サーモス・タンブラー用 フタ&ソコカバー

 サーモスのステンレス真空断熱タンブラー用の、フタとソコカバーを買いました。
 Amazonで合わせ買いで少し安かったので前からそのうち買おうと思ってましたが、今回他のものを買うついでに注文。5色のうち、ブルーを選びました。

P11100741


 「サーモス 真空断熱タンブラー用フタ (S) ブルー JDA Lid(S) BL」

 「サーモス 真空断熱タンブラー用ソコカバー (S) ブルー JDABottomCover(S) BL」

P11100771


 前からお気に入りに入れてたので個別で買いましたが、セット買いも今はあります。そちらだと合わせ買いじゃないのに、結果同じ価格(上記の値を足した価格)で出てました。消耗品でもあるし片方だけなら合わせ買いでしょうけど、初めて買うならこっちのセット買いで問題ないかな。

続きを読む "サーモス・タンブラー用 フタ&ソコカバー"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

居間のエアコンも新型に。

 6月には自室に一年ぶりのエアコンが付いたわけですが、実は7月になって居間のエアコンも故障しました。自室のと同じく、大雨の日に壊れた模様。湿気で基板がやられるんですかね。居間は一階ですが、キッチンと食卓と一緒になった一室のいわゆるLDK(リビングダイニングキッチン)の形態。何坪かはっきりは忘れましたが、エアコンは14畳相当の200Vコンセントの4キロ級です。

 まだ梅雨ど真ん中だし、自室のエアコンつけて一ヶ月なので、急いで家電店へ。今回は一階だし、位置を変える必要もないので簡単な工事のはず。前と同じくケーズ電機で購入しました。工事日もラッキーなことに三日目で、早々に付きました。しかし効率はいいんだろうけど、自室に購入した255と今回購入の405が殆ど値段変わらずというのが納得いかんな。たった一ヶ月の差です。まあ405も先月より安くなってはいたし、もとより値が下がるまで待ってられるはずもありません。

 今回購入したのは「MSZ-ZW405S(W)」。同じZシリーズなので、大きさ、性能以外の機能は自室の255と全く同じ。いざというときはリモコンも使い回せそうです。効率は255よりいいのと、部屋が広いせいか、自室よりも節電モード時に変化が少なく、勘違いかもしれませんがよく冷えます。まあ節電モード時の設定温度は当てにならないのは同じですが(大体体感温度は設定温度より1度前後高い)。

 でまあ、快適に過ごしてはいたのですが、今日、最新エアコンならではの失敗を体験しました。まあ被害を被ったのは私ではなく、家の犬なのですが。

続きを読む "居間のエアコンも新型に。"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

三菱エアコン、すまぬ。

 なんか冷気が前のより落ちてるように書いたけど、そうでもなかった。

 メニューに「快眠」というモードがあって、これを選ぶと節電モードでも風速を抑えて静かな動作に入るのですが(節電モードでは涼しく感じさせるために強風で風を身体に当てたりする)、これで26度設定くらいにしてたらいつしか底冷えしてきたので、室内機の前に立つと案外冷たい風が出てました。温度設定を27度にしたら送風になって、流石に湿度が上がったのか26.5度でちょっと蒸す感じに。結局温度よりは湿度の問題ですかね、さらっと涼しくなるかどうかは。やはり前のエアコンは湿度がかなり下るやつだったんだろうなぁ。

 霧ヶ峰、節電モード切っておけばいつも涼しいと思います。節電モードにするなら、快眠にして長く点けておけばずっと涼しくなるでしょう。

 オマケ。今の三菱エアコンにある「お知らせ」。節電の勧め他の情報を室内機から知らせてくれる通知機能なんですけど、これに音を付ける設定が有ります。普段液晶は消えてるし、リモコン特に見ないだろうから、ONにしてるんですけど、この音、メロディでした。三菱エアコンのCMでお馴染みの、「き・り・が・みねっ」というアレ。通知音なんだからなんだっていいんでしょうが、こういうお遊びはなんかいいわー。TV見たことあるなら、多くの人が聞いた事のあるジングル。こういうのもブランドの強みといえるのかしらん。エアコンのCMでは、エオリア(徳永秀明よりバリー・マニロウの歌が今でも思いで深い)とうるるとさらら(ぴちょんくんの歌)は曲で覚えてるなぁ。霧ヶ峰はまさにあのジングルですが、Youtubeでいくつか見ると、使ってないCMも案外多かった。昔は小泉今日子とか、そういややってたなぁ……。

 ああこのCM曲はサビだけちょっと覚えてる。
 レリホー♪ レリホー♪

| | コメント (0) | トラックバック (0)

三菱電機 霧ヶ峰 MSZ-ZW255(W)

 今はまだ、じっとり梅雨の時期なりし。

 皆さん、お元気ですか。文明の利器に溺れるやずみです。
 新しいエアコンがついて幾星霜。いや十日しか経ってませんが。快適な時間を演出してくれるこの文明の利器を、ちょっとだけ紹介してみようかと思います。ちなみに名前の最後の(W)は白色のことですが、この機種では正確にはウェーブホワイトだとか。どっちもイニシャルがWで紛らわしいわー。なお(T)のほうはウェーブブラウンだそうですが、どこにTってイニシャルあるんだ。Bだとブラックと間違えるので駄目だろうけど、Tの元が気になる。

P10902062_3


 本体。ここ数年の流行りで、かなり前に出っ張っています。吸気は上からするタイプなので、前面パネルは普段開けません。何故大型化して前に出したかと言えば、一つは熱交換機(内部にあるアルミフィンなど)の大型化のため、もう一つはルーバーとフラップも大型化するため(より遠くへまっすぐ風を送る、方向をしっかり連動させるなど)などが理由だそうです。HPの透視図見ると、幅は殆ど変わらないけど、横にあった基板部を前面に変えて、その分熱交換機は横に広がり、さらに奥は上にかぶさるように、横から見てコの字のような形になってるようです。結構大きめ。

続きを読む "三菱電機 霧ヶ峰 MSZ-ZW255(W)"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ついに文明の光が我が部屋に。

 いや、電灯がついたってわけじゃないんですがね。

P10902252


 これがエアーコンディショナーの光だっっ。
 というわけで、通電されたエアコンの電源ランプに光が灯ったというだけの話。パネルの裏にランプがあって、白い光がうすぼんやりしてます。確か去年の型では温度も表示されてましたが、今年の型から無くなった模様。とまれ、苦節約10ヶ月。これでまたカーテン閉めっぱなし生活が送れる(笑)
 あと、電源ランプの向かって左にはまだ点いてるの見たことないけどクリーンランプというものがあり、停止後送風などのクリーン運転時やおそうじメカ運転中に点くそうです。更に左には緑の葉っぱみたいなマークも出ますが、これはナビランプだそうで、エアコンから「お知らせ」がある時に点くとか。さらに左にうっすら黒い部分がありますが、ここはリモコンの送受信部。ちなみにリモコンを操作すると、ムーブアイセンサーの付け根の回りがうっすら光ります。何事も控えめになったんだなー。

 
 さて、先週先送りになっていたエアコン設置が、今日ようやく行われました。今日は晴れのち雨でしたが、午後2時過ぎに工事屋さんが来られたときは多少雲はあるけど晴れ。ただ風があるので、思ったほど暑くはなかったです。

 工事は結局既存のエアコンが付いていた位置、その穴を使って付け替えることにしました。せっかく足場もあるし、もし今後エアコンが壊れて買い換えることになっても、今のエアコンのパイプはそのままで使い回せるとも言うし、使えなくて新しいパイプの引き回しが上手くいかなくても、その時にまた南の壁に穴開ければいいかなと。
 というわけでパイプを西側の壁の外に出して、屋外化粧カバーを使ってL字型にバルコニー側へ流し、バルコニーの窓際に南向きに室外機を置くことに。元は西向きで西の手すりにファンを向けてましたが、アルミフィンが壁向きになってたほうが触れにくいし良かろうということで。もちろんその前に、既存のエアコンを取り外すわけですが。

続きを読む "ついに文明の光が我が部屋に。"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

蒸し暑い梅雨に。

 気象庁が、地元の今年の梅雨入りを発表しました。6月3日。例年より少し早く、去年よりは一日遅い。
 折しも昨日除いて今日(5日)まで雨。3日は蒸す中、部屋の片づけ。暑いので窓開けたけど、あまり意味がないという。まあエアコン施工日までにもうちょい壁と窓回りを片づけなければと、ちょこちょこ片づけてました。

 しかし本格的な梅雨の前になんとかエアコンが付くのは助かった。もうちょい早くに決めておけばよかった気もするが、足場付けるタイミングがあったからなぁ。

P10809162


 あと問題は施工か。今付いてるエアコンと同じところに着けるのは、今なら問題ないはず。足場があるので、室外カバーも普通に設置できる……と思う。画像は西南の西側の壁についてる今のエアコン。この裏側が下まで絶壁で工事できないだろうと言われた。前の工事は覚えてないが、多分長い梯子で下からか、右の窓から身を乗り出してパイプを固定したのだろうと思われる(パイプの固定が窓際のほうだけ)。パイプは西壁を通って、南のバルコニーまで出て、そこに室外機が設置されてます。

 ただ、もし次にエアコン工事する場合、足場がないと同じ工事が出来ない可能性が高い。なので、ホントは南側の壁(写真のコンセントのある壁)に穴開けて、そっちにパイプ出す工事にしたい……んだけど、エアコン買いに行ったとき、それ言い忘れたのよね。見積書見ると、そこらへんはっきり言ってなかったせいか、設置環境をあちらがかなりはしょって書いてた。鉄骨なのに木造だったり(最初から穴が開いていれば関係ないから。室内の壁はベニヤだから固定も問題ない)。下見は無しで施工日に直に見てからというので、細かいところは言わなかったんだけど、そこらへんは不明に○がある。室外機をベランダに置く、屋外配管カバーを付ける、というのは言ってあるので大丈夫そうだけど、屋外配管カバーは2mまでが無料。既設の穴使うと明らかに足らないので数千円足さないと駄目。もし南側に穴開けてそっちに出すなら、多分下へ下ろすだけなので2mで十分間に合うんですが。ここらも当日相手に言ってみるしかないかなあ。屋内ではパイプはもうむき出しでいいかな(屋内の化粧配管カバーもあるけど、手間と金がかかる)。

 月曜まであと三日。どうしたもんか。

 追記。自室の先々代のエアコン、三菱でなくて東芝製でした。片づけしてたら、昔のタッチリモコンが出てきた。裏の型番が消えてて読めないので、エアコンの型番は調べられず。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

8月4日に壊れて

 (去年の)8月4日に(エアコンが)壊れて、あれから約9ヶ月。
 書中に止まって残暑まで、汗だくで乗り切った、去年の夏。
 コタツだけでは流石に寒くて、効率悪いけどオイルヒーター出してた、真冬。
 そしてそろそろ暑くなってる梅雨目前の、この春。

 三つの季節をまたいで、ついにエアコンを買いました。まあ、代金払っただけで、まだ部屋に付いてませんがね! 施工予定日は来週の月曜日、6月8日です。夏に間に合って、本当に良かった。

 思えば去年の8月4日。前日は台風でも無いのに極端な大雨で市街では冠水する道路も出たころ。当日も大雨でした。ツイートした時間をみると20時21分、その直前にエアコンが止まりました。その後何度か起動するも、結局半日以上経ってから少し動いただけで、次の日の21時にはもうまともに動かなくなってました。

 それからまあ暑い熱いあつい日々。知り合いの電気屋さんに見てもらったけど、室外機の基板が漏電か何かで壊れたらしいと。交換すれば直るかもしれないけど、結構高い。そもそもエアコンも十年くらい経ってるので、買い換えた方がよかろうという話に。

続きを読む "8月4日に壊れて"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

シャッター故障につき。

 店のシャッターが壊れました。先週の月曜日でしたか。

 午前中、普通に開けて中に入って普通に下ろしてたら(手離しての自由落下に任せる)、地面にあと1mあるかどうかのところから突然急激に落ちてガッシャンと大きな音が。驚いて持ち上げようとすると、これがなかなか持ち上がらない。結構頑張って胸あたりまで上げたけど、離すとまた落ちそう。とりあえず親に説明してシャッター屋に連絡することに。三和シャッターでした。

 しばらくしてとりあえず来てもらったものの、どうやらシャッターの軸あたりにあるバネが壊れたらしい。そのテンションである程度ゆっくり下り、楽に上げられるわけで、それが切れたからまともに上げることもできないらしく(軸に巻くのに邪魔になるんでしょうかね)。このバネとか軸は個々のシャッターによって調整、製造するらしく、他県でのオーダーメードなので結局一週間はかかるとのこと。

P107093222_3

 そんなわけで、下ろすとまともに上げられなくなるので中程度の脚立をつっかえ棒にして、開いた部分はビニールとさらにダンボールを上に開くよう上側だけテープを貼って、応急処理で一週間。15日(火)にようやく品が届いて、修理と相成りました。いや、膝が痛くてね。二階行くのにいちいちしゃがんで入り込むのは大変でした。わたしゃ、茶室には入れんなぁ。
 写真はそのシャッター修理の様子。修理に来てるので、奥にもう一つ修理屋さんの脚立が見えます。つっかえ棒にしてるのがうちの脚立。ビニールとダンボールは既に外してますが、こんな形で一週間もぐり込んだりしてました。

続きを読む "シャッター故障につき。"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

EXGEL Cushion mini を買う。

 ご無沙汰です。ネット小説やらゲームやらTV録画視聴にかまけて、あまりに放置してて申し訳ない。どうにも写真を撮って云々という手間も手軽な記事作成にマイナスになってるせいもあろうかと思うので、写真撮らなくてもリンクで済まして備忘録やら買い物記事を上げることにします。

P10204272


 で、今回の購入品。前から欲しいと思いつつ、実際にどれだけ効果的なのかと半信半疑でいた代物です。
 写真は、ビニールパッケージから出した状態。説明書兼台紙と、写ってないけど一年間の保証書が入ってました。製造販売は島根県にある「株式会社 加地」。日本製ですね。カラーは、台紙の写真にある青とこのグレーの二色。

 カーバックス等の車のアイテム屋さんに行けば大抵置いてるのが、シートに敷く衝撃吸収剤入りのクッション。一般的なシートクッションと同様薄めながら内蔵された衝撃吸収剤のおかげで一万円前後するため、よほど余裕のある人か、腰にかなりの問題を抱えている人でないと買うことは無いでしょう。そんな中で、唯一四千円前後の品。それが「エクスジェルクッション ミニ」。なぜ安いかといえば、小さいから。そもそも車用ではなく、外出先で使うため携帯できる汎用のハンディタイプなんですね。ただ小さいけどスペースはほぼジェルで埋まっていて必要十分なサイズなので、使用に問題はないです。

続きを読む "EXGEL Cushion mini を買う。"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

E17 LED電球と、横向きアダプターソケット RITEX DS17-10

 家によってはリビングや廊下にダウンライトを使ってるところがあります。物によりますけど、古い家なら大抵クリプトンライトで、しかも横向きに取り付けて反射板で下方面を照らすような。電球型蛍光灯やLED電球が普及してきた現在では、いかに雰囲気がよくても熱もあるし消費電力も使うクリプトンライトをずっと、しかもたくさん使うのはあまりいいとは言えません。そんなわけでE17(小口径の電球のソケット)対応のLED電球もメーカーの尽力により進化してきました。LEDは直進性の高いものなので、大まかに言えば多数のLEDを角度を変えて内蔵するか、外側のグローブ部分を工夫して光を上手く拡散させるかです。で、今回見つけたタイプは後者でした。まあ小径電球の場合、サイズを縮めるにはどうしても拡散の工夫に寄る訳ですが。

 「東芝E-CORE LDA6L-G-E17/S」
 グローブが今までのと違い、横から見て台形になってます。この上面の内部に波紋形プリズムというものを作り、全体的に広がるようにしてるのだそうです。形状からわかると思いますが、広がりは180°に限定されてますので、反射板無しで横を照らすのは不向きでしょうね。前向きにすると今までのよりもソフトな広がりが期待できます。具体的には、照明器具のフラッドランプの代わりにちょうど良さそうだなと。

 これを見つけたのは家電Watchの記事なんですが、実はその記事にこれよりもっと目を引くものがありました。それが、先のダウンライトなどで使う横向きのアダプター「E17 LED電球専用 可変式ソケット(DS17-10)」でした。まさかこんなものが出ていようとは。あ、価格はAmazon等のほうがずっと安いので注意。

続きを読む "E17 LED電球と、横向きアダプターソケット RITEX DS17-10"

| | コメント (3) | トラックバック (0)