« 抗菌メジャー・オート KA-15 | トップページ | BD『ALL YOU NEED IS KILL(または、LIVE.DIE.REPEAT.)』 »

オリエントコンピュータ SKIM BLOCK 通帳ケース

P10706412_2


 防磁機能のある、銀行などの預金通帳他を入れる通帳ケースを買いました。いくつかあったけど、結局amazonで少し値が張るやつを購入。安いもののほうが色の種類も多かったけど、なんとなく実績を鑑みて。

 「オリエントコンピュータ SKIM BLOCK 通帳ケース(磁気カード保護・スキミング防止)」

 マーケットプレイスなので、本体1,620円+送料560円の、計2,180円。パッケージはそっけないもので、名前も型番もメーカ名すらない、ただのビニール袋。基本的に一般販売向けではないのかも。メーカーは楽天Yahoo!にも出店しているけど、こちらではなぜか通帳ケースは一般販売しておらず、商品のご提案というやつしかないんですよね。

 ちなみにメーカーのオリエントコンピュータは、コンピュータ関連のセキュリティ関連ハードウェアなどを製造販売してる会社だそうで。スキミング対策以外に、ハード的にHDD破壊とかデータ破壊もする機械も売ってます。残念なことに、複数入るカードケースは廃番になったのか、売り切れたままですね。

 もともと昔貰った農協の通帳ケースを使ってたのですが、近年、通帳の磁気テープのデータが壊れることが数回あり、さらに随分汚れ痛んできたのでいっそ防磁ケースを買うかと。データが壊れたのは、いつも入れてるバッグに入ってる何かか、他に使ってるバッグの磁石が原因かなと思うけど、別に隣り合わせに置いてるわけでもなく、カードは特に被害無し。数年に一回なので原因が特定できない。それならケースを変えた方が、確実ですし。

 amazonの写真だと薄緑色だったり、SKIM BLOCKという名前が入ってたり、裏には銀行用の文字入れサンプルが入ってたりしますが、実際の商品はベージュの無地で文字も全く入ってません。大きさは、折り畳んだ状態で、縦168mm×横100mm。マチが5mmってとこですか。

P10706442


 開くと、左右にノングレアな透明ビニールのポケットがあります。まず通帳サイズのポケットが一つずつあり、片方にだけさらにもう二つのポケットが上に重なってます。二つのポケットのうち一つの小はキャッシュカードやクレジットカードサイズ。もう一つの中は一回り大きめです。何入れるかよく分からないけど、カードを横にすると入れやすくちょうどいいかな。

 前のケースは中に少し硬めのなにかが入ってたのですが、こちらは特にそういうものはなさそうです。クッションのように少しふわふわしていて、つまむと大きめにへこみます。ふにゃふにゃというわけでもなく、使用時は通帳入れるので持ちにくいということもないです。防磁はどういう仕組みかよく分かりませんが、以前購入した静電防止手袋シルスタなどに使われている導電性繊維 X-static(銀メッキナイロン糸)なども電磁波遮断機能がありスキミング防止に使われるとあったので、そういう柔らかい素材のシートを本体内に入れているのかも。オリエントコンピュータの説明によればそういうシートがあるので。ただ透明ビニールケースだけでスキミング防止されてる製品もあるので、透明ポケット側に仕組みがあるのかもしれませんが。

P10706452


 試しに手近にあったものを入れてみるとこんな感じ。通帳は使い終わったゆうちょのもの。カードはコジマのですが、コジマ撤退しちゃったのよね。ポイントももう消えてるだろうし、使い道ないな。中ポケットには何も入れてませんが、よく取り出すキャッシュカードなどはこっちのほうが入れやすいです。ああでも、奥まで入れると取り出しにくいか。やっぱり横に入れる小ポケットがいいかな。
 実際に防磁性能を試すのはちと恐いので(自前で再利用可能なカードとかカードリーダーもないし)、調べているとオリエントコンピュータがYoutubeに検証動画を上げてましたので、そちらを紹介。

 ここで驚いたのが、ICOCAのICカードをポケットに入れたまま、通帳ケースを開いて透明ビニール越しに非接触カードリーダーに置いても、カードのデータを読み込まなかったこと。ケース本体側に仕組みがあるだろうから内側は関係ないと思ったんだけど、透明ポケット側からも読み込めないとは。カードのすぐ裏に仕組みがあれば、それでも十分電磁波を攪乱してるってことなんだろうか。オリエントコンピュータはSKIM BLOCKカードケースやSKIM BLOCKカードなども販売しており、その動画も有ります。中でもICカードなどと同サイズでカードに重ねて使うものでも、重ねていればICカード側からもデータ読み取りが出来ない動画がありました。

 これを見ると、重ねてさえいれば向きに関係なくスキミングをブロックできるようですね。まあズレてると駄目かもしれないので、複数のカードに使うなら素直にSKIM BLOCKカードケース買った方がいいかもしれませんが。一般のカードケースを使いたければ単独のSKIM BLOCKカードを選ぶしかありませんが、多数入るカードケースはカードをずらして入れるものが殆どで、これ多少ズレていてもスキミング阻害できるのかが分からない。財布型ならカードポケットの裏側の札入れに二枚くらい縦に入れたらなんとかなるんだろうか。
 まあ次に財布買うときは、ちょっと考えて探してみたいです。ただ本体にスキミング防止機能のある財布などもありますが、中には一つのポケットだけにしかスキミング防止がなかったりするものもあるので要注意。


 あ、オリエントコンピュータの動画でもう一つ驚いたのはSKIM BLOCKをスキムブラックと発音してたこと。スキムブロックじゃないの?と思ったら、block は米式発音だと微妙にブラック。英式発音だとはっきりブロックなんですけどね。black(黒)の場合は発音記号も違いますし、実際の発音もアがはっきりしてるので聞き比べるとはっきり分かりますが、カタカナ表記でブラックとか日本語発音だと紛らわしいなあ。

 最後にSKIM BLOCKカードケースの検証動画を。こらこら一般小売店に迷惑かけるんじゃない(笑)。まあ動画撮ってるから、許諾はされてるだろうけど。Felicaカードを出そうとする店員さん、御苦労様です。

|

« 抗菌メジャー・オート KA-15 | トップページ | BD『ALL YOU NEED IS KILL(または、LIVE.DIE.REPEAT.)』 »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: オリエントコンピュータ SKIM BLOCK 通帳ケース:

« 抗菌メジャー・オート KA-15 | トップページ | BD『ALL YOU NEED IS KILL(または、LIVE.DIE.REPEAT.)』 »