« 五十にして | トップページ | 1840日のログイン。 »

初めての、ハイレゾ対応カナル型イヤホン「JVC HA-FX1100」

 7月10日はAmazonプライムデーでした。Amazonのプライム会員限定の、一年に一度の大規模セールの日です。前回などは特に買うものもなかったのですが、今回はちょうど買い物する必要がいろいろあり、それでチェックしていたせいか、結構出費してしまいました。

 今回登場する物はそのひとつ。JVCのカナル型イヤホン「HA-FX1100」です。WOODシリーズと銘打つJVCのインナーイヤーヘッドホンのハイエンド。写真は外箱から中箱を出したところ。

P11100521


 今までイヤホン(または(インナーイヤーヘッドホン)を買ったことがないわけではありませんが、PS Vita用純正イヤホンとか、kindle用純正イヤホンとか、5千円もしないものでした。どれもそれなりに聞けるものですが、もとよりカナル型(kindle向けのは固いイヤーピースでカナル型ではない)はその耳栓状態で密閉された感じがあまり好みではなく(口元動かしただけで、血流の音とか骨の音が耳障りに聞こえる)、まともに買うつもりはありませんでした。写真は外箱の裏側。

P11100551

 ただ、MDR-Z7というハイレゾ対応の大きめのオーバーヘッドホンを購入したことも有り、逆に気軽に付けられハンディ機器で使えるハイレゾ対応のヘッドホンが欲しかったのは事実。いずれは……と思っていたそこに、このHA-FX1100が目に留まったのです。

 2014年発売のこのイヤホンは、本来は5万円以上していたのですが、ここのところは3万円前後になっていました。それがなんとプライムデーでは2万3千900円という低価格に(いやまだ十分高いが)。当時の価格が29,900円ほどでしたので6,000円ほどの値引きでした。中古ではなんと約25,000円で売ってました。下位、というかノーマルな「HA-FX850」なども2万円前後でしたので、この価格差ならFX1100を選ぶのは自明の理。というわけで、イヤホンに2万円という、ちょっと前なら考えも付かないことをしてしまいました。オーバーヘッドホンで3万円超えるのすらためらっていたというのに、元の標準価格が高いので、値引き率につられてしまいました(半額以下ですからね)。

P11100641


 HA-FX1100の特徴は、大きく二つ有ります。一つはWOODというシリーズ名にもあるように、ハウジングや内部のパーツに木を使っていること。これによる音質の差は、他製品と聴き比べてみないとわからないでしょうが、格安イヤホンと比べて明らかなのは、中低音がものすごく出てるということ。5千円前後にもいいイヤホンはあるんでしょうが、少なくともうちにある物とは雲泥の差。別によくある重低音が売りのヘッドホンほどではありませんが、これと比べるとPS Vita用イヤホンなどは高音の目立つドンシャリ系だとはっきりわかります。

P11100691


 次に、ケーブルが着脱式なこと。リケーブルってやつです。MMCX端子という世界的な共通規格のコネクタを使っているので、社外品のコードと交換もできます。これ便利だけど、ものによっては精度や組み立てが悪いらしく、ここから壊れるイヤホンもあるとか。JVCのフラグシップだから大丈夫だと思いたい。

 バランス接続ケーブルにも対応しているので、対応機器とケーブルを揃えられれば、バランス接続で聴けます。まあ安くても5千円くらいはするので、まだ買いませんが。いいのは3万くらい平気でしますね。MDR-Z7のバランス接続ケーブルも2万したからなぁ。
 付属ケーブルはアンバランス接続用のみですが、これまた高純度無酸素銅 6N(99.9999%) OFCの編組ケーブルという特殊なものを使っていて、イヤホンの高性能に磨きをかけているというわけです。外見は編み込みのため、よくあるケーブルよりも太くずっと丈夫そうです。しかし思ったより柔らかく絡みにくくて、使いやすいです。長さは1mくらいかな。このケーブル自体の音質とかは、付け替えられるイヤホンがないので不明。

P11100731


 付属品はケーブル以外には、本体を納める四角いキャリングケース。ふたは磁石で閉じられます。中は型抜きされたスポンジが挟まってます。他には、ケーブルを服などに止めるクリップや、ケーブルを巻くコードキーパー。大きさがいくつかあるイヤーピースです。

 本体は横に長めでちょっと重いので、付け具合によっては耳から外れやすいです。なので自分に会うイヤーピースをまず見つける必要が有ります。デフォで付いてるのがMとして、私は一つ小さいMSかな、それを付けました。頭痛するくらい頭を振っても大丈夫。まあヘドバンしたらどうかわかりませんが、そういうのは聴かないので問題ない。

 付けた見た目は、耳から横にハウジングがぐっと出てるので、はたから見ると変かも。まあ外で付けることはほぼ無いのと思うので、気にしません。
 木製であるハウジングですが、濃いめの焦げ茶色なので、木肌とかは分かりにくいですね。ツヤが違うのでメタルやプラやゴムには見えませんが、特殊加工したプラにも見えなくもない。

 そんなこんなで二週間ほど聴きましたが、最初の印象はかなり低音寄り。今は、なるほど、普通のヘッドホンのようにも聞こえる音域の広さですかね。曲によってはやはり低音がうるさいこともありますが、おおよそ気に入ってます。流石に安いイヤホンとは比べ物になりません。ただ、いくらこの音響とはいえ、標準価格の5万前後だとしたら、絶対買ってなかったでしょう。大幅値引きと、ひとつ下のやつと3千円も変わらないからこれを買ったわけで。金額を気にしなければ、実にいいイヤホンだと思います。聴いてると、そのうちカナル型ってこと忘れそうになるんですよね、音。

|

« 五十にして | トップページ | 1840日のログイン。 »

コメント

 おお、ウッド振動板の物ですね!JVCには、同様のスピーカーも有りますけど。

# 値段的に、外づかいは気が引けるかも(笑)。

投稿: 翡翠 | 2017/07/30 13:06

 お久しぶりです。

 そうです、内外、ウッドウッドなイヤホンです。
 いいケースついてますけど、確かに外で使うのは少しためらわれますね。木なので湿度や日光もどうかと思うし。水とかもっての外。まあ外では使う時間はほぼないんですが。昼間仕事中に聴くわけにもいかない。ヘッドセットじゃないのでマイクもないしケータイ系でも使わない。

 にしても、基本的にガジェットはハイエンドじゃなくて二番手以下を買うのですが、こいつだけは結局ハイエンド買うことに。JVCだけのくくりと値引きのおかげですが。超有名イヤホンメーカーの物などは、購入意欲すら起きてきません。

 あと、聴くプレーヤーが特に無い。PC&ヘッドホンアンプ以外だと、kindle HDX8.9とかPS Vitaとか他ゲーム機くらいしかありません。別に今の環境だとそれでも問題ありませんが。

 今のところ重たいMDR-Z7の代わりに軽く使うという気分的な違いでしか、使い分けてませんね。

 どうしようかなぁ……。

投稿: やずみ | 2017/07/30 20:21

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 初めての、ハイレゾ対応カナル型イヤホン「JVC HA-FX1100」:

« 五十にして | トップページ | 1840日のログイン。 »