« ポータブルヘッドホンアンプ「PHA-2A」 | トップページ | SONYプレミアムワイヤレスサラウンドヘッドセット CUHJ-15005 »

「PHA-2A」到着。雑感。

 22日(日)、無事に到着。アミューズランドYahoo!店というところで6万切ってたので、そこにメーカー外の5年保証つけて大体6万円、それから残存ポイント全部の約23,000円分引いて、正味37,000円ってとこでした。

P11004211


 しっかりした大きなダンボールに入っていたのは、ポータブルなので当然ですが、思ったより小さな箱。そして思ったより分厚い。樹脂製の、フック用のつりさげパーツが上に付いてますけど、こんな高額商品つり下げてる店あるんだろうか。

P11004231


 外箱から引っ張りだした中箱。最近見た覚えがと思ったら、SONYのPS4専用プレミアムワイヤレスサラウンドヘッドセットと同じような黒箱ですね。黒い紙のしっかりした箱です。

P11004251


 分厚い箱を開くとそのまま本体が。ビニールとか入ってませんが、シルバーがシブい。開いたふたの内側のふた?の下に、付属品が入っていました。

P11004261


 付属してるのはWalkman用の短めの接続ケーブル(一方はmicroUSB、もう一方がWalkman用デジタル端子)、iPhone他用の接続ケーブル、PCなどに使うmicroUSBとUSB B端子のケーブル、Walkman本体を付けられるシリコンゴム(でかい輪ゴムと間につける板状のシート)、それに説明書など。

 本体はするっとした印象。前後だけにダイヤルとか接続端子があります。DAP(デジタルオーディオプレイヤー)などと合わせるとしたら、本体が結構大きめですね。横は丸みを帯びているため、わりと握りやすいです。逆に言えばするっと滑りやすそうですが。まあこんなもの握って持ち運びとかは大変だから、使う人はバッグに入れっぱなしになるでしょう。表の真ん中にはHi-Res AUDIOのシール。端に薄く凹んだSONYのロゴ。裏には使用時の注意書きシール(使用中内部から熱が発生する、布にくるんで長時間のご使用はお控えください等)。あと裏の四方に薄いおわん型ゴム足がついてます。ちなみに裏に書かれてましたが、MAID IN MALAYSIAでした。爆発する中国製でなくてよかった。リチウムイオンバッテリー内蔵だし。

P11004301_2


 こちらは出力側。面としては長方形の端が半円になってる形で、真ん中にボリューム、両端に円にそって出力端子が配置されてて、シンプルながらまとまったデザインです。右端が一般的な3.5mm3極のアンバランス接続ステレオミニジャック。左端が新たな規格の4.4mm5極のバランス接続用ステレオミニジャック。ボリュームはスイッチ兼用で右に回すとカチッとクリック音がして、左隅のPOWERランプが緑に光ります。OFF時には無論消えてますが、電源にUSBケーブル差すとバッテリーの充電が始まり、赤く光ります。

P11004311


 反対面は入力側。左からPCやWalkmanやスマホ用のデータ入力用のmicroUSB端子(右にある小さい穴はSONYのWalkman他専用の端子らしい)、次にiPhone他のApple用入力端子、ヘッドホンのインピーダンスに合わせる三種類のGAIN(感度)切り換えスイッチ、最後の左端がDC in 5Vの電源用のmicroUSB端子(主に充電用)。

 もちろん付属品には最低限つなげられるそれぞれの専用ケーブルが入ってます。もっともポータブルプレーヤー用なのでどれも短いです。PCにつなぐ場合は、やはり普通にケーブル買った方がいいですね。

 さっそくPCにつなげてみました。まず、SONYのサイトからドライバをダウンロード。インストール手順にしたがってインストールしていきます。最初は本機をつながず、インストール中に本機を接続とかあるので、その通りに。もちろん何の問題もなく完了。接続は、空いてたUSB2.0に、オウルテックのUSBケーブルで。

 再生ソフトは、とりあえずいつも使ってるMedia Goで。Media GoはSONY製らしくなんとSONY製のDACでないとASIO接続が使えないというアレな仕様(SONY製のASIOドライバしか使えないらしい)。まあそれも、何につないでも特に問題もないPHA-2Aを選んだ理由の一つなのでした。

 Media Goの「ツール」→「ユーザー設定」→「オーディオ出力」を選びます。デフォルトは「ウィンドウズ機器」ですが、それから下の「ASIO機器」に変更。もちろんウィンドウズ機器のままでも音は鳴ります。簡単に言えば、ASIOに変更するとウィンドウズのミキサーなどをパスしてより元データに近い音が出せるという話。なので変更するとMedia Goやチップセットのボリュームが効かなくなり、もちろんエフェクトなども使えなくなります。ボリュームはDACとかヘッドホンアンプに付いてるもののみで変更します。今回はPHA-2Aのロータリーボリュームコントローラーだけですね。新品なので当然ガリもなく、実にアナログでゆっくり回るいいコントローラーです。

 そうして音が出るようになったわけですが、うちにあるのはCDからのリッピングデータなので、よくてもCD音質止まり。最近はFLACにしてますが、以前のものだとMP3データも数多いです。Media Goには特に音質改善機能はありませんし(いやそもそもASIOにしてたら、あっても効かないのか)、まああまりマニアックな視聴環境ではありませんね。いずれにしろ今は普通の3.5mmステレオミニプラグで聴くわけですし、気にしてもしょうがないか。

 ともかく使ってみた感想は……うん、データに因る。いやね、MP3でもしっとりと聴けるので悪くはないけど、室内据え置きでアンバランス接続で使うなら、6万超出すほどではないかな……。そもそもアナログとかアンバランスでいいならもっと安いヘッドホンアンプありますし。DACとしての使用とバランス接続があるからこの値段なわけで。

 DACは初めて所有するので、買って損したわけではありません。持ってないけどハイレゾ音源手に入れても、これで普通に聴けるわけだし。選択の幅は確実に広がってます。惜しむらくはアナログ入力がないことかな。あるとさらにいろいろ楽しめたのに。

 先日購入したMDR-Z7で聴いてるわけですが、よく言われるのがプレーヤーに直付けしてもこのヘッドホンの特性は十分に発揮できない、ということ。これはこいつのインピーダンスが70Ω(1kHzにて)だからというのが最大の理由らしいです。私も詳しくありませんが、ヘッドホンのインピーダンスは、簡単に言えばそれが高いほど出力のボリュームが同じでも音量が小さくなるそうで。ヘッドホンとしての利点はノイズが少なくなること、欠点はアンプ出力が足りないと大音量はでないということらしいです。なので普通のウォークマンとかだとアンプ出力が足りずに、大きめの音で鳴らせない、つまり良さがでないと。

 じゃあPCにつないだらどうなのかというと、結果としては普通に大音量で聴けます。チップセットのミキサーは、平均的にするためか、デフォルトだと半分くらいで止まってます。そのためサウンドマネージャーを起動してそれからボリュームを上げる必要があります。それを最大にしてから、再生ソフトのボリュームで調整すると聴きやすくなります。ただ他のピープ音とかも上がるので、メインボリュームはそこまで上げずともいいかも。ともあれそれでも普通に聴けます。

 ならヘッドホンアンプ要らないのでは、と思いますが、ASIO接続とかするならボリュームはソフトで変更できないわけで(Media GoだとそもそもSONY製DACも無しにASIO接続できないが)、聴きやすい音量にするなら当然必要。ASIO使わなくても、実際聴いてると、大きめにすると間のノイズもなく、ほんのり艶があります。特に楽曲の解像度が高い、楽器がはっきりしてるような曲の場合は。アイドルソングとかロックとかごちゃごちゃしてる場合はあまり変わらないかな。ピアノやストリングスのソロがあると、実にいい感じに聞こえますね。ってMDR-Z7のおかげかもしれませんが。Vita用とかの手軽なインナーイヤホンで聞いても悪くないです。これでアナログ入力端子が一つあれば、もっといろんなもので楽しめたかな。


 もっともロスレスのFLAC聴いても、MP3聴いてもあまり気にならない私の耳では、どれでも使い勝手が良ければいい、そんな感じになりますね。ノートPCで使うとか、ポータブルプレーヤー持ってるならともかく。
 あ、でもボリュームダイヤル回すのは気持ちいいです。安物と違い音量UPしてもノイズが増えないのはいいですわ(音質どーなった)。

 というわけで、普通のヘッドホンでアンバランス接続で使うなら6万は高い。使用感は高いなりに良い。私もポイントで3万円台にならなければ購入しなかったでしょう。ピアノや管弦楽のシンプルな曲、ハイレゾで買おうかなー。静かに沁みる様なピアノや、低音のサックスが実にいいです。MP3でも問題ない程度の耳だけど。

 あ、あと、発熱ほんとにしませんね。噂ではPHA-3はカイロみたいになると聞きますが、これは、普通に机に置いてるせいもあるのか(外気にふれているから放熱しやすい)、触ってもアルミらしくひんやりしない、って程度のものでしかありません。冬で室温が低いせいもあるか。もちろん電源切っていると、ひんやりです。

 話変わるけど、保証会社のワランティマートが破産しててワロタ。しかも去年の話とは……。ある店で、ワランティマートの保証は別会社が引き継ぐという文章があって、驚きました。いくつかワランティマートの保証付けてる買い物があったはずなので、もし故障したら購入店舗にまた確認せにゃならんなー。

 というわけで、今回のアミューズランドが使っている保証会社はWarranty technologyという会社でした。ちなみにMDR-Z7はイーベストYahoo!店で買いましたが、そちらに付いてる延長保証は株式会社リペア・デポが担当だそうで。

|

« ポータブルヘッドホンアンプ「PHA-2A」 | トップページ | SONYプレミアムワイヤレスサラウンドヘッドセット CUHJ-15005 »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 「PHA-2A」到着。雑感。:

« ポータブルヘッドホンアンプ「PHA-2A」 | トップページ | SONYプレミアムワイヤレスサラウンドヘッドセット CUHJ-15005 »