« ついに購入したぞ、新ヘッドホン。 | トップページ | 明けましておめでとうございます。 »

あ~あ~、さいぼぉーぐー

 とうとう、人工物を体に入れることになりました。というわけで、私もサイボーグの仲間入りだ。バッタ人間やゼロゼロナンバーの足元にも及ばないがな!


 2,016年12月19日月曜日。朝9時頃、町田病院につく。
 白内障の手術のためである。二年ほど前から右目の白内障がひどくなり、この一年で眼鏡やコンタクトレンズでもピントがあわなくなっていた(具体的にいえば、どんなにピントがあう距離でもブレてしまう。水晶体のにごりが乱反射してるからでしょう)。もちろん白いにごりも濃くなって、もはやどうしようもないので眼内レンズ手術を行うことに。

 最初にかかったのは田之内眼科。県内で二件のみの先進医療認可があり、医療保険が効くので、そこで多焦点レンズを入れようかと。ところがそこで黒目にブレがあるといわれ(チン小体という水晶体を釣っている腱が弱ってるから)、もしものときは術中に水晶体の袋が眼内に落ちるかもしれない、うちではそのあとの手術が出来ないと。そのため、結局県内でも歴史ある眼科で有名な町田病院に変わることに。ただまあそちらで診てもらったら、たいしたブレじゃないから問題ないでしょうとのこと。ただ、町田は先進医療の認可はうけてないので、多焦点レンズは全額自費になるので、結局普通の単焦点レンズの手術になった。

 そこでまた問題が。本当はせっかく入れるんだから、裸眼でも見えるように1.0くらいの視力にしたかったのだけど、今回は右目だけの手術で左目はそのまま0.03。とすると、裸眼では右だけ視力がよくなることになるため、眼鏡が作れないとのこと。左右の視力の差が強いと眼鏡は使えないというので(たとえ右が0.1でも駄目といわれた)、眼鏡を全く使わない生活にでもしないといけない(左目はコンタクトレンズだけで矯正)。しかし年をとって目がよわくなったのか、若いころのように日がな一日コンタクトレンズ入れっぱなしも出来なくなっているので(昔は22時間超えても問題なかったが、最近は目脂もよく出るし15時間も超えると目がしょぼつく)、眼鏡無しはつらい。手術当日まで二種類のレンズを用意してもらって迷っていたが、結局元の裸眼と同じ程度のものにした。両親の白内障手術も術後に当初から視力が落ちたので、本当はせめて0.1くらいの度にしたかったのだけど……そこが不安。

 そんなわけで、当日10時過ぎにまず再度検査(眼球の大きさとか眼圧を診る)をし、昼食を取りに外出、12時30粉から手術室隣(正確には廊下と準備室が間にある)の待合へ。手術は1時30分の予定。まず荷物とかケータイとか、金属の品などがあったらロッカーに預けておく。上のシャツとズボン、靴などはそのまま。事前にもらっていた名前とバーコードの付いた手首に巻くテープと、ロッカーの鍵だけ持って手術室の廊下の一つ前の準備室に入室。待合からだけど、数回、目薬状の麻酔薬を点眼。除菌のためか他にもなんどか目の洗浄、黒目を大きくするための目薬なども使う。頭と靴に袋をかぶせ、洗浄液が付かないようにと襟は内側に折り込まれ、首のあたりもカバーされる感じ。

 術前にそれだけしたけど、手術室に入ってリクライニングチェアに乗り、手術前にさらに麻酔薬、なにかでどばどばと洗浄。あ、その前に耳にカバーしたり首の後ろとかにさらにカバーもされる。ちなみに麻酔薬は結構しみる。

 チェアが水平になったあと、ヘッドレストは少し起こされ、なおかつ右に少し傾けてと言われる。それでいて目は天井のライトを見ろと。視力はなにせボケまくってるのでライトは見えないがなんとなく三つの光はわかる。もしかすると一個のライトが三つに見えるだけかもしれないが。まぶしすぎて目をあまり開けられないが大丈夫かと思ったら、やはりちゃんと開口するようになにかで固定される。テープも使ってたけど、最後に眼球前にカバーのようなものもつけられた気がする。目の周りに輪のようなものをつけてその上にカバーしたんじゃなかろうか。切開自体は横からなので。

 とにかくボケて何も分からなかったのだけど、水晶体を砕いて取る時はなんとなくわかった。吸引する?ときに機械が何かしゃべってたので。二十秒か三十秒か、なんか長い気がしたけどそんなものかも。終わりごろになるとなんとなくわかったのは、濁りがなくなったせいか、ライトのまぶしさというか、ハレーションの感じが少し変わった。レンズを入れたときにもまた変わったけど、なにせ0.03くらいの視力(マイナス0.8とか言ってたような)なのでレンズ入れても眼前十数センチでないとピントがあわない、つまり天井もなにも見えないので劇的な変化は分からなかった。濁りがなくなって光がよりまぶしくなったくらい。レンズ入れるときは、切開して水晶体を取るスポイト?を入れるときよりも押される感じは強かった。裸眼で瞼の上から眼球を押すと気持ち悪いですが、あれがぐぐっと続くわけで、そりゃ気持ち悪い。麻酔効いてて切開の痛みはないとはいえ、触感は案外残っている。まぶたが麻酔効いてるのは分かりやすいけど、眼球はそもそも普段痛みもなにもないので。

 そんなわけで、チン小体とか水晶体とか特に問題もなく、手術は終了。とにかくまぶしい天井のライトを見続けるのがつらかった。切る痛みは感じなかったが、管突っ込んで水晶体取るまでとレンズ突っ込んで固定する前後はそこそこつらい。
 あと今回は眼内レンズの度が低いため、術後にちゃんと見えるようになったか一切わからず。手術終了してすぐにガーゼを目につけられたため、いまだに右目で物を見ていない。つまり実際の視力がどれくらいか、二三年前に作った眼鏡のレンズがあうかどうかも不明。まあ左右の差がないのなら、ほぼ大丈夫だと思うけど。いずれにしろ一カ月くらいしてから眼鏡かレンズのどちらかは変えなくてはならなくなるだろうし、右目のコンタクトレンズは二年くらい経ってるから、これも作り直さなければならないかも。少なくとも一カ月くらいは右目はコンタクトつけられないだろうから、まだまだ大変だ。その点、眼鏡はレンズ変えるか新しい眼鏡つくるかにしてもすぐ使えるから、年末は新しい眼鏡になるかも(眼鏡市場とか、新品フルで買うと一カ月以内なら度を変えることも無料だというし)。


 しかしまあ、終わってしまえばなんということもないが、やってるときは、十数年後また左目をしなくてはならないかと思うと、気が滅入りました。その際になんなら度を強くして、さらに右目も強いレンズを、水晶体の袋を取って眼球にくくりつけるという旧来の手術ができないことはない、と言われてるけどなんかもうやる気が失せる。やっぱり眼鏡すっぱりあきらめて、度の強い眼内レンズ入れるべきだったかなぁ。それかまだまともな左目も眼内レンズ入れることにしておけばよかったかも。正常なので入れるのはもったいないと医師は言っていたけど、西洋では最近は近視の矯正で眼内レンズにする人もいるというし。双方一緒にすれば眼鏡も問題なかったんだけど。

 そんなわけでまだ術後の安静が必要だし、あと二日続けて診察も必要。明日も朝一番で行くことになってる。眼帯したままだし、この三日は車も運転できない(ほんとは一カ月くらいするなとお知らせに書いてるけど……生活があるので無理)

 みなさまも、目は大切にしましょう。私の右目だけ早くに白内障になった理由は、はっきりしませんが、小学三年生あたりと高校一年のころに、右目に物が当たったことではないかと。内出血はしたものの特に問題ないと言われてたのですが、実際には大学のころから左右で色が少し違う感じがしてました。なんとなく右の色が薄い。おそらく微妙なにごりで乱反射があって白っぽく見えてたんでしょう。はっきり白っぽさの違いが気になり始めたのは6年くらい前から。そしてこの二年ほどで視力に問題があるほどに悪化。まあどうしようもないことだし、いまさら責任をとれというわけにもいかないし(二回ともふざけていたときに友人が投げたものが当たった。高校のときのは小石だったのできつかった。どちらもコンタクトしてて割れたけど、眼球に傷が出来るとかは特に無し)。

|

« ついに購入したぞ、新ヘッドホン。 | トップページ | 明けましておめでとうございます。 »

コメント

 大変でしたね。以前から不調を訴えられてましたが……。

投稿: 翡翠 | 2016/12/22 23:28

 おかげさまで、無事終了して、今のところは綺麗に見えています。手術後、次の日にガーゼ外したときは、恐ろしいほどの立体感に驚きました。病院の待合で、連なった椅子の端っこの前後がきっちりくっきりで、片目の時に確かに若干立体感がないなとは思ってたけど、これほどとは。両眼視の差によるものとは思うけど、他に片目ずつの解像度のミックスにより、多分解像度が上がってるせいでしょうか。よく4Kとか8Kモニタ見ると立体感が出ると言いますが、あれです。

 やはり片目がボケてて片目分の解像度しかないと、どうしてもボケが強くて解像度が低かったんでしょうね。

 もちろん眼鏡のおかげですけど。今の眼鏡作ったころと同じ程度の視力になってるので、右目だけちょっときつく(眼鏡を若干鼻の先程度に離したほうが綺麗に見える)、左目は近場に合っていてすこし視力は弱いんですよね。それでも両眼で補完されるので、遠くから30cmの感覚くらいまで、スムーズに見えます。

 ただまあ、今の眼鏡だとどうしても右目は2mくらいからピンボケが始まり手元は見えないので、遠近両用の眼鏡を買う必要はあります(左右両方ともそれにしないと、ずっと片目ずつ負担かけるし)。まあまだ視力が安定してないので、もうちょっと先にしますが。

 ちなみに運転は自己判断ということでしたので、もうしてます。仕事に差し支えるので。重いものもったり運動するのはまだ控えますが。

 右目のコンタクトレンズも多分作り直しだろうけど、それも一カ月は経ってからですね。最近知ったけど、コンタクトレンズも遠近両用のものが出てるので、それにしてもいいかも。ただメニコンのそれ、度が違ったり割れた時の保証が弱いんだよなぁ……今のやつは一年間無料で変更できるやつなので。

投稿: やずみ | 2016/12/23 13:24

こんばんわ。ご無沙汰です。
ここのところ両親の入院やら世話やらであわだたしい日々でネットは閲覧だけの日々でした。

白内障の手術をされたそうで大変でしたね。かくいう私も先天性の心臓病で人工血管と肋骨を支えるための金属部品が未だ体内にあります。まぁさすがにさすがに四十年近く経ってますので今ではそのほかの臓器(肝臓とか)のほうが心配なくらいになりました。

「人生、生きてりゃ丸儲け」でとにかく生きていれば(ふつうに暮らして、ふつうに働けて)なんとかなりますよ。後のことはあとのこと。不安ばかりのこの世の中ですがとにかく今を生きていきましょう。少なくとも私はそうしています。
先、考えていたら不安でしょうがない(笑)

ともかく視力が戻られたのは何よりです。おめでとうございます。

投稿: 海♪ | 2016/12/24 23:09

 海♪さん、お久しぶりです。ご両親、お大事に。うちも歳が歳だけにいろいろありますが、入院となると大変ですしね。こちらは独り身なので、特に母が入院すると、家のことは一気に背負うはめになります。

 そしてなんと、サイボーグの先輩だったんですね。40年近く前ということで、当時は大変でしたでしょう。私はこの歳になるまで、とくに体の不調で手術することもなかったので(前回は尿路結石で、手術といえば手術でしたが、切開したのは今回が初)。

 あと書いてませんでしたが、目のことで血液検査したところ、糖尿病と診断されてしまいました。6年くらい前には言われなかったので、ここ数年でひどくなった模様。もしかすると右目の白内障が一気に進んだのもこれのせいかも。

 幸い2型で、今のところ軽めの薬と食事制限で大丈夫のようですが、この一カ月、ご飯とパンはほとんど食べず、間食もなくなり、結構腹をすかせています。野菜炒めだけはほぼ毎日食べるようになりましたが、一気に食事メニューが少なくなりました。とほほ。

投稿: やずみ | 2016/12/25 01:39

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: あ~あ~、さいぼぉーぐー:

« ついに購入したぞ、新ヘッドホン。 | トップページ | 明けましておめでとうございます。 »