« ピースコンヤング88とジョイントバルブ | トップページ | DigiFi No.7とHiVi 9月号の付録でUSB DAC付デジタルアンプ試聴(するつもり)。 »

WR9500Nが無線LAN中継機にバージョンアップ。

 現在使っているNECの無線ルータWR9500N、知らない間にファームウェアが上がってました。現在のファームウェアはVer1.0.14(2012/07/12)。これまでのものはVer1.0.6(2012/01/12) でした。既に二カ月くらい前に上がっていたとはうかつだった……。

 今回の目玉は無線LAN中継機能です。リンク先が詳しいですが、親機→子機ときてふつうは子機に有線でPCをつなぐところを、その子機からさらに無線を飛ばしPCと無線LANでつなげるというもの。単純に考えて子機につながるものが増える以外に、さらに遠くまで壁などを越えて無線LANがつながるわけです。まあリンク先見ると、さらに遠くに子機が置けるかどうかが不明なので、正式な中継機に使えるかどうかはわからないのですが(親機→子機(中継)→子機→PCなど)。価格ドットコムなどでも三機編成はまだ実用例がないなぁ。

 まあ、いかな現行機ハイエンド(NECルータ機内)とはいえ、2.4GHz帯はまだ300Mbps。またもうすぐさらに速い新規格も出回ろうというタイミング(一応余所はもう試作機的なものを出してますが子機がなぁ)なので、少しでも長生きできる要素はユーザーとしてはうれしいところです。

 無線LAN中継機能はこれまでにもいくつかあったようですが、現行機ではバッファローくらいでしょうか、商品として出回っているのは。NECだと以前使っていたこれもハイエンド機WR7800Sについてましたが、結局使う機会はありませんでした。まあ当時の速度は今の半分以下で鉄骨のうちではまず使い物にならなかったので、二つ買うコストを考えると実用的ではありませんでしたし。

 今回のWR9500Nは親機→子機間は5GHz帯でつなぐそうで、そこでまず障害物がさほどないところでないと使いにくそうです(5GHz帯は障害物に弱い)。子機からあとは2.4GHz帯なのでそこそこ遠くまでいきそうですが。うちだと子機は三階から二階にいたる階段の踊り場あたり、もうひとつ子機が置けるならそれを階段を下りた一階玄関あたりにすれば、なんとか一階居間までつながりそうですが。問題は古い家なので階段まわりにコンセントがないことかなぁ……。店のほうだと隣の店か隣との境目あたりに子機を置けば少しでも遠くなって、隣の店の二階でもまともにつながるようになる可能性はあるかなぁ。

|

« ピースコンヤング88とジョイントバルブ | トップページ | DigiFi No.7とHiVi 9月号の付録でUSB DAC付デジタルアンプ試聴(するつもり)。 »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: WR9500Nが無線LAN中継機にバージョンアップ。:

« ピースコンヤング88とジョイントバルブ | トップページ | DigiFi No.7とHiVi 9月号の付録でUSB DAC付デジタルアンプ試聴(するつもり)。 »