カバーが現すもの。講談社現代新書の変化。

 「講談社現代新書」という新書シリーズがあります。私はもうこの手の新書はずいぶん長いこと買ってませんが、数年前にカバーを刷新したそうです。ある2ちゃんねる系まとめブログの記事にてそのカバーについて触れたコメントがあって、引っかかりました。消えると面倒なので、引用してみましょう。

-------------------------------------------引用開始

38 名無しさん@涙目です。(WiMAX) :2011/10/16(日) 08:44:39.23 ID:ZSD6e9cO0
講談社現代新書のカバーを以前みたいにイラストにして欲しい
今みたいな簡素すぎる表紙は、本を買う楽しみ、読む楽しみが薄れてもうすっかり買う気無くしたわ
責任者は首を俺のところにクール便で差し出すように

96 名無しさん@涙目です。(春日山城) :2011/10/16(日) 09:05:50.14 ID:Gx7hMci70
>>38
http://www.bookclub.kodansha.co.jp/books/hon/0411/nakajima.html

100 名無しさん@涙目です。(WiMAX) :2011/10/16(日) 09:08:27.76 ID:ZSD6e9cO0
>>96
おk 中島英樹の首を狩る旅にでかけてくる

137 名無しさん@涙目です。(金沢城) :2011/10/16(日) 09:21:54.59 ID:yBW29qch0
>>96
中島英樹って人か、
変化を求めるのは、例え保守的な客層相手でも自由にやって良いと思う、
だけれどこれは長期的に致命的だと思うわ。
 ・愛着が全くわかない
 ・表紙を見て好奇心がわかない、新規客がつかない
で、すぐ売りたくなるし。

掃除のときには古いクーポン情報誌と同じく、真っ先に処分する対象になる。
イラストは魅力の+-が大きいけど、これじゃ0ではなく-固定だよ。

イラスト経費削減だとハッキリ言えば良いのに(´・ω・`)

-------------------------------------------引用終わり

 ジョークまじりですが、最初のひとマジに怒ってる。
 本が好きなら、カバーの善し悪しで本の所有欲がいかに左右されるかもわかります。あとで処分するような本にしろ、呼んでる途中で伏せたり、栞挟んで閉じたときに見える表紙が読書中の楽しみでもあります(まあ文庫本とか紙カバーかけたまま読むときは別ですが、当然表紙は既に見てるしめくれば見えますから)。

 そんなわけで一体どのような表紙になったのか、中島英樹とやらはどんな仕事をしたのかと検索してみたら……。

続きを読む "カバーが現すもの。講談社現代新書の変化。"

| | コメント (1) | トラックバック (0)