« nasneが来た! | トップページ | WR9500Nが無線LAN中継機にバージョンアップ。 »

ピースコンヤング88とジョイントバルブ

 ピースコンというのは、かつて日本のエアーブラシの先駆者であり代名詞であったオリンポスというメーカーが出していたエアーブラシの一シリーズ名です。エアーブラシは空気を送って細かな霧状にした絵の具を噴霧する機械のことです。いわゆる塗料のスプレー缶との違いは、自分で調合した色や缶スプレーにはない色を噴霧できる、細かな調節を利かせて色をつけたりグラデーションなど作ることが出来るなど。筆塗りでは不可能なことができます。

 今では模型などの塗装用か塗装のプロが使うものというイメージが強いですけど、かつては絵画のための道具として登場しました。もっとも絵を描く道具としては結構高価であり、使いこなすにはそれなりの技術が必要とあって、さほど一般的ともいえないものでしたが。私が子供の頃はエアーブラシを使うのは憧れでしたね。ただオリンポスのエアーブラシ本体だけでも安いので二三万、空気を送るコンプレッサーとなると最低五万円くらいかかりました。無論まだ模型の塗装に使うのも一般的ではありませんでしたが、いつかは使いたいと思ってたものです。そんなおり、親父が見本市に行ったときに景品としてもらってきたのが、このピースコンヤング88なのです(以下ヤング88と呼称)。

Pict9128_r5


 ヤング88はシリーズ中でも簡易タイプと呼ばれるもので、特徴はシングルアクション(エアーを出すのと塗料を出す二つのことを、ボタン一つの押し込みで一度にすること。逆に細かな調節はしにくい)とエアブラシをエアー缶(ガスを入れた缶)に直接くっつけて使えるところです。そう、入手したこのタイプはエアー缶を使うのが前提のセットなのでした。その分コンパクトで安上がりなセットでしたが(うちのを見ると5,900円とあります。もちろん消費税などありません。当時としては画期的な安さでした)、エアー缶自体のコストはそれなりに高く結局学生には使いづらいもので、まともに使ったことは殆どありません。

Pict9127_r5_2


 しかしまあ最近プラモをまた買ったため、今度こそ使おうかと思い、引っ張りだしてきたのです。入手したのが三十年くらい前のもので、前に出してから十数年か二十年ぶりくらいです。ポリのパッケージは紫外線で黄色く変色しボロボロ、端っこがパリパリに割れてます。エアー缶も多少錆びもきてますが、中身、まだ残ってます(笑)。フロン入りですが。

 で、使うに当たってまず考えたのが、今売っているエアー缶が使えるのかの確認。そこでいろいろネット検索して調べました。結論から言うと、今あるエアー缶でも全く問題なく使えます。写真のようにヤング88の端はネジこみ式になっていて、エアー缶側のネジとぴったりあいます。で、そもそも日本の今あるエアーブラシの殆どは同じ会社が作っていて、その会社がオリンポスのエアーブラシを作っていた会社だそうなのです。ですからその派生である今のエアーブラシの道具やパーツはほぼ同一規格が残っているようです。
 探してみると、比較的値段の安い(amazonで割引のある)エアー缶は、Mr.カラーを出しているGSIクレオスのものでした。そんなわけで一番大きな「Mr.エアースーパー480」をポチっとな。480mlとヤング88付属の缶の倍弱ですね。ただその分大きく重いので、直につけての作業ではちょっと邪魔かも。

 さて検索してると今でもオリンポスのエアーブラシを売っているところが見つかりました。その名も『オリンポス エアーブラシ online shop』。随分前から見かけなくなってたとは思ってましたが、オリンポス社はつぶれてはいないけど社長もお歳でもはや廃業状態だそうで、オリンポスのエアーブラシに惚れ込んだこのサイトの社長が代わりにというか在庫販売をしているようです

Pict9129_r5


 でまあ、ここの商品などを見てるとこのヤング88に付けるパーツなども見つかったのですが、その中にジョイントバルブなるものがありました。一般のエアーブラシは空気取り入れ口はオスネジになってますが、ヤング88は缶に直付けなので缶側のオスネジに対してメスネジになってます。それをオスネジに変換するパーツがジョイントバルブ。これを使えばコンプレッサーなどとつなぐエアーホースを取り付けることができ、コンプレッサーの使用やエアー缶を手元から離しての取り付けもできるようになるのです。

 ところがこれが高い。この手のエアーブラシの標準である1/8(S)ネジに変換するものでも、なんと4,725円。ヤング88本体と殆ど変わらない値段になります。これはさすがに買えないなと思ってたところ、他の検索からエアテックスというブランドから出ているパーツがほぼ同じで使えるという話がありまして。どうもエアテックスというのはオリンポスの製品を作っていた同じ製作所が自前で売り出したブランドらしいのです。で、価格がなんと半額以下。問題はエアテックス自体がもはや止めてるようで、数年前からショップの在庫限りになってること。駄目もとで地元のDIYショップを見てみましたが、かつて置いてあったオリンポス系のエアーブラシなど影も形もなく、道具も殆どありませんでした(あるのはたっかい洗浄用具だけ)。ネットも全滅……と思っていたら、なんとamazonにジョイントバルブがありました。ただ一般的なS型でなく、もう一回り大きいL型への変換でしたが。それでもさらに見るとLS変換ネジもまだ在庫がありましたので、無くなる前にと結局二つとも購入。

Pict9133_36_r6_2


 で到着したのがこちら。右のピンの出ているほうがジョイントバルブ。根本が太いL型ネジです。左が変換ネジ。これをを付けると一般的なSネジになります。本体と合体させるとこんな感じに。根本が長くなりますが、これくらいなら許容範囲かと。あとはS型のエアーホースとコンプレッサー……なんですが、そこまで予算ないのでひとまずこれでお終い。

 あとエアー缶とホースでつなぐことも考えていたのですが、そちらはちょっと保留。うちにはGSIクレオスの簡易エアーブラシ「プロスプレーMk2」なるものもあって、そちらもエアー缶を使うのですが、これが缶とスプレーをエアーホースでつなぐものなんですね。だからあわよくばこのホースやエアー缶接続パーツを使って……と思ったのですが、なんとこれに付くエアーホースのコネクターはGSIクレオス独自の口径で、S型よりさらに細いPS型という太さらしいのです。エアーブラシ側もエアー缶接続パーツ側ももちろんPS型です。よってこのホース他を使おうとするともう一つS型からPS型への変換ネジを買って付けるかしかなく、そうでなければS型のホースとS型ネジを持つエアー缶接続パーツを買うかです。変換ネジは確かにあるのですが、またアダプタ入れるのかとか買っても細いエアーホースで逆にとり回しにくそうだとか考えてしまいます。一方のS型ホースはよく売ってるし、エアー缶につなぐS型ネジ接続パーツを買えば問題ない。一応メーカーのラインナップにはあるようなのですが、送料込みで二千円超え……。

 どうしたもんか……とまた探してたら、なんとタミヤのエアーブラシのパーツの中に、ちょうどカールホースとエアー缶用アタッチメントのセット「エアブラシホース用アタッチメント」というものがありました。見たことないんだけど、もしもエアー缶のネジが同じならこれ使えるんじゃ。エアーブラシのほうを見るとこちらもどうもS型コネクタみたいだし。ホース付きで考えるとamazonで1,680円ならまだ安い。

 うーむ……今月はもう買い物が多すぎて足出てるし。 タミヤのものなら今すぐ廃盤とかはなさそうなので、とりあえずエアー缶直結で使うかなー。

|

« nasneが来た! | トップページ | WR9500Nが無線LAN中継機にバージョンアップ。 »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ピースコンヤング88とジョイントバルブ:

« nasneが来た! | トップページ | WR9500Nが無線LAN中継機にバージョンアップ。 »