700MHz帯におけるTV放送と携帯電話の電波妨害その2 ブースター

 前回は叔母の店のTVの障害を、共同受信ブースターのところにフィルターかまして直した、という話でした。
 今回は、その後、うちの家の受信障害も同じ要因ではないかと推測されるので、じゃあどうするかという話。

 とにかく部屋がいっぱいなので他人入れるのが大変。タダで対策してくれるのはいいけど、どうせうちの屋外ブースターも十年以上前のもの。もうすぐ4KTV放送も始まるし、ということで、新しいブースターに変えることにしました。いや家庭用なので共同受信用より安いんですよね。

P11109101_2


 amazonでポイントが多めにつくセールをちょうどしてたのと、300円引きクーポンがついてたので、
「DXアンテナ CS/BS-IF・UHFブースター(33dB/43dB共用形) 【2K 4K 8K 対応】 デュアルブースター 家庭用 CU43AS」を購入。DXアンテナが出してる家庭用ブースターの最新型ですが、なぜか公式サイトやカタログには載ってません。載ってるのは「GCU433D1S」。でも型番変わっただけで中身は同じでこちらが後継機だそうなので、問題なし。なによりこっちが安かった。まあ4K放送始まっても見るTV無いし、8Kなんてまだ先だけど、700MHz帯の対策しててUHFとBSに対応してるブースターでは一番いいやつなので、今後他の問題も特に無いはず。

 ぶっちゃけことさら広帯域対応の品でなくても、アナログ時代からの品でも大抵の物は使えると思います。大体40年前の5C-2Vケーブル30m以上使ってるのに、BSだろうが110度CSだろうが映りますからね。まあ減衰が大きいのは間違いないのでブースター使ってるし、交換できるならそれにこしたことはないです。アンテナだって30年前くらいにでっかい八木方式のUHFアンテナとVHFアンテナ立てて未だにそれ使ってますが、UHFはかなりしっかり映ります(VHFはもうケーブル外した)。

続きを読む "700MHz帯におけるTV放送と携帯電話の電波妨害その2 ブースター"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

700MHz帯におけるTV放送と携帯電話の電波妨害その1 フィルター

 ことの起こりは3月、叔母の店からの電話でした。父の所持する建物に店を構えている叔母から、TVが見られなくなったので見に来てくれと。今年頭までは見えていた地上デジタル放送がなぜか映らなくなり、逆にBSデジタル放送の画像が映りだしたと言います。ただの故障ならおかしくなさそうな物言いですが、実は壁コンセントとTVをつなぐアナログ時代からの同軸ケーブルを液晶TVに変更してもそのまま使い、分波器がないため地上波のアンテナ入力にそのままつけていたので、本来BSが映るはずは無いのです。叔母は地上デジタル放送が映ればよくて、BS見ないからとそうしていたと。なのに地上デジタルが映らずBSが映る。

 いやいや、アンテナつないでないのにそんな馬鹿なと思いつつ、ともあれ父の持ち家なのでもし壁内からアンテナまでの問題ならこっちが修理しなくてはならず、一度見に行きました。そしたら、本当に地上波のアンテナ入力にしかつないでないのに、普通にBSが映ってます。どうなってるんだこれ、と思いつつ、試しにBSアンテナ側につなぎ替えても、もちろんBSが映ります。地上波は映りません。BSの電波が強すぎて内蔵アンテナ入力部分で受信してるんだろうとは思いますが、完全に分かれてるはずのアンテナ入力でそこまで混線するもんかなぁ……と実に不思議。いわばケーブルをアンテナ入力につながず、横に置いたらBS見れたってことですからね。

続きを読む "700MHz帯におけるTV放送と携帯電話の電波妨害その1 フィルター"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

『BLADERUNNER 2049』鑑賞。

 話題の映画『ブレードランナー 2049』を見てきました。TOHOシネマズで。14日はシネマズデイで1100円だったので。朝一かレイトショーだけだったので、21時05分のレイトショーで。約3時間の映画でした。ちなみにパンフレットは買えなかった。売店が20時で閉まってたので。

 適度にゆっくりなテンポとバイオレンスの混じる、面白い映画でした。大傑作とか心に残る名画とはいいにくいけども、緊迫感とか考えさせられるシナリオだったりして良かった(もっとも日本のアニメはすでに通りすぎた道だとしか言いようが無いが)。音楽はどうにもBGM以上の感じはしなくて、メロディが残ってません。終盤に前作のヴァンゲリスっぽいのが流れるけど、それくらいか。

Tumblr_static_b4rxx5t944ggsw4ccs4_4


 この横型ポスターは縦型より微妙。中央にそれぞれ新旧主人公がいますが、左の髭男が敵役、右の女の子が主役の恋人なので、青赤に分けてる意味がよく分からない。敵主主恋という妙な配置。縦になると右向いてるか左向いてるかくらいの違いなので気にならないのだけど。

Bladerunner2049_2


 今作主演のブレードランナー・Kを演じるライアン・ゴズリングと、その恋人ジョイを演じるアナ・デ・アルマスが素晴らしい。人造人間であり差別発言にも全く動揺しないKと、そのホニャララな恋人(ネタバレなので)ジョイの関わりがなんとも言えず。演技と演出の力でしょうけど、ものっすごーくヴァンゲリスの曲をバックに流したくなるシーンがあったのに、不安な曲しか流れないという……まあ当然かもしれませんが。とにかくライアン・ゴズリングあってこそのこの映画だと思いました。溜めに溜めて、その抑えた感情が溢れるシーン、素晴らしい。上げて落とすシナリオ、まあ予想範囲内だったけど、やっぱり哀しい。映画としても、バイオレンスより抑えた映像と静かなシーンほどいい感じで、なるほどここらへんはちゃんと前作を踏襲してるなと。絵づくりは大分違うけど。

 もちろん他のキャストもいい演技してます。ハリソン・フォード演じる老いたリック・デッカードも、登場シーンは圧巻の存在感でした。肉体で劣るデッカードがロイ・バッティらネクサス6とわりと真正面からやりあってた前作と比べて、老獪というか自分ちの庭で戦うあたりは歴戦の士といったところ。ただまあ、その後はアレでしたが。

 今作の敵役は新たなレプリカント製造会社のCEOウォレス(ジャレッド・トト演)とその配下のレプリカント・ラヴ(シルヴィア・フークス演)。前面に立つのはラヴですが、これがまあ、憎たらしい。あからさまなくらいの悪党なんですが、見た目がキツイので余計に。役者の他の写真見るとわりと普通の美人なんですが、メイクが際立ってるせいかな。今作の女優はわりとはっきりしたメイクで普段の顔とは違って見えますが、その最たるのがこの人の気がする。

 ヒロイン?であるジョイ役のアナも本来の髪を染め黒髪にしてますが、丸い瞳、厚ぼったいけどコンパクトな唇と、ものすごく日本人好みの顔だと思う。設定も含めて日本アニメの影響大きくないかというキャラクター。流行りの無感情系ではなく、可愛くて主人公に真摯であるがゆえに切なさと運命とその後のやるせなさがまさにアニメヒロインの一ジャンルというか。今作の主人公はライアン演じるKであって、他のヒロインなどはまさに脇役系でしかないので、わりとあっさり目な演出だけど、Kがその後に会うある広告がその切なさを助長して、いい顔してました。エンディングにつながるいいシーン。

 というわけで、ものすごーくお薦めというわけではないが、日本のオタクにはおなじみというかやるせなさ含めて日本好みの映画だと思う。テーマはフランケンシュタインモチーフの一端ではありますが、むしろロボット漫画アニメ大国では定番の流れなので。これで音楽がもっと印象的だったらなぁ……。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ガルパンはいいぞ!

 というわけで、昨日5月29日(日)にようやく『ガールズ&パンツァー 劇場版』を観に行きました。これでようやく私もガルパンおじさんの一員になれた気がします。これまで一歩引いて見てたし。

 映画鑑賞に先立ち、AmazonプライムビデオにてTV版とOVA版『これが本当のアンツィオ戦です!』も鑑賞し前振りは完全。自分へのプレゼントである27日発売の『ガールズ&パンツァー 劇場版』Amazon限定版BDも28日に到着していましたが、こちらは密封のまま。やはり最初に劇場で体験したいじゃないですか。予想通り、初っぱなからの戦闘音はなかなかの迫力でした(もちろん爆音上映だったり4DX版のような凄さではないでしょうが)。BDも音はいいんでしょうが、ホームシアター作ってるわけではないので家では劇場の音響は再現不可能だろうし、サラウンドはバーチャルヘッドフォン頼みだしなぁ。

 ちなみにBDの本編音声は DTX Headphone:X 対応らしいですが、これ普通のヘッドフォン対応なので、バーチャルヘッドフォンをわざわざ切って2chにしないと駄目らしい。というかPS3か4で観るとなるとDTXのデコードがHDMI出力だけになるはずなの、もしかしてちゃんと聞けないのかも。最近買ったSONYのワイヤレスサラウンドヘッドフォンとなると、もとより独自サラウンドで飛んでくるので多分駄目。今PCの Power DVD で再生できるなら、PCに有線ヘッドフォン付けたほうが再生できるのかも。

 しかし、初上映日からまさか半年も経ってから観られるとは……ありがたいことです。これもまあ何回も観られた先達のおかげ。右目が悪くなって劇場からも遠ざかっていましたが、やはり劇場で映画を見るのは楽しいですね(ちと長かったので、最後の方はトイレに行きたくなったのは内緒)。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

訃報。クリストファー・リー氏、御逝去。

 名優サー・クリストファー・リーが亡くなられました。6月7日、満93歳だったそうで。

 クリストファー・リーといえば、ドラキュラ。往年の映画ファンなら間違いなくそう言うんですが、今では『スター・ウォーズ』のドゥークー伯爵とか、『ロード・オブ・ザ・リング』のサルマンなどが最初に来るようです。まあ間違いではないんですが、老ける前からカッコイイところを見せたといえば、あとは黄金銃を持つ男、スカラマンガ(『OO7 黄金銃を持つ男』)とか、奇怪なメーキャップで揶揄されたフランケンシュタインの怪物とか、どうしても80年代以前の映画を思い出しますね。まあ私も指輪とかSWで見たときは、まだ現役だったのか!と驚いたものですが。コンビとして名前の上がるピーター・カッシングが既に亡くなっていたこともあって。カッシングが『スター・ウォーズ』第一作でターキン総督やったときもあのカッシングがと話題になったものですが(え、そうでもない?)。カッシングとの最後の共演であるTV特番での逸話が、なんとも泣かせます。これ動画で見てみたいなあ。

 さてWikipedia見ると、なんとあのイアン・フレミングとは従兄弟だそうで、それもあって007第一作目の『007 ドクター・ノオ』でドクターノオを演じてほしかったそうですが、実現しなかったとか。スカラマンガとどっちが似合うかといえば微妙な線ですが(ドクター・ノオはどちらかといえばカッシングっぽい)、ロジャー・ムーアが頼りなく見えたせいか、ショーン・コネリーとの対決は観てみたかったかな。

 さらに原作者トールキンと俳優陣で唯一面識があり、マーヴィン・ピークとも面識があるとか、なんというインテリ。まあ数カ国語を話すというところから、既に尋常じゃないけど。さすがドラキュラ伯爵。


 2014年の『ホビット 決戦のゆくえ』でサルマンを演じたのが最後の作品らしいので、この一二年で具合が悪くなったのかもしれません。90超えてたんだから、おかしくないけど。
 心よりお悔やみ申し上げます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

BD『FURY』Amazon特別限定版。

 タイトルのBDを買いました。3月22日に。

P1070725_22_2


 正確な商品名は【Amazon.co.jp限定】FURY / フューリー プレミアム・エディション 日本オリジナルデザイン スチールブック仕様(初回生産限定)(ガールズ&パンツァー 特典ブルーレイディスク付)[Steelbook] [Blu-ray]。本体のBD自体も限定版で特典付きなのですが、Amazon限定として「ガールズ&パンツァー」の限定特典BDが付いてます。Amazon限定なので、値引きなしの7,719円。紙ケースにスチールブックと特製解説書が入っていて、ガルパンのBDは別の紙パッケージ入りでケースの裏側に張り付けられてました。右が紙ケース表で、左が裏ね。

P10707272

 こちらがスチールブック。このパッケージは日本オリジナルデザインということで、タンクの上にメインの五人が乗っているカット。裏はロングでタンクのシルエット。この他にインターナショナルデザインというバージョンの商品もあって、そちらのスチールブックは砲塔にもたれるブラッド・ピットのカット。裏はタンクに十三人ほど乗っているもの。ブラッドのカットは、特製解説書の表紙と同じです。どちらかといえば日本オリジナルデザインのほうが好みですね。表紙もいいが、裏のシルエットがまたいい。既にAmazon限定版はどちらも在庫無しになってるけど、日本オリジナルデザインのほうは、まだ入荷する予定もあるようです。

続きを読む "BD『FURY』Amazon特別限定版。"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

BD『ALL YOU NEED IS KILL(または、LIVE.DIE.REPEAT.)』

 タイトルのBDを買いました。amazonで限定スチールブックがバーゲンで安くなってたので。安いといっても3,886円でしたが、これでも元は7,333円、その47%引きです。
 26日追記。現時点で50%引きの3,667円になってます。トホホ。3,886円だった期間は、6~25日。さすがに底値だと思うけど、ここに来てまた下がったということは在庫かなりあるんだろうか。

P10706472_2


 【Amazon.co.jp限定】オール・ユー・ニード・イズ・キル 3D & 2D ブルーレイセット スチールブック仕様(完全数量限定/2枚組/デジタルコピー付) [Blu-ray]。3Dと2DのBD二枚組ですが、もちろんうちには3D環境はないので2Dで見ます。いつか3D環境で見られることを夢見て!(まあ右目が白内障でまともに見えないので、3D効果も半減ですが)。

 スチールブックはなかなかシブいデザインですね。あのぶさいくなパワードスーツも、なにか疲労した主役の横顔と背景の傷だらけの壁と落ち着いた色によってか、なんかカッコよく見える。

続きを読む "BD『ALL YOU NEED IS KILL(または、LIVE.DIE.REPEAT.)』"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

レナード・ニモイ氏、ご逝去。

 俺たちのNumber One(副長)、永遠のMr.Spock ことレナード・ニモイ氏が亡くなられたそうです。83歳。肺疾患だそうで。

 さっきTVでTOS(初代スタートレック)のメインテーマが流れたので何事と思ったら、ハイブリッド・カーのCMだった。なんという偶然か。HONDAだったので検索したけど、公式サイトに載ってない……載ってるのは他の曲のものだけだし、まさか今日限定で曲だけ入れ換えたなんてことはないだろうな。

 最初のリンク先で紹介されている最後の方のツイートも、なんだか感慨深い。タバコは止めておくべき立ったとかで、死因が肺疾患とは……無くなる数日前から肺がおかしかったのかも。

 またNASAのツイートにある写真も懐かしい。1976年に、スペースシャトルのエンタープライズ絡みでNASAにスタトレのメインキャストが集まったときの写真らしいです。みんな若いわー。カーク(ウィリアム・シャトナー)がいませんが、呼ばれないはずもないので断ったのかな。NASAのツイートには、ニモイ氏がナレーションをした動画のリンクなどもありました。

 さらについでにCMで検索したら出てきた海外のフォルクスワーゲンのCM。音楽どころかカークとスポックが出てくるという、少年トレッキーには涙物の展開。なんと去年の10月のもの。つい最近ですよ。ブラッカイマーの映画にもスポックで出てたらしいですが、もしかするとこのCMが最後の出演かも。


 いろんな思い出をありがとうございました。
 心よりお悔やみ申し上げます。

 Live long and Prosper (長寿と繁栄を)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

『日本沈没/妖星ゴラス』 OST CDにまつわる話

 1991年に発売された表題のCDを購入しました。BOOK OFFのネット通販「ブックオフオンライン」で偶然見つけたので。もちろん中古です。

P10705812


 内容は、映画『日本沈没』のOST(オリジナルサウンドトラック)と映画『妖星ゴラス』のOSTの一部の混合。写真はライナーの表紙。CDは一枚なので、1~34番が『日本沈没』、35~64番が『妖星ゴラス』の曲。『日本沈没』の作曲は数多くの映画音楽を作った佐藤勝。『妖星ゴラス』はあまり映画には携わっていない石井歓の作曲です。

 『日本沈没』はvapから1996年にサントラが出ていますが、曲数は同じ。M(ミュージック)ナンバーが曲名に入ってませんが、元の曲名も同じなので、おそらく中身は同じでは。音質も特に書いてないので多分同じ。本編で使われたOSTと、シングルで発売された「日本沈没・テーマI」と「~テーマ・II」が入ってます。ちなみにこの二曲だけがステレオで、他は『妖星ゴラス』のも含めて全てモノラル録音。

P10705832


 写真はライナーの裏表紙。『妖星ゴラス』は、このころまでサントラはまともに出ていなかったようです。ライナーによれば、同年これの直後にキングレコードからCD化された『SF特撮映画音楽全集 第5集』に何曲か入っていて、それと一緒にすると『ゴラス』のサントラが完全版となるそうな。全集はLPで出ていたので、これのCD化に合わせて残るサントラをCD化したんでしょうかね。amazonのページには『ゴラス』が入っているとは書かれてませんが、検索して調べるとちゃんとありました。
 実は『妖星ゴラス』には海外向けにステレオテープ音源もあったそうで、その後SLC(サウンドトラック・リスナーズ・コミュニケーションズ)というサントラ専門レーベルから1995年にステレオ完全版としてサントラCDが出ています。本当はそちらが欲しかったのですが、一万二千円前後のプレミア価格に断念しました。

続きを読む "『日本沈没/妖星ゴラス』 OST CDにまつわる話"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

暗闇の淵──DVD『刑事ロニー・クレイブン 完全版』(BBC TVシリーズ)

 DVD『刑事ロニー・クレイブン 完全版』を購入、観賞しました。原題は“EDGE OF DARKNESS”、1985年にイギリス国営放送BBCで制作、放送されたTVドラマシリーズ(全6回)です。日本ではNHK-BSで1990年、1991年に地上波の総合chで放送されました。あとはレンタルビデオが出たきりで(既に廃盤)幻のドラマと言われてたそうです。
 監督はマーティン・キャンベル。名作TVドラマ『特捜班CI-5』などの演出をし、この作品も監督。その後アメリカに渡り、ハリウッドで映画を撮っています。映画は『007ゴールデンアイ』他どちらかといえばアクションものが多いですが、このドラマはものすごく社会的なサスペンスでした。

 このDVDはお馴染みStingrayから2011年に発売されましたが、前回の『シャーロック・ホームズの素敵な挑戦』と同じく今年1月31日で販売終了となるため、思い切って購入しました。

 いや買って良かった。面白かったです。映画と違いTVシリーズのため(しかもイギリス)、今後見る機会があるか微妙でしたし、なによりこれが最後かもと特典も盛りだくさんに入れてくれてます。キャストやスタッフへのインタビューもそうですし、TVの賞を取った映像まで入ってます。あと使われた順にBGMまで入ってるという凝りよう。渋いけどBGMらしくそれほど長い曲はないのですが、おそらく入ってるのは楽曲にエリック・クラプトンが関わってるからかな。ものすごく不安にさせる曲調で、実に良かった。ギターはもちろんクラプトン。まあBBCから元になるDVDが出ていて、そこ用に作られたんでしょうけど。

 映像はもちろんノーカット。一時間ものが6話で本編314分。特典は84分。DVD二枚組です。音声はNHKで放映された時の日本語版も入ってますが、カットされたところは英語のままになってます。結構長くカットされたシーンもあるので、日本語音声で見ていたところ面倒になり途中から日本語字幕も入れたまま見てました。映像は古いTVドラマなので4:3のスタンダードサイズ、音声も2chモノラル。

 粗筋。

 英国ウエストヨークシャー警察のロナルド(ロニーは愛称)・クレイブン警部補は、労働組合長のゴドボルトに頼まれ、組合の不正選挙に対する捜査から手を引くことになる。その夜、大学へ迎えに行った娘エマと帰宅すると、家に続く階段で黒い合羽を被った男に呼び止められる。
「クレイブン、この人殺しめ!今度はお前の番だ!」
 思わず飛び出したエマは胸にショットガンの銃弾を受け、クレイブンの腕の中で絶命する。男は逃げ去った。
 憔悴したクレイブンは家の中をさまよい、娘の部屋から拳銃、ガイガーカウンター、そしてガイアという言葉を見つける。その後、クレイブンはエマの幻覚を見るようになり、時には会話するようになる。検死後のエマの遺体から髪の毛を切り取り持ち帰ったクレイブンだが、ガイガーカウンターが偶然近づいたエマの髪に反応する。
 警察はクレイブンへの怨恨であろうと、かつて逮捕した者たちのリストを作る。クレイブンは捜査からは外され、特別休暇をもらう。休暇を利用しロンドンに行くクレイブンは独自に捜査しようとする。エマの幻影と話し、思い出に涙するクレイブン。ロンドンではペンドルトンと名乗る男が接触してくる。彼と彼に紹介されたハーコートは政府機関の者で、ガイアは反核と自然崇拝の地下組織でエマはテロリストだという。クレイブンは信じない。ペンドルトンから聞いたダリウス・ジェドバーグという男が接触してくる。彼はCIAで、エマのことを知っていた。彼とは奇妙な間柄、パートナーとして闇の中を探っていくことになる。
 一方エマはガイアの仲間と共に6人でノースモアというところに侵入していたことが分かる。そこは炭鉱跡を利用した核燃料の放射性廃棄物処理施設。そこで放射線被害を受けていて、6人はそれぞれ行方不明もしくは死亡。脱出したエマともう一人も死亡していた。ジェドバーグのもたらしたCIAのレポートによれば、エマ達の侵入した放射性廃棄物処理施設にはありえない汚染が近場の湖にあり、そこからプルトニウムが施設にある疑惑が生じていた。エマ達はそれを確かめるために侵入したのだという。
 襲撃犯はかつてクレイブンが関わった相手ということが判明。二人のうち一人は逮捕時に大怪我し後に死亡、残した言葉から実行犯はマクルーンという男が分かる。あえて監視を外し待ち受けるクレイブン。対決し、エマを殺した理由、もしくは彼を利用してクレイブンを殺させようとした背景を喋るようせまるが、警察に狙撃され、またもや背景は闇の中に。クレイブンを殺させようとした黒幕は、そしてエマ達が殺された理由は、施設の謎とは。クレイブンの復讐は、強大な敵と政府の思惑も絡み、先の見えない闇の中にあった……。

続きを読む "暗闇の淵──DVD『刑事ロニー・クレイブン 完全版』(BBC TVシリーズ)"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧