ピースコンヤング88とジョイントバルブ

 ピースコンというのは、かつて日本のエアーブラシの先駆者であり代名詞であったオリンポスというメーカーが出していたエアーブラシの一シリーズ名です。エアーブラシは空気を送って細かな霧状にした絵の具を噴霧する機械のことです。いわゆる塗料のスプレー缶との違いは、自分で調合した色や缶スプレーにはない色を噴霧できる、細かな調節を利かせて色をつけたりグラデーションなど作ることが出来るなど。筆塗りでは不可能なことができます。

 今では模型などの塗装用か塗装のプロが使うものというイメージが強いですけど、かつては絵画のための道具として登場しました。もっとも絵を描く道具としては結構高価であり、使いこなすにはそれなりの技術が必要とあって、さほど一般的ともいえないものでしたが。私が子供の頃はエアーブラシを使うのは憧れでしたね。ただオリンポスのエアーブラシ本体だけでも安いので二三万、空気を送るコンプレッサーとなると最低五万円くらいかかりました。無論まだ模型の塗装に使うのも一般的ではありませんでしたが、いつかは使いたいと思ってたものです。そんなおり、親父が見本市に行ったときに景品としてもらってきたのが、このピースコンヤング88なのです(以下ヤング88と呼称)。

Pict9128_r5


 ヤング88はシリーズ中でも簡易タイプと呼ばれるもので、特徴はシングルアクション(エアーを出すのと塗料を出す二つのことを、ボタン一つの押し込みで一度にすること。逆に細かな調節はしにくい)とエアブラシをエアー缶(ガスを入れた缶)に直接くっつけて使えるところです。そう、入手したこのタイプはエアー缶を使うのが前提のセットなのでした。その分コンパクトで安上がりなセットでしたが(うちのを見ると5,900円とあります。もちろん消費税などありません。当時としては画期的な安さでした)、エアー缶自体のコストはそれなりに高く結局学生には使いづらいもので、まともに使ったことは殆どありません。

Pict9127_r5_2


 しかしまあ最近プラモをまた買ったため、今度こそ使おうかと思い、引っ張りだしてきたのです。入手したのが三十年くらい前のもので、前に出してから十数年か二十年ぶりくらいです。ポリのパッケージは紫外線で黄色く変色しボロボロ、端っこがパリパリに割れてます。エアー缶も多少錆びもきてますが、中身、まだ残ってます(笑)。フロン入りですが。

続きを読む "ピースコンヤング88とジョイントバルブ"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

買ってきたさ! 満天の星を。

 というわけで、先ほどの記事から約一時間。
 買って来ましたよ、「大人の科学マガジン Vol.9」!
 今回の付録は、「究極のピンホール式プラネタリウム」だっっ!
 なにが凄いってああた、本のふろくのこの値段で一万個の星を投影できるってことですよ!

 毎回なかなか面白そうで、でもなんだかなかなか買えなかった大人の科学マガジンですが、9号に至りついに購入。これもまあ、ホームスターを買えなかった反動なんでしょうけど、ちょうどネットで発売されたという記事を発見してちょうど田舎の地元では今日くらいが発売日でちょうど家に車があってちょうど夜しか買いにいけそうになくてちょうど夜遅くまでやってる本屋があってちょうど──いやほんとギリギリ──サイフにお金があったおかげです。偶然、ありがとう。

 で、買いにいったらいつも置いてるスペースが空いている。すわまだ発売前か、いや売り切れたかと思えば、奥に二つ残ってました。ほっと胸をなで下ろし二つともとって、まだ他に欲しい本があったけど先に取っておかないとマズそうだと一つを手にとり一つを手前のスペースに置いておく。と、離れた直後、向こうから来た二人連れの女性の片方が「いやー、出てるー」と喜び勇んで手にとってました。まだ二十歳前後と思われたけど、科学好きな女性なのか星好きな女性なのか、ともかくギリギリ入手できてよかったねと妙な同類意識で、置き直してよかった、いいことをしたなあと気持ちよく帰りました。ただし家に帰ってから中みてて、しまったも一つ買うべきであったかと思ったりもしましたけど。本の記事にふろくの改造講座というのがあって、改造したくなるんですよ。ただし内容によっては元に戻せないのですね。まあまた今度見かけたら買おう。

 ふろくプラネタリウムは見るとプラスチック製の台座などがあってちょっと嬉しい誤算。全部紙というかダンボールではと思ってたので。今日はちょっと作る時間ないので制作はまた今度。

 本部分もなかなか読みごたえあります。興味深い記事はいろいろあるけど、プラネタリウム関連でひとつ。「科学のふろく大図鑑」というページがあって、今回のお題は無論ふろくにちなんでプラネタリウム。要するに学研の雑誌「~年の科学」のふろくについて書かれてるのですが、これが1960年代から既に星を映す簡易プラネタリウムのふろくがあったというのですね。当時うちではずっと「科学」と「学習」を買っていて、無論ふろくも大好きでしたが、この簡易プラネタリウム──要するに星を投射できるタイプのふろくで遊んだ覚えがないのです。
 十年単位で60、70、80、90、2000年代の五つのふろくが紹介されてますが、ちょうど買っていたはずの70年代のふろくに全く覚えがないのがショック。もしかして私が買った年だけ投射型はふろくになってなかったのではと非常に残念。というのも当時は星は当然のごとく好きで、星座早見盤なんかは何年も大事に取っておいた記憶があるだけに、投射型なんて科学的なものを覚えてないはずがないのです。いやもう80年代や90年代のに比べて、壁に投射絶できるってだけ対70年代のふろくがカッコいい!(いやシンプルなシステムなんですけどね) ちなみにこのふろくは71年の「4年の科学」のもの──ということは、私よりも数年おにーさんやおねーさんなら知っているわけだ……うう、先にいくほど退化してんじゃねーの?

 過ぎたことはしかたがないにしても、2002年以降のふろくではメガスター制作者大平貴之氏も協力しているとか。これがまた手のひらサイズながら500から600の星を表示できるなど、デザインと技術とワクワク感を全てもっているすばらしいもの。ただいま4年と6年の甥っ子たちがロクに勉強しないのもこういうのに興味ないのも、やはり「科学」と「学習」を買っていないからだと断言したい(確か買ってないはず。もしかしたら子供が全く興味なくて止めたのかもしれないが)。

 世の中の親御さん、やっぱ子供の教育にはモノが大事ですよ!
 デカくて綺麗な写真入りの事典!
 ちょっとさびしかったり、でもワクワクする物語!
 ちょっとしたギミックとコレクター欲を満足させるメカデザインなツール!
 いくら出来がよくて一人で遊べるったって、TVゲームばっかり与えてるんじゃ、将来ロクなオ○○にならないぞっ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

すげー。

 なにが凄いって、コレ
 ちょ、まて。
 いま買ってくる。

 ……ちなみにこんなのも出るんですって。

| | コメント (0) | トラックバック (0)