« 『機械人間 感覚の喪失』DVD | トップページ | ちょ、なんという間の悪い……。BDの真実。 »

雑誌「DigiFi」第10号にUSB DAC付ヘッドフォンアンプが付属

 以前USB DACを付録にした雑誌「DigiFi」がまたもやUSB DACを付録にするそうです。ただし全快はスピーカー用でしたが、今度はヘッドフォンアンプ。

 「ステレオサウンド、USBヘッドフォンアンプ付き雑誌発売」

 ステレオサウンドが発売してる雑誌「DigiFi」の10月号は5月28日発売予定。まだAmazonでは予約開始されてませんが、前回の売れ行きを考えるとあっと言う間に売り切れそうです。デジタルヘッドフォンアンプの制作は、前作と同じくOlasonic(東和電子)。お馴染みのキャパシタへの充電回路も積むようですね。ハイレゾ音源にはやはり対応してないようです。
 今回はヘッドフォンアンプなので当然アナログヘッドフォン接続用ミニジャックが付いてますが、ライン出力としてアナログRCA端子も付いてます。おまけに単体でボリュームスイッチ(アップ・ダウン二つのスイッチ)もあるようで、使い勝手、汎用性は前回より高いです。普通のデスクトップ用スピーカーも3.5ミリミニプラグをそのままか、RCAピン変換コード付ければ平行でつなげられますね。私は、前回のUSB DACは結局スピーカーが邪魔だったので取り外してしまいました。

 また前回同じころにUSBケーブルを付録にした雑誌が出ましたが、今回も5月28日同日発売予定でUSBケーブルを付録にした雑誌が出るそうです。ただし今回はなんとケーブルは4本も付いてきます。「別冊ステレオサウンド 月刊HiVi特別編集 高品質 USBケーブル×4 SPECIAL For PCオーディオ」。四種類のケーブルで聞き比べできるわけですが、おかげで価格は5,000円。さすがにちょっと高過ぎだろ……。

 それぞれのケーブルの標準商品の価格からいえば妥当というか安いわけですが、「DigiFi」と一緒に買うなら8,300円。それならもう少し足してデジタルヘッドフォンアンプ単体買ったほうがいい気もしますね。AudioTechnicaのAT-HA40USBなら実買一万円前後です。こちらの出力はアナログのヘッドフォンとライン出力(どちらも3.5mmミニジャック)、デジタル光端子。ボリュームはアナログなつまみでガワもちゃんとあって、さらには24bit/96kHzハイレゾ音源対応です。電源はUSBバスパワー駆動。レビューはこちらに

 ……あれ? これコスト的にも性能的にも、上記付録よりこっちが完全に上じゃね? USBケーブル4本と雑誌の講読を除けば、絶対こちら買った方が便利ですね。ヘッドフォンアンプだけ欲しいなら付録でいい気もしますが……うーむ。

|

« 『機械人間 感覚の喪失』DVD | トップページ | ちょ、なんという間の悪い……。BDの真実。 »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 雑誌「DigiFi」第10号にUSB DAC付ヘッドフォンアンプが付属:

« 『機械人間 感覚の喪失』DVD | トップページ | ちょ、なんという間の悪い……。BDの真実。 »