« x-rite Color Checker Passport | トップページ | SONY、コンパクトデジタルカメラ『RX10』発表。 »

やなせたかし氏、ご逝去。

 なんというか、まさに衝撃でした。
 やなせたかし先生が、13日、心不全で亡くなられました。94歳でした。

 いえ、お歳がお歳ですし、体中病気やらなにやらでボロボロなことは何度も書かれてたので不思議ではないのですが、なにせそのお歳でずっと色々されてきた人なので、100は生きると思っていたのです。昼間、ノートPCを開いてネットを見てたら「やなせたかし氏、死去」という速報リンクが。え、と思わずクリックしたら本当でした。以前デマが流れたことは有りましたが、時事通信他のニュースになっていては、疑いようもありません。

 中学校のころだったか、何かの際に日本の詩集とかちらほら見ていたら、小さな絵本のような詩集を見つけたので、ふと買ってみたのです。それがやなせ先生の『人間なんてさびしいね』という詩集でした。韻を踏んだ、どこかわびしさも感じる詩とあっさりした絵本の絵柄なのに引きつけられるイラストがなんだか気に入って、買ってしまったのです。

Pict00991_2


 そのころはやなせ作品といえば『やさしいライオン』くらいしか知らず(まともに読んだことはなかったけれど)、『アンパンマン』もマイナーでアニメはまだだったけど初期の絵本は知ってたかな、それくらいでした。サンリオの本や雑誌『詩とメルヘン』で作品を書かれてたことは知ってましたけど。『手のひらを太陽に』の歌詞をやなせ先生が書かれたというのもまだ知りませんでしたが、その後知ったときに「なるほど、確かに」と思ったのはこの詩集のおかげでしょう。シニカルな目線のものもあり、ひとりで生きることの自由さ、さびしさ、むなしさなどなど。やさしくやわらかく明るそうで明るくない世界がありました。

Pict01001_2

 心と心がふれあって
 なんにもいわずにわかること
 ただそれだけのよろこびが
 人生至上の幸福さ
 たったひとりで生まれてきて
 たったひとりで死んでいく
 人間なんてさびしいね
 人間なんておかしいね


 そんなわけで、私のやなせ初体験はこの詩集といっていいです。山高坊を被る、縦長に丸っこい誰でも無いひとの姿とか、影が入って顔の見えない青年とか。さらっとついたアンダーなパステルカラーとか。よく絵柄まねしてたりもしました。まあなんですね、これが私の中二病だったんでしょうね。


 生まれたときは
 ひとりだったし
 死ぬときも
 ひとりだもの
 いまひとりだって
 さびしくない
 いや
 ちょっとさびしい
 なぜだろう


 というか、この歳になるとこの詩集の詩はアタタタタ……と切実に感じてしまったりします。中二病ネタがシャレにならんことに。この詩集の初版は1976年。やなせ先生が1919年生まれなので、57歳のころです。これが人生というものか……まあ読んでるとなんとなく、これでもいいかなと元気……というか平常心をくれた詩もありました。あ、でもやなせ先生はこのころちゃんと結婚されていて、一人じゃなかったわけで。……おいおい。

|

« x-rite Color Checker Passport | トップページ | SONY、コンパクトデジタルカメラ『RX10』発表。 »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: やなせたかし氏、ご逝去。:

« x-rite Color Checker Passport | トップページ | SONY、コンパクトデジタルカメラ『RX10』発表。 »