« CoolerMaster “Silencio 650” その二。 | トップページ | マザーボード“ASRock Z77 Extreme6” »

Magnetized SilverStone 120mm fan filter SST-FF122

 今回の品は、シルバーストーンから出ている、12cm用ファンフィルターです。型番は“SST-FF122B”Pict9447_r5Amazonでは現在491円

本体はプラスチックですが、マグネタイズドの名の通り、背面に磁石が数個付いていてスチール製のフレームならそのままくっつきます。ファンと同位置の四隅にネジ穴もありますので、ファンの前後にネジで止めることも可能なようです。その場合のイモネジも四つ付いてます。プラフレームの厚みは2mm。フレーム真ん中は普通の十字でなく、少し右回りの風車のような形の五本ラインです。

 なぜこれを買ったかといえば、新PCサイレン77の前面フィルターが心もとなかったからです。
 Silencio 650のフィルターは網の隙間が大きめで、大きめのホコリはともかく粉塵を防ぐには役に立ちません。実際フィルターだけの問題ではないけど、前回パネルを開けた時点で結構中にホコリが見受けられました。数時間使った時点でこうなってるのは、部屋にホコリが多いというのはもちろんのこと、本体に隙間がまだまだあるから。まあ細かいホールはあとでふさぐとして、元から空いてるフィルター部分はどうかというと、これまた網の目はそこそこの大きさなわけで。しかも前面ドアを閉めてたらあきらかに横と下の隙間からしか入らないので、前面フィルターは役に立たないのは明らか。当然ファンの前のどこかに粉塵フィルターを貼ろうと思っていたのでした。

 そしたらとあるレビュー記事にて、前面フィルターの大きさが、ケースファンにあってないという指摘が。
 なんですと?

Pict9453_r5

 実際に、外して比べてみた写真がこちら。なるほど12cmケースファンと同じサイズのフィルターを並べると、横に出ます。遊びはさほど無いので、確実に隙間が開いてることになりますね。本体と前面フィルターを計ってみると、前面フィルターの下は大体あってますので、おそらくファンの上のほうが若干開いてますね。フレームの上に干渉するからか、フィルターが完全に覆ってないのは残念です。

 前にも書きましたが、粉塵用にはエアコン用フィルターが手軽でちょうどいいです。なのでこれを貼ろうかと思ったのですが、そもそもの前面フィルターに付けても隙間があってはなんにもなりません。なので付けるなら前面フィルターの後ろ、ファンの前に付けるのが妥当。しかしファンの前は何もないので、ただ貼っただけではフィルターがファンに触る可能性も捨てきれない。ならば先にファンガードかファンフィルターを付けてその前に付ければいいのではと考えました。

 件の記事によれば、本体のフィルターの代わりにちょうどいいのがこのシルバーストーンのファンフィルターだったというわけで。Amazonにちょうどあったので、二枚注文しました。
 表側右下にSilverStoneの文字、裏側四隅にそれぞれ二つずつの磁石が埋め込まれてます。
Pict9449_50_r6


Pict9457_r5_2

 試しに本体に付けてみたところ、確かにファンとぴったり同じ大きさで、ネジにネジ穴が大体合います。ただ、微妙なネジの厚みで、くっつきはするけどフチが少し浮いてる気もする。ネジの厚みは1mmもないと思うのですが、粉塵にはそれだけあれば十分です。さてどうしたものか。ネジの厚みに合わせてネジ穴を避けて薄い何かを四角に貼るといいかな。本体側かファンフィルター側に。

 とりあえず、あまり考えずにエアコンフィルターを付けてみました。ただファンフィルターの外側でなく、内側に。ファンフィルターのマグネットで挟んで止めてみたのですが、これで案外ファンに当たらず使えてるようです。てかそれでファンに触らないなら、ファンフィルターなくてもよかった気もしますね。

 ひとまず本体→エアコンフィルター→ファンフィルターときて、もひとつ試しに前面フィルターをカバーにつけたままはめてみたところ、少しきつめですがちゃんとはまりました。ファンフィルターの厚みは約2mm。まさか前面フィルターがそのまま付こうとは。そこまで隙間は無かったと思ったんですが、案外空いてたのか。でもまあファンフィルター付ければ前面フィルターは実質役に立ってないわけで、無理に付けるよりはない方がいいかな。エアコンフィルターもとりあえずファンフィルターと本体の間に挟んでますけど、やっぱりファンフィルターの前に付けた方がいいでしょうね。ファンフィルター自体が汚れるのを防ぐことができますし、洗わなくてもよさそうですから。

 付けてからの温度変化ですが、正直微妙な違いなので(CPU温度が1℃か2℃ほど上がったかな)、それほどエアフローは悪くないようです。ただしほとんど何もしてない状態でですので、CPUに仕事させるときはもうちょっと考えた方がいいかも。ほんとに延々回すときは、ファンコンもHighにして前面ドアは開けますけどね。

|

« CoolerMaster “Silencio 650” その二。 | トップページ | マザーボード“ASRock Z77 Extreme6” »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: Magnetized SilverStone 120mm fan filter SST-FF122:

« CoolerMaster “Silencio 650” その二。 | トップページ | マザーボード“ASRock Z77 Extreme6” »