« 2016年7月 | トップページ | 2016年9月 »

なんとか収まった感じ

 とりあえず家の10は安定したようなので、しばらくこれでいくことにしました。というか、暇ができたらWindows7の方も入れ直ししないと駄目だしなぁ。

 OSエディション Windows10 Pro
 バージョン    1607
 OSビルド     14393.10

 キーボード    富士通親指シフトキーボード(実行キー付) FMV-KV611
           ドライババージョン 5.0.3.0
 IME        Japanist2003 V3.0 L10 re1.317 (64bit)


 現在の基本はこんなところですかね。これにIntel SSD Toolbox、SoftPerfect Ram Disk(ver.3.4.7)、Dropbox、そしてカスペルスキー2016 ver16.0.1.445(d)をインストールしたところ。あとMS Officeに、Media go、Adobe Lightroom 6を入れて、もひとつおまけにAcronis true image WD Editionを入れるかな。これがスタンダードというところで。メーラーのEdmaxとかテキストエディタのTerapadとかフリーの常用ソフトは、別のHDDにあるため、ショートカットを作ればいいだけで楽ちんです。

 ここまで(と続きは)9日に書いて、このあと10日に追記。

 10日朝になって、店のPCつついていたらまた更新が。バージョンは 14393.51 になりましたが、なぜかデスクトップアイコンが数個、他のドライブのフォルダやファイルが数十個、半透明に。見ると隠しファイル属性に変更されてました。今回の更新のせいなのか、他のソフトのせいかは不明。調べてもマカフィーのアンチウィルスの機能関連でそうなった、というのかWindows7か8.1あたりの例しか見当たりません。これもカスペルスキーが絡んでるとかあるんだろうか? そういえば店のはセルフディフェンス切ってなかったな(あ、でも店のバージョンは影響ない筈のバージョン:16.0.0.614(g)にしてるわ)。

 とりあえず隠し属性のためファイルが保存できなくてあるソフトが使えなかったりしたので(これで気づいた)、もう全部まとめて選択→隠し属性のチェックを外しました。起動SSDの内部の隠しファイルまで属性変更していいものかわからないので、SSDでは今のところスルーしてますが、大丈夫だろうか。
 家に帰ったら、更新かかる前と、かかった後で確認せねば。

続きを読む "なんとか収まった感じ"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

カスペルスキーが邪魔をする。8日、追記。

 前回コメントにも書きましたが、最近のWindows10での不具合の原因がカスペルスキー2016にあるらしきことが判明。どういう不具合かというと、たとえばソフトをインストールしようとすると、普通はインストーラーが開くのだけど、一瞬で画面が背景だけになります(IMEのアイコンだけが右下に出てるけど、他は一切無くなる)。何をしても駄目だけど放っておくとしばらくしてまた元の画面に戻ります。ただし実行ファイルをクリックした、そのエクスプローラー上でぐるぐるマウスのポインタが回り続けて、エクスプローラーはフリーズしたまま動かせません。

 二度程OSを再インストールして、最初はやはり親指シフトキーボードなどのドライバが原因かと思いましたが、ある時カスペルスキーを入れて次のソフトを入れる時にそうなったので、気づきました。カスペルスキーを削除したら直って普通にソフトのインストールも可能に。で、念のため最新のカスペルスキーを入れて見たけどやはり駄目だったので、一時停止させてみました。すると普通に使えたので、これが原因と判明。カスペルスキー2016には、ソフトのインストール時に余計なものを入れない等という機能があり、それが現引火とも思いましたが、これを切っただけでは駄目でした。一時停止も、停止させてすぐにソフトのインストールをしようとすると駄目で、ちょっと間をおいてからした方が無難でした。
 あと一時停止させていても、再起動を掛けたら再起動画面のまま終わらないってのもあります。これはもうハードウェアのリセットボタン押して強制リセットかけてました。

 で、いくらか調べてみると、既に上がっていたようで、価格ドットコムに上がってた情報により、カスペルスキーのサイトにて問題について書かれたページがありました。「カスペルスキー インターネット セキュリティ 2016 (16.0.1.445) をインストール後、アプリケーションのインストールが途中で停止してしまい完了しない、またはアプリケーションが正常に動かない」がそれで、これによると「セルフディフェンス」が原因とのこと。問題の有るバージョンは、16.0.0.614(g)というやつだそうで、一つ前の(g)がつかないやつまでなら問題ないそうです。店のPCのも最新バージョンになってましたが、Windows7からアップグレードしたため、あとでソフトのインストールしてないから気がつかなかっただけか。家はクリーンインストールなので、カスペルスキーも最初から最新入れたため、初っぱなからバグってたと。

 防御機能を一つ削るくらいなら、前のバージョンに変えた方が無難でしょうね。家に帰ったらさっそく前のバージョンをダウンロードして、入れ直してみます。

続きを読む "カスペルスキーが邪魔をする。8日、追記。"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

Windows 10 Anniversary Update 試す。

 Windows 10 Anniversary Update というものが来ていたので、試してみました。店のPCで。
 実際はまだ自動更新には来てなくて、Microsoftのページから更新。

 二度目の大型アップデートということで、実際インストールしてみると最初のインストール時のような流れで設定からやり直しでした。違いは、前の(Windows7の)設定を引き継ぐかどうかと聞かれなかったこと(今回は同じWindows10だから、引き継ぐのが当たり前ということでしょう)くらいでしょうか。Windows7からのアップグレードで、さらに1511のアップデートを経たPCですが、起動SSDは167GBのところ空きが120GB。ほんと少ないわー。てか、Windows7のデータちゃんと残ってるんだろうな。Windows.oldフォルダ、この更新で日時も変更されてるんだけど。

 ともあれ時間は少々かかりましたが、今のところは問題はなし。

 ところが、家のPCは問題ありなんですよね。なぜか最近Dropboxの起動がされなかったり(エラーが出るが、これのことだと思う)、放っといたらOSが自動更新されてたんだけど、再起動しています、で延々と止まったまま。白い点々がぐるぐる回ってるだけで5時間以上経ってたので、面倒になってリセットボタン押しました。特に問題なく起動してますけどどうしたものか。この Windows 10 Anniversary Update 試していいもんかなぁ。Dropboxの不調は、もしかしたらRamdiskソフトのせいかもしれないが(店のPCと確実に違うのはこれ使ってるかどうか。家のPCはメモリ16GBで店のはメモリ8GBだったので使ってない)。店のPCでは一応Japanist2003も親指シフトキーボードも使えてるので、そちらへんは問題ないはずだけども。

 最悪、また再インストールですかね、家のPC。今度はHDD全部外してからやるかな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

再びのWindows10。クリーンインストール。

 あれから再度、家のPCにWindows10 のアップグレードを試したところ、今度は一度目も成功しませんでした。原因は不明ですが、OSのシステムファイルか何かでしょうか。もしかしたらSSDの相性かもしれませんが(PlextorのSSDでWindows10 アップグレードに失敗するという話がネットにありました)。

 そんなわけで、どうせWindows7自体不安定になってるので(フリーズとかはありませんが、最近でも重要な更新のアップデートが一向に成功しません)、いっそクリーンインストールを試してみるかと思い立ちました。そのうちと思ってたのですが、無償アップグレード期間も終了することだしと(今回は29日~30日の話)。

 地元のパソコンショップELP(エレクトリックパーツ高知。通称エレパ)で、Intelの535シリーズの240GB SSD「SSDSC2BW240H6R5」のBOXと、セールで値引きしてたWDの青の3TBをデータ用に購入。青の3TBは現在のグリーンのデータ用HDDと交換して、グリーンのほうを起動SSDのバックアップ用に回す予定。

 そんなこんなで新しいドライブとOSをセッティングしようとしましたが、これまた苦労しました。ようやく一応使えるようにはなったけど、起動用ドライブに空きがあるなら、素直に前のOSからアップグレードしたほうがマシだと。それでやってる店のPCと比べるとそう思います。まあ前の環境をそっくり持ってくるつもりなら、ということですが。家のWindows7のように不安定になってる場合は別ですね。もう、やるならやらねば!

続きを読む "再びのWindows10。クリーンインストール。"

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2016年7月 | トップページ | 2016年9月 »