« 2013年の新PCでOSは何を使うべきか。Windows7 or 8 or XP? | トップページ | 掃除機はカミぱっく。『MC-PA22G』 »

決め手はインターフェイスでした。

 我が家の次期OSは、Windows® 7 Professional 64bit SP1 DSP版 にとりあえず決定しました。

 どうせ変わるし値段も安いから8でいいやと思っていたのですが、ひとつ忘れてました。それはマン・マシン・インターフェイス。富士通の親指シフトキーボードと、IMEのJapanist 2003です。マウスはもうそろそろバッテリーもダメだし外側のラバーも剥がれまくってるので変えるとして、キーボードのことをうっかり忘れてたのです。

 うちの親指シフトキーボードはPS2接続で、型番はFMV-KB611というやつです(今は生産終了して後継が出てます)。これも今後の接続は大丈夫か?と不安にもなりますが、一応今度のマザーボードにPS2は一個あるので多分大丈夫。問題はJapanist 2003です。専用IMEとも言えるJapanist 2003は去年64bit対応版が出てたのは知っていたのですが、Windows 8での動作報告の確認をうっかり忘れてました。富士通専門店のアクセスのページによれば、なんと現在の親指シフトキーボードはWindows 8 での動作は全滅!まあJapanist 2003がWindows 7までしか対応してないのですから、おそらくそのせいとは思いますが。

 では実際に人柱になったユーザーさんたちはどうかというと、これも一応使えはするけど不具合連発といった報告ばかりです。設定等でいくらか回避されてる人もいますが、いくつかの要因はOS側にあるという噂もあり、これでは普通に使うのは難しいでしょう。中には前のJapanist 2002(もちろん32bit版)に戻すとまだ動くという人もいてたりして(それも完全動作かは分からない)。結局Windows 8のアップデートか富士通の対応を待つしかないようです。

 ぶっちゃけそこまで親指シフトキーボードでなければならないわけでもありません。なんとなれば、今現在私が打っているのはDELLのノートPCからですし、家でも親指シフトでなくロマかなで打ってますしね。ただキーの配列とか実行キーの慣れた打ち方が捨てがたいのです。ノートではしょっちゅう間違うキーもあったりして。またそのうち親指シフト覚え直したいという気持ちもありますし。

 そんなわけで冒頭の結論に至り、Windows® 7 Professional 64bit SP1 DSP版を注文したのですが……ここで最後の落とし穴が。

 よく見ると、キーボードFMV-KB611がWindows 7に対応してねぇっ! Vistaまでは32bitまではぎりぎり対応してるものの、7以降は全滅です。後継機FMV-KB613が出たのは、もしかしなくてもそのためかっ。トホホ道、ここに極まれり。orz

 あー、予算考えると買い換えはしばらく無理。となると手持ちの安物USBキーボードでお茶を濁すしかないですなぁ。しかもこれがダメってことは、店のPCもダメってことだよ……と落ち込んでいたのですが、一応調べてみると一般ユーザーから動いてるという動作報告もあり。どっちなんだ、富士通にオアシスよ(笑)。これは来てから実際に試すしかないってことね。しかしキーボード変えるくらいならはなからWindows 8でもいい話なので、まともに動くことを切に願います。

 あ、一応安いうちにWindows 8もアップグレード試してみるつもりです。認証してもどうせWindows 7に戻すでしょうけど。今月中に認証してないとMedia Center Pack無料で入れられないんですよね。PCと同時購入ではありませんが、一応購入したTSUKUMOのページによればDSP版セットでも1,200円のダウンロード版キャンペーンは通りそうなので、それでアップグレード、その後Media Center Packを入れるという流れになりますか。

|

« 2013年の新PCでOSは何を使うべきか。Windows7 or 8 or XP? | トップページ | 掃除機はカミぱっく。『MC-PA22G』 »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 決め手はインターフェイスでした。:

« 2013年の新PCでOSは何を使うべきか。Windows7 or 8 or XP? | トップページ | 掃除機はカミぱっく。『MC-PA22G』 »