700MHz帯におけるTV放送と携帯電話の電波妨害その2 ブースター

 前回は叔母の店のTVの障害を、共同受信ブースターのところにフィルターかまして直した、という話でした。
 今回は、その後、うちの家の受信障害も同じ要因ではないかと推測されるので、じゃあどうするかという話。

 とにかく部屋がいっぱいなので他人入れるのが大変。タダで対策してくれるのはいいけど、どうせうちの屋外ブースターも十年以上前のもの。もうすぐ4KTV放送も始まるし、ということで、新しいブースターに変えることにしました。いや家庭用なので共同受信用より安いんですよね。

P11109101_2


 amazonでポイントが多めにつくセールをちょうどしてたのと、300円引きクーポンがついてたので、
「DXアンテナ CS/BS-IF・UHFブースター(33dB/43dB共用形) 【2K 4K 8K 対応】 デュアルブースター 家庭用 CU43AS」を購入。DXアンテナが出してる家庭用ブースターの最新型ですが、なぜか公式サイトやカタログには載ってません。載ってるのは「GCU433D1S」。でも型番変わっただけで中身は同じでこちらが後継機だそうなので、問題なし。なによりこっちが安かった。まあ4K放送始まっても見るTV無いし、8Kなんてまだ先だけど、700MHz帯の対策しててUHFとBSに対応してるブースターでは一番いいやつなので、今後他の問題も特に無いはず。

 ぶっちゃけことさら広帯域対応の品でなくても、アナログ時代からの品でも大抵の物は使えると思います。大体40年前の5C-2Vケーブル30m以上使ってるのに、BSだろうが110度CSだろうが映りますからね。まあ減衰が大きいのは間違いないのでブースター使ってるし、交換できるならそれにこしたことはないです。アンテナだって30年前くらいにでっかい八木方式のUHFアンテナとVHFアンテナ立てて未だにそれ使ってますが、UHFはかなりしっかり映ります(VHFはもうケーブル外した)。

続きを読む "700MHz帯におけるTV放送と携帯電話の電波妨害その2 ブースター"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

700MHz帯におけるTV放送と携帯電話の電波妨害その1 フィルター

 ことの起こりは3月、叔母の店からの電話でした。父の所持する建物に店を構えている叔母から、TVが見られなくなったので見に来てくれと。今年頭までは見えていた地上デジタル放送がなぜか映らなくなり、逆にBSデジタル放送の画像が映りだしたと言います。ただの故障ならおかしくなさそうな物言いですが、実は壁コンセントとTVをつなぐアナログ時代からの同軸ケーブルを液晶TVに変更してもそのまま使い、分波器がないため地上波のアンテナ入力にそのままつけていたので、本来BSが映るはずは無いのです。叔母は地上デジタル放送が映ればよくて、BS見ないからとそうしていたと。なのに地上デジタルが映らずBSが映る。

 いやいや、アンテナつないでないのにそんな馬鹿なと思いつつ、ともあれ父の持ち家なのでもし壁内からアンテナまでの問題ならこっちが修理しなくてはならず、一度見に行きました。そしたら、本当に地上波のアンテナ入力にしかつないでないのに、普通にBSが映ってます。どうなってるんだこれ、と思いつつ、試しにBSアンテナ側につなぎ替えても、もちろんBSが映ります。地上波は映りません。BSの電波が強すぎて内蔵アンテナ入力部分で受信してるんだろうとは思いますが、完全に分かれてるはずのアンテナ入力でそこまで混線するもんかなぁ……と実に不思議。いわばケーブルをアンテナ入力につながず、横に置いたらBS見れたってことですからね。

続きを読む "700MHz帯におけるTV放送と携帯電話の電波妨害その1 フィルター"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

訃報。高畑勲監督、ご逝去。

 アニメーターであり監督でもあった高畑勲氏が、4月5日の午前1時ころ亡くなりました。
 死因は肺がん。享年82歳だったそうです。

 昔の作品でいえば、『太陽の王子ホルスの大冒険』。演出として名前があがってますが、実質初監督作品だったそうです。私はリアルタイムで劇場で観てはいないので、そこまで思い入れは無いのですが、偉大なアニメ映画だったと思います。漫画家の故・和田慎二さんが映画『ホルス』が大好きで(というかヒロインのヒルダか)有名でしたが、そっちのほうが思い出されますね。

 個人的には名作アニメーションと『じゃりン子チエ』が大好きです。名作アニメではやはり『赤毛のアン』。もちろん高畑監督だけの力というわけではないのでしょうが、とにかく素晴らしいアニメだった。その前の『母を訪ねて三千里』も良かったし、『アルプスの少女ハイジ』も良かったんだけど、私はやはりこちら。
 そして『じゃりン子チエ』。劇場版はのちにTVで観たと思うんだけど、とにかくTVシリーズが凄く良かった。面白くて毎週楽しみにしてました。声優もみなぴったりで、大阪下町の感じも出てたし、劇場版では漫画のちょっと寂しげな絵も残ってた。まさしくアニメ版の、大阪版『男はつらいよ』みたいな感じで。西川のりおはホントこの役だけで、アニメ史に名を残したなと。ちなみに関西では再放送を何度もやって、それでもかなりの人気を誇り視聴率も高かったと聞くが、大学時代に大阪にいたころ、確かに何度か再放送してた。もちろんそれも見てましたが。

 『風の谷のナウシカ』以後スタジオ・ジブリのころになってからは、それほど観てません。『火垂るの墓』は音楽や演出は嫌いじゃないが、話が正直好みではないのでそれほど思い入れはなく、むしろ『おもいでぽろぽろ』のほうが好きかな。『平成狸合戦ぽんぽこ』はアニメとして好きなカットがあったり、ラストが好きなので一番好みかも。結局、遺作となった『かぐや姫の物語』も劇場まで足を運べず、未だに観てませんし。

 とまあ書いてきましたが、今調べてたら、『ペリーヌ物語』にも関わっていたんですね。寡聞にして全く知らなかった。『ペリーヌ』では絵コンテを担当したそうです。ガンダムの富野監督(当時はとみの喜幸名義)が書いてたのは聞いたことありますが、まさか高畑さんもいたとは。何話書いたかは知りませんが、確かに5人いる絵コンテメンバーの中に名前があります。……調べてみると、全話レビューを書いたブログがあって、そこに絵コンテの表記がありました。全部確認してみると、高畑さんが書かれたのは3話と6話だけですね。そりゃあまり話題になってないはずだわ。絵コンテのほとんどは池野文雄さんが書かれてます。あの感動の第49話「幸せの涙が流れる時」もそうです。『ペリーヌ物語』に関しては、こちらのファンサイトがかなり詳しいです。もっともスタッフの絵コンテの欄に高畑監督の名前がありませんので、若干データの精密さに欠けるかも。

 ともあれ思い出は尽きないですが、心からお悔やみ申し上げます。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

水木しげる氏、ご逝去。

 妖怪漫画の第一人者、水木しげる先生が、11月30日、永眠されました
 享年93歳。死因は多臓器不全だそうですが、まあこれはお年寄りではごく一般的なもの。過酷な戦争を生き延びられ、戦後はあれだけTVで原作が映像化されたにも関わらず息の長い漫画家として活躍されていましたね。

 私の幼少期のヒーローは間違いなく鬼太郎でした。もちろんロボットものやヒーローものも大好きでしたが、原点にあるのはおそらく『ゲゲゲの鬼太郎』でしょう。小学校に上がる前に親しんだ、近所の貸本屋での古い漫画たち(そんなに古い話かと思われるでしょうが、覚えてる中で市内で最後まで残ってた貸本屋が消えたのは1980年頃です。近所の店は70年代前半に閉めたと思いますが)。その中でも当時のジャンプやサンデーの漫画と共にあった貸本の中に、「ゲゲゲの鬼太郎」がありました。幸運だったのは、講談社のコミックス以外にも、まさに貸本時代の水木漫画があったことでしょうか。少年マガジンで洗練された鬼太郎とともに、おそらく貸本時代終盤の鬼太郎も読んでいて、あまりのキャラの違いに驚いた覚えがあります。でもまあ、やはり子供なのでマガジン版以降の鬼太郎が好きでしたけどね。コマの書き込みとバランスが良くなっていて読みやすかった。学校に上がるか上がらないかのころ、憧れて下駄履いてたり、前髪を長めにしたりしてました。もちろん下駄はカランコロンと鳴らすわけですよ。はた迷惑でアレな子供ですねー。

 当時そこの店で好きになったのは『荒野の少年イサム』とか『いなかっぺ大将』ですかねぇ……『巨人の星』も読みましたが、おお、川崎のぼる漫画ばかりだな。桑田次郎漫画もここで読みました。主に『8マン』でしたが、他の短編とかも。関谷ひさしの『ストップ!にいちゃん』や小澤さとるの『サブマリン707』に『青の6号』、もちろん手塚漫画もここで最初に読んだかな。
 ホラー?だとムロタニツネ象の『地獄くん』も好きでしたね。買おうとは思わなかったけど漫画としては。明らかに水木漫画のパクリっぽい名前とか設定なんだけど、十分独特なキャラの造形で、ちゃんと差別化されてました。絵柄も背景は似てるけど、キャラはもっと普通の、『ストップ!にいちゃん』の関谷ひさしさんの絵柄のような純粋な少年漫画っぽいものを、ホラーっぽい影とか付けてる感じ。主人公も地獄くんなんて名前ですが、悪党には容赦ないけど、あんな容姿で普通の人には優しいという実は正当派ヒーローだったりして。そこら辺が漫画版鬼太郎と違うところですかね。おっと話がそれました。

 ともあれ、訃報を聞かれたファン、漫画家さんたちのお悔やみの言葉が、あまり悲壮感はなく、なにかあちらの世界に旅立たれた、途中下車しただけ、のような感じが多いのも、日頃水木先生がおっしゃられていた言葉などと、長寿の末だったことが理由でしょうか。私も無理せず最後まで生きられたんだなあという感想しか出てきません。『悪魔くん』他にも著作はあれど、妖怪漫画というジャンルをこれだけ明確に表せる著作物を残され、ダークヒーローであり、弱いものや猫やカラスの盟友でもある鬼太郎という存在を生み出された業績は漫画界で唯一無二のものでしょう。

 今までありがとうございました。心よりお悔やみ申し上げます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

レナード・ニモイ氏、ご逝去。

 俺たちのNumber One(副長)、永遠のMr.Spock ことレナード・ニモイ氏が亡くなられたそうです。83歳。肺疾患だそうで。

 さっきTVでTOS(初代スタートレック)のメインテーマが流れたので何事と思ったら、ハイブリッド・カーのCMだった。なんという偶然か。HONDAだったので検索したけど、公式サイトに載ってない……載ってるのは他の曲のものだけだし、まさか今日限定で曲だけ入れ換えたなんてことはないだろうな。

 最初のリンク先で紹介されている最後の方のツイートも、なんだか感慨深い。タバコは止めておくべき立ったとかで、死因が肺疾患とは……無くなる数日前から肺がおかしかったのかも。

 またNASAのツイートにある写真も懐かしい。1976年に、スペースシャトルのエンタープライズ絡みでNASAにスタトレのメインキャストが集まったときの写真らしいです。みんな若いわー。カーク(ウィリアム・シャトナー)がいませんが、呼ばれないはずもないので断ったのかな。NASAのツイートには、ニモイ氏がナレーションをした動画のリンクなどもありました。

 さらについでにCMで検索したら出てきた海外のフォルクスワーゲンのCM。音楽どころかカークとスポックが出てくるという、少年トレッキーには涙物の展開。なんと去年の10月のもの。つい最近ですよ。ブラッカイマーの映画にもスポックで出てたらしいですが、もしかするとこのCMが最後の出演かも。


 いろんな思い出をありがとうございました。
 心よりお悔やみ申し上げます。

 Live long and Prosper (長寿と繁栄を)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

やなせたかし氏、ご逝去。

 なんというか、まさに衝撃でした。
 やなせたかし先生が、13日、心不全で亡くなられました。94歳でした。

 いえ、お歳がお歳ですし、体中病気やらなにやらでボロボロなことは何度も書かれてたので不思議ではないのですが、なにせそのお歳でずっと色々されてきた人なので、100は生きると思っていたのです。昼間、ノートPCを開いてネットを見てたら「やなせたかし氏、死去」という速報リンクが。え、と思わずクリックしたら本当でした。以前デマが流れたことは有りましたが、時事通信他のニュースになっていては、疑いようもありません。

 中学校のころだったか、何かの際に日本の詩集とかちらほら見ていたら、小さな絵本のような詩集を見つけたので、ふと買ってみたのです。それがやなせ先生の『人間なんてさびしいね』という詩集でした。韻を踏んだ、どこかわびしさも感じる詩とあっさりした絵本の絵柄なのに引きつけられるイラストがなんだか気に入って、買ってしまったのです。

Pict00991_2


 そのころはやなせ作品といえば『やさしいライオン』くらいしか知らず(まともに読んだことはなかったけれど)、『アンパンマン』もマイナーでアニメはまだだったけど初期の絵本は知ってたかな、それくらいでした。サンリオの本や雑誌『詩とメルヘン』で作品を書かれてたことは知ってましたけど。『手のひらを太陽に』の歌詞をやなせ先生が書かれたというのもまだ知りませんでしたが、その後知ったときに「なるほど、確かに」と思ったのはこの詩集のおかげでしょう。シニカルな目線のものもあり、ひとりで生きることの自由さ、さびしさ、むなしさなどなど。やさしくやわらかく明るそうで明るくない世界がありました。

Pict01001_2

 心と心がふれあって
 なんにもいわずにわかること
 ただそれだけのよろこびが
 人生至上の幸福さ
 たったひとりで生まれてきて
 たったひとりで死んでいく
 人間なんてさびしいね
 人間なんておかしいね


 そんなわけで、私のやなせ初体験はこの詩集といっていいです。山高坊を被る、縦長に丸っこい誰でも無いひとの姿とか、影が入って顔の見えない青年とか。さらっとついたアンダーなパステルカラーとか。よく絵柄まねしてたりもしました。まあなんですね、これが私の中二病だったんでしょうね。


 生まれたときは
 ひとりだったし
 死ぬときも
 ひとりだもの
 いまひとりだって
 さびしくない
 いや
 ちょっとさびしい
 なぜだろう


 というか、この歳になるとこの詩集の詩はアタタタタ……と切実に感じてしまったりします。中二病ネタがシャレにならんことに。この詩集の初版は1976年。やなせ先生が1919年生まれなので、57歳のころです。これが人生というものか……まあ読んでるとなんとなく、これでもいいかなと元気……というか平常心をくれた詩もありました。あ、でもやなせ先生はこのころちゃんと結婚されていて、一人じゃなかったわけで。……おいおい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

DELL、2,560×1,440ドットの27インチモニタ「U2713H」発売。

 DELLのデジタルハイエンドシリーズ久しぶりの登場は、2,560×1,440ドットの、いわゆるWQHD表示ができる27インチモニタ『U2713H』。AdobeRGBにも99%対応、sRGBは100パーセント対応です。もちろんIPS液晶。いやー、いいですねぇ。

AV Watch デル、69,980円の2,560×1,440/27型ディスプレイ

 写真だとはっきりは見えませんが、メインスイッチはメカニカルだけど、他のスイッチはU2410と同じ静電スイッチかな。認識度に当たり外れがあるので、購入時は注意。うちにきたU2410は、最初のは誤動作というか認識しないことがありましたが、あとのは全く問題なしでした。でもスイッチだけの問題で交換できるかは不明。

 次に買うならこれかな……あれ?でもDELLから27インチモニタ、去年も出てなかったっけ……と調べてみたら、去年出たのはU2713MHだそうです。値段が二万円も違うのだけど、一応IPSだしWQHDも同じ。色空間はsRGBに99%対応……他に何が違うのだ……パネルや部品の違いで、AdobeRGBまで表示する色空間が広がった、そんな感じでしょうか。色表示関連以外の機能は、特に違いはなさそうです。

 U2713MHとU2713Hの比較はこちらのページからどうぞ。ついでにU2410も入れときました。しかしDELLの場合、比較するって金額しかわからんな。結局別々に詳細をタブ表示して見るしかないか。機能詳細はこちらのページで(U2713MHU2713H)。

 まあDELLのことだから、これもキャンペーンなどでいずれは値引きされるでしょう。二三年したら、買い時になるかなー。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

新たなヴァーチャルサラウンド。『DTS Headphone:X』

 DTSが新しい方式のヘッドフォン用ヴァーチャルサラウンド技術を開発したそうです。
 その名も『DTS Headphone:X』

 AV Watchの記事によれば使用するヘッドフォン自体は普通の2ch用ですが、『DTS Headphone:X』では最大11.1chに対応してるとか。イベントでは実際にスピーカーで11.1chのサラウンドを聴いた後にその場でヘッドフォン着用、『DTS Headphone:X』で聴いたものはそん色ない出来で、今までのサラウンド方式では味わえなかったものだったそうです。データ自体はDTS-HDから取り出すとのことで、既存のHD音源があればソフトの対応は問題なし。ハードも半分対応してるようなものかも。

 DTSはドルビーよりも後発ですが、音色とか迫力とかことごとく上を行ってるので、今回も期待大ですね。いずれかのメーカーには、ぜひとも早々に対応したプロセッサーとワイヤレスヘッドフォンを出してほしいものです。もちろんHDMI付きで。

 ただ、SONYはデータではDTSには対応してるけど、サラウンド技術は自前の物を使ってるので難しい。他はサラウンド技術にドルビーヘッドフォン使用が殆どなので、よほどのことが無いとさらに新技術入れるか微妙(コストがあがりますし)。ドルビーヘッドフォン止めてこちらに鞍替えという手もあるでしょうが、ドルビーのHDデータをこちらに使えるかわからないので、ただ入れ替えるだけってわけにもいかないかも。

 現在HDオーディオ対応はSONYだけなので、他のメーカーがHD対応機器を心機一転開発するのにこの技術を売りにしてくれることを願います。希望としてはパイオニアに頑張ってほしいところですが……さて。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

[訃報]レイ・ブラッドベリ、逝去。

 ゲーム『METAL GEAR』他で有名な小島秀夫さんのツイートにて「ブラッドベリ、永眠。。。」というものが先程流れました。あわてて検索してみたところ、AP通信で第一報があったようで、あちこちに載ってました(たとえばgooニュース)。マジか。

 5日に91歳で亡くなられたことを娘さんが発表されたとか。死因は未発表で不明。
 いくつかの作品は、少年の頃のバイブルでした(若干中二病的な?)。
 心より、お悔やみ申し上げます。

 早川書房のツイートでも書かれてましたが、外国のこちらのページに若きころの写真が。内容は私には翻訳できないので、各自読んでください。

 若いころに創元SF文庫(昔は創元推理文庫表記だった)の短編集でハマり、何度も読み返したものですが、ここ数年はあまり読んでませんでした。最後に買った『猫のパジャマ』も途中で止まったまま。明日にでも追悼として、じっくり読むことにしましょうか。

 もし今まで読んだことなくて興味を持たれるなら、『10月はたそがれの国』、『スは宇宙(スペース)のス』『ウは宇宙船のウ』あたりから読まれるとよいかと。作品はいずれも奇妙な味の幻想的な物語(SFとも言われますが、ハードSFなものは皆無)ですが、特に古いここらへんの作品はバラエティに富んでます。次いで『黒いカーニバル』、『太陽の黄金の林檎』、『メランコリィの妙薬』、『十月の旅人』、連作短編ものの『火星年代記』や『刺青の男』に『たんぽぽのお酒』といったところでしょうか。長編ならやはり『何かが道をやってくる』、次に『華氏451度』。特に前者は是非とも十代のうちに読んでいただきたいところなれど、最近の読書しない人にはきついかも。どちらも映画化されてますが、後者は「トリュフォー」の映画であり、前者はちょっとB級でした……。

 また、萩尾望都がブラッドベリ短編を昔コミカライズしてます。タイトルも『ウは宇宙船のウ』として単行本や文庫で出ています。いま家にある萩尾望都作品集の第6集『ウは宇宙船のウ』(昭和59年初版!)を見たら全8編。叙情的な部分、ヘンな部分を見事に漫画にしています。ただ、同じく静かなんだけどどこかしっとりした感じは萩尾さんらしいところで、ブラッドベリの原作の妙にからっとした感じはあまりないかな。でも漫画としておもしろいので、読み比べるというのもいいかもしれません。ただしこの漫画8編は他の短編集からも取られた傑作選なので、読み比べるには他の本も必要です。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

パイオニアから3D対応BDプレーヤー+サラウンドシステム 「HTZ-626BD」

 パイオニアから新しいBDプレーヤーとサラウンドスピーカーシステムのセットが発表されました。
 3D対応ブルーレイディスクプレーヤー搭載サラウンドシステム「HTZ-626BD」。オープン価格で6月中旬発売予定。

 この手のお手軽システムでは、ようやくHDMIやHDオーディオ(ビットストリーム対応)にもしっかり対応した新世代の製品です。しかも単にHDオーディオ規格に対応しただけではなく他にもいろいろな新機軸もあって、まさに一世代すっとばした感じ。3D対応というのは単にBDプレーヤーが3Dソフトに対応しているだけではなく、サラウンドでも対応とのこと。5.1chスピーカーのセットなのに仮想11.1chという3Dぽい奥行きのあるバーチャル3Dサウンド機能があるとか。

 HDMI入力は二つあるので、BDプレーヤーとPS3を同時に接続もできますし、SACDにも対応してるので、初期方PS3が壊れて以来聞いてなかったSACDも再生可能。そのうえWi-Fiでネットワークにも接続でき(無線LANルータが必要)、自宅のPCやLAN内コンテンツ再生(DLNA1.5対応)にYoutube再生もできるとか。Youtube再生は最近のTVには対応してるものもありますが、プレーヤー側にあればどんなTVやモニタでも大丈夫なので、これもうれしいところ。最近のAVアンプにはよくあるネットワーク対応ですが、この手の簡易パックでは珍しいのでは。次にiPodやiPhoneもUSB接続クレードルが付いて再生可能。

 さらに、なんとこれだけ入ってお値段が実買4万円前後という話(オープン価格なので)。
AV Watch 『パイオニア、3Dに合わせ11.1ch化するシアターシステム-
        BDプレーヤー内蔵で実売4万円の「HTZ-626BD」』

 お手軽にリアル5.1chサラウンド揃えるにはかなりお買い得なんじゃないでしょうか。BDプレーヤーとしても機能は十全かと思いますし。残念なところといえば、ARCに対応してないところとか(そんなに高くないと思うけど、何故未対応か)HDオーディオ対応といっても7.1ch等へのバージョンアップはできないところでしょうか。まあARCは無理につけなくても、光デジタルケーブルでTVの出力からレシーバーの入力に繋げればいいだけといえばそうなんですが、接続が一つ埋まるしイチイチ切り換えも必要ですからね。YAMAHAやSONYからもこの手のシステムが出てもおかしくはないので、そっちで出ないかなぁ。

 ちなみにレシーバー部の中のBDプレーヤー部だけなら、同時期に発売予定のBDプレーヤー「BDP-150」がほぼ同じ機能を持っているようです。スマートフォン対応で、専用アプリを使ってリモコン代わりにできる点が違うところかな。こちらは二万円前後だそうなので、リアルサラウンドが構築できるスピーカーとアンプ部で二万円と考えると、やはりHTZ-626BDのほうがお買い得な気がしますね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧