« 居間のエアコンも新型に。 | トップページ | うちの犬が亡くなりました。 »

父、入院。

 書くかどうか迷ったけど、備忘録でもあるし、今後他のことを書くときの前提でもあるし、書いておきます。

 7月2日。母を某所に送っていく用事から帰ると、親父が気分が悪いという。口がもごもごするというので(こちらからはそれほど変わって聞こえないが)、これは普通ではない。もし脳梗塞なら問題なので救急のある一番近い病院(脳幹連でもそこそこ知られている)にいくことにし、車で用事を終えた母を迎えに行き(先に病院へいけばと行ったが、先に母を迎えに行けというので)、帰るとすぐ姉と父を乗せて病院へ。
 MRIだかを撮ったが、はっきりしないので、即入院。しばらく様子を見ることに。ここのところ膝の痛みからあまり歩かなくなったせいか体力も落ちていたし、何のアレルギーかも分からぬ発疹のかゆみにも悩まされていたのに食生活も改善しないので、入院は微妙な線でしたが、脳梗塞なら家にいるよりずっと安全なので、あまり心配はしてませんでした。

 ただ五日経って医師に話をされたのが、最初の二日では微妙だった脳の影が、今日撮ったら分かるくらいの白い影になってたので明らかに脳梗塞。最初から薬は点滴でやってたけど、はっきりした(まあ悪化したわけだ)ので薬を変えるという話でした。まだ手術が必要なほど緊急でも無いそうで。

 場所は脳幹なので所謂脳幹梗塞。わりと危険なところだし、他に後頭部あたりで血管がかなり細くなってるのできつい薬もリスクがあるようでしたが、何もせず悪化させるわけにもいかない。進んでるので、右手の握力が出なくなってるのと、口がもごもごしてるのが前よりはっきり分かるようになってるそうです(今日は私は行ってないけど、電話だとあまりわからない)。
 まあご多分に洩れず糖尿病とか腎臓が悪くなってたりとか、歳も歳だし生活習慣病だらけだそうで。入院してるほうがいい食生活なのか、発疹のかゆみが全く出なくなってたというのが唯一マシなこと。やっぱりノンアルコールでもビールが悪かったのか、乳製品か……実際はハウスダストと犬の毛のアレルギーだったそうですが。そんなのなら、さっさと調べていれば分かるだろうに、二三年普通の皮膚科行ってた。アレルゲン調べもせずに。

 にわかにおきたことですが、歳からして退院しても今後も安心も出来ず。これから自分も大変になってくるというか、安穏とした生活もそろそろ終りですかね。

 ということで、現在は10月。症状が小康状態?になったので、8月末からさらに1kmほど離れたリハビリ専門の病院に転院しました。なんでも入院して数ヶ月以内でないと転院できないとか?で、ぎりぎりだった。そちらはリハビリで知られている病院でしかもちょうど新しい病棟完成間近だったので、いいタイミングでした。旧病棟には一週間もおらず新病棟に移動。そりゃまあキレイで至れり尽くせりで明るい病棟。

 で、親父はリハビリに励んでもらうとして、家に残る私と母はてんやわんやです。まず店を二人で回すのですが、これまでもほぼ二人だったけど、数時間は母がいたおかげで楽できた時間が無くなり、配達は親父と私だったのがほぼ私だけに。なおかつ車で二人で配達が出来なくなったので、お客さんによっては、路上駐車で切符切られることも覚悟せにゃならんです。

 さらには、家のリフォーム計画も開始。帰って来ても階段上がって二階は大変だろうということで、一階の庭を潰して増築し、部屋を造り風呂やトイレも車椅子になっても行けるよう広めでスライドドア仕様にすることに。もちろんキッチンも風呂トイレ洗面所も全部潰して総取っ替え。そろそろ床もしなってきたり風呂の入り口の板が下へ落ちてきてたりしたのでいつかは床全面貼り直しリフォームはするはずでしたが、伸び伸びになってたのが幸いか。もっともちょうど親父が入院した直後に一階のトイレの天井直したりしたのは、これで全部パアですが。脳梗塞起こす前から計画してたので、入院直後にちょうどやったんですよね。まさかリフォームの話が数日後に出ようとは。6月頃から錆まくった手すりをアルミに換えたりいろいろしてたものの続きだったけど、十数万だかはドブに捨てたことになるか。

 ともあれリフォームのためには今ある物を片づけなければならないと、ゴミを仕分け、要る物は箱につめて二階など置けるところに移動、これがもう大変。ほぼ二人でやってました。この際だからと置きっぱなしのゴミを捨てまくりましたが、まだまだあるし、庭に置いてるヨド物置もバラして捨てなくてはならん(まあこれは大きいので、流石に業者に頼む)ので、中身を出したり。しばらく前から天井に穴が開いてていくらか品物が駄目になってたけど、どうせ売れるものでもなかったので問題ないか。二階の古いダブルベッドは粗大ゴミに出しましたが、これも知人に手助け頼んで、大きくて重い窓を外して出したりして大変でした。

P1090559_r2


 かつて姉や姪が弾いていたアップライトピアノは、ネットで売買の検索して見積してもらったところ、6万円で引き取ってもらえました。数年前に地元の業者に調律頼んだときに、送料持ちでタダでなら引き取りますよと言われてたので母がそれでいいと言ってたのを止めて良かった。昭和50年代のカワイのピアノはそこそこ需要があると聞いてたので。

 リフォーム計画は開始して一ヶ月半程度、まだ計画途中、設計士さんに設計頼んでるところです。トイレとか洗面台とかは自前で探して確保してるところ(結局ヤフオクが安かった)ですが、キッチンとかユニットバスは流石にヤフオクでは無理なのでTOTOで見積中。あとは照明かな。このさいだから高演色のLED仕様にしたいが、最近東芝のキレイ色シリーズは新機種が出ないので、もうシリーズ中止するのかね……。それにしても店は赤字だというのに、リフォームにどれくらいかかるやら。親父の貯金はどんどん減っていく……まあ多分将来自分も一階で寝るんだろうから、今良いものにしておくにこしたことはないんですが。

 ところで今回のことで、さらに明らかになったのは保険が十分でなかったこと。車や火事などはちゃんと入ってたのに、親父、医療保険はガンくらいしか入ってなかった。おかげで入院しても特に保険金下りません。しかもこれは自分も同じ。若いころに親がかけてた分しかなかったので(自前で入るほど金はない)、内容も全く知らなかった。そのため、保険に入り直すことになったのも大変でした。まあプランナーの人にかなり任せっきりで決めたけど。ただ右目が白内障で視力が落ちてることをつい言ってしまったのはまずかったかな。おかげで七代疾病の保険が入れなくて、結局三大疾病のになりました。去年なら問題なかったのになあ。

 ともあれ、生命保険などは、若い内から入っていたほうがいいですね。身体が悪くなってからだと、入れない。入れるところは特化してるし。皆さんもお気をつけて。

|

« 居間のエアコンも新型に。 | トップページ | うちの犬が亡くなりました。 »

コメント

すっかりご無沙汰していまして、「父、入院」のタイトルでにゃにっ!?
私の父も脳梗塞でしたが薬で散らせるほどの軽度でしたので大事には至りませんでしたが91歳ということもあり、何かと循環器の不調もあるので入退院を繰り返してます。

多少なりとも身内が入院された苦労はわかりますので、くれぐれも無理せずに。

先のことを考え始めたらキリがなく、大抵ネガティブなほうになってしまうのでその場、その場で対応されたほうが心や体に負担が少ないです。私はそうしています。

とにかく心身ともにお気をつけ下さい。

投稿: 海♪ | 2015/10/04 12:58

 お久しぶりです。お心遣い痛み入ります。

 前回は母が手術で入院して父と二人暮らし、今回は母と二人暮らしですが、相手が変わるといろいろとまた勝手が違います。何しろ今回はリフォーム予定も入ったもので大変。本当なら10月には工事開始されるはずが未だに設計段階で、早くてもリフォームには11月いっぱい掛かりそうです(というか、もう工事は12月になるんじゃなかろうか)。

 ただでさえ金欠なのにいろいろ出るものは出るので大変ですが、最近は慣れてきました。まあ仕事とかいろいろ先送りにしてることもあるので、年末にさらにどっと来そうな気はします。

 脳梗塞は本当、まだマシなレベルですが、最初に微妙なラインのときに入院したのに悪化したのはなんだかなぁ。血管が細く弱くなってるのできつい薬は使えなかったということでしたが……じゃあどれくらいの薬使ってたのか、使ってなかったのかは、私は聞いてませんので。
 今更言ってもしょうがないので、あとはリハビリでどれくらい普段の生活が自由になるかですかね。少なくとも一人で歩けるくらいになれば、たとえ家で隠居生活でもまだ大丈夫でしょうが……。

投稿: やずみ | 2015/10/04 20:03

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 父、入院。:

« 居間のエアコンも新型に。 | トップページ | うちの犬が亡くなりました。 »