« 2016年12月 | トップページ | 2017年2月 »

たまったポイントで「Playstation4 Pro」が貰える罠。

 先日、ふとSASONカードのポータルサイトを見て、ポイントが1万超えているのに気づきました。で、今のポイント交換できる品はなんだろうと調べていたら……Playstation4 Proの写真が! 2月28日までの限定交換品で、10,000Pで交換可能だと。

 おお、なんか凄いなと思いつつ、でも待てよ、たとえ期間限定でも、こういうのは大抵実際に買ったほうが安いんだよなぁと思いなおし。調べてみました。

 Playstation4 Proは、標準価格が税込み48,578円。Amazonではこれで売っています。別に同時に入れる3年延長保証もあり(4,100円)。Amazonではヤマトマルチメンテナンスソリューションズというところが担当していて、落下、水濡れにも対応とのこと。合計で52,678円になります。

 なぜ他でなくAmazonを例にしたかというと、SASONの永久不滅ポイントはAmazonのギフト券に交換が可能だから。200ポイントで1,000円分に交換できます。対象のPlaystation4 Proは10,000ポイントで交換なので、Amazonギフト券に換算すれば200ポイントが50個分、合計50,000円分の買い物ができることになります。なので、ギフト券に交換してからAmazonで買えば、実質1,422円分お得に。しかもあと2,678円足せば、SASONでのポイント交換と違って3年間の落下水濡れ対象の延長保証がつくわけです。危ない、危ない、あやうく無料で交換の罠にはまるところでした。

 まあこの手の話はよくあるので、ポイント交換ものは気をつけねばならないし、クレジットカードなどのポイントは、こういうギフトカード交換が一番無難だったりするわけですね。しかしまあSASONの永久不滅ポイントもよく10,000ポイントもたまったものです。細々としか使ってないのに。ポイント交換品の上限が10,000ポイントだしなぁ。
 niftyに入ったときに作ったniftySASONカードの連綿たる歴史のおかげなのですが(既に新規入会のない消えたカード)、かれこれ20年以上経ってるので当然か。その名の通り他のカードのポイントと違い期間限定ポイントではなく消滅しないので、SASONが止めない限りはたまっていくのがありがたいところ。もっとも率は最低ランクですが。

 ともあれ、期間限定で交換しなくてもいいし、Playstation4 Proはまだ現役の初代があるので様子見だし、まだ交換はしませんがね(今のやつが調子が悪くなって、Proの二世代目が出たら考える。というか4Kモニタもないし、ProはUHD BDドライブ積んでないし)。

 なおSASONの永久不滅ポイントで交換できるポイントなりショッピングなりは他にも有りますが、率(100ポイントで450円相当とか)と買える場所が少なすぎて却下(セブンネットショッピングあたりが一番使えそうだけど)。期間限定で率の高い交換もあるけど一度に少額しか使えなかったりして、汎用性が高いのはやはりAmazonですね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

SONY「SRS-X1」入手。

P11004381


 SONYの球体スピーカー「SRS-X1」を入手しました。NTT会員のポイントを使って。

 niftyが去年、光コラボの@nifty光というのを始めたのがきっかけ。これはプロバイダがNTTの回線を借りて支払いを一括にするというもの。これまで以上の紐付けになります。私が最初に光ケーブル入ったころも同様に一括支払いでしたが、途中で分離してそれ以来ですね。
 それでまあ勧誘の電話がかかってきて、もう少しで入るところでしたが、そちらに入るとNTT-Westのポイントがすべて無くなるというので、先にポイントを使い切っておかないともったいないということで入るのを中止。見ると1万ポイントほど溜まってたので、交換品を探してみましたが、なんかいいのが無い。結局8800ポイントほどのこの球体スピーカーを選び、到着した次第。で、光コラボですが、今店と家の二カ所でNTTの値引きなども入ってて、結局そんなに金額が変わらないことから、止めることにしました。また電話かかってきそうだけど。

P11004421


 さてSRS-X1です。こいつはBluetoothの無線接続が可能で(有線でもつながります)、防水機能もあるモノラルスピーカーです。スペシャルページもあり、わりと音がいいのと、カジュアルな使い勝手の良さで人気あるようです。ワイヤレスポータブルスピーカーのシリーズとしては実はこいつは三代目です(X1の前に、RDP-NWV25BSRS-BTV5という球体スピーカーがありました。いずれも生産終了)。さらにこのあと2015年にはSRS-X11という機種が出ていますが、2014年に出たこのX1もまだ現役。X11の大きな違いは防水がなくなったことと、キューブ型になったこと。四角いので置きやすいけど、防水というアドバンテージが無くなったせいか、並売しているようです。あ、あとボール型で上部の振動板(ダイアフラム)をカバーする天辺にろうとのようなディフューザーが付いてるので、X1は単体で360°に音が広がります。その違いもあるからかな。

 なお発売当時のAV Watchのレビューがこちら

続きを読む "SONY「SRS-X1」入手。"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ショック! ハイレゾ音源も期間限定発売があった……。

 なんかいいハイレゾ音源は無いかと考えて、ふとお気に入りのCDのハイレゾはどうかと調べてみた。まあマイナーなやつとか、メジャーでも古いアルバムとかはさすがになかったのですが、そこで思いついたのが『ガンダム』ですよ。
 古くは『交響詩ガンダム』から、『交響詩Zガンダム』、そして『機動戦士ガンダム 逆襲のシャア』。この三つのアルバムは本当に好きで、よく聞いてました。で、すぐに検索したところ、普通に特集ページとかあったわけですが、リンクを飛んでみると……『逆シャア』削除されてる!

 2014年に、長い沈黙を破って、ニューマスタリングで未収録曲なども含めた3枚組のCDが出たんですよね。もちろん初回完全限定生産品だったのですが、当然喜び勇んで購入しました。このときにですね、私は知らなかったのですが、同時にハイレゾ音源もされてたらしいのです。というか、そもそもその前にハイレゾウォークマン「WM-ZX1」の限定品でガンダムとのコラボがあり、それにハイレゾ音源が収録されていたそうで(これは聞いた覚えがある。高すぎて買えなかったけど)、その中身がのちに配信されたということだそうで。

 で、検索で出てきたVictorの配信サイトのガンダム特集ページには、通常版と初回限定版がちゃんと紹介されていたのですが、これがリンク踏んでも、「アルバムは準備中です」ときたもんだ。その後、moraやハイレゾ配信の雄e-onkyoとかも回りましたが、どこにもなかったです。まさか配信まで初回限定だとは……というか通常版ですら配信終了ってどういうことよ。また、無くなってるのが『逆シャア』だけってのが腹たつわー(サイトによってはもともとハイレゾ置いてないアルバムもあるが)。物理的なCDとかはしょうがないが、なんで配信とか限定にするかね。しかも通常版まで。


 なんか気がそがれたので、とりあえずハイレゾはまだいいや……どうせ聴く環境ないからとハイレゾに注視しなかったのがくやまれる……。

 ついで、また好きな『イデオン』も探してみたけど、こちらはラスマス・フェイバーのジャズアレンジ以外見つからねえ……あ、『ガオガイガー』はあるな…ってオーバーサンプリングした疑似ハイレゾだ……。orz


| | コメント (0) | トラックバック (0)

SONYプレミアムワイヤレスサラウンドヘッドセット CUHJ-15005

 タイトルのものを買いました。Yahoo!で期間限定Tポイントが1万6千円分ほどあったので。約1万9千円ほどですが、実質三千円程度ですね。11日に予約し、19日に到着。

P11004001


 きっかけはそれですが、あともひとつは、PS4専用だから。いくつかのPS4ゲーム専用の音響プロファイルを選んで音を変えることが出来(ヘッドセットに通常記憶できるのはそのうち二種類のみ)、なおかつ3Dオーディオに対応してるからです(これは少し誤解があった)。あ、あともひとつ、PS3用にすでに「ワイヤレスサラウンドヘッドセットCUHJ-15001」を持っているのですが、これはPS4でも使えるものの、さっと付けたり外したりしてもすぐには認識しなかったりします。PS3はまあまだしも、PS4だと再起動したりややこしいので、もう付けっぱなしが一番だと思い、PS4用というこいつを選んだわけです。PS3には15001を、PS4にはこの115005を使おうというわけですね。

P11004081


 箱の中には真っ黒な分厚い箱が。開くと中に15005本体が布地っぽい台座に置かれ、妙なところがプレミアムな感じ。

 さて、プロファイルは15001と同じく二つまで記憶できますが、問題があるとすれば、このヘッドセットに対応したプロファイルを持つゲームは、今だ三つくらいしかないってことです。さらに3Dオーディオに対応してるものは、『アンチャーテッド4』だけ。PlayStation VRや海外では他にもあるようですが。

P11004101


 本体を取り出し、台座?を外すと下に付属品と取扱説明書などが入ってます。付属品は、USBトランスミッター、USBケーブル、3.5mm4極のステレオケーブル(4極なのはおそらくヘッドセットのマイクのため)、本体を入れるポーチ等。見比べてはいないけど、トランスミッター以外は15001と同じじゃないですかね。

 ところで、3Dオーディオに対応しているというPSVRですが、これの音声再生は付属の3.5mmアナログケーブルでつなぐヘッドホンがデフォルト。この15005も同じくPSVRとつなぐときはアナログケーブルで、ワイヤレスでは使えません。となると、3Dオーディオというのは、dts Headphone:Xと同様にステレオヘッドホンで聞けるオブジェクトベースのサラウンド方式ということになります。しかしこのヘッドセットのバーチャルサラウンドの切り換えスイッチでは、バーチャルサラウンドと3Dオーディオ、それと切り換える2chステレオしかありません。有線でつなぐのがデフォルトなら、2ch側に3Dオーディオがなくてはおかしいのですが、なぜかバーチャルサラウンドと一緒。なんでだろ。それはともかく、dts Headphone:Xと同じなら、それはソフト側が対応させた音声データを持ってるか否かで、ヘッドホン側は普通にステレオが聞ければ問題ないんですよね。dts Headphone:X対応をうたうビクターのヘッドホンが何の変哲もないヘッドホンだったのと同じで。とすると、3Dオーディオ目当てで15005を買う必要はとくに無い……?
 ……なんという罠。

続きを読む "SONYプレミアムワイヤレスサラウンドヘッドセット CUHJ-15005"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

「PHA-2A」到着。雑感。

 22日(日)、無事に到着。アミューズランドYahoo!店というところで6万切ってたので、そこにメーカー外の5年保証つけて大体6万円、それから残存ポイント全部の約23,000円分引いて、正味37,000円ってとこでした。

P11004211


 しっかりした大きなダンボールに入っていたのは、ポータブルなので当然ですが、思ったより小さな箱。そして思ったより分厚い。樹脂製の、フック用のつりさげパーツが上に付いてますけど、こんな高額商品つり下げてる店あるんだろうか。

続きを読む "「PHA-2A」到着。雑感。"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ポータブルヘッドホンアンプ「PHA-2A」

 ついにやってしまいました。ポチっとな。

 SONYのヘッドホン「MDR-Z7」の購入を決めて以来、いつかは手を出すだろうなと思っていたポータブルヘッドホンアンプ。早々に買うことに。Yahoo!ショッピングでの期間限定Tポイントがそこそこあり、他にそのポイントが使える適当な価格帯のものがなかったので、思わず。

 押したのは同じSONYの「PHA-2A」。USB DAC内蔵のポータブルヘッドホンアンプです。SONYの製品でいえば、中級機。去年10月に出たばかりの新型で、バランス接続用に最新規格の4.4mmの5極端子を使った品です。他に通常の3.5mmアンバランス端子(ステレオ)出力もあるので、一般的なヘッドホンも使えます。

 これにしたのは、結局SONYの製品でバランス接続が出来る最安値の品がこれだからです。MDR-Z7が出た当時はポータブルヘッドホンアンプのハイエンド機「PHA-3」が出ていて、Z7もこれに接続できる3.5mm二つのバランス接続用ケーブルが、標準で付属しています。ただ、こいつは高い上に大きく重く、発熱もかなりあって実際に持ち運びして使えるものじゃないという評判を聞きまして(PHA-2Aも実際は、大きさはともかく重さはさほど変わらない)。変わってPHA-2Aははっきりわかるくらい発熱が下がってるそうです。

 どうせ持ち運びはしないので据え置き機器でもよかったのですが、バランス接続できるものは価格的にはそう変わらない。アンバランスでいいなら、評判のいいものが少し低価格だったりはしたのですが。まあ後で出たわけだし、Z7との相性を考えると、もうSONYでいいやなと。普段使ってるMedia Goも使えることだし(Media GoはSONY製のDACでないと、ASIOとか細かい設定が使えない)。


 ただ問題は、Z7標準付属の3.5mmバランス接続ケーブルは、これには使えません。なので結局キンバーケーブル製作の5極端子ケーブル「SONY MUC-B20SB1」か、ORBという会社の同様のケーブル「Clear force 3.5φ Slim body double CF-3.5 SB 4.4 1.2M」を買うしかありません。ポイントで2万3千円分ほど使ったとはいえ、4万円近く使ったので、もう今月は無理。来月もちょっと難しいが、これとかのポイントが入ったら、それ使うかな。多分二万円弱くらいはまた入る。
 というわけで、本体が来てもしばらくは通常のアンバランス接続で聞くことになりそうです。それでも、PCのアナログヘッドホン端子から直に聞いてる今よりはずっといいでしょうけども。

 あ、もう一つ問題あった。ハイレゾ音源持ってないわw
 試しに何か買うかなあ。ハイレゾ音源販売してるサイトで。

 ……おおっと、今月、amazonで予約してるわりと高めの品が発売されるの忘れてた。再来月はまた支払いが大変なことになりそうだ……。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

見える、見えるぞ、僕にも刻が見える……

 なんてことはないけども。無事ガーゼを外しましたら、そりゃもう抜群に見えました。眼鏡かけていれば。

 おっと、これは去年に書いた記事です。正確には手術後三日目ですかね。12月22日。


 約二年ほどボケてピントもあわない状況だったけれど、実はそれほど立体感がなくなってるとは思いませんでした。が、ガーゼを外した時の鮮明なことといったら。待合室の連なるイスの端っこが、ものすごい立体感でした。明るさもあいまってなので、夜の自室だとそれほどでもないですが、とにかく久しぶりの両眼視はすごかった。もうほとんど3D画像のような……本末転倒か。でもまあ気持ち悪い経験をしたかいはあった。

 よく4Kとか8K解像度になるとそれだけで立体感が出るといいますが、それです。単に両目の視差による立体感だけでなく、解像度が補完されてるんですよね。今の眼鏡は三年ほど前に作ったもので、それからまた視力が落ちているので、まだまともな左目だと大体0.03と言われ、多分眼鏡かけて0.7くらい。パソコンモニターはいいけど、2m先のTVの細かい文字ははっきり見えないというくらいの。それが今度の右目の眼内レンズは-8.0Dとか言ってたし、視力だと大体0.06くらいの、眼鏡作ったころの視力っぽい。なのでよく見える(若干何かズレてるので遠目になってるけど)。で、左は近くがわりと見えて遠くはピンボケ、右は遠くしか見えない(近くはピントが合わない)ことになってるけど、両眼視ならどっちも補完されてわりと見えるわけです。おかげでピント幅のより狭い右目になったわりには、近くから遠くまで見えてる感じ。

 ただ、片目ずつ見るとどうしても違和感が残るので、結局眼鏡は作り直した方がよさそうです。右は、実は眼鏡を少し遠ざけたほうが遠中距離がくっきり見えます。目元からレンズを5cmも離せば、6畳間だとどこでも大体よく見える(1m弱のモニタの文字もよく見える)。眼鏡のノーズを鼻先まで下げたらモニタ見るのも苦労しませんが、もちろん左目はそうなると見えなくなるので意味がありません。なので、次に作り直すなら遠近両用レンズにするしかないですね。眼鏡なら新しいのを遠中両用にして屋外用、今の眼鏡のレンズを変えてデスク用にする手もありますが。
 問題は右目の視力がまだ落ちる可能性があること。うちの両親は両目ともすでに眼内レンズ入れてますが、二人とも入れてすぐはよく見えてたけど、しばらくたって視力が落ちたと言います。1.0くらい見えてたのが0.6くらいにとか。その伝で言えばこの右目も左同様くらいには落ちる可能性も。それを考えれば、まだしばらくは新しい眼鏡を作るのは控えた方がいいかも。でも今の眼鏡も右はちょっと焦点が遠い、左はもとより近いので、これで無理がたたって視力が下がる可能性もあるような。

 「眼鏡市場」とかだと保証で6カ月以内なら一度、変わった視力に合わせてレンズ交換が無償だったりするのですが、HOYAのレンズを多めに扱い遠近両用などもよさそうな「メガネのアイガン」は3カ月以内だったりします。悩ましいことです。

 術後12日間経ちましたが、今のところまだ右目の視力は落ちてる感じはしません。とりあえず1月末か2月には、眼鏡作りに行くかなぁ。

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

明けましておめでとうございます。

 去年は途中から、また記事が減ってしまいまして。一時期ほどブログに書くことが減ったというより、モチベーションが下がったというところでしょうか。目が悪くなって写真撮ることも減りましたし。

 今年は、とりあえず白内障手術が上手くいったのでカメラいじるのに問題はなくなりましたが、家のことが忙しいのは変わらないので、やっぱりあまり記事は増えない気がします。しかし当初の備忘録としての役割はもっと重要視されるべきだろうし(物忘れがひどくなりつつある)、せめて買った本の感想とか、写真にこだわらない記事は書いた方が自分のためにもよさそうな。

 ともあれ、今年も宜しくお願いいたします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2016年12月 | トップページ | 2017年2月 »