« 2016年8月 | トップページ | 2016年10月 »

ワイヤレスサラウンドヘッドフォンあれこれ

 噂されていたスリムになった新型PS4性能強化版PS4が発表されましたね。初代持っていなければ「PS4 Pro」が欲しいところですが、今のところまだ故障もないし、そもそもTVがHDRとか4Kに対応していないので、特に必要ない(現行機もファームアップでHDR対応になるらしいけど、これも映せなければ意味ないし)。TVかPS4が壊れて買い換える時がきたとして、そのときはPS5が出ていそうな気もする……。
 というか、本体が4K対応なのに、4KのUltra HD BDには対応していないドライブ搭載だという。DVD、BDを引っ張ってきたPSの系譜が途切れることに。ネットワーク配信を見込んでコストダウンのために搭載しなかったらしいですが、まだまだ4K配信をメインに入れるのは無茶じゃなかろうか。これがPS5なら分からなくもないけど、わざわざ今出始めているメディアを外す意味あるのかな。そういうどれでも使えるPSという売りを、ライバルのMicrosoftが対応しているというのに、取り入れないのもなぁ。

 さてそんなわけで本体は軽くスルーなんですが、周辺機器は気になります。というか噂も出てなかったワイヤレスヘッドセットの新型が出て驚いたところ。以前購入したPS専用ワイヤレスヘッドセット「CUHJ-15001」はプラスチックが前面に出ていて(内側もプラスチック)、内側は人工皮革もプラスチックもブルーという、一万円を超えるにしてはなんとも安っぽさがあったのですが、今回のは金属部分も見え、黒がしまっていて確かにプレミアムっぽさは出てます。まあ形はほぼ同じですし、今のも使いにくいようなものではなく被りやすいので、使い勝手は変わらない気がします。

 さらに価格が現時点でAmazonで9千円ほど差があるので(現行機は標準価格が12,960円のところ、現在10,602円。プレミアム型は19,440円)、その価格差を許容できるかどうかといえば疑問。書かれてる内容を見ると、機能差は新型がノイズキャンセリングマイクになっていることくらい。まあチャットよくする人には朗報ですが、バーチャル7.1サラウンドは特に変更なさそうだし、メインスイッチ見ると、サラウンド設定はやはり2つしか記憶できそうにない。

 これでは買い換えるとまではいきませんね。現行機が壊れたら考えます。なんといっても専用ヘッドセットなので、ゲームとかなら楽なんですよ。他のワイヤレスヘッドフォン使うより。わりとサラウンド感があって、実は映画とかでも悪くない。実際にDTSやドルビーの再生がちゃんとできているのか分からないけど、一応サラウンドで聞こえてるので、問題はなさそう。

続きを読む "ワイヤレスサラウンドヘッドフォンあれこれ"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

スピーカーのボリュームのガリを直す。

 PC用のスピーカーとして、モニタの横に富士通版タイムドメインミニスピーカーを置いて使っているのですが、一週間くらい前から、ボリュームスイッチのガリが酷くなって、かなり大でないとまともに音が出なくなってました。時計で言う11時より左は無音(6時35分くらいが音量0で右まわしで音量UP)。その後ガリが時折出て左しか音が出ない状態が続き、3時から4時あたりでようやくまともに左右が出る。その分、PC内部のデジタルボリュームを20くらいに下げてたりしたんですが、PCの電源落とすとブーンと鳴るのがうっとうしくて。あと2時くらいでも微妙にボリューム触るとバランスも含めて駄目になるんですよね。

 というわけで、一応ネットで調べて対策を。まあ結局は、古来よりオーディオ機器での常套手段、接点復活材を無理やり吹き込んでボリュームを回すというものでしたが。さすがにボリュームスイッチ自体を交換というのは避けられて良かった。

 ともあれ分解の仕方があったりして、検索は有用でした。写真は撮ってないので、リンク先を参考に。

 結果から言えば、大成功。最小から最大まで、ガリはすっかりなくなりました。もう十年くらい使ってると思うけど、これでまだまだ使えます。確か富士通のPCのセットものを別売りセールしていて、二千円ほどで買いましたが、我ながら物持ちがいい。

 使用した接点復活材は「CRAMORIN(クラモリン)」の「R-5」赤スプレー。こちらは十年どころか二十五年は経ってるはずですが、170g、まだ使い切っていません。大阪日本橋のジョーシンで5,800円が4,980円と値引きしてたのを買ったんだよなぁ(値札が付いたまま。消費税もない時代)。メーカーは、ケイグ・ラボラトリー・USA。昔のオーディオ系では定番でしたが、何度か変転があって、今は「DeoxIT(デオキシット)」という名で売られているようです。これのD5が相変わらず赤イメージ。ケイグ自体もHOSAというメーカーの傘下になってるのか、HOSA名義で売られてます。クラモリンなんて言って通じる人は少なくなったかも。
 あ、サウンドハウス、やっす! 税込1,728円ですと! まあ上のリンク先サウンドドックにあるデオキシットDN5はD5の後継だそうで、こちらはD5と古い分安いのかな。あっちも消費税やら物価上昇を考えたら同じ価格なので安くはなってるんだろうけど。
 AmazonでD5の評価のところに、理由が書かれてました。旧来から使われていたD5は今でも別で生産してるけど、速乾性のあるDN5が今はメインで売られてると。ということは安いD5でも問題ないってことでしょう。

 でもこれはおすすめです。ほんと大抵の接点はこれ一つで問題ない。これのあと青か金の接点保護剤を着けるとなお良いそうですが、これだけでも十分です。まあ音声端子の金メッキなんかは、接点保護剤着けた方が気持ちいいかもしれませんが。

 そういえば、イメージが赤の理由の一つとして、液に赤い色がついてるんですが、今回数年ぶりにつかったら色が抜けていて透明無色になってました。ちょっと寂しい……。先のAmazonの評価で、もともと赤い色も個体差でばらつきがあるとあったのですが、長年放置で底にでもたまってるんだろうか……。


 以下、分解修理の覚書。

続きを読む "スピーカーのボリュームのガリを直す。"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2016年8月 | トップページ | 2016年10月 »