« 2014年3月 | トップページ | 2014年8月 »

また一つ歳をとったわけだが。

 ええもう、今年なんぞは家族の言葉の端にもかかりませんでしたよ。誕生日。あてこすりとかでなく、本気で忘れてるわー。

 況んや私に於いてをや。今更何を言うべき事があろうか。いやない。

 というわけで、朝方食べたラーメンのせいか腹こわして、昼は無し、夕飯はメザシとふりかけと茶漬け。誕生日のたの字もない食生活。なおかつ一昨日は、虫歯の治療で歯の神経抜いて、ああこれで左上の犬歯より後ろはみな神経無しだよ……なんてブルーな気持ちになってたこともあり。あ、今はゴムのフタで塞いでます。治療は来月中かかりそう。みんなも痛くなったあとに歯医者行っても遅いぞ?歯に異常があったら直ぐに行け。特に欠けたあとはすぐにな!

 で、今年の自分へのプレゼントは、メガハウスのトイ、アニメ『超攻速ガルビオン』から「ガルビオン(サーカス1)」でした。30年経って、ファン待望の完全変形トイの発売。そらもう買うしかない。……まだ開けてないけどさ。
P1000479_t11

 本も買ってきた。市川哲也著『名探偵の証明』。去年出ていて気になってたので、この際。地元高知出身の作家で、デビュー作で、第23回鮎川哲也賞受賞作(2013年)。お茶を飲みつつ、深夜にでも読むつもり。

 追記:昨日、近場の積読を見ていたところ、同じ本があった。先々週あたりに買った本の中に。上のを買ったとき、本当は新刊手にしてたんだけど、こちらを見て変更したんですよねー。しなきゃよかった……orz
 さすがに三日も経っていては交換はしてもらえないだろうな……。

 さらに追記:無事に返品できました。ありがとうツタヤ。そしてまた本を買いました。返金額以上に。ありがとうツタヤ。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2014年のゴールデンウィーク その一。

 今年のGWもどこにも出かけないかなと思ったら、親父が外に食べに行こうと提案。それも近所ではなく、片道100kmほど先の猟師町の寿司屋で貝を食べようと。なんでも一昨年に知人と行った店が美味かったということで、今年は親子三人でと。新聞などに出ていた「海のまつたけ御膳」と言うセットで、地元でとれる「ナガレコ」という貝がメイン食材のものが新聞に出ていたそうで、それ目当てで食べに行ったのだとか。こういう時は犬がいるから大体私が留守番してたんですが、今回はその知人さんは行かないし、私もせっかくカメラも買ったことだし、室戸方面は久しぶりなので私も行きました。

 目的地は室戸市の高知市寄りの室津港近く。前日に昼の予約を入れ、当日はちょっと遅く10時前に家を出ました。いやわかってはいたけど、途中で少し渋滞し、昼の予約なのに危うく13時過ぎるところだった。高知から途中、まだ完成してないので無料で開通してる高速道路に入って大分時間稼げたので、なんとか二時間半で到着。というか店に行く前にその近くの魚屋でナガレコなど購入したので余計遅くなったわけですが。

P1000381_r5


 そういえば室津の手前数キロのところで山火事に遭遇。山裾に少し黒くもある煙がそこそこ高く昇ってたので、もしかして火事じゃないかと言っていたら、ほんとに火事でした。国道のすぐ脇、人家だか倉庫だかの周りの茂みから煙が出てました。ちょうど現場を通ったときは消防車が二台でしたが、通りすぎると向こうから続々とやってきてましたね。パトカーももちろん。室戸警察とありました。写真は、カメラ取り出すのが少し遅かったので、現場を通りすぎた時に後ろ斜めに向けて助手席から撮ったもの。

続きを読む "2014年のゴールデンウィーク その一。"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

マイクロフォーサーズ『DMC-GX7』購入。

 注:この記事は先月書きました。

 タイトルのミラーレスデジタルカメラ、買いました。消費税UP前の駆け込みで。

 Panasonic DMC-GX7C レンズキット
 (キットレンズ LUMIX G 20mm/F1.7 II ASPH. H-H020A-K)
 2013年9月13日発売。発売後半年を過ぎて、当初12万円前後から今は最安値8万円前後になってますね。

 出たときから、目をつけていて、そこそこお金も溜めていたところでしたが、消費税UPにつきいよいよ買うことに。ぎりぎりまで粘って調べていたらちょうど限定販売で8万切った店(通称おぎさく)があって、もうこれしかないと。延長5年ダブルプロテクト保証というやつを付けたので結局8万6千円ちょいになりましたけど。実は価格ドットコムなどを毎日見ていてそこの書き込みで見つけたのですが、おかげで少し安く──というか延長保証分が無料になったという感じですが──入手できました。

 ただレンズはキット付属の20mm F1.7だけでは心もとないので、もう一本標準ズームレンズを購入。これは別の店でこれまた大分安くなってたところで注文。最初は中古探してたのですが、むしろ本体は買い換えることもあるだろうけど、レンズは資産、フォーマット変えないなら多分残しておくだろうから最初にいいもの買っとこうと、結局延長保証が付けられる新品買うことに。選んだのはF2.8通しのLUMIX G X VARIO 12-35mm/F2.8 ASPH./POWER O.I.S. H-HS12035。これも8万ちょいで、さらにアクセサリや中古ですがお買い得の防湿庫まで買って、結局カメラ関連で20万近く。当初の予算12万円から単体購入レンズによりけりで最大16万円だったのにどうしてこうなった……。消費税前購入とPC買い換え需要のノリもあったので、思わずやってしまった感があります。

 ともあれ新品のカメラ買うなんて、二十数年ぶり。大学出たくらいに大阪で、当時なのでもちろんフィルムカメラのKONICAのBIG MINI IIIを買って以来です。あれは確か4万円しなかったかな……。デジタルカメラでは四台目にして初の新品。そして人生初のレンズ交換式カメラ。これまでのメインカメラ KONICAMINOLTA DiMAGE A200 があまりに使い勝手のいいカメラなので重宝してましたが、撮影シークエンスの速度と高感度耐性(そして解像度)ではどうしても後れをとり、ある意味悲願のレンズ交換式カメラ購入でした。昨今はA200の替わりになるハイエンドコンデジが見当たらないので(強いて言えばSONYのRX10ですが、デカいし高い)、ちょうど良かったとも言えます。レンズはともかくカメラは五年間使うか分かりませんが、まあ後継機も一年と半は先だろうし、もし買い換えることがあっても最低二年は使うでしょう。その場合、延長というより落下でも修理費用が出るという意味で保障つけました。

続きを読む "マイクロフォーサーズ『DMC-GX7』購入。"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

劇場版『ルパン三世 カリオストロの城 デジタルリマスター』

 今日は14日。TOHOシネマズデイでしたので(1,100円。ですが、何故か800円)、『ルパン三世 カリオストロの城 デジタルリマスター版』を観に行きました。

 いやー冒頭のカジノなどやはり古いアニメだから少し甘いかなと思ったら、明るい画面になっていくとどんどん綺麗さに気づきます。フィルムアニメ独特のガタツキもほぼ無く(というか最初の方の数カット以外感じなかった。ただガタツキが無いということは、少しはトリミングしてるんでしょう)色パカも無し(多分)。もともと色が違うところはそのままだったけど。そして色が綺麗。もともとぼかしてる感じはそれなりに残りつつ、キャラの色とかは目にいたくない程度にくっきり。こういうリマスターでは目安になる赤とかも色ズレもなくはっきりしていて、丁寧にリマスターされてるのが分かります。肌色ものっぺりではないが、柔らかい感じまでよく見えます。それと流石に作画には手を加えてない。多分そこそこ知られてるクラリスの指輪が無いカットはやはり無いままでした(ルパンが地下に落とされた後、クラリスの偽指輪をしてる手を伯爵が取るカット前まで、指輪が指に無い)。

 音も綺麗で、サラウンド感はあまり気づかなかったけど、鮮明に聞こえました。カーチェイスで端から端への移動は一応ちゃんと左右の違いが分かるようにはなってたかな。よくある疑似サラウンドのようにエコーもさほど感じなかったので、かなり丁寧にされてたのではと(地下ではもっとエコーかかってもよかったかもしれないが)。もっとも古い映画館と最新のシネコンでは音響なども違うだろうから、昔見た映画館での記憶とはまた違うんだろうなあ。当時観た時ですら、色パカや画面ユレてたのに無いわけだし、音ももっと割れるくらいでかかった気がする(笑)

 とにかく劇場スクリーンで観ても、進むに連れて古いアニメと思わせないくらいにのめり込む、そのリマスターの加減は素晴らしく、そしてテンポと面白さは不変(今の目で見ると、シナリオは若干甘いというかクサいが)。実に楽しい時間でした。終り方があっさりだったのでなんか寂しいくらい。観た人は知ってるでしょうが、去っていくルパン達にかぶって「完」と出てそのままフェードアウトで終りなんですよね。今回はそのあとリマスターのスタッフ名のカットが一枚出て本当に終り。
 劇場が明るくなったら、斜め後ろにいた女性らから「泣きそうになった」とか聞こえてきました。歳頃は分からないけど、同感でしたね。まあ私の場合は懐かしさもあったせいですが(彼女らは流石にもう少し若い声でしたので)。亡くなられた人も含めて、みんな声が若かったもんなあ。

 ところで復刻版パンフレットは在庫ありませんでした。もちろん復刻チラシも無し。やはり初日に行くべきだったか……。

 氷川竜介さんもブログでリマスターを観たことメモしてました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2014年3月 | トップページ | 2014年8月 »