« 2013年1月 | トップページ | 2013年4月 »

E17 LED電球と、横向きアダプターソケット RITEX DS17-10

 家によってはリビングや廊下にダウンライトを使ってるところがあります。物によりますけど、古い家なら大抵クリプトンライトで、しかも横向きに取り付けて反射板で下方面を照らすような。電球型蛍光灯やLED電球が普及してきた現在では、いかに雰囲気がよくても熱もあるし消費電力も使うクリプトンライトをずっと、しかもたくさん使うのはあまりいいとは言えません。そんなわけでE17(小口径の電球のソケット)対応のLED電球もメーカーの尽力により進化してきました。LEDは直進性の高いものなので、大まかに言えば多数のLEDを角度を変えて内蔵するか、外側のグローブ部分を工夫して光を上手く拡散させるかです。で、今回見つけたタイプは後者でした。まあ小径電球の場合、サイズを縮めるにはどうしても拡散の工夫に寄る訳ですが。

 「東芝E-CORE LDA6L-G-E17/S」
 グローブが今までのと違い、横から見て台形になってます。この上面の内部に波紋形プリズムというものを作り、全体的に広がるようにしてるのだそうです。形状からわかると思いますが、広がりは180°に限定されてますので、反射板無しで横を照らすのは不向きでしょうね。前向きにすると今までのよりもソフトな広がりが期待できます。具体的には、照明器具のフラッドランプの代わりにちょうど良さそうだなと。

 これを見つけたのは家電Watchの記事なんですが、実はその記事にこれよりもっと目を引くものがありました。それが、先のダウンライトなどで使う横向きのアダプター「E17 LED電球専用 可変式ソケット(DS17-10)」でした。まさかこんなものが出ていようとは。あ、価格はAmazon等のほうがずっと安いので注意。

続きを読む "E17 LED電球と、横向きアダプターソケット RITEX DS17-10"

| | コメント (3) | トラックバック (0)

新PCに変わって一週間(以上)使ってみて。

 使い始めて一週間しての感想を上げようと思ったのですが、いろいろ書いてたら一週間越えました。少し風邪気味でさっさと寝たり夜中に起きてゲームしたりしてるせいもあります(ダメダメでしょ)。

 ともあれSycom製BTOパソコン“SilentMaster Z77”通称サイレン77の簡単な感想です。

 とにもかくにも起動が速い。
 店のPCでウィンドウズマークが出てる時間よりずっと短く、メインスイッチ押してから十秒ほどでパスワード画面まで出てきます。ここ訂正。最初はどうか忘れましたが、今はBIOSの更新履歴などの画面が出るまで20秒(これは多分変わらないはずなので、感覚的に十秒くらいと勘違いした)、パスワード入力が出るまででさらに27秒でした。これでも以前のXP on HDDより倍以上速いんですが。
 SSDのせいもあるんでしょうが、OS自体も細かいバージョンアップを重ねているHDD入りのXPより、入れて間もないWindows 7は起動時に読み込む設定が少ないのかも。次にパスワード入れてからの本格的な起動後もかなり素早いです。起動時にはRamdisk上に入れたFirefoxやHDD上のEdmaxなどいくつかのソフトを自動で起動するようにしてますけど、あっと言う間にウィンドウが開いていきます。これは単純にCPUパワーかもしれません。他のソフトの起動も、おおよそ数倍の速さであっと言う間です。

 次に親指シフトキーボードやIMEであるJapanistなどマン-マシン・インターフェイスが、XP時代と同様に普通に動くこと。
 ドライバ入れるのは少し大変でしたが、まあレジストリいじるほどのこともなく。Firefoxなどで時々IMEが効かなくなることがありますが、これは前もあったのでWindows 7に限ったことでもなし。ちなみにロジクールの無線レーザーマウスMX-1000も、USB→PS/2アダプタを外してそのままUSBに付けたらちゃんと動作しました。Setopointもインストールし、無事に動作。不思議なのは、二年くらい悩まされた左クリックボタンのチャタリングが消えたこと。あれはもしやWindows XPのせいだったのか、それともWindows 7になってマウスドライバがマシになって補正されるようになったのかまでは不明。逆にチャタリング対策の一環で左右のボタンの役割入れ換えてたんですが、これで入れ換えてもリセット後にはなぜか左右が元通りに。まあチャタリングもなくなったのでもうノーマルで運用してますけど。Windows 8入れたらどうなるかも不明。

 とにかく静か。これは確か。
 前にも書いたように、前面ケースファンが少しうなってるくらいで、CPUファンや背面ケースファンはほんとに気になりません。前面ケースファンはいずれなんとかせねば……。それもまあ音楽流したり、TVなどがついてるとさほど気になりませんしね。もっともグラボは付けてないし、3D動作とか重い仕事させたらどうなるかは不明。

 次に消費電力がぐっと下がりました。
 エアコンとか、数年前から低消費が当たり前になり、十年以上前のものと比べると半分以下というのはよく聞きますが、パソコンも10年以上舞えのと比べると低消費はんぱないです。

続きを読む "新PCに変わって一週間(以上)使ってみて。"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

マザーボード“ASRock Z77 Extreme6”

 今回は新メインPC『(自称)サイレン77』の中身についてです。

 SycomのBTOパソコンの静音モデル「Silent-Master Z77」を購入したわけですが、これの標準マザーボードは実は“ASRock Z77 Extreme3”でした。ただ、1月21日までだったかのキャンペーンで“Z77 Extreme4”“Z77 Extreme6”が千円引きセールをしてましたので、選べる中ではそこそこハイスペックでローコストな“Z77 Extreme6”に変更しました。店のPCがASUSなのでそちらにしようかと思ったのですが、ここで選べるASUSのマザーはハイエンドではなく少し下のレベル。それならも少し安いわりに同程度のハイスペックな“Z77 Extreme6”のほうが良さそうだったので、初めてのASRockマザーにしたわけです。

続きを読む "マザーボード“ASRock Z77 Extreme6”"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

Magnetized SilverStone 120mm fan filter SST-FF122

 今回の品は、シルバーストーンから出ている、12cm用ファンフィルターです。型番は“SST-FF122B”Pict9447_r5Amazonでは現在491円

本体はプラスチックですが、マグネタイズドの名の通り、背面に磁石が数個付いていてスチール製のフレームならそのままくっつきます。ファンと同位置の四隅にネジ穴もありますので、ファンの前後にネジで止めることも可能なようです。その場合のイモネジも四つ付いてます。プラフレームの厚みは2mm。フレーム真ん中は普通の十字でなく、少し右回りの風車のような形の五本ラインです。

 なぜこれを買ったかといえば、新PCサイレン77の前面フィルターが心もとなかったからです。
 Silencio 650のフィルターは網の隙間が大きめで、大きめのホコリはともかく粉塵を防ぐには役に立ちません。実際フィルターだけの問題ではないけど、前回パネルを開けた時点で結構中にホコリが見受けられました。数時間使った時点でこうなってるのは、部屋にホコリが多いというのはもちろんのこと、本体に隙間がまだまだあるから。まあ細かいホールはあとでふさぐとして、元から空いてるフィルター部分はどうかというと、これまた網の目はそこそこの大きさなわけで。しかも前面ドアを閉めてたらあきらかに横と下の隙間からしか入らないので、前面フィルターは役に立たないのは明らか。当然ファンの前のどこかに粉塵フィルターを貼ろうと思っていたのでした。

 そしたらとあるレビュー記事にて、前面フィルターの大きさが、ケースファンにあってないという指摘が。
 なんですと?

続きを読む "Magnetized SilverStone 120mm fan filter SST-FF122"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

CoolerMaster “Silencio 650” その二。

 “Silencio 650”レビュー、第二部です。

 とにかく静かなケースですが、ファンの音は完全には消せません。ただ完全無音にしたいひとは、逆にこういうケースはやめたほうがいいでしょう。あくまでケースファンで内部の風の流れを作らないといけないケースです。ファンレスで構成するなら逆に天版とかサイドパネルに穴が開いてて、自然に排気しやすいケースでないと熱がこもるでしょうし。マザーボードの後部を上に向けて立てる倒立型ってケースだと、自然に排気されやすいとも聞きます。

 あと簡易水冷クーラーとか最近はずいぶん安くなってるようで、Sycomにも水冷クーラー仕様のBTOがありました。ただこのケースの場合は天版の隙間とか少し狭いので、あまり大きなラジエーターやファン付きの水冷クーラーは付けづらいようですので、要確認。

 では、前回の続きを。

続きを読む "CoolerMaster “Silencio 650” その二。"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2013年1月 | トップページ | 2013年4月 »