« 2012年12月 | トップページ | 2013年2月 »

CoolerMaster “Silencio 650” その一。

 サイコムからやってきた、新メインPC(自称)サイレン77のケースは、CoolerMasterの静音系ケース“ Silencio 650”

 CoolerMasterはその名の通りよく冷えるケースで有名なメーカーで、ほとんどのケースは前面がメッシュだったり、天井や側面に大きな空気穴があって大きなグラボやCPUをよく冷やすものですが、これは珍しく静音系。その中でも窒息系と呼ばれる隙間の少ないケースです。
 先に“Silencio 450”“Silencio 550”というケースが発売され、その後継というか最新のアップグレード版がこの650ということらしいです。550と650の違いについては、こちらのブログ記事などで比較されてます。
 補足として、上の記事は発売前のもので、ケースのリンク先が英語ページになってたりしますし、650の標準付属ファンは三つです。あと2.5インチシャドーベイが二つ増えてるとありますけど、シャドーベイ自体は3.5インチ対応のもので、3.5インチと2.5インチドライブ共用の、ネジで付けられるスライドケースが二個分あるという意味です。排他使用なので、二個の3.5インチのドライブの代わりに2.5インチドライブを二個付けられるわけです。

 詳しいレビューは以下に。

続きを読む "CoolerMaster “Silencio 650” その一。"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ASRock XFast RAMは簡単便利だけど……。

 “ASRock XFast RAM”を試してみました。
 デスクトップにある“ASRock Extreme Tuner”をクリック。これはASRockのマザーボード専用の統合ソフトで、マザーやCPUの状態、ファンコントロール、オーバークロックの設定、IES(インテリジェンス・エナジー・セイバー。節電機能設定)、そしてXFast RAMが選べます。このXFast RAMがASRock専用のRamdiskというわけです。

 設定はわりと簡単。Drive LetterとDisk Sizeを決定し、オプションでキャッシュ等を置くかどうか決めるだけ。決めたら右下のSTARTを押せば設定終了。Ramdisk自体はすぐにリムーバブルディスクとして認識されますが、キャッシュ等の設定が効くのは再起動したあとのようです。あと、やってませんけど一応Backup XFast RAMというところにチェックすれば、電源が切れてもHDDにバックアップされるのかな。設定の内容についての説明が何もないのではっきりしませんが。


続きを読む "ASRock XFast RAMは簡単便利だけど……。"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

新PC 番外編 「電気羊はラムドライヴの夢を見るか見ないか」

 まだまだ新メインPC「Sycom SilentMaster Z77(面倒なので、以下サイレン77と呼称する)」の環境設定が固まらない今日この頃です。みなさん、いかがお過ごしですか。
 今日は、ちょっとブルジョアジーな楽しみに浸ることといたしましょう。まあ完全なるブルジョアジーな環境でもありませんが……。

 サイレン77には16GBというこれまでにないメモリーを積みました。Windows 8でも、普段使う分にはそれほど要らないはずな容量です。もちろんWindows 7でも、今のところ通常4GB前後しか使ってません(グラフィックもチップ内蔵を使ってるので、その分メインメモリから引かれてるはず)。そんなわけで有り余るこの才能……もとい材料を使って、Ramdiskを作ってみたいと思います。
 今回使うのは前にノートPCに使った“Gavotte Ramdisk”ではなく、“SoftPerfect RAM Disk”です。同じフリーソフトですが、今回こちらを選んだのは、64bit OSなので認識外のメモリがないのと、先のものとは違い電源が落ちても保存される(つまりは自動バックアップ)Ramdiskが作れることからです。

続きを読む "新PC 番外編 「電気羊はラムドライヴの夢を見るか見ないか」"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

BTOパソコン、サイコムより来(きた)る。

 とうとうやってきました、我が家の新メインPC(え、サブはって? PS Vitaですよ)。

 各店舗の新年セールをめぐって、結局@Sycom(サイコム)というお店のBTOパソコンで決めました。決め手はいろいろありますが、好みのケースやマザーボードが選べたのと、全部入りにすると割合高めですがOSとかは他で用意してもいいかなと思いまして。

 一月十一日の早朝に注文、昼間にクレジットカード支払い完了。到着したのは十八日。土日祝日除いて七日間以内に出荷を約束しますという文句通りにやってきました。デカイ!重い! というわけで三階の自室まで上げるのに一苦労でした。
 中身も大きいとおもったけど、開けてみると本体はHITACHIのFLORA440と比べても一回り大きいくらいで、さほどの違いはなかったです。同じミドルタワーなんだから、そりゃそうか。若干ながら大きいので、中は広めで手は突っ込みやすいかも。でも真ん中の3.5インチシャドーベイを使うなら大きいビデオカードは入れられません(ベイを外して搭載もできますが、すでにHDD入れてるんで)。ギリギリ入るものもあるでしょうが、買うならちゃんと計っておいた方が無難かな。

 では、注文内容などは以下に。

続きを読む "BTOパソコン、サイコムより来(きた)る。"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

DELL、2,560×1,440ドットの27インチモニタ「U2713H」発売。

 DELLのデジタルハイエンドシリーズ久しぶりの登場は、2,560×1,440ドットの、いわゆるWQHD表示ができる27インチモニタ『U2713H』。AdobeRGBにも99%対応、sRGBは100パーセント対応です。もちろんIPS液晶。いやー、いいですねぇ。

AV Watch デル、69,980円の2,560×1,440/27型ディスプレイ

 写真だとはっきりは見えませんが、メインスイッチはメカニカルだけど、他のスイッチはU2410と同じ静電スイッチかな。認識度に当たり外れがあるので、購入時は注意。うちにきたU2410は、最初のは誤動作というか認識しないことがありましたが、あとのは全く問題なしでした。でもスイッチだけの問題で交換できるかは不明。

 次に買うならこれかな……あれ?でもDELLから27インチモニタ、去年も出てなかったっけ……と調べてみたら、去年出たのはU2713MHだそうです。値段が二万円も違うのだけど、一応IPSだしWQHDも同じ。色空間はsRGBに99%対応……他に何が違うのだ……パネルや部品の違いで、AdobeRGBまで表示する色空間が広がった、そんな感じでしょうか。色表示関連以外の機能は、特に違いはなさそうです。

 U2713MHとU2713Hの比較はこちらのページからどうぞ。ついでにU2410も入れときました。しかしDELLの場合、比較するって金額しかわからんな。結局別々に詳細をタブ表示して見るしかないか。機能詳細はこちらのページで(U2713MHU2713H)。

 まあDELLのことだから、これもキャンペーンなどでいずれは値引きされるでしょう。二三年したら、買い時になるかなー。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

掃除機はカミぱっく。『MC-PA22G』

 うちにある掃除機は、大学を卒業したころに私が買ったHITACHI製品。二十数年経ちますが、もとより中くらいの機種でパワーは普通、特に変わったギミックもない、何の変哲もない紙パック式の掃除機で、うちの母はあまり吸わないと最近は殆ど使ってません。大分排気も臭くなってますし(これはまあ安価な紙パックばかり使ってたせいもあろうか)。
 では母はどうやって掃除していたかといえば、マキタの充電するハンディタイプの掃除機を数年前に買って使ってました。サイズが違うので無論力も弱めですが、軽いのがよかったそうです。臭いもさほどついてませんし。ただしこれは先日ついに壊れてしまいました。充電池が駄目になってきたのかすぐ切れるようになってたのを、親父が開けてみた結果充電池がまともに充電されなくなり、動かなくなったのです。

 そういうわけで、掃除機をそのうち買わねばと思っていたところ、それを加速させる出来事が。

 あまり人に話す内容でもありませんので、あとは一応本文で。
 結論から言うと、タイトルの掃除機、Panasonicの『MC-PA22G』を買いまして、昨日(私が)バリバリ使って今朝は腕が少し筋肉痛です。

続きを読む "掃除機はカミぱっく。『MC-PA22G』"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

決め手はインターフェイスでした。

 我が家の次期OSは、Windows® 7 Professional 64bit SP1 DSP版 にとりあえず決定しました。

 どうせ変わるし値段も安いから8でいいやと思っていたのですが、ひとつ忘れてました。それはマン・マシン・インターフェイス。富士通の親指シフトキーボードと、IMEのJapanist 2003です。マウスはもうそろそろバッテリーもダメだし外側のラバーも剥がれまくってるので変えるとして、キーボードのことをうっかり忘れてたのです。

続きを読む "決め手はインターフェイスでした。"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年の新PCでOSは何を使うべきか。Windows7 or 8 or XP?

 実は年始についにパソコンを新調する事にしました。きっかけはWindows8のアップグレード版が一月末まで安いことと、年始セールがあったことと、うちのPCの調子が悪いこと。はたまた円安進行中で、消費税もアップするのが決まってること等々。ぶっちゃけもう本体は発注してるんですが、OSで悩んでBTOでそこだけ外して注文しました。サイコムというところで注文したのですが、OSは他に安いところがあったんですよね。他パーツも流用できそうなものとか安いところがあるものは外して。

 そんなこんなで悩んで、とりあえず本体だけ注文した次第。色々抑えつつ、基本はハイスペックにして、九万ぎりぎりでチョイス。ただし後三万くらい他で買う必要があるので、結果的に十二万以上の予算いっぱい使う予定。なお当分はグラボは無しでCPU内蔵GPUを使います。重いゲームやる予定もまだないし、とりあえずHD動画再生は問題なかろうし。

続きを読む "2013年の新PCでOSは何を使うべきか。Windows7 or 8 or XP?"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

新たなヴァーチャルサラウンド。『DTS Headphone:X』

 DTSが新しい方式のヘッドフォン用ヴァーチャルサラウンド技術を開発したそうです。
 その名も『DTS Headphone:X』

 AV Watchの記事によれば使用するヘッドフォン自体は普通の2ch用ですが、『DTS Headphone:X』では最大11.1chに対応してるとか。イベントでは実際にスピーカーで11.1chのサラウンドを聴いた後にその場でヘッドフォン着用、『DTS Headphone:X』で聴いたものはそん色ない出来で、今までのサラウンド方式では味わえなかったものだったそうです。データ自体はDTS-HDから取り出すとのことで、既存のHD音源があればソフトの対応は問題なし。ハードも半分対応してるようなものかも。

 DTSはドルビーよりも後発ですが、音色とか迫力とかことごとく上を行ってるので、今回も期待大ですね。いずれかのメーカーには、ぜひとも早々に対応したプロセッサーとワイヤレスヘッドフォンを出してほしいものです。もちろんHDMI付きで。

 ただ、SONYはデータではDTSには対応してるけど、サラウンド技術は自前の物を使ってるので難しい。他はサラウンド技術にドルビーヘッドフォン使用が殆どなので、よほどのことが無いとさらに新技術入れるか微妙(コストがあがりますし)。ドルビーヘッドフォン止めてこちらに鞍替えという手もあるでしょうが、ドルビーのHDデータをこちらに使えるかわからないので、ただ入れ替えるだけってわけにもいかないかも。

 現在HDオーディオ対応はSONYだけなので、他のメーカーがHD対応機器を心機一転開発するのにこの技術を売りにしてくれることを願います。希望としてはパイオニアに頑張ってほしいところですが……さて。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年、明けましておめでとうございます。

 新年明けましておめでとうございます。
 って、2時過ぎてますけど。

 年越しゲームやってました。PS3の『機動戦士ガンダム バトルオペレーション』。MSや武器、カスタムパーツなどでなんやかやと課金してまして、結果普通のゲーム分は支払いしました。ゲーセンのゲームにはまる程度には課金してるか……課金はほどほどに。

 初っぱなから今年を暗示するようなことしてますが、今年も無事に過ごせますよう祈りましょう。みなさま、今年もよろしくお願いいたします。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2012年12月 | トップページ | 2013年2月 »