« 2012年10月 | トップページ | 2013年1月 »

今年もおわり。また明日。

 大晦日、みなさまいかがお過ごしでしょうか。もうすぐ除夜の鐘ですね。

 今年は大掃除も中途半端で、ガスレンジ周りと窓と玄関ドアくらいしかしてません。自室なんて全く無し。年々めんどくさがりになっていく気もしますが、年末に時間とれなかったり、寒いのがいけないのよ。

 ここの更新も随分止まってたりして、書きかけ記事もちらほら……一ヶ月も経つと今更上げられなくなるんだよなぁ。いかんですねハイ。

 ともあれ、今年もお世話になった方々、どうもありがとうございました。
 あと30分くらいですが、良いお年を。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

『GAIKING』がハリウッドで実写映画になるかもしれない。

 東映アニメーションがかつて作ったTVアニメ『大空魔竜ガイキング』を、米ハリウッドで実写映画にする企画が開始されたそうです。米側のプロデュースはゲイル・アン・ハード率いるヴァルハラ・エンタテインメント。ゾンビもので大ヒット中のTVドラマ『ウォーキング・デッド』で知られていますし、ゲイル本人は映画『ターミネーター』や『アルマゲドン』のプロデューサーとしても有名です。
 記事の写真は以前、2010年に東映アニメが作って公開したCG製作のパイロットムービーのもので、おそらく今回の企画とはまた別ですが(製作者の記事)、多分こんな感じのごちゃごちゃディティールのあるロボットになるんでしょうね。

 東映アニメのプレスリリースはこちらに

>ゲイル・アン・ハードは、「『ガイキング』に携われることを非常に嬉しく思います。これは、日本屈指のコンテンツを世界中の観客に披露できる、とても大きな一歩になります。」とのメッセージを寄せています。

 まあこれから開始する企画の初っ端としてもえらく持ち上げてるのに驚き、ガイキングって米でそんなにネームバリュー高かったかなと不思議でした。調べてみると、米の一部ではTV放映してたんですね。『ロボテック』と同様にいくつかのアニメと一括でシリーズとして(もっともロボテックほど設定ガン無視でミキシングはされてないようですが)。そういえば東映はマーベル・コミックと提携したり、グループ全体で米への売り込みなど昔から積極的だったんでしょうかね。屈指のコンテンツというのも、ロボットアニメというジャンルでとらえれば納得できますし。

 物語はそのまま使うわけもないですが、せめて敵は謎の侵略者、侵略理由は移民(続編考えるなら理由は主人公側にはばれなくても可)、立ち向かうは多国籍チーム、母艦は大空魔竜、主人公はガイキングに乗る、これくらいは変えないで欲しいです。東映アニメが数年前にリメイクした『ガイキング The Legend of Daiku-Maryu』でもそこは同じでした。

続きを読む "『GAIKING』がハリウッドで実写映画になるかもしれない。"

| | コメント (6) | トラックバック (0)

Vostro1000にRAM Disk設定

 ご無沙汰しております。最近ゲームとか読書とか、PCで特に書くこともなく過ごしておりました。いや『エヴァンゲリヲン新劇場版:Q』とか観に行ってはきたんですけどね、なんかわざわざ書くほどモチベーションが起らなかったというか。『破』ほどの感動はなかったかな。

 というわけで、今回はRAM Diskです。PCのメモリの一部領域を疑似ドライブにしてHDDのように活用するというものです。メモリはディスクドライブと比べ物にならない速度を持つので、キャッシュなどの置き場にすると圧倒的に体感速度が違います。
 随分昔からある手ですが、なにせ昔から容量的にメモリと言えばHDDよりずっとコストが高い。余程の於大臣でなければ、つまり余裕あるメモリを購入できる人でなければそうそう使えるもんじゃありません。なのに結構知られてるのは、OSとメモリの関係に問題が出るからです。

 OSの終末間際になると、OSが認識して扱えるメモリ容量よりも実際に搭載されるメモリが大体超えるようになります。ハードの積めるメモリの最大容量が大きくなり、なおかつメモリが安くなるからです。すると、OSが扱えないメモリ容量を持つPCも増えます。物理的に積んでも使えないのではもったいない。何かに使えないか、というときにOSの認識外の分をRAM Diskにあてると無駄なく使えます(もちろん認識内の分をRAM Diskにすることもできます)。もっとも昨今の64bit OSになってからは認識できる容量がかなり大きくなったため、物理的に超えるPCはまずありません。64bit OS使用時だと、認識内メモリから割り振ることになります。

 今でも使ってる人の多いWindows XP 32bit版の場合は約3GBの壁があり、それ以上のメモリを積んでも余った分は認識されません。うちのVostro1000はそのOSを積んでいるので、物理的に4GBまで積んでも認識されない分を今回RAM Diskに使うことにしたわけです。

続きを読む "Vostro1000にRAM Disk設定"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2012年10月 | トップページ | 2013年1月 »