ついに購入したぞ、新ヘッドホン。

 というわけで、買いました新ヘッドホン。清水の舞台から飛び下りるつもりで。

P11003451


 買ったのはSONYの「MDR-Z7」。写真は分厚い箱の表から。一応密閉型のヘッドホンで、クラス最大の70mmの大口径ドライバを持つ、SONYの前ハイエンドヘッドホンです。前とつくのは、今年ハイエンドが更新されたから。「MDR-Z1R」というそれは、なんと一応オープン価格ながら、標準で21万円前後、安くても19万円弱という、とても手が出せるシロモノじゃありません。Z7は2014年発売ですが、まだ現役販売(そりゃまあ20万円もするものにバトンタッチして、この価格帯を消すわけにもいかない)。出てからずっと憧れてたので、Yahoo!でポイントが増えてる時期に、思い切ってカートに入れたというわけです。

P11003481


 こちらの写真は箱の裏側。購入理由は、そろそろハイレゾ対応と言われるタイプのヘッドホンが欲しい、リケーブルで一般的なアンバランス接続以外にバランス接続も可能(まあ今はまだ使えませんが)、デザインが好み(MDR-CD3000と少し似てる)、70mmドライバを聞いてみたい、たまには新規で欲しい、といったところ。実は学生時代から、2万円を超えるヘッドホンは一つを除いて中古で購入したものばかり。といっても全部で五つしかありませんが(そのうち三つはワイヤレスヘッドホン)。一番最近買ったPS3や4専用のワイヤレスヘッドホンは1万円切ってるし。そんなわけで、二十年くらいぶりに、新品のヘッドホン、しかもわりと高価なやつを買ったわけです(SONYなどでは。もちろんオーディオ界には、十万以上のヘッドホンなんていくつもあります)。

続きを読む "ついに購入したぞ、新ヘッドホン。"

| | コメント (2) | トラックバック (0)

一心同体、少女隊。から、アメリカンポップまで。

 かつて「少女隊」という名のアイドルグループがいました。
 活動時期は1,980年代半ばから90年ごろ(1999年に一瞬再結成もあった)。ぶっちゃけると、ものすごいお金を使ってプロモートしたにもかかわらず、そして歌も良かったにもかかわらず、結果的にはスーパーアイドルとまでは行かずに終わったアイドルだったと思います。

 私は全盛期、というか終わったころもアイドル活動などあまりよく知りませんでしたが、歌だけは耳に残る曲があって好きでした。いくつかCMやTVドラマ、アニメなどで聞いてたんですよね。その後90年頃にベスト盤のCDを購入し、好きな曲を繰り返し聴いてました。ところが数年前にどこかに収納したまま見つからず、PCにインポートした音楽データには入れられずに、数年間聞かない時期が続いたわけです。
 時々ネット検索してましたけど、昨今のアルバム復刻ブームにも乗ってませんでした。

 それが先日、ふと久しぶりに検索したところ、ついに新盤として見つかったのです。

『少女隊Complete Singles Forever 1984-1999』

 なんと8月24日発売という僅差(これ書いてるのは9月です)。早速注文しました。知らずに買いそびれなくてよかったー。たまにあるからなぁ、買いそびれるの。

 内容はまあタイトル通りですが、全シングルのA,B面(12インチシングル含む)とオマケ曲を収録したもの。まあシングルカットのベスト盤らしく、有名曲は揃ってます。CD三枚組、全48曲ですが、カラオケやバージョン違いもあり、別曲として聞けるのは正味32曲ほど。以前持っていたベスト盤『DO YOUR BEST』は2枚組で32曲収録。こちらはアルバムから選んだようで、今回のシングルベストには入ってない曲が結構あります(Amazonのデジタルミュージックで試聴できます)。というか、シングル集よりこっちの方が好きな曲が多い気もする。こればかり聞いてたからかな。これ聞いてると懐かしくなったので、またベスト盤探してみるか(大体収納してるところは決まってるのに、なぜか見つからない)。

続きを読む "一心同体、少女隊。から、アメリカンポップまで。"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

DVD『解体ヨエコショー』購入。

 先日ネットでいろいろ調べ物していたら、何故か倉橋ヨエコさんのCDのページが出まして。ふと見ると、amazonのお薦めの中に、見たことない名前の商品が。まあ以前CD買ってたからamazonが引っ張ってきたわけですが、これが倉橋ヨエコさんの廃業ライブのDVD化だというではありませんか。

P10908362


 倉橋ヨエコさんは、かつて昭和歌謡っぽさと奇抜な物語的な歌詞で一世を風靡した……かどうかは不明ですが、一部では知られたもと歌手。メジャーデビューして三年程でやれることはやったと歌手を廃業しました。メジャーデビューの曲『楯』の歌詞とPVが秀逸で、そこからCDを買いましたが、少し出てたDVDは特に買っていませんでした。しかしラストライブとなると、なんとも見たくなってしまいました。なにせ発売が廃業後二年は経った2010年。それから既に五年経っています。初回限定だし、amazonでは既にプレミア価格のマーケットプレイスにしかないので、中古で買うかなと思ったら、なんとまだ楽天やYahoo!ショップには在庫有り。その中では送料込みだと最安値の楽天ブックスで、6,680円で購入しました(送料無料。あと実質は楽天ポイントで半端を引いて6,000円で)。
 10月28日に到着。


続きを読む "DVD『解体ヨエコショー』購入。"

| | コメント (3) | トラックバック (0)

『LAST PICTURE SHOW』 by 南佳孝 吉田保リマスタリングBSCD2 B面

 前回に引き続き、『LST PICTURE SHOW』の紹介です。

P10800652


 モチーフの映画とか色々調べていると長くなってしまいましたが、面白いので続ける。個人的にはそれほど思いいれのある映画は無くて(未見が多い)ただネットで知る程度のことばかりですが。このアルバムを聞いた当時はいつか観てやろうと思ってました。大人の映画だなあと。当事はまだDVDも無くて、レンタルビデオといえばビデオテープ。レンタル料もそれなりで、セルビデオといえば一万円超の時代、そりゃよほど好きでないと観ようとはしません。暗そうなものばかりだし。

 あと、名画座などで見るのはまたマイナーなやつばかりだったなあ。『地球に落ちてきた男』や『赤い影』『ゴシック』は良く覚えてる。あ、前の二つは最近BDで出ましたので、今なら観易いはず。もっともどれも話が分かり易いとは言わない。と言うか実にわかりにくく、映像表現に凝ってるけどエンタテインメントな映画ではない。三つとも。というか前の二作品はどちらもニコラス・ローグ監督だった。『ゴシック』はケン・ラッセル監督のやつです。『フランケンシュタイン』を生んだメアリ・シェリー、そのきっかけになったディオダディ館での一夜をモチーフにした映画。これはBDにまだなってない。前二つよりは好きなんだけど、ラッセルはやはりマイナーなのか。『白蛇伝説』とか笑えて結構好きなのにあれもBDにはなってないな。あと『マーラー』が最近BDになってたので、これは一度観てみたい。って、なんでケン・ラッセルの話になっているのだ。いえ、これらの作品が特異であるから覚えてるだけで、決してケン・ラッセルの熱烈なファンというわけではありません。

 リバイバル上映は有名な奴が多かったけど、なぜかこのアルバムあたりの物はあまりやってなかった記憶がある。アメリカン・ニューシネマは時代が合ってないので、あまり観てない気がする。『明日に向かって撃て!』とか『卒業』とか『タクシードライバー』くらいか、観たの。大学時代に。『俺たちに明日はない』と『フレンチコネクション』と『イージーライダー』もTVで観た(完全ではなかったかな)。お、『ダーティハリー』も入ってる。これは何度も観ましたね。主にTVでだけど。

 閑話休題。さて続きは以下に。

続きを読む "『LAST PICTURE SHOW』 by 南佳孝 吉田保リマスタリングBSCD2 B面"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

『LAST PICTURE SHOW』 by 南佳孝 吉田保リマスタリングBSCD2 A面

 さて今回紹介するは、先日購入した三枚のうちラスト。CD発売当時も買っている──というかこれまでただ一枚持っていた南佳孝の10thアルバム『LAST PICTURE SHOW』のリマスター版です。


P10800312

 オリジナル盤は、発売当初に買ってかれこれ三十年近く、時折聴いていた、文字通りマイフェイバリットCD。映画好きなら堪らないコンセプトアルバム、裏表紙のシブい白黒写真、どこかで聞いたタイトルのオンパレードに、曲も(ラジオなどで)聴かずに買った覚えが。果してその結果は……といえば、実に大当たりでした。いえ、当時から今になっても実はモチーフとした映画で観てないものは多いんですが、モチーフ関係なく良い歌ばかりで、アルバムコンセプトのイメージに全く外れのない構成と歌いっぷりに、南佳孝といえばコレという刷り込みがなされたくらいです。それまで「スローなブギにしてくれ (I want you)」のイメージだった南佳孝が、私の中ではこれ一枚に。大好きなアルバムは色々あれど、青春時代を思い出させるのは、大瀧泳一の『A LONG VACATION』、ナイアガラの浜田省吾の『DAWN BY THE MAINSTREET』、オフコースの『SELECTION』二枚、EPOの『DOWN TOWN』等くらいですかね。あ、アニメは別腹で。

 このアルバムの全曲、作詞は松本隆、作曲は南佳孝、編曲は井上鑑。モチーフが映画というジャンルなせいか、『冒険王』以上にコンセプトがしっかりしたアルバムです。
 当事のオリジナル盤とリマスター盤の違いですが、リッピングしたものでの聴き比べですと、音圧が若干厚くなってる気がする。ぶっちゃけ同じボリュームで少し大きく聞こえるという感じですが、それでも昨今のCDと比べると少し小さい。まあ最近のCDの音が大きすぎるんだと思います。アンプのボリュームを上げるとちょうどよく音が響きますね。音も、大きすぎるCDのように割れることもありません。

 ところで、今回データを検索してるとVictorの配信サイトHD-Audioにて、今回の吉田リマスタリング版のハイレゾ配信が行われているのを発見。ハイレゾといってもFLACの96kHz/24bitデータですが、それでもCDより解像度が高いわけで。こっち買えば良かった気もしないでもない……が、ディスクの所持やライナーノーツ読むのも楽しみの一つだからなぁ。まあ『LAST PICTURE SHOW』は前のCD持ってるから、ハイレゾ版買ったほうが良かったかもしれない……トホホ。
 ああ、上のリンク先で各曲40秒ほど視聴できますから、聴きながら以下の感想をどうぞ。

続きを読む "『LAST PICTURE SHOW』 by 南佳孝 吉田保リマスタリングBSCD2 A面"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

『冒険王』 by 南佳孝 吉田保リマスタリングBSCD2

P10800292


 さてリマスタリング購入の2枚目は、南佳孝の9thアルバム『冒険王』です。これは発売当時、その小松崎茂のジャケットは覚えてましたが、結局買ってません。多分ラジオで聴くくらいの扱いでした。LP買うにも、小遣いそれほどないので、かなり選んでたはずですし。今でも覚えてるけど、FMエアチェックでいくつものアルバム分を録音して聴いてましたね。後にCD買ったものもあれば、カセットテープを大事に聴き続けたものもあります。
 もともと南佳孝のリマスターアルバムは無いかとAmazonで探してたときにもこのアルバム見かけたのですが、AmazonにあったのはSony Musicの廉価復刻版シリーズ「CD選書」の一枚でした。安いのが良ければそっちでもいいんでしょうが、その後折角リマスタリングアルバムを見つけたので、こちらを購入した次第。

 『冒険王』は、1曲目とそのタイトルでもある12曲目が特に印象深いです。おそらくラジオで録音して聴いたんでしょうけど、これはしっかりメロディと一部の歌詞を覚えてました。「スタンダード・ナンバー」の方はとんと覚えてないのに(笑)。ただ聴いてると、他の曲も覚えてるものですね。全部ではないけど、これもラジオで聴いたんだろうなあ。

続きを読む "『冒険王』 by 南佳孝 吉田保リマスタリングBSCD2"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

『Daydream』 by 南佳孝 吉田保リマスタリングBSCD2

 前回Sony Music Shopで購入したCDから。

P10800272


 1枚目は南佳孝の8thアルバム『Daydream』です。当事はアナログLPレコードの末期でLPとCDが同時発売されたりしてましたが、これは特に見た覚えがない。アナログ優先だったのかも。発売日は1983年7月21日とあります。ジャケットの絵は、あのフランク・ロイド・ライトが設計したニューヨークにあるソロモン・R・グッゲンハイム美術館をモチーフにしてます。上の公式サイトの南さんのコメントによれば、カンバスの上に石膏を乗せて立体感を出したりして四点ほど作ったそうで、結構金がかかったそうな。

P10800372


 驚いたのはケース持ったときの重さ。他の二枚より確実にほんの少し重い。大きさは違わないし、中はCD一枚なのにはて、と思ったら、ライナーノーツが違いました。なんとLPのライナーノーツ・サイズ(もしくは少し小さめ)の当事のライナーを再現し、その大きさの紙を折りたたんで入れてました。CDのブックレット入れるところのツメの隙間も大きい(笑)。紙って結構重いんですね。写真は二つ折り(つまりLPに入ってる時)の状態の表紙側。折り目から分かるように、これをCDに入るサイズに折り畳んでます。

 アルバムとしては、なんだろ、良く言えば後のものよりもっと透明感がある。悪く言えば薄い。夏っぽい歌もあるけど、大瀧詠一のナイアガラとはまた違う。陽差し暑く、入道雲は高く、青く晴れた空というより、青は少し薄く遠く高い空、人気のない海、少し涼しくなった残暑。まあ「サマー・ミュージアム」の歌詞なんかもろに夏の終りだし、スローテンポの歌も多いせいかな。

続きを読む "『Daydream』 by 南佳孝 吉田保リマスタリングBSCD2"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

吉田 保 リマスタリング Blu-spec CD2 と南佳孝

 最近南佳孝のCD(のリッピングデータ)を聞いていて、ふとここ数年の復刻CDの流れで昔のアルバム出てないかなとAmazonで検索してみました。残念ながら特になかった……と思いきや、他のサイトで、リマスタリングCDが出ていたのを発見。Tower Record他少数の店でしか売ってないそうで、Amazonではマーケットプレイスでプレミア付が出てるくらい。調べてみると、私はよく知らなかったのですが有名なレコーディング・エンジニアである吉田保さんのネームバリューでの吉田保リマスタリングシリーズの第一弾に四枚出てました。リマスタリングもさることながら、ディスクがBlu-spec CD2ということで、ハイレゾでない中ではかなりハイスペックなCDといえるでしょう。

 吉田保という名を知らなくても、大瀧詠一の「A LONG VACATION」「EACH TIME」のエンジニアであり、山下達郎、竹内まりや、浜田省吾なども多く手がけているといえば、有名なのも納得されるでしょう。あと吉田美奈子の実兄だそうで。

続きを読む "吉田 保 リマスタリング Blu-spec CD2 と南佳孝"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

『日本沈没/妖星ゴラス』 OST CDにまつわる話

 1991年に発売された表題のCDを購入しました。BOOK OFFのネット通販「ブックオフオンライン」で偶然見つけたので。もちろん中古です。

P10705812


 内容は、映画『日本沈没』のOST(オリジナルサウンドトラック)と映画『妖星ゴラス』のOSTの一部の混合。写真はライナーの表紙。CDは一枚なので、1~34番が『日本沈没』、35~64番が『妖星ゴラス』の曲。『日本沈没』の作曲は数多くの映画音楽を作った佐藤勝。『妖星ゴラス』はあまり映画には携わっていない石井歓の作曲です。

 『日本沈没』はvapから1996年にサントラが出ていますが、曲数は同じ。M(ミュージック)ナンバーが曲名に入ってませんが、元の曲名も同じなので、おそらく中身は同じでは。音質も特に書いてないので多分同じ。本編で使われたOSTと、シングルで発売された「日本沈没・テーマI」と「~テーマ・II」が入ってます。ちなみにこの二曲だけがステレオで、他は『妖星ゴラス』のも含めて全てモノラル録音。

P10705832


 写真はライナーの裏表紙。『妖星ゴラス』は、このころまでサントラはまともに出ていなかったようです。ライナーによれば、同年これの直後にキングレコードからCD化された『SF特撮映画音楽全集 第5集』に何曲か入っていて、それと一緒にすると『ゴラス』のサントラが完全版となるそうな。全集はLPで出ていたので、これのCD化に合わせて残るサントラをCD化したんでしょうかね。amazonのページには『ゴラス』が入っているとは書かれてませんが、検索して調べるとちゃんとありました。
 実は『妖星ゴラス』には海外向けにステレオテープ音源もあったそうで、その後SLC(サウンドトラック・リスナーズ・コミュニケーションズ)というサントラ専門レーベルから1995年にステレオ完全版としてサントラCDが出ています。本当はそちらが欲しかったのですが、一万二千円前後のプレミア価格に断念しました。

続きを読む "『日本沈没/妖星ゴラス』 OST CDにまつわる話"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

訃報。大滝詠一さん、ご逝去。

 大晦日にヨロシクないニュースが。
 あの大滝詠一さんが30日に亡くなられたそうです。死因は解離性動脈りゅうだそうで、自宅で倒れられて病院に運ばれたけれど助からなかったとか。65歳とはまだ若い、でもイメージとしてはもうそんな歳なのかと驚きましたが。

 心よりお悔やみ申し上げます。

 大滝さんといえば、中でも「A LONG VACATION」でブレイクしたイメージです。さらに一般受けするのはCMソングで有名になってドラマにも曲が使われ始めたその後かな。私よりもう少し上の世代ですと、ソロになる前のフォークバンド「はっぴいえんど」で有名だったかもしれません。

 個人的な思い出はやはり「ナイアガラ・トライアングルvol.2」でしょうか。FMでエアチェックしたのが初めての出会いで、あとでLPレコード買いました。佐野元春さんと杉真理さん(すぎまさみち。最初見た時はまりかと思った)も参加されていて、これで両者の名前を覚えて各々のアルバムもよく聞いてたものです。このアルバムでは佐野さんの歌が印象的で、ほんと大好きでした。最初の三曲はどれも名曲。特に「Bye Bye C-Boy」はそのけだるさというか、イメージが、当時読んでた漫画やなんやかやとミックスされて、凄く好きでした。青かったわけだ。Wikipediaにあるコメントによれば佐野さんが高校のころ歌ったのだそうで、十代の歌ですよ。なるほど。A面は大体佐野さんと杉さんの歌で、B面半ばから後が大滝さんの歌。「A LONG VACATION」と同傾向なのでこのアルバムの印象としては二面性があるんですが、最初は大滝さんの方が好きだったりもするけど、全体的にはA面の方が好みです。悪く言えばA面は良い歌だけど、飽きる。B面はスタンダードすぎて、いつでも聞ける感じかな。
 そこから永遠の名盤「A LONG VACATION」に──こちらが先に出ていたのですが、私が聞いたのはトライアングルが先──そしてインストゥルメンタルの「NAIAGARA SONG BOOK」、おまけで「EACH TIME」。最初の二枚はホントずーっと聞いてましたね。何年かしてまた聞いても、ほんとにいい曲ばかりで。

 CDどこいったかな。ロンバケは比較的近くにあるはずだけど、他は微妙。20周年記念盤以降のは買ってないので、追悼として、今度買うかな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧