« WR9500Nが無線LAN中継機にバージョンアップ。 | トップページ | OlasonicのUSB DAC付デジタルアンプを試聴してみた。 »

DigiFi No.7とHiVi 9月号の付録でUSB DAC付デジタルアンプ試聴(するつもり)。

 先々月あたりだったかネットで見かけたのが、今度出る雑誌DigiFiのNo.7にUSB接続のDAC付きデジタルアンプが付録としてついてくるというものでした。USB DACとか興味はあったけれど買うには踏ん切りがつかなかったので(むしろヘッドフォンアンプが欲しい)、ちょうどいいきっかけかと思い購入してみることに。ちなみにStereo Sound ONLINEに紹介記事がありました。製作は卵型スピーカーでおなじみのOlasonic。卵型スピーカーではUSBバスパワーの電源だけで10w×2のスピーカーを鳴らすということをしてたので、その基盤の流れをくむものらしいです。
 雑誌付きで2,980円というと高いといえば高いけど、デジタルアンプそのものと思えば結構安い。Amazonで買おうかと思ったらそうそうに売り切れて、危うく予約とりそこねるところでした(しばらくして一時的に復活したのですかさずゲット)。先日ちょうど届きました。
 ところでこの付録。基板そのままなので、普通に使うつもりならカバーなんとかせにゃなぁ……使ってるときにホコリとかでショートした日にはシャレにならん……。

 もう一つのHiViの付録は、同様に音楽向けに使う結構高額なUSB2.0のケーブルのサンプル(20cmサイズ)が付録としてついてくるというもの。Zonotoneという日本のメーカーのケーブルで作りはなかなかのもの。まるで示し合わせたように……ではなく実際に合わせたんでしょうかね。上に同じくStereo Sound ONLINEで関連記事あり
 正直アンプは音が鳴るか鳴らないかなのでいいとして、ケーブルの違いなどわかるものかどうか(私が)。うちのPCはそもそもUSB2.0はコンボカードで出してるくらいでこういうオーディオマニア的な考えだと明らかに不利なわけで、もとから使う意味がないかも……と思いつつ、まあこれだけ短いケーブルを使うというのもおもしろかろうと、購入。こっちは予約し損ねたので、実店舗で最後の一冊をなんとかゲット。これZonotoneの市販しているケーブルと外皮以外はほぼ同じものなんだそうですが、なんとオリジナルは0.6mで定価11,000円。付録は20cmと1/3なので単純に割ればそもそも3,700円くらいなのか……なんというコストパフォーマンス(いやまだ高いけどさ)。

 そんなわけでそろったわけですが、カバー以外にもまだ問題が。鳴らすスピーカーの用意(笑)。このデジタルアンプ、出力がスピーカー端子のみ。つまり今使ってるタイムドメインのミニスピーカーとかミニジャック接続のスピーカーなどは使えません。ちゃんとしたスピーカーケーブルが直に付くようなスピーカーが必要なわけです。まあこれは家に使ってないJBLのControll1なんてスピーカーや拾ってきたスピーカーなどもあるのでそれを試すとして、まだ残ってる問題は……。

 スピーカーケーブルがない!

 で、近所のヤマダやコジマに行ったら、もう切り売りのスピーカーケーブル置いてないという……あとはケーズ電機か。一応そこでよさそうなのがなくても近場のHARD-OFFには何故か切り売りのケーブル置いてあったので、そちらで買うことにしましょう……。

 いけね、試聴と書いたのに、試聴してませんでした。ケーブル買ったら、また次回。

|

« WR9500Nが無線LAN中継機にバージョンアップ。 | トップページ | OlasonicのUSB DAC付デジタルアンプを試聴してみた。 »

コメント

 バスパワー駆動とは、おもしろそうな品ですねぇ。興味あるけど、もう店頭には無いんだろうなあ……。
 小型スピーカー用となると、トーン調整が欲しい──低音を持ち上げたいところです。それは贅沢としても、これ音量調整をどうやるんでしょう?写真だと、それらしい“つまみ”等が分かりませんが……。

投稿: 翡翠 | 2012/09/03 23:36

 翡翠さん、おひさです。

 この本体にはボリュームコントロールは付いてません。ボリュームはPCのシステムで調節します。Windowsだとタスクトレイにあるスピーカーアイコン「音量」ってやつですね。
 次の記事にありますけど、「オプション」の「プロパティ」を開いて、「ミキサーデバイス」を“USB Audio DAC”に変更するとボリュームを変えられるようになります。

 ボリュームコントロールはリアルに手元にあったほうがさっと使えて便利ではありますが、このハードの場合、PCによっては裏側の手の届きにくいところに置いたりすることもあるだろうから(できるだけ短いUSBケーブル使ったり、スピーカーケーブルをつなぐことから裏側に置いたほうが邪魔にならない)、そういう点では基盤にコントロール付いてなくてもいいかなとは思います。

 ノートPCにつなぐ場合はすぐ手の届くところになるから、リアルに付いてるほうが便利でしょうけど。まあ無くてもなんとかなります。

投稿: やずみ | 2012/09/04 13:38

>  この本体にはボリュームコントロールは付いてません。ボリュームはPCのシステムで調節します。Windowsだとタスクトレイにあるスピーカーアイコン「音量」ってやつですね。

 やはりそうですか……。ソフトウェア音量調整すると、「ビットパーフェクト」が損なわれそうで……。44.1KHzのPCMが、48KHzにリサンプリングされたり……。

バイナリを一致させてみよう ThemeSpatiality 3D ? PCオーディオガイド
http://www.spatiality.jp/pcaudio-research/pcaudio-basis/whats-transport-dac/bit-perfect

 わたしも(?)WinXP且つ非ASIOだけど、ONKYOカードのS/PDIF出力をPCM固定すると、音源に応じ44.1・48・96・192KHzの何れかで出力されるので……。

投稿: 翡翠 | 2012/09/05 00:06

 ビットパーフェクトという言葉は聞いたことはあったけど、音楽的な意味は寡聞にして知らず。なるほどなぁ。

 ちなみに対応ビットレートと周波数は16bit/48kHzまでだそうです。リサンプリングするかどうかは……?

投稿: やずみ | 2012/09/05 01:24

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: DigiFi No.7とHiVi 9月号の付録でUSB DAC付デジタルアンプ試聴(するつもり)。:

« WR9500Nが無線LAN中継機にバージョンアップ。 | トップページ | OlasonicのUSB DAC付デジタルアンプを試聴してみた。 »