« DVD『解体ヨエコショー』購入。 | トップページ | Amazonプライムビデオ。 »

amazon専売タブレット「Fire HDX 8.9」購入。

 この記事は、7月20日頃に書かれたものです。親父の件などの諸事情により、長く寝かされてました。

 ついにタブレットを購入しました。amazonで7月15日にプライムデーというセールで、30%引だったのでつい。

 プライムデーとは、amazonのプライム会員専用の特売日だそうです。会員だけ割引される製品が幾つか選択されます。殆どがタイムセールでなおかつ数量限定なので、欲しくても買い損ねることもあります。私は今回はプライム会員の無料体験に登録して、買いました。太っ腹なことに無料体験時でもセール値引きが効くとのことでしたので。無料体験は一ヶ月で、そのままにしておくと有料に移行します(設定で自動移行を止めておくと無料で終了する)。無料体験は一度限りなので、次回プライムデーがあるなら、この次は有料会員にしかなれません。

 プライム会員になると年会費3,900円(税込)が必要ですが、幾つかの特典があります。よく知られているのは、田舎ではあまり関係ないですけど、お急ぎ便が使えて、時間指定などが無料になります。これだけだと都市部しかあまり恩恵はありませんが(田舎だとどのみち一日以上輸送にかかる。どうしても時間指定しなければいけない人は有料分は浮くだろうからまだいいが)、実は他に電子書籍のKindleオーナー ライブラリーから月一本、無料で読めるという特典が有ります(全書籍からでなく、プライムマークのついた書籍からのみ)。12ヶ月一冊ずつ買うつもりになれば、会費の半分以上は浮くんじゃないかな。もっとも一度に読めるのは一冊だけ、次の月に別の本を読みたくなれば前の本は取り消すしかないので、あくまで読み捨てでしかありません(一度消したあと、次に読みたければ買うしかない)。というわけで、Kindle利用しているなら特典が増えますが、どちらか一方だけの利用だとあまりうまみがないのは相変わらずなプライム会員です。どうせなら動画も月一本無料とか駄目なのか。
 ちなみに家族に乳幼児がいて、amazonファミリーという会員にさらになるなら、もっとお得らしいです。登録は無料の上、ベビー用品用に3,900円分のクーポンも出るので(いつまでか、毎年出るのかは知りません)。

P109042122


 さて、久しぶりに一回り大きいダンボールに入ってやってきた、こちらがその「fire HDX 8.9」。amazonの電子書籍リーダー「Kindle」のファミリーの一つ、その上位版といったところで、読書以外に動画他のamazonのネットサービスを簡単に扱えるタブレット。スマホやタブレット用OSのandroidを元にした独自改変OSとそれによるamazon縛りが不評ですが、ハードウェアの高性能とコストではなかなかの品として知られています。ぶっちゃけamazon縛りが気にならないなら、楽に綺麗な映像が見られるタブレットです。

P10904272


 箱正面。なかなかいい質感。fire HDX 8.9 は、8.9インチ画面。nexus7などの7インチタブレットよりは大きく、iPad Airなどの9.7インチよりは若干小さいという、画素数からすると手頃なサイズです。

P10904292


 比較されそうなのは、iPad Air 2と nexus9 でしょうか。PC Watchにちょうど比較した記事がありますので、詳しくはそちらで。他と比べての利点は、高い解像度と軽量さ、電池の持ち、メモリに対応する価格などでしょうか。液晶以外の肝心な性能は、そこそこだと思います。記事で見るにベンチマークのグラフィックの性能は一番低いですが、もとより3Dゲームなどをする層は、これを選ぶこともないでしょう。CPUやGPUはそこそこでも、電子書籍や普通の動画が高解像度で気楽に見られる低価格タブレットというのが売りです。手軽に扱えるのがamazon頼りというのは、利点でもあり欠点でもありますが。

P10904352_2


 箱を開けると裏側は眼にも鮮やかな朱色。ビニール袋に包まれた本体。このビニール袋が曲者で、開いた後本体を取り出すときに、開いた部分の糊が本体の液晶につくことがあります。つうか付いた。取り除くのに手間がかかりました。糊代の部分を反対側にめくりあげてから本体を取り出すか、いっそそのまま引き裂いたほうが無難です。

 本体の上には左右に開くボックスがあり、中には四角い(周囲の角を丸めた)ACアダプターが入ってます。本体を取ると、下に説明書が二つ、さらに下にはUSBケーブルが入ってます。

P10904442


 ACアダプターは出力1.8A、容量9Wの急速充電器になってます。fire HDX 8.9はこのタイプでないとまともに充電できないという話もあります(Kindleシリーズではほぼ同じ大きさの1.0A 5Wの充電器を使うので、別売りを買う際には間違わないよう注意)。実際、データをコピーする目的でPCのUSBに接続すると「低速な充電器に接続しています」などと出ます。USB3.0端子なので最低900mAはあるんですけどそれでは駄目。以前購入したAnkerの6ポート高出力USB充電器ですと1ポートが2.4A、合計出力でも2.0Aあるそうなので、これなら大丈夫ですね。

P10904462


 付属のUSBケーブルは一方がmicro USB端子で、そちらを本体に接続、一方のUSB B端子をACアダプターに接続します。このアダプターは折り畳みプラグ方式なので、プラグのブレードを起こしてコンセントに接続。fire HDX 8.9は、大体5時間ほどでフルチャージ。

 初めてのタブレット、初めてのandroid OSですが、画面構成はわりとシンプルなので、使い勝手は悪くないです。姉のXperia触らせてもらったときよりは分かりやすいけど、使い込もうとすると逆に邪魔な部分もあるんでしょうね。使ったアプリのアイコンが、履歴のようにメイン画面に横並びされるんだけど、使い続けてるとずっと溜まって選ぶときに横スクロールさせるのが面倒といえば面倒。読んだ電子書籍のアイコンも音楽や動画アプリと同様に個別に並ぶんです。最新のものが左端に出るので、最近のものを再起動するのは楽ですが、ちょっと前のはスクロールさせる必要がある。滅多に使わないものは並びから削除することはできるけど、それはそれで面倒な気もする。しばらく起動しなかったアプリは並びから自動削除するとかあるんだろうか。

 対応アプリが少ないという欠点も、それなりに使えるものはあるので問題ないかな。基本は電子書籍と動画と音楽再生と思えば。あといくらかのゲームとネットサーフィン。「SimCity」が基本無料であったのには驚いた。高精細な画面と相まって実に綺麗です。最初の読み込みが結構長いのですが、プレイ中は動きが引っかかることもほぼなく、普通に遊べます。3Dグラフィック性能とか弱いはずなんだけど。amazonストアはやはりゲームアプリは少ないけど、これならわりと長めに遊べそう。

 但し、普通のアプリではあまり気にならないけど、流石にゲームをすると背面がかなり熱を持ちます。特に「SimCity」は計算が多いのか、横持ちで左右の指がかかるあたりまで熱を持ちます。本体に無理させるとパーツの寿命減らしそうでちと怖い。三時間ほど連続で遊んでいたとき、WiFiがONであるにもかかわらず、通信がOFFになったり、ONに直してもまたOFFになったりしてたのは、もしかすると熱で通信部分に支障が出たのかもしれません。

 対処法としては、扇風機の風を背面に送るなど。ちょうどモニタ横に置いたデスクトップファンを使ってるので、その風がくるあたりにタブレットの背面が当たるよう置くとかなり冷えます。あとは、机に平たく置くと、案外机の天板に熱が移動してるので、ヒートシンクとしてアルミ板あたりの上に置けば少しはマシになる……かな。いやでもやはり空冷が一番か。ノートPC用のヒートシンクかファン付きクーラー台座に置いたりするといいかもしれません。でなければ、素直にゲームは連続30分程度で止めておくことかな。

 google playに対応してないという最大の欠点のおかげで使いたいアプリが使えないのが困りますが、他にandroid機があれば使える可能性もあるようです。個人的にはPanasonicのカメラをリモートコントロールできるパナソニックアプリが使いたいんだけど、これはamazon経由では入手不可。google playで入手するしかないので、どうにかしたいところ。

|

« DVD『解体ヨエコショー』購入。 | トップページ | Amazonプライムビデオ。 »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: amazon専売タブレット「Fire HDX 8.9」購入。:

« DVD『解体ヨエコショー』購入。 | トップページ | Amazonプライムビデオ。 »