« あけましておめでとうございます。 | トップページ | 7%の溶液──DVD『シャーロック・ホームズの素敵な挑戦』(映画) »

KING 静電防止手袋 シルスタ

 カメラその他に使ってた手袋が片方しか見当たらなかったので、新しいのを買いました。PC用に買った静電気防止タイプの手袋もあったのですが、それもどこに行ったか分からなくなってて。
 カメラ用に使ってたのはミクロクリーニング用の布を使ったもので(東レのやつだったかな)、最初同じタイプを探してみたのですが、同様のものは全く見当たらず。静電防止手袋は、そのうち見つかるだろうけど、滑り止めのゴムのポッチが着いて割と荒い使い方するものだったので、どうせなら貴重品に使うようなものをと安いものは選択から外しました。で、これが静電防止手袋としては二番目に高いものだったので、試しに決定。

 購入したのは「KING カメラクリーニング用品 静電防止手袋 (シルスタ) 74744」。()に入ってますけど、シルスタは商品名。amazonで1,091円(税込・送料込)。リンク先ではビックカメラの販売ですが、「こちらからもご購入できます」の中にAmazonのリンクがあります。1,091円は現時点ネット最安値なので、買うならそちらで。
 KING浅沼商会のカメラ用品ブランド。この商品は希望小売価格が1,600円と薄手の静電防止手袋としてはわりと高めの製品です。

P10209072_


 パッケージ。静電防止はともかく、抗菌もいいけど、電磁波カットというのはどうなんだ。そんなの公式サイトにもショップのサイトにも書いてなかったけど。
 ぱっと見、少し伸びる木綿の手袋っぽい編み目模様ですが、かなり薄い。シームレス編み目だそうで、指先以外に縫い目が見当たりません。袖口は裏に縫い目があるみたいでこれもシンプル。手を合わせてみると小さめですね。

P10209082_


 裏側には特徴が書かれてます。なになに……

  「シルスタは、米国 Sauquoit 社が開発した導電性繊維 X-static(銀メッキナイロン糸)をシームレス手袋に編み込み、帯電した静電気を瞬時に除電する性能を持った除電・制電品質管理用手袋です。
  手袋本体は長繊維を使用したシームレス編み手袋なので、伸縮性・通気性に優れホコリもほとんど出ません。」

 とあります。
 この銀を含んだ導電性繊維を調べてみると、爪先だけのトゥーソックスとか絨毯の製品もありました。銀使ってるので、抗菌・脱臭にはいいらしいです(水虫にも良いそうな)。他に電磁波遮断シートに使えるともありました。このページによれば実際試作されて、試験もしてるらしい。マジだったか。しかしその電磁波から手を守ったところでいかほど問題があるかというと……そりゃ商品の売りとしては弱いか。


 使用上の注意としては、

  「高電圧・高電流の装置の近くでの作業は、誘電する恐れがありますから使用しないでください。
  化学繊維は熱に弱いので、熱いものに触れないでください。
  体質によって、かゆみ・かぶれ・発疹等を起こす事があります。異常を感じたら使用をおやめ下さい。
  洗濯は、塩素系漂白剤のご使用は避けてください。湿潤な条件下での使用で、銀イオンを放出することがあります。」

 です。

P10209102_2


 写真はパッケージから出したところ。さらにビニールの内袋に入ってました。パッケージは上の台紙にステップラー止め、内袋は下の方で粘着剤止めです。

 まあ普通の使用で気を付けるなら、洗うときくらいですかね。普通に洗うだけなら銀メッキ繊維は半永久的に使えるらしいですが(手袋として使えなくなるまでは)、塩素系漂白剤使うと、塩素が銀と反応して塩化銀になり変色するそうです。それで性能が落ちるわけか。銀製品が黒くなる一端もその塩化だそうで(他に硫化でも黒くなる)。なので洗わずとも塩化するようなことをしちゃ駄目ってことですね。銀製品は重曹などを使って黒ずみを取れるそうですが、流石に繊維に混じってるようなのは難しいだろうし。

 漂白剤入り洗剤は基本的に酸素系漂白剤が入っているそうなので、一応使っても大丈夫らしい。というか今回調べていて、漂白剤入り洗剤とハイター(普通のやつ)を同時使用するのは駄目だって初めて知った(まあ使ったことないけど)。漂白剤入り洗剤は先に書いたように酸素系なので、塩素系を混ぜると結局どちらの利点も減るらしい。例えばアタック Neo(漂白剤入り洗剤)を使いつつより漂白したいなら、酸素系を足せということだそうで、たとえ白い物だけでもワイドハイター(酸素系漂白剤)を使った方がいいと。みなさんもよく確かめて使いましょう。

 閑話休題。

 開封。手に着けてみます。
P1020914_152_5

 鼻を近づけると、少し金くさい感じが。銀イオンか。指先まで全長20cmというところ。柔らかく伸びますが、若干小さめですね。確かに伸びるけどぴっちりで、指の股も手袋が浮いてるくらいです。これほど爪先がぴったりなのは使ったことが無い。それと薄いために伸びると肌色が若干透けて見えます。逆に言えば風通しはいいですし、指先に無駄な遊びがないので細かい作業はやりやすいかも。
 しかしビニール手袋などでいえばMからSサイズに近い。私程度でこれだと、大きい手の人は使い続けるのは辛いかも。脱ぐときも手首側からぱっとは脱ぎづらいので(ぴったりなので指部分が抜きづらいし、無理に急ぐと破りそう)、指から二三本、先に抜いていきます。

 比較に、以前から使ってるワイピング用のマイクロファイバー(東レのトレシー他の布)素材の手袋です。立体成型で縫い目は目立ちますが、少しゆるめながら私の手では使いやすいです。指先が少し余ってるせいかほつれて汚くなってます。親指の先はそこそこ余ってます。
P10209162_2

 次に滑り止めのゴムポッチの着いた綿手袋。一応カメラ用品のやつだったと思いますが、ドライバーズ手袋との違いはなさそう。静電気防止とかは特になし。ゆるめですが、親指以外は指先に余りはなく使いやすいです。
P1020918_192

 三つ並べてみると、サイズがよく分かります。シルスタは一番伸びるのでこれでも入ります。他も少しは伸びますが、伸び率は、シルスタ>>>>>白手袋>マイクロファイバーといったところ。
P10209202

 静電気防止とかはまだよく分かりませんが、一度払ったホコリが付きにくくなると信じて使うことにします。用途はカメラの手入れというより、ほぼ撮影時に小物(おもちゃとかな!)を触るときに使うつもりなので、静電防止に効いてもらわないと。まあこれで超合金の撮影も捗るってもんさ(多分)。

|

« あけましておめでとうございます。 | トップページ | 7%の溶液──DVD『シャーロック・ホームズの素敵な挑戦』(映画) »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: KING 静電防止手袋 シルスタ:

« あけましておめでとうございます。 | トップページ | 7%の溶液──DVD『シャーロック・ホームズの素敵な挑戦』(映画) »