« 700MHz帯におけるTV放送と携帯電話の電波妨害その1 フィルター | トップページ | 明けましておめでとう御座います。 »

700MHz帯におけるTV放送と携帯電話の電波妨害その2 ブースター

 前回は叔母の店のTVの障害を、共同受信ブースターのところにフィルターかまして直した、という話でした。
 今回は、その後、うちの家の受信障害も同じ要因ではないかと推測されるので、じゃあどうするかという話。

 とにかく部屋がいっぱいなので他人入れるのが大変。タダで対策してくれるのはいいけど、どうせうちの屋外ブースターも十年以上前のもの。もうすぐ4KTV放送も始まるし、ということで、新しいブースターに変えることにしました。いや家庭用なので共同受信用より安いんですよね。

P11109101_2


 amazonでポイントが多めにつくセールをちょうどしてたのと、300円引きクーポンがついてたので、
「DXアンテナ CS/BS-IF・UHFブースター(33dB/43dB共用形) 【2K 4K 8K 対応】 デュアルブースター 家庭用 CU43AS」を購入。DXアンテナが出してる家庭用ブースターの最新型ですが、なぜか公式サイトやカタログには載ってません。載ってるのは「GCU433D1S」。でも型番変わっただけで中身は同じでこちらが後継機だそうなので、問題なし。なによりこっちが安かった。まあ4K放送始まっても見るTV無いし、8Kなんてまだ先だけど、700MHz帯の対策しててUHFとBSに対応してるブースターでは一番いいやつなので、今後他の問題も特に無いはず。

 ぶっちゃけことさら広帯域対応の品でなくても、アナログ時代からの品でも大抵の物は使えると思います。大体40年前の5C-2Vケーブル30m以上使ってるのに、BSだろうが110度CSだろうが映りますからね。まあ減衰が大きいのは間違いないのでブースター使ってるし、交換できるならそれにこしたことはないです。アンテナだって30年前くらいにでっかい八木方式のUHFアンテナとVHFアンテナ立てて未だにそれ使ってますが、UHFはかなりしっかり映ります(VHFはもうケーブル外した)。

 さて兼用脚立を出してハシゴ状に延ばして屋根の上に上ります。うちの三階は広いバルコニー兼二階の屋上があるので、そこから三階の屋根の上に上るのは簡単。屋根の上も同じように平たく広いので、工作も簡単です。

P11109111


 昔立てた大きな地上波用のアンテナ、そのポールマストにブースターや分配器が付いてます。この際だからとブースター以外にアナログ時代のさらに古い混合器や分配器を取り外し、使ってないケーブルも外してすっきりさせ、新しいブースターを取り付けます。前のブースターよりサイズが小さくなり、ポールに着けるための固定具もねじは一つだけと、設置は簡単。アンテナからのケーブルや分配器へのケーブルは前のをそのまま使うので、こちらも処理する必要もなし。ただアンテナ取付部からの雨水の進入を防ぐ防水キャップは、ブースターの取付部の大きさが少し変わったので(大きくなってるのでそのままだとブカブカ)再利用できませんでした。しかし、昔のは柔らかいビニール製で同軸ケーブルの先端処理をする前に取り付けるものでしたが、今のは先端処理をした後でもねじこめるよう、深めの穴の先に十字に切れ目があり、そこに先端処理してる古いケーブルをそのまま指しました。するとちょうど前のビニールの防水キャップが今の防水キャップの下にぴったりくっつけられたので、より防水が確かになって結果的には良かったです。

 あとは室内にブースター用の電源部のモジュール(TVのアンテナ入力と壁のアンテナ出力の間に本体をはさむようケーブルを着けて、電気の壁コンセントにプラグ差し込む)を着けるだけ。これは前のブースターで使ってた電源部と交換するだけで済みます。なんか前のでも出来そうだったけど(前のもDXアンテナ製だったし)、今の電源部はパイロットランプの付き方でショートとかもわかるってあるし、本体とセットのものを使った方が相性が確かなので。ちなみにこの電源がBSアンテナにも電気送るそうなので、TVのBSに電源送る設定は切っていいそうです。

P11109151


 最後は調整。一旦ブースターの利得を最大にしてTVを着けます。このブースターだと43dbです。……映らない。BSは映ってますが。これは電波強度が高すぎるせい。なのでまた屋根に上がって、利得幅を下げていきます。ダイヤルを垂直の0時に回して(200度くらい回るので単純に半分ずつ変更)、また降りてTV見る。こういうときにレベルチェッカーがあると便利なのですが──実は以前簡易チェッカーを買って持ってるのですが、挟み込んで使用するため同軸ケーブルが必要で、今余りがどこにあるのかわからなかったのと、5つのパイロットランプで表示する簡易性のため結局使いませんでした。一人でしてるので、ハシゴの上がり下がりが面倒だった……やっぱり簡易式でも使えば良かったと終わってから後悔。

 ともあれ何度か繰り返したところ、最大から-10dbの33dbモードで利得は0時くらいのところが一番アンテナレベルが高かったようです。BSのほうは最大値で。古い5C-2Vのケーブルで40mくらいは壁内這わしてる一階でも、十分でした。にしてもこれなら43dbも上がるブースターでなくても良かったなぁ……と思いましたが、今この手のブースターだと33dbのものは無いみたいだしラインブースターとかだと28dbのものになるので、結局これで良かったかな。

 自室のアンテナレベルは以前は40いくつから50いくつ(チャンネルによって違う)くらいでしたが、今回交換して最低50から62くらいにアップ。勿論ブロックノイズや一瞬フリーズなども全く起こらなくなりました。ブースターの利得値はそれほど変わってないはずで、もしかしたら前のでもUHFの利得もっと下げたらノイズは無くなった気もしますが、レベルのアップということにはならなかったと思うのでやはり700MHz帯の対策がキモかも。

 ちなみに電波障害対策品にはDHマーク710というマークが入ってます。正確には一般社団法人電子情報技術産業協会JEITAのデジタルハイビジョン受信マークで、UHFブースターで700MHz帯障害の対応をしてるものには710という数字が足されてるんですね。710MHz以上は使わないので増幅しないようカットされてるようです。混合器やアンテナ、UHFを増幅しないBSだけのブースターとかだと数字は入ってません。

 でもまあ、部屋に人を入れても大丈夫なら、ブースター変えるより素直に頼んだほうがいいでしょうね。別に故障してなければ8Kでもこない限り古いのでも使えます。今の環境で利得が足らないとかなら別だけど。
 マンションとかだと共同受信ブースターだろうから、買うと高いし、そもそも個人じゃ替えられない。でもおそらくフィルターかまして終わりなので、普通に大家さんに頼んで700MHz帯利用推進協会に連絡とってもらいましょう。一軒家でブースター使ってない人は関係ないけど。

|

« 700MHz帯におけるTV放送と携帯電話の電波妨害その1 フィルター | トップページ | 明けましておめでとう御座います。 »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 700MHz帯におけるTV放送と携帯電話の電波妨害その2 ブースター:

« 700MHz帯におけるTV放送と携帯電話の電波妨害その1 フィルター | トップページ | 明けましておめでとう御座います。 »