« 訃報。高畑勲監督、ご逝去。 | トップページ | 700MHz帯におけるTV放送と携帯電話の電波妨害その2 ブースター »

700MHz帯におけるTV放送と携帯電話の電波妨害その1 フィルター

 ことの起こりは3月、叔母の店からの電話でした。父の所持する建物に店を構えている叔母から、TVが見られなくなったので見に来てくれと。今年頭までは見えていた地上デジタル放送がなぜか映らなくなり、逆にBSデジタル放送の画像が映りだしたと言います。ただの故障ならおかしくなさそうな物言いですが、実は壁コンセントとTVをつなぐアナログ時代からの同軸ケーブルを液晶TVに変更してもそのまま使い、分波器がないため地上波のアンテナ入力にそのままつけていたので、本来BSが映るはずは無いのです。叔母は地上デジタル放送が映ればよくて、BS見ないからとそうしていたと。なのに地上デジタルが映らずBSが映る。

 いやいや、アンテナつないでないのにそんな馬鹿なと思いつつ、ともあれ父の持ち家なのでもし壁内からアンテナまでの問題ならこっちが修理しなくてはならず、一度見に行きました。そしたら、本当に地上波のアンテナ入力にしかつないでないのに、普通にBSが映ってます。どうなってるんだこれ、と思いつつ、試しにBSアンテナ側につなぎ替えても、もちろんBSが映ります。地上波は映りません。BSの電波が強すぎて内蔵アンテナ入力部分で受信してるんだろうとは思いますが、完全に分かれてるはずのアンテナ入力でそこまで混線するもんかなぁ……と実に不思議。いわばケーブルをアンテナ入力につながず、横に置いたらBS見れたってことですからね。

 とにかく地上デジタルが見られない原因を探らなければと、家から手頃な22インチのTVと分波器込みでケーブルを持ってきて、取り替えてみました。そしたら、こっちのTVでは映ったので、壁コンセントより上ではないと(実際は違いましたが)。問題はTVかケーブルか分波器の有り無しか、です。そこで家から持ってきたケーブル+分波器を、店のTVにつないだところ、無事に地上デジタル放送が映りました。では古いアナログ時代の黒のシースの5C2Vのケーブルが悪いんだろうと、新しくケーブル付きの分波器を購入し、壁コンセントとTVの間に着けました。電源をONにすると、地上デジタル放送と、切り換えてBSデジタル放送が映りました。結局なぜかはわからないけどケーブルのせいで、TVは特に問題ないということになって終わりました。

 と、終わったはずだったんですが、三日くらいしてからまた電話が。やはり地上デジタルが映らなくなったということで。今度こそTVの故障かなと。まだアナログチューナーも入ってる古い液晶TVだったので、いっそ買い換えたらと勧めたのですが、叔母の懇意にしてるお店の人がTVを持ってきたら、どうもこの状態で映るかどうかわからないのでは新品を開けるわけにもいかないといって、購入は中断。まあ設置後映らなかったら面倒ですからね。原因はTVじゃなくてアンテナかどこか上の方にあるんじゃないかと。結局そのまま帰ってもらって、一度うちの近所の電気屋さんに見てもらうことにしました。

 さて、電気屋さんに来てもらってなんだか小さい液晶TVの付いたチューナーというかテスターというかチェッカーで調べてもらったところ、三階にある配電盤の中に取り付けられた共同受信用の大きめのブースター、そこで問題があると。アンテナから来たケーブルを直につなぐと映り、ブースターかますと映らなくなるとのこと。単にブースターが壊れたのか……という可能性もありますが、も一つ電気屋さんが言うことには、可能性は低いかもしれないが、携帯電話の電波が妨害電波になっているという話。ここでようやくタイトルに来ました。

 そういえば昔聞いたのですが、アナログ時代の電波帯域がデジタル時代になって若干整理され、その空いた帯域に増えすぎた携帯電話の電波を充てるとのこと。ずいぶん昔に聞いたので忘れてましたが、数年前から始まっていて、この地域ではここ最近携帯電話の電波アンテナが設置されたのではないかということでした。

 国策なので総務省に紹介ページが載ってます。
「700MHz帯を使用する携帯電話基地局の開設に伴うテレビ受信障害対策について」

 この700MHz帯にくる新しい携帯電話の電波が(ソフトバンクがプラチナバンドと言ってるやつ)、対応していない古いブースターにより増幅されて他の帯域に干渉してるというわけです。最近のブースターなら対応してるものがあるそうですが、何せ20年以上前の共同ブースターなので。

 上のページのリンクにもありますが、「700MHz帯利用推進協会」というところが、700MHz帯の問題で受信障害が起きている場合の対策をしてくれます。リンク先の電話に連絡して(今回は電気屋さんがしてくれた)、訪問の日時を決め、障害を確認したらフィルターを取り付けるとか、もしかしたらブースター本体を替えてくれるかもという話でした。

 数日後、やってきた二人の検査員。ブースターに電気屋さんのより簡易なモニタの付いてない電波のレベルチェッカーをつないでチェック。後で調べたところ、マスプロのデジタルレベルチェッカーだったと思います。電気屋さんは自分のより高価なもの持ってるから判るだろうと言ってましたが、思ったほど高価なものじゃなくて(液晶TVモニタのついたものだと20万円する)それで充分だったようです。
 そこでちょこちょこと帯域調べてたら、やはり700MHz帯の障害だったようで、結局人指し指くらいの棒型フィルターをブースターの出力と各階への分配器の間に挟みました。これで余計な電波が切れ、無事に映るようになりました。検査して終了。国の指針での強制変更なので、こちらに持ち出し費用は無し。費用は携帯電話会社持ち。

 というわけで、特に費用もかからず(まあ叔母は新しいケーブル付き分波器を購入してますが、BSも映るようになりよくなったんだから問題ない)、元通り。棒型のフィルターは、自分で買うとものすごく高いです。メーカー見ると受注生産ですが、どこかで二万円くらいしてたのを見た覚えが。

 特に受信状態が悪かったわけでも無いのに、画面が映らなくなる等障害が出た場合、TVやケーブル、ブースターが故障したとかでなく、この700MHz帯の受信障害かもしれませんね。ご注意を。なお、古いブースターを屋外や屋内に着けてない場合は、この障害は出ないらしいです。まあ一軒家とかアパートで複数の部屋にケーブル引いてるなら、普通にブースターかましてるはずですが。


 さて、実は数カ月前から、自宅の自室でも、映ってるしアンテナレベルは割合高いのに、時々ブロックノイズが出て画面が一瞬フリーズするということが度々起こってました。どうもこれもこの障害の仕業か? と思ったのですが、一応検査員の人は先に電話で予約しておいてからでないと行けないということでしたし、何より自室は今人を入れられる状況じゃないので、今後駄目なら電話する、ということにして置きました。で、どうしたかというと──続く。

|

« 訃報。高畑勲監督、ご逝去。 | トップページ | 700MHz帯におけるTV放送と携帯電話の電波妨害その2 ブースター »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 700MHz帯におけるTV放送と携帯電話の電波妨害その1 フィルター:

« 訃報。高畑勲監督、ご逝去。 | トップページ | 700MHz帯におけるTV放送と携帯電話の電波妨害その2 ブースター »