OUTDOOR RESEARCH プリズマティックキャップ

 アウトドアリサーチの「プリズマティックキャップ」を購入しました。色は二色のうちのグレイシャー(氷河とかの意味。氷河の青ですね)。どちらかといえば冬向け、GORE-TEX仕様で防水透湿機能のある帽子です。同社のGORE-TEX仕様のレインハット「シアトルソンブレロ」を一つ、既に持っていますが、車の乗り降りの際に後頭部のつばが邪魔になるので乗車用にと購入しました。耳が寒い日とかちょっとした雨の日の配達時に被ろうかと。イヤーマフというほどではないけど、耳から後頭部にかけてカバーが付いてるので(普段は内側に折りこみ)防寒にも対応してるのです。

 アウトドアリサーチは1981年にアメリカのシアトルでロン・グレッグによって創業された、アウトドアウェアのブランドです。まああまりよく知らないのですが。知ったきっかけは、GORE-TEXの帽子を探したこと。そこで見つけたのが「シアトルソンブレロ」です。ソンブレロというのはスペイン発祥でメキシコではお馴染みのつばの広い帽子のこと(まあメキシコのはもう定番の形が決まってますけど)。米のシアトルは雨の多い街として知られているので、つばが広くゴアテックスで防水機能を持たせたハットはなるほど便利そうですよね。色も八通りほどあってツートンカラー、レインハットとしてはなかなかファッショナブルです。
 使い勝手も良いのですが、強風のときは前のつばがめくれあがります。つばにはウレタンフォームらしきものが入っていてつばが垂れることはないのですが、付け根は硬くない。逆に言えば柔らかくて折り畳みもできますし、左右のつばを側頭部に着けることもできます(側面にマジックテープがあって止められます)。風が強い日はそうするとマシになりますが、それだと横からの日除けができないのが残念。同社のフォース9という品は前のつばの中に硬いプレートが入っていて風に強そうなんですが。ちょうど今、半額ほどの値引きがされてるのでこれも欲しかったんですけど、サイズが小さいやつしか在庫が無くてあきらめました。

続きを読む "OUTDOOR RESEARCH プリズマティックキャップ"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

QRA-35Lシュー、交換品到着。

 VS-5400Qに付いている雲台QHD-53Qのクイックシュー「QRA-35Lシュー ブラック」ですが、開封後のチェック中に金具がポロリして、「おぎさく」さんにメールした結果、ベルボンに伝えてもらって交換品を送ってくれることになってました。で、その交換品が、火曜日無事到着しました。そこそこ大きめの箱に入っていたのは、普通にスペアとして売られてる商品そのものでした。早速取り出して試し、金具が取れたほうは来た箱に入れて送り返しました(送り状付きでしたので、送料も無料)。ベルボンさんありがとう。

 ところでこのQRA-35Lシュー、ベルボンの中型以上の定番シューのようで他にも使われています。雲台はQHD-53Qより上の大きさの物ももちろんあるんですが、クイックシューはこのタイプが付いてます。なので当然一眼レフカメラには十分な大きさなわけですが、それはつまり小さめのカメラにはちょっと大きいということで。

続きを読む "QRA-35Lシュー、交換品到着。"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

電気スタンド SONOR'e SDS-582

 寝かしすぎてるのでなんですが、この記事は去年書いてたものです。


Pict0113_tr4_2


 10月30日、イオン・ショッピングセンターで低価格の電気スタンドを買いました。商品名はデスクスタンド ROOX(ルークス)WHITE。型番はSDS-582(W)ですが、ネット検索したところ一切出てきません。販売はサナーエレクトロニクス株式会社。住所は新潟。もちろん低価格のとおり、Maid in Chainaです。公式サイトは一応出てきますが、商品説明を見ると古い型番しかありません。そんなに最新なんだろか。それともイオン専売品なのかな。同じ形状のものもなかったので、ネットでは買えそうにありません。

 購入価格は店頭で1,980円のところ、セール日だったので5%引きで1,881円。

 購入目的は前に買った高演色の27Wツイン蛍光灯「三菱オスラムのFPL27ANX」を使うため。一応ツイン蛍光灯のFPL27用のデスクスタンドは一つ持っているのですが、手軽に撮影に使う形状ではないのでそのうち買うつもりでした。そうしたところ、今やLEDスタンドばかりの中、偶然見かけたこれがなんとちょうど欲しい可動範囲を持ってたんですよね。ちなみにデフォルトで装着されている蛍光灯は日立のFPL27EX-Nで、特に安物なわけではありません。

 最近は高演色性のLEDスタンドなども出てきてはいますが、多重影を緩和したり色々便利なものとなるとやはり高いし(二万超えから一万五千くらい)、高演色も良くてRa90くらい(最新型だとRa93だというが)。FPL27ANXは一応Ra95。もちろんデザインと使い勝手とランニングコストを考えれば、LEDが悪いとも言えませんが。インバーターでちらつきはなくともムラはあるでしょうし。そんなわけで買ったものの結局あまり使ってなかったので、これから小物撮るときはこれと高演色20Wの併用でやるかな。

続きを読む "電気スタンド SONOR'e SDS-582"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

うちの猫、しりませんか。

 知りませんよね。

Pict1087_r4


 今日2012年10月6日の18時40分ごろ、うちの飼い猫が逝きました。
 幼名ウリぼう、ウリちゃんで、一応本名はサラ、愛称サラこ。アメリカンショートヘアの雑種なので、ちびこのときから背中がウリ坊だったんですよね。で名前決める前からウリウリ言ってたら、親はずっとウリで呼んでました。私だけ、さすがにそれはないわとあとでサラと名付けるも、「サラこ」とばっかり呼んでた気がします。

Pict1099_r4


 うちのお客さんとこのシャム猫とアメショーの雑種から生まれたうちの一匹。貰ったのははっきりは覚えてないけど、約20年ほど前。20歳前後なので、わりと長生きしました。うちで飼った猫の中では最長。親戚のとこのシャム猫の雑種は二十六七年生きたお化けでしたが、そこまでいかなかったのは体力のせいかな。ずっと小食でほっそりしてました。一番重いときでも、歩いてるときに幅がほんと小さかった。鉛筆ケースを横に立てたような、長細いボディでした。

Pict3371_r4_2


 美人だけど、なんか気が強く、先住猫が気弱だったせいか、わがままにふるまってました。よく顎をなすりに来るくせに、撫でてやってるといきなりかみついたり、お腹撫でると後ろ脚が反射的にケリにきたり。お腹撫でられるのは嫌いでしたね。尻尾は長くピンと張ってましたが、あんまり触られるとちょっと嫌がってましたっけ。まあこれは他の猫も大体嫌いだったけど。先々代のシャムの雑種だけは温和でわりと平気だったかな。

Pict5556_r4


 まあそんな猫天下も、今の代のヨーキーが生まれてからは、おもちゃ扱いで逃げに転じました。猫が外に出ないように母が洗濯物を保す前に部屋の外に追い出していたら、子犬が面白がってか追いかけるようになり、親犬の一匹も含めて三匹で階段や棚の上に上がるまで追いかけ回すようになりまして。以後、人間が居間にいるときは大体追いかけられて、なかなか床ではくつろげません。殆どが机の上か、テレビの上、食器棚の上などに逃げてうずくまってました。こっちがいくら止めろといってもいうことを聞かないのですが、不思議と寝る段になってからは隣にいても平気で、毎日、犬猫一緒に寝てたりしてました。

Pict9247_r4


 もう何年も小食で、缶詰などは食べると吐くので殆どカリカリだけの食事。それでもまあ病気もなく無事に過ごしてましたが、一週間前、ちょうどお風呂入れたころに食べなくなりました。病院で栄養剤とかも打ってもらいましたが、もう全く食べなくなったのでこれは寿命だろうと。三日前からはほぼ寝たきりになりました。最後にお風呂に入れたのはよかったのか悪かったのか……ちょうど寒くなり始めたころでしたし、あまりに嫌がるので親が完全に乾かしてなかったんですよね。驚いてもう一度ドライヤー使ったりして乾かしましたが、完全ではなかったかも。アンダーコートが密集してるので、肌のほうまではなかなか乾かないのです。いつもなら冬で自分からこたつに入ってきたりしてたそこそこ乾くのでそれでもよかったのですが、まだこたつ出してないのよね。特に風邪もひいた様子もないしそのせいとも言いづらいのですが、なんとなく心残りになりました。

 この何日か焦りもあったりいろいろ考えもしましたが、そのせいか二十年の歳のせいか、犬が死んだときよりも冷静に受け止めてます。毎晩、何度か階下に降りるたびに撫でて上げたりして。それも一昨日からは反応も弱くなり。猫と犬の違いもあるんでしょうけど、老衰ですし、いきなり死ぬよりはどきっとしないのかな。

Pict3782_r4


 昔まだ若いころに窓から出たときなんかはもう凄く焦ったものですが。近くの道は結構車の量も多いので、必死に探しましたね。店に出てたころは、よく鍋の棚の一番上まで登って隅に座り込んでたっけ。そこが定位置でほぼ出なかったので、店にいたときのほうが安心出来てたのは不思議。改築前でドアもなかったのになぁ。そういや猫好きなお客さんがペットフードとか買いによく来てたけど、改築後は来なくなったのが残念でした(美人だったので)。転勤したのか猫連れてこなくなったからか。

Pict3451_r4_2


 あまりに日常だったので特にこれといった思い出もないと思ったけど、書くとそこそこはありますね。一緒に寝ることはあまりなかったけど(夜中に出て行くので。夏はエアコン効かないからドア開けっ放しにするわけにもいかず、自室には夜は入れない)、うかつに撫でてると噛まれるけど、やっぱりかわいかった。飼うと決めたのも自分だし、ふと何かのときには寂しくなりそう。

Pict3453_r4


 もうあのゴシゴシと顎をこすられることも無い。犬は可愛いけど猫とは違うものだし、可愛がりかたというか甘えられかたというか、優しい毛並みもない。時々抱っこしてるのが気持ちよかったし一緒に寝るのもよかったけど、親がもう猫は飼わないと言ってるので、サラこが最後かなー。毛が抜けまくるのが嫌だそうだし、年が年なので猫は飼いづらいし(私も独り身なので将来的には不安が残る。飼い主が死んで、猫がミイラ化してたとか遺体少し食べてたとかなりそう)。

 まあそんなところで。明日はお墓に埋めに行きます。
 サラこ、安らかに眠れよ。墓には先輩諸氏も眠ってるぞ、けんかすんな。

 おまけに壁紙サイズ。小さい画面には適当に加工してください。
 正面向いてるので、にらまれてるみたい。ちと怖い?
Pict5138_kabegami


| | コメント (2) | トラックバック (0)

10日は皆既月食の日。でした。

 2011年12月10日は、11年ぶりの皆既月食の日だそうです。見ようと思ってたわりに夜すっかり忘れてたのですが、ツイッターで見てる人がいてなんとか私も見られました。昨日までは雨やら曇りやらでしたが、ちょうど晴れててよかった。ここんとこ星空ショーは大抵くもってたりして見てなかったからなぁ。

 つぶやきを見ていそいそと屋上に出てみると、既に下弦の月。あ、見損ねたかと思ったんですが、ネットで見るとまだ欠けてる最中でした。それからじわじわと消えていき、とうとうオレンジの月。

 欠ける前にいそいそとカメラを出して撮りましたが、うちにあるフルサイズ三脚、ビデオ用三脚なんですよね。月はほぼ真上にあるというのに、これがなんと真上に向かない。一脚分だけ全部出して他二本を半分にして斜めで上向けて撮りました。

 もっともうちのA200は200mm相当ズーム。テレコン付けてようやく300mm相当。そのうえマニュアルフォーカスの無限遠がいまいち出てるかよくわからない。テレコンだからボケてるのかピントがあってないのか三脚押さえてるから若干手振れ起こしてるのか……。超ズームのあるコンデジか、マイクロフォーサーズあたりで500mm相当の望遠があれば、大きく撮れるんだろうけどなぁ。

Pict8663_01t1r5


 とりあえず数枚撮った中からマシなものを。DiMAGE A200、テレコン300mm相当、Mフォーカス、M露出、ISO50、F3.5、1秒。現像時露出補正、+0.6EV。暗いのでSS1.3~1.6秒くらいのほうが良かったけど、ピント甘かったのでこちらを。正直小さいのでトリミングしてから少しリサイズしてシャープかけてみました。とりあえず撮れた、くらいですね。トホホ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

RIO:board <ライオボード>、レポートその二。

 リクエストがあったので、追試レポート。

 「ライオボードのハンドはどれくらいの重さを保持できるか?」

 先の記事の際に超合金魂GX-02「グレートマジンガー」を試したけれど、ベースから浮かせるのも無理でした。まずアームが重さに耐えられず曲がりますが、それよりなにより胴回りが大きくライオボードの長ツメでも前方に届きません。そのまま横から挟んだくらいでは、重さと滑りでするっと開いて留めることも不可能。正直ツメの形もそれほど掴むことを考えて設計されたものではないのでしょうがないんですが。

Pict8531_t2r5


 写真は長いツメを付けて、閉じた状態。組み立てはツメについた軸をハンド部の穴に差すだけです。その精度がわりとタイトなので固めなのですが、そのため何度も動かすとじわじわ上がって(抜けて)きます。閉じるときには確認して浮いていれば押し込む必要あり。ツメの角度はピンボールゲームの壁の角度みたいなもので、ある程度の重さがあれば下に抜けるようなデザインです。そのため、対象の重さもそうですが、どれくらい閉じられるかが保持力の重要なポイントです。せめて先端がもうひとつ内側に曲がってたらねぇ。

 さて、押さえておける限界の重さを厳密に量るなら正確な重さのわかる重りを使うべきでしょうが、まあ大体こんなフィギュアが飾れるというのがわかればいいでしょうし、手元にちょうどいいものがないかと探してみたら、ちょうどいいものがありました。これぞ適当なものです。

続きを読む "RIO:board <ライオボード>、レポートその二。"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

RIO:board <ライオボード>購入。

Pict8442_8444r5
 ライオボードというのは先日発売された、フィギュア用スタンドです。トイ他の企画制作をしている千値練(せんちねる)というところから出ています。販売はユニオンクリエイティブインターナショナル株式会社。もともと千値練がRIOBOT<ライオボット>というブランドでロボットフィギュアを出したときに専用スタンドとして同梱されていたもので、このたび単体で販売開始されました。

 この手のフィギュア用スタンドといえば、di:stageとか魂ステージがよく使われてますが、新製品ということと他とは違う特徴があったので買ってみました。

 写真は箱の表裏。箱の中には特に保護材などはなく、ベースがみっちりつまってました。コンパクトでいい感じ。ないとは思いますが、重いものの下に置いたり踏んだりすると割れるので注意。

続きを読む "RIO:board <ライオボード>購入。"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ROBOT魂「Vガンダム」

 久々に自前ブログにトイ写真をアップ。
 好きなMSなので、おもいっきり長いですがご容赦。

Pict7720_2r4


 バンダイのロボット系可動トイのシリーズ「ROBOT魂 」からアニメ『機動戦士Vガンダム』前半の主役MS「ヴィクトリーガンダム」が発売されました。定価3,760円のところ、amazonで税込3,026円で購入。

 正直サイズと付属品を鑑みると同シリーズの中でも高めの価格設定ですが、これは買うしかない。個人的にガンダムの中で一二を争うほど好きなMSなので。ただ人気のわりに立体化はそれほど多くなく、ベストプロポーションでガシガシ遊べるトイは珍しいです。アニメ本編のストーリーもある意味凄かったのですがカトキデザインのガンダム、しかも今までにない丸っこいやわらかいシルエットはそこそこ人気だったと思うのですが(メカの作画は正直いまいちだったが)。

 右のモノクロの箱はこの製品に装着できる「Vダッシュガンダム&Vガンダムヘキサ パーツセット」。ほぼ同時に到着しましたが、バンダイの魂ウェブ商店での限定予約販売品で販売は既に終了しています。中身はVガンダムのパワーアップパーツと武装、別バージョンのヘキサタイプの頭部のセット。ひとつ1,260円を2セット買いました(送料は525円)。

続きを読む "ROBOT魂「Vガンダム」"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

魂ウェブ商店「Vダッシュガンダム&ヘキサ パーツセット」

 こちらは前回のROBOT魂「Vガンダム」の拡張セットです。

Pict8009_r5

 内容はこちら。Vガンダムの強化パーツ、新武装とヘキサ用パーツが入ってます。
 それではレビュー。

続きを読む "魂ウェブ商店「Vダッシュガンダム&ヘキサ パーツセット」"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

海底(うなぞこ)深く、進んで~♪ ──しんかい6500──

 きたぞ! 日本が誇る、潜水調査船、
 その名も「しんかい6500」。

Pict7663_r5


 ……いやレゴですけどね。

 ことのおこりは、数年前から時々見ていたLEGO関連のブログでした……。

続きを読む "海底(うなぞこ)深く、進んで~♪ ──しんかい6500──"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧