« 「PHA-2A」到着。雑感。 | トップページ | ショック! ハイレゾ音源も期間限定発売があった……。 »

SONYプレミアムワイヤレスサラウンドヘッドセット CUHJ-15005

 タイトルのものを買いました。Yahoo!で期間限定Tポイントが1万6千円分ほどあったので。約1万9千円ほどですが、実質三千円程度ですね。11日に予約し、19日に到着。

P11004001


 きっかけはそれですが、あともひとつは、PS4専用だから。いくつかのPS4ゲーム専用の音響プロファイルを選んで音を変えることが出来(ヘッドセットに通常記憶できるのはそのうち二種類のみ)、なおかつ3Dオーディオに対応してるからです(これは少し誤解があった)。あ、あともひとつ、PS3用にすでに「ワイヤレスサラウンドヘッドセットCUHJ-15001」を持っているのですが、これはPS4でも使えるものの、さっと付けたり外したりしてもすぐには認識しなかったりします。PS3はまあまだしも、PS4だと再起動したりややこしいので、もう付けっぱなしが一番だと思い、PS4用というこいつを選んだわけです。PS3には15001を、PS4にはこの115005を使おうというわけですね。

P11004081


 箱の中には真っ黒な分厚い箱が。開くと中に15005本体が布地っぽい台座に置かれ、妙なところがプレミアムな感じ。

 さて、プロファイルは15001と同じく二つまで記憶できますが、問題があるとすれば、このヘッドセットに対応したプロファイルを持つゲームは、今だ三つくらいしかないってことです。さらに3Dオーディオに対応してるものは、『アンチャーテッド4』だけ。PlayStation VRや海外では他にもあるようですが。

P11004101


 本体を取り出し、台座?を外すと下に付属品と取扱説明書などが入ってます。付属品は、USBトランスミッター、USBケーブル、3.5mm4極のステレオケーブル(4極なのはおそらくヘッドセットのマイクのため)、本体を入れるポーチ等。見比べてはいないけど、トランスミッター以外は15001と同じじゃないですかね。

 ところで、3Dオーディオに対応しているというPSVRですが、これの音声再生は付属の3.5mmアナログケーブルでつなぐヘッドホンがデフォルト。この15005も同じくPSVRとつなぐときはアナログケーブルで、ワイヤレスでは使えません。となると、3Dオーディオというのは、dts Headphone:Xと同様にステレオヘッドホンで聞けるオブジェクトベースのサラウンド方式ということになります。しかしこのヘッドセットのバーチャルサラウンドの切り換えスイッチでは、バーチャルサラウンドと3Dオーディオ、それと切り換える2chステレオしかありません。有線でつなぐのがデフォルトなら、2ch側に3Dオーディオがなくてはおかしいのですが、なぜかバーチャルサラウンドと一緒。なんでだろ。それはともかく、dts Headphone:Xと同じなら、それはソフト側が対応させた音声データを持ってるか否かで、ヘッドホン側は普通にステレオが聞ければ問題ないんですよね。dts Headphone:X対応をうたうビクターのヘッドホンが何の変哲もないヘッドホンだったのと同じで。とすると、3Dオーディオ目当てで15005を買う必要はとくに無い……?
 ……なんという罠。

P11004111


 そんなわけで購入したプレミアムワイヤレスサラウンドヘッドセットですが、正直、それほど前作と違う感じはありません。今回はドライバが50mmと大型化したくらいで(15001も触った感じ40mmくらいっぽい)、機能は実はほぼ変わらないようです。スイッチの数も実は同じ。15001はメインスイッチ除きスイッチの上からカバーがかかった感じで(防水というより防塵にはいい)、それにくらべて15005は切り換えが分かりやすくなったくらいかな。あ、写真にもあるけど、USBトランスミッターは大型化してます。根元に小さい放熱口も空いてるので(自然放熱排気)若干性能が違うのかも。使い勝手は大きめになったので邪魔ってこと以外は特になさそう。

P11004151


 あとの違いは素材か。実際に頭に乗るヘッドバンドはゴムらしきもので、間に浮いてるので、実際に左右から耳にパッドを押しつけるのはその上のステンレスのバンド部分。これがわりと硬いのとイヤーパッドの縫製の関係で、15001より少し側圧が高い。ただ、全面プラスチックな15001に比べると丈夫そうではある。もっとも折り畳みのヒンジはやはり華奢なので、左右パーツ持ってぶらぶらはしないほうがいいです。ヒンジのクリックは、15005のほうが硬めでいい感じですが。

 聞いてみると、確かに15001より少し広がりがあります。ドライバのせいか、バーチャルサラウンド違いのせいかわかりませんが。

 ただ、私個人だけかもしれませんが、なんだか右の位置がおかしい。左耳はレフトフロントが端から聞こえるのに、右耳は右目尻あたりから聞こえ、右端は弱い感じ。なのでセンターの声が若干左寄りで聞こえます。

 ただしこれは、自分の耳、もしくは脳内定位のせいかもしれません。バーチャルサラウンド切って2chステレオにすると、それほど違和感を感じなくなります。さらに有線でPCなどにつないで聞いてみると、それほど悪くないです。うーむ、ワイヤレスのバーチャルサラウンドと私の相性が悪いんだろうか。というか、MDR-Z7でもちょっと中央が左寄りに感じるな。解放型のパイオニアのSE-DIR2000Cでは特に感じないので、SONYの密閉型ヘッドホン特有かSONYのバーチャルサラウンドが私の身体に合わないかですかね。

 ちなみに15005、有線でつなぐとヘッドセットのスイッチはOFFのままで電源不要でも聞けますが、当然サラウンドは使えません。あとPS4でワイヤレスで使ってる際にヘッドセットにケーブル差し込むと、自動的にワイヤレスが切れますね(相手先にはつないでなくとも差すだけで)。ヘッドセットの電源ランプも消えるので無駄にバッテリーを使わないようです。ケーブル外すと自動的に電源ONになり、またPS4とワイヤレスでつながります。便利ですね。使ってないけど15001も同じ仕様かな。

 うむ、結論からすると、15001を持っていれば特に買う必要はない、ということになりましたw

 違いは見た目と被ったときの使用感だけと思っていいです。サラウンドの違いは多少でしかないし。PS4で使うとして、15001も同様に使えます。逆にPS3で使えなくなった分、15005の汎用性が劣ってます。うちみたいにPS4とPS3を使い分ける際に、分かりやすいという利点はありますが。2台続けてプレイしても、バッテリーも長持ちしますし(いやUSBケーブルつけて充電しながらでも遊べるので、それは問題無いな)。

 しくじったなー。ポイント他に回せばよかったか。でも今日本で唯一HDMIでつながるワイヤレスサラウンドヘッドホン「SONY MDR-HW700DS」はまだ3万3千円だったからなぁ。半分しか値引きにならない……ちょっと買い物多くて厳しかったので踏み越えられなかったのよね。

 もっとも、そんなに音が悪いとは思わないし(ネットでは評判よくない)、15001を持っていなくてPS4だけで使うつもりなら、15005を選ぶのも悪くないと思いますね。USBトランスミッター付けっぱなしで、気軽に使えてマイクも内蔵なので別に用意する必要もない。なによりゲームによっては専用のプロファイルがある。
 まあパフォーマンスに気が向くのは、値引きされてこそですが。2万円のヘッドセットと思うと、やはり高い。コストパフォーマンスでは15001でしょう、やはり。PSVRだと15005のほうが干渉しないそうなので(多分そのためにヘッドバンドがゴムになってるのでは)そちら用に買うのならありかな。

|

« 「PHA-2A」到着。雑感。 | トップページ | ショック! ハイレゾ音源も期間限定発売があった……。 »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: SONYプレミアムワイヤレスサラウンドヘッドセット CUHJ-15005:

« 「PHA-2A」到着。雑感。 | トップページ | ショック! ハイレゾ音源も期間限定発売があった……。 »