることもできます。A200はシンクロ端子は特殊なアダプタが必要で、ワイヤレスには対応してません。どっちにしろ未だ外付けフラッシュ持ってないんですがね。

 どちらが便利かはユーザーの状況によるし、使い込んでみないとわからないなー。

続きを読む "『KONICA MINOLTA DiMAGE A2』購入。レポートその1。"

| | コメント (0) | トラックバック (0)