« EXGEL Cushion mini を買う。 | トップページ | Velbon VS-5400Q 注文。 »

OLFA ハイパーAL型+スピードブレードお試しキャンペーン

P1020332_01_2


 OLFAのカッターナイフを買いました。型番はハイパーAL型 193B。ALはオートロックの意味。スライドスイッチを押すとそのときだけカチカチと動き、指を離すとそこでロックされる。刃に対して垂直方向に押しこみ歯のロックをはずす簡易型とは違い、微妙な力加減でスイッチ内のスライドが動くという、細かい仕組み。同じボディでネジロック式のハイパーL型 192Bというのもあります。一般的には耐加重はネジ式のほうが高いそうですが(しっかり締めた場合)、OLFAのALは40kgあるので大抵の作業は大丈夫かと。
 刃の大きさは一般的によく使われる(大)型のサイズです。このサイズの刃用カッターは中国産の安物も大量に出回ってますが、しかしそこはOLFA、ボディはガラス繊維入り強化ポリプロピレンでそこそこゴツく硬く、さらにエラストマーゴムを使った滑り止めもあり、重いです。百均の安物プラとは大違い。さらにお尻側に金属プレートが出ていて、これで何かしらこじったり、ガムテープ切ったりもできます。ちなみにMaid in Japan。

 実はいままでこのサイズのカッターは買ったことありませんでした。いや駄洒落じゃなく。うちで売ってるんですよね、こういうの。もちろん安物が殆どですが、いくらかOLFAのものもあります。というか前に仕入れたハイパーL型もあります。子どもの頃は刃は(小)型刃、中高校のころは肥後守のような一本の刃がそのままスライドで出せるクラフトナイフをメインで使ってましたっけ。時々大きめのダンボール切る時は、店の仕事用カッターを使ってました。

P1020334_01_2


 そんなわけで使おうと思えば下ろせばいいだけだったのですが、実は最近姉からの情報で、OLFAの替え刃にフッ素加工で二段鋭角の切れ味のいいものがあると聞きまして。それがスピードブレードでした。黒い刃は前からも売ってましたが、あれはフッ素加工ものではないし、使ったことはありません。正直この手の折る刃は使い捨て感覚の物、もしくは切れ味はさほど気にしない使い方をするものというところです。切れ味を気にしたことは特にありませんが、姉は仕事でカッターをよく使うので多少なりとも切れ味のいいものが欲しかったようです。代理でネットで色々調べ、自分とこで仕入れるよりネットが安いのでそっちで買うことになりました。写真は台紙裏。

 で、ふと最初に姉が見かけたというホームセンターに行ってみたところ、これがあったわけです。売り出しキャンペーンとして替え刃が一枚付いたものが。キャンペーン品の上に型番が通常と同じなので、問屋の仕入れ時期他の理由で小売りが自由に仕入れられないもの。これじゃいくら調べても出てこないわけです。結局ネットではキャンペーン物は見つからず、姉は替え刃とカッター本体は別々に買いました。五本ほど必要だったので、そこの店では足らなかったんですね。

 で、そういえば今手元にはこのサイズのカッターはない。店にはあるけど、同じハイパーでも丸いダイヤル式しかなく、オートロックは安物だけ。で、どうせなら一つ使ってみるかと、購入しました。予想よりも使いやすいですが、重さは少しあるので、軽い方がいいひとはプラだけのを買った方が無難かと。

P1020337_r1


 こちらは中身。カッター本体と、スピードブレードの替え刃一枚。なぜ普通の刃もあるかといえば、比べるためでしょう。しかし、いちいち付け替えて試すのも面倒。ここは一つ、店にあるカッターと比べてみるとしましょう。同じOLFAのハイパーなので、重さも重心も一緒、使い勝手も同じ、そして刃も付属品そのままです(まだ無理な使い方してないので、さほど切れ味も落ちてない)。

 少し厚めの印刷用紙を切ってみます。まず紙を二つ折りにして、そこに刃を挟んで二つに切る。長く伸ばして途中を使ってみましたが、最初の切り込みがそれほど上手くいかないのは同じ……いや若干スピードブレードのほうがひっかかる。切れ始めてからは、角度に気を付ければスピードブレードのほうが切りやすいけど。よく研いだナイフとか包丁がすーっと入る感じはありません。では紙を置いて刃先ではどうか。おお、刃先で切るときはスピードブレードが速く、軽い。同じ様に切ろうとすると、普通刃は若干手に力が入ります。まあ微妙な差ですが。

 しかし長い刃の途中だとイマイチということは、フッ素加工してると滑らないのか、単に厚みが出て刃先の鋭さが無くなってるのか。スピードブレードの売りを見るに、ダンボールなど厚いものを切るときにも力が少なくて済むという話だから、紙切るのでも同じと思うんだけど。
 試しにアートナイフプロでも同じ紙を切ってみました。刃の真ん中あたりで同じ様に。最初引っかかるのは同じですが、そのあとがすーっと入る。挟んで押してるわけですが、角度のせいなのかしらないけど、よほど切れ味がいい。まあ刃が小さいので、同じ使い方はできませんが。

 なんだかスピードブレード、本当に切れるのかよくわからんなあ。紙切る用途では、普通の刃と比べてさほど切れるってほどでもない気がする。それともフッ素加工で切れ味が落ちにくくなるとかあるんだろうか。あとフッ素加工でいいことといえば、粘着剤が付きにくくなったりするかな。梱包のテープ切るときは、さっと切れるのは確か。まあ普通の刃でも立たせて切れば、粘着剤が邪魔になったりしない気もするが。

|

« EXGEL Cushion mini を買う。 | トップページ | Velbon VS-5400Q 注文。 »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: OLFA ハイパーAL型+スピードブレードお試しキャンペーン:

« EXGEL Cushion mini を買う。 | トップページ | Velbon VS-5400Q 注文。 »