訃報。高畑勲監督、ご逝去。

 アニメーターであり監督でもあった高畑勲氏が、4月5日の午前1時ころ亡くなりました。
 死因は肺がん。享年82歳だったそうです。

 昔の作品でいえば、『太陽の王子ホルスの大冒険』。演出として名前があがってますが、実質初監督作品だったそうです。私はリアルタイムで劇場で観てはいないので、そこまで思い入れは無いのですが、偉大なアニメ映画だったと思います。漫画家の故・和田慎二さんが映画『ホルス』が大好きで(というかヒロインのヒルダか)有名でしたが、そっちのほうが思い出されますね。

 個人的には名作アニメーションと『じゃりン子チエ』が大好きです。名作アニメではやはり『赤毛のアン』。もちろん高畑監督だけの力というわけではないのでしょうが、とにかく素晴らしいアニメだった。その前の『母を訪ねて三千里』も良かったし、『アルプスの少女ハイジ』も良かったんだけど、私はやはりこちら。
 そして『じゃりン子チエ』。劇場版はのちにTVで観たと思うんだけど、とにかくTVシリーズが凄く良かった。面白くて毎週楽しみにしてました。声優もみなぴったりで、大阪下町の感じも出てたし、劇場版では漫画のちょっと寂しげな絵も残ってた。まさしくアニメ版の、大阪版『男はつらいよ』みたいな感じで。西川のりおはホントこの役だけで、アニメ史に名を残したなと。ちなみに関西では再放送を何度もやって、それでもかなりの人気を誇り視聴率も高かったと聞くが、大学時代に大阪にいたころ、確かに何度か再放送してた。もちろんそれも見てましたが。

 『風の谷のナウシカ』以後スタジオ・ジブリのころになってからは、それほど観てません。『火垂るの墓』は音楽や演出は嫌いじゃないが、話が正直好みではないのでそれほど思い入れはなく、むしろ『おもいでぽろぽろ』のほうが好きかな。『平成狸合戦ぽんぽこ』はアニメとして好きなカットがあったり、ラストが好きなので一番好みかも。結局、遺作となった『かぐや姫の物語』も劇場まで足を運べず、未だに観てませんし。

 とまあ書いてきましたが、今調べてたら、『ペリーヌ物語』にも関わっていたんですね。寡聞にして全く知らなかった。『ペリーヌ』では絵コンテを担当したそうです。ガンダムの富野監督(当時はとみの喜幸名義)が書いてたのは聞いたことありますが、まさか高畑さんもいたとは。何話書いたかは知りませんが、確かに5人いる絵コンテメンバーの中に名前があります。……調べてみると、全話レビューを書いたブログがあって、そこに絵コンテの表記がありました。全部確認してみると、高畑さんが書かれたのは3話と6話だけですね。そりゃあまり話題になってないはずだわ。絵コンテのほとんどは池野文雄さんが書かれてます。あの感動の第49話「幸せの涙が流れる時」もそうです。『ペリーヌ物語』に関しては、こちらのファンサイトがかなり詳しいです。もっともスタッフの絵コンテの欄に高畑監督の名前がありませんので、若干データの精密さに欠けるかも。

 ともあれ思い出は尽きないですが、心からお悔やみ申し上げます。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

訃報。谷口ジロー氏、ご逝去。

P11004591


 漫画家の谷口ジローさんが11日に亡くなられました。11日といえば、地元では冷え込んで、10日には今シーズン初の雪が降ってました。写真は11日の朝の模様です。謹んでお悔やみを申し上げます。

 谷口さんといえば、個人的には、ほんまりう氏と並んで、なんか泥臭い劇画タッチの漫画を描く人でした。まだ昭和のころです。関川夏央氏原作の漫画で、少し情けなくもハードボイルドな男たちを描かせると絶品の漫画家でした。中でも『事件屋稼業』は傑作で、未だに代表作といえばこれだと思ってます。大好きです。他にも狩撫麻礼氏原作の漫画も、傾向は違いますが、やはりハードボイルドな漫画でした。

 さらに、夢枕漠氏、矢作俊彦氏の原作も素晴らしい漫画になってました。『餓狼伝』では、ただ筋肉ダルマで力だけみたいな格闘ものではなく、静かな対立から突然のからみあい、みちみちと筋肉がちぎれる音が聞こえるようなせめぎあいと、独特な、見えるような格闘漫画でした。山岳登山を題材にした『神々の山嶺』などでも、直には見えない衣服の下の筋肉さえも感じられる力強さがありました。

 そうこうしてるうち、1990年少し前から始めた『「坊っちゃん」の時代』など明治文豪シリーズから、その静かな面と文学的、美術的な画力の向上があわさって、国際的な評判を得ることに。80年代までの荒々しさはなりを潜め、落ち着いたおもむきのある漫画が描かれていきました。海外では、ジャン・ジロー=メビウスとのからみもあって、フランスでの人気も上がって、文化勲章シュバリエ章をもらったほどです。メビウス原作の漫画『イカル』も描きましたが、ちょっと中途半端出終わったのは残念です。

 近年ではやはり久住昌之原作の『孤独のグルメ』でしょうか。映像化などもあって爆発的な人気を得てますね。

 まだ読んでないもの、結局買ってない単行本などもたくさんあります。そのうち買おうと思います。


 こうしてみると、本当にさまざまな作品を描いていたひとでした。SFから動物もの、格闘もの、文学もの。一応恋愛っぽいのもあったので、描いてないのはギャグだけかな。

 69歳とはまだ若すぎる死ですが、いろいろ楽しませていただきました。
 ありがとうございました。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

ショック! ハイレゾ音源も期間限定発売があった……。

 なんかいいハイレゾ音源は無いかと考えて、ふとお気に入りのCDのハイレゾはどうかと調べてみた。まあマイナーなやつとか、メジャーでも古いアルバムとかはさすがになかったのですが、そこで思いついたのが『ガンダム』ですよ。
 古くは『交響詩ガンダム』から、『交響詩Zガンダム』、そして『機動戦士ガンダム 逆襲のシャア』。この三つのアルバムは本当に好きで、よく聞いてました。で、すぐに検索したところ、普通に特集ページとかあったわけですが、リンクを飛んでみると……『逆シャア』削除されてる!

 2014年に、長い沈黙を破って、ニューマスタリングで未収録曲なども含めた3枚組のCDが出たんですよね。もちろん初回完全限定生産品だったのですが、当然喜び勇んで購入しました。このときにですね、私は知らなかったのですが、同時にハイレゾ音源もされてたらしいのです。というか、そもそもその前にハイレゾウォークマン「WM-ZX1」の限定品でガンダムとのコラボがあり、それにハイレゾ音源が収録されていたそうで(これは聞いた覚えがある。高すぎて買えなかったけど)、その中身がのちに配信されたということだそうで。

 で、検索で出てきたVictorの配信サイトのガンダム特集ページには、通常版と初回限定版がちゃんと紹介されていたのですが、これがリンク踏んでも、「アルバムは準備中です」ときたもんだ。その後、moraやハイレゾ配信の雄e-onkyoとかも回りましたが、どこにもなかったです。まさか配信まで初回限定だとは……というか通常版ですら配信終了ってどういうことよ。また、無くなってるのが『逆シャア』だけってのが腹たつわー(サイトによってはもともとハイレゾ置いてないアルバムもあるが)。物理的なCDとかはしょうがないが、なんで配信とか限定にするかね。しかも通常版まで。


 なんか気がそがれたので、とりあえずハイレゾはまだいいや……どうせ聴く環境ないからとハイレゾに注視しなかったのがくやまれる……。

 ついで、また好きな『イデオン』も探してみたけど、こちらはラスマス・フェイバーのジャズアレンジ以外見つからねえ……あ、『ガオガイガー』はあるな…ってオーバーサンプリングした疑似ハイレゾだ……。orz


| | コメント (0) | トラックバック (0)

ガルパンはいいぞ!

 というわけで、昨日5月29日(日)にようやく『ガールズ&パンツァー 劇場版』を観に行きました。これでようやく私もガルパンおじさんの一員になれた気がします。これまで一歩引いて見てたし。

 映画鑑賞に先立ち、AmazonプライムビデオにてTV版とOVA版『これが本当のアンツィオ戦です!』も鑑賞し前振りは完全。自分へのプレゼントである27日発売の『ガールズ&パンツァー 劇場版』Amazon限定版BDも28日に到着していましたが、こちらは密封のまま。やはり最初に劇場で体験したいじゃないですか。予想通り、初っぱなからの戦闘音はなかなかの迫力でした(もちろん爆音上映だったり4DX版のような凄さではないでしょうが)。BDも音はいいんでしょうが、ホームシアター作ってるわけではないので家では劇場の音響は再現不可能だろうし、サラウンドはバーチャルヘッドフォン頼みだしなぁ。

 ちなみにBDの本編音声は DTX Headphone:X 対応らしいですが、これ普通のヘッドフォン対応なので、バーチャルヘッドフォンをわざわざ切って2chにしないと駄目らしい。というかPS3か4で観るとなるとDTXのデコードがHDMI出力だけになるはずなの、もしかしてちゃんと聞けないのかも。最近買ったSONYのワイヤレスサラウンドヘッドフォンとなると、もとより独自サラウンドで飛んでくるので多分駄目。今PCの Power DVD で再生できるなら、PCに有線ヘッドフォン付けたほうが再生できるのかも。

 しかし、初上映日からまさか半年も経ってから観られるとは……ありがたいことです。これもまあ何回も観られた先達のおかげ。右目が悪くなって劇場からも遠ざかっていましたが、やはり劇場で映画を見るのは楽しいですね(ちと長かったので、最後の方はトイレに行きたくなったのは内緒)。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

水木しげる氏、ご逝去。

 妖怪漫画の第一人者、水木しげる先生が、11月30日、永眠されました
 享年93歳。死因は多臓器不全だそうですが、まあこれはお年寄りではごく一般的なもの。過酷な戦争を生き延びられ、戦後はあれだけTVで原作が映像化されたにも関わらず息の長い漫画家として活躍されていましたね。

 私の幼少期のヒーローは間違いなく鬼太郎でした。もちろんロボットものやヒーローものも大好きでしたが、原点にあるのはおそらく『ゲゲゲの鬼太郎』でしょう。小学校に上がる前に親しんだ、近所の貸本屋での古い漫画たち(そんなに古い話かと思われるでしょうが、覚えてる中で市内で最後まで残ってた貸本屋が消えたのは1980年頃です。近所の店は70年代前半に閉めたと思いますが)。その中でも当時のジャンプやサンデーの漫画と共にあった貸本の中に、「ゲゲゲの鬼太郎」がありました。幸運だったのは、講談社のコミックス以外にも、まさに貸本時代の水木漫画があったことでしょうか。少年マガジンで洗練された鬼太郎とともに、おそらく貸本時代終盤の鬼太郎も読んでいて、あまりのキャラの違いに驚いた覚えがあります。でもまあ、やはり子供なのでマガジン版以降の鬼太郎が好きでしたけどね。コマの書き込みとバランスが良くなっていて読みやすかった。学校に上がるか上がらないかのころ、憧れて下駄履いてたり、前髪を長めにしたりしてました。もちろん下駄はカランコロンと鳴らすわけですよ。はた迷惑でアレな子供ですねー。

 当時そこの店で好きになったのは『荒野の少年イサム』とか『いなかっぺ大将』ですかねぇ……『巨人の星』も読みましたが、おお、川崎のぼる漫画ばかりだな。桑田次郎漫画もここで読みました。主に『8マン』でしたが、他の短編とかも。関谷ひさしの『ストップ!にいちゃん』や小澤さとるの『サブマリン707』に『青の6号』、もちろん手塚漫画もここで最初に読んだかな。
 ホラー?だとムロタニツネ象の『地獄くん』も好きでしたね。買おうとは思わなかったけど漫画としては。明らかに水木漫画のパクリっぽい名前とか設定なんだけど、十分独特なキャラの造形で、ちゃんと差別化されてました。絵柄も背景は似てるけど、キャラはもっと普通の、『ストップ!にいちゃん』の関谷ひさしさんの絵柄のような純粋な少年漫画っぽいものを、ホラーっぽい影とか付けてる感じ。主人公も地獄くんなんて名前ですが、悪党には容赦ないけど、あんな容姿で普通の人には優しいという実は正当派ヒーローだったりして。そこら辺が漫画版鬼太郎と違うところですかね。おっと話がそれました。

 ともあれ、訃報を聞かれたファン、漫画家さんたちのお悔やみの言葉が、あまり悲壮感はなく、なにかあちらの世界に旅立たれた、途中下車しただけ、のような感じが多いのも、日頃水木先生がおっしゃられていた言葉などと、長寿の末だったことが理由でしょうか。私も無理せず最後まで生きられたんだなあという感想しか出てきません。『悪魔くん』他にも著作はあれど、妖怪漫画というジャンルをこれだけ明確に表せる著作物を残され、ダークヒーローであり、弱いものや猫やカラスの盟友でもある鬼太郎という存在を生み出された業績は漫画界で唯一無二のものでしょう。

 今までありがとうございました。心よりお悔やみ申し上げます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

漫画 『舞う竜の記憶』 菅原雅雪 著

 先日注文した漫画が届きました。白い大きめの封筒を二つ折りにしたクロネコメール便で。特に緩衝材は入ってませんが、ものは綺麗でした。本はビニール袋に入れられて、他にCORKの納品書とダウンロードのプレゼントコードが印刷された紙が一緒。納品書はA4の紙で二つ折りにされてましたが、本の表紙もモノクロで印刷されてたので、分かりやすいかな。大きいので他のものと一緒に入れるなら邪魔ですけどね。
 注文やデジタル版の詳細、リンクは前回の記事をどうぞ。

P10208322


 製本版は表紙はカラー、裏は真っ白。A5ですかね。印刷所が栄光で、同人誌でもありそうな簡素なスタイル。108ページ、厚みは約7mmです。編集は佐渡島康平。TVにも出てたコルクの代表ですね。2014年11月23日第1刷発行です。表紙絵は、薄い花の色とか、恐竜のしぐさと顔の色とか、日本画的な落ち着いた雰囲気でいい感じです。

 序盤粗筋。「彼」は若い二足歩行の羽毛恐竜。ほっそりとしていてどちらかといえば小型、長い爪を持つ前足で獲物を捕まえ、前腕や背中に少しだけある羽根などを広げて踊り、雌を誘う。ようやく番(つがい)が見つかり、やがて子供たちも生まれ、順調に見えた生活だったが、ある日空から黒い球体のようなものが降りてくる。暴君とも呼ばれる巨大肉食恐竜の前にやってきた球体から宇宙服らしきものを着たヒトガタの生き物が現れ、暴君を眠らせ捕らえる。見れば他にも続々と球体に囚われいく恐竜たち。「彼」は急ぎ巣に戻るが、番は子を守り死んでいた。ついに球体が「彼」と子供たちを捕らえ、それは空高く登っていく。上空には巨大な宇宙船があり、そこに恐竜たちは運ばれていった。

 あ、恐竜が喋るみたいに翡翠さんが描かれてましたが、厳密には恐竜は喋りません。恐竜は恐竜の意識なので言語も細かい会話もない描写。

 以下、少しネタバレ。

続きを読む "漫画 『舞う竜の記憶』 菅原雅雪 著"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

漫画家「菅原雅雪」さんの新刊。

 昨日の夜、ふと付けたTVで、久々に名前を見ました。
 番組は漫画編集者をテーマにしたもので、若い内から売れっ子漫画家についたりして見る目と意志を養い、力をつけ、独立して独自のプロジェクトを立ち上げてたりする模様が紹介されてました。そこに持ち込まれたある原稿。恐竜が主役のもので、かなり細密に描かれたコマ。巧いなあと思いつつ、かつて連載ももっていたベテランだけど、どこへ持ち込んでも雑誌の色に合わないと拒まれていた原稿だそうで。一瞬ジャンプでやってた岸 大武郎さんかとも思ったけど、その割には絵柄が綺麗(岸さんはこう、表面の質感にこだわるせいかもうちょい書き込みが荒いというか多い)。って、見てると出てきましたよ、お名前が。

 「菅原雅雪」。ん、どっかで聞いた……ああっ、まさかこんなところで見ようとは!
 数年前まで、モーニングで漫画連載してた人です。デビュー当時から絵は上手く、話はちょっと変わってる。「暁星記」というSF漫画を最後に見かけなくなったと思ったら、まだちゃんと漫画描いていたんだなぁと少し嬉しくなりました。
 番組では持ち込まれた漫画をなんとか売り物にしようと編集者が力になり、デジタルに弱い作者の代わりにネットに強い部下をつけて自前のプロジェクトの中で試し読みやデジタル販売の形を作ってました。なお作者のブログもありますが、こちらは2012年からみたい。で、その新作の漫画がマグネットというところでデジタル販売されている、
「舞う竜の記憶」

 恐竜の生きた時代、そこに現れる異星人……という話。リンク先の特設ページの一番下から試し読みが出来ます。電子出版のデジタル版の購入もできますが、ページ右上に製本版を売っているStores.jpという個人商店のような誰でも簡単にネットショップが作れるというネットショップサイトへのリンクがあり、そこでダウンロードコード付きの製本版が買えるので、そちらで注文しました。

 そういえば、これで検索して知りましたが、「光の王国」という漫画も2012年に出ていたそうです。ただこれ、電子出版。Amazonのkindleやebookその他で売ってます。これは知らないわけだわ。なおかつ「暁星記」も電子化されてました。結局全巻揃ってないのですが、書籍で揃えたいもんだがなあ。最近目が悪くなって本も読みづらいので、いいかげんKindleかタブレット、買いたいところではあるので、ちょっと考えてみよう。いやパソコン本体で読んでもいいわけだけど。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

『おしえて! ギャル子ちゃん』第1巻購入。

 表題の漫画を買いました。11月22日に。KADOKAWAの無料WEBコミックサイト「Comic Walker」で連載されてる漫画です。「Comic Walker」は2014年3月22日から開始されてたそうですが、私はたまにしか読んでませんでした。なにせコミックの数が膨大で他で掲載されてたものも含まれてるので、どれがいいんだか、なかなか好みのものを探すのが難しいんですよね。安彦ガンダムの番外編とかちょこちょこ珍しいものを、何かで知って見るくらいでした。

P10207402t1


 で、ある時Amazonで漫画探してて見かけたのが、この漫画。まだ発売前でしたが、その絵柄と作家の名前には覚えが。鈴木健也でこの絵といえば、コミックビームの別冊みたいな雑誌『Fellows!!』で「蝋燭姫」を連載してた人ではありませんか。同じく女性たちが主人公とはいえ絵柄が大分変わり物語の傾向もかなり違う漫画ですが、なんか惹かれるものがあったので(「蝋燭姫」は、最後まで読んでないんだけど、結構好きな漫画でした)、一応連載を読んで購入決定。予約しました。ただ、あとで気づいたんだけど、公式サイトが作られてました。各書店のオマケとか紹介されてたり、twitter使ったプレゼント応募があったり。

続きを読む "『おしえて! ギャル子ちゃん』第1巻購入。"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

劇場版『ルパン三世 カリオストロの城 デジタルリマスター』

 今日は14日。TOHOシネマズデイでしたので(1,100円。ですが、何故か800円)、『ルパン三世 カリオストロの城 デジタルリマスター版』を観に行きました。

 いやー冒頭のカジノなどやはり古いアニメだから少し甘いかなと思ったら、明るい画面になっていくとどんどん綺麗さに気づきます。フィルムアニメ独特のガタツキもほぼ無く(というか最初の方の数カット以外感じなかった。ただガタツキが無いということは、少しはトリミングしてるんでしょう)色パカも無し(多分)。もともと色が違うところはそのままだったけど。そして色が綺麗。もともとぼかしてる感じはそれなりに残りつつ、キャラの色とかは目にいたくない程度にくっきり。こういうリマスターでは目安になる赤とかも色ズレもなくはっきりしていて、丁寧にリマスターされてるのが分かります。肌色ものっぺりではないが、柔らかい感じまでよく見えます。それと流石に作画には手を加えてない。多分そこそこ知られてるクラリスの指輪が無いカットはやはり無いままでした(ルパンが地下に落とされた後、クラリスの偽指輪をしてる手を伯爵が取るカット前まで、指輪が指に無い)。

 音も綺麗で、サラウンド感はあまり気づかなかったけど、鮮明に聞こえました。カーチェイスで端から端への移動は一応ちゃんと左右の違いが分かるようにはなってたかな。よくある疑似サラウンドのようにエコーもさほど感じなかったので、かなり丁寧にされてたのではと(地下ではもっとエコーかかってもよかったかもしれないが)。もっとも古い映画館と最新のシネコンでは音響なども違うだろうから、昔見た映画館での記憶とはまた違うんだろうなあ。当時観た時ですら、色パカや画面ユレてたのに無いわけだし、音ももっと割れるくらいでかかった気がする(笑)

 とにかく劇場スクリーンで観ても、進むに連れて古いアニメと思わせないくらいにのめり込む、そのリマスターの加減は素晴らしく、そしてテンポと面白さは不変(今の目で見ると、シナリオは若干甘いというかクサいが)。実に楽しい時間でした。終り方があっさりだったのでなんか寂しいくらい。観た人は知ってるでしょうが、去っていくルパン達にかぶって「完」と出てそのままフェードアウトで終りなんですよね。今回はそのあとリマスターのスタッフ名のカットが一枚出て本当に終り。
 劇場が明るくなったら、斜め後ろにいた女性らから「泣きそうになった」とか聞こえてきました。歳頃は分からないけど、同感でしたね。まあ私の場合は懐かしさもあったせいですが(彼女らは流石にもう少し若い声でしたので)。亡くなられた人も含めて、みんな声が若かったもんなあ。

 ところで復刻版パンフレットは在庫ありませんでした。もちろん復刻チラシも無し。やはり初日に行くべきだったか……。

 氷川竜介さんもブログでリマスターを観たことメモしてました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

祝『太陽の王子 ホルスの大冒険』BD化。

 歴史的名作とも言える『太陽の王子 ホルスの大冒険』がついにBlu-Rayで登場

 前回の記事のレス書いてたら、見つけましたよ。12月6日発売予定。東映なのでそこそこのお値段ですが、これは買う。実は大昔にちらっと何かで見ただけで、以来まともに見たことが無いんですよね。確かそれほど前でも無いころ、TV放映もされたんですが、それもスルーしてたので。

 ホルスといえば思い出すのは宮崎……ではなくて、高畑……でもなくて、漫画家の故・和田慎二さん。何かにつけてホルスとヒルダ大好きな話をネタにされてて、傑作長編『ピグマリオ』も明らかにホルスに影響を受けてるし、あれ好きだったので。BDで綺麗なホルス、大画面で見たかっただろうなあ。いやまあ、どれだけHDリストアされるのかわからないので、過度な期待は禁物ですけどね。

 今後も続くとすれば『空飛ぶゆうれい船』は絶対欲しい。あれはちゃんと見たのでまだ覚えてるけど、お話しとしても面白い上に、コンテがすばらしい。

 あ、そういえば外国アニメでもう一つBDで欲しいものが。『やぶにらみの暴君』もとい『王と鳥』。DVDは買ったんですが、やっぱりBDで欲しい。
 あとカレル・ゼマンの『クラバート』。ちょっと冗長なんですが、物語は良いし切り絵アニメの独特さも好きです。といいつつ、上映会で見たとき少し眠って全部見てないからまた見たいんですけどね(笑)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧