« 2012年6月 | トップページ | 2012年8月 »

DVD『怪人カリガリ博士』

 20世紀フォックスのリクエスト・ライブラリーというシリーズより発売されたDVD『怪人カリガリ博士』を購入しました。先のBD『処刑ライダー』と共に。到着したのは5月26日(笑)。本編106分で(映像は特にノイジーではありません)、特に特典は無し。チャプターも無し(まあネタバレに一直線ができないからいいか)。音声は英語2chだけ(音質はそれほど悪くない)、字幕も日本語だけ。映像はモノクロ。シネマスコープなので、横長です。

Pict9031_01r6


 原題は“The Cabinet of Caligari”。1962年の米映画。タイトルを見れば分かるように、あのドイツの映画『カリガリ博士』のリメイクというか翻案です(タイトルではオリジナルとの違いはDr.が付くか付かないか)。原作のアイデアをもとに全く違うお話として作られています。シナリオはあのロバート・ブロック。あの『サイコ』の原作者ですね。TV番組や映画のシナリオもいくらか手がけています。撮影はジョン・ラッセル。彼はヒッチコックの『サイコ(1960)』の撮影もしました。監督/製作はロジャー・ケイ。彼に関しては他に情報がなく、映画もこれっきりのようです。
 パッケージの裏にはこう書いてあります。
「『サイコ』で知られるSF・ミステリー作家ロバート・ブロックの脚本をテレビ映画出身のロジャー・ケイが演出し、同じく『サイコ』のジョン・ラッセルがモノクロ・シネマスコープで撮影したゴシック・スリラー。公開当時「すさまじい最後の13分間は入退場お断り」とされた。主演は『メリー・ポピンズ』のグリニス・ジョンズと『ロボコップ』のダン・オハーリヒー。『エデンの東』のリチャード・ダヴァロス、『皆殺し無頼』のローレンス・ドブキンらが脇を固めている。」

 そんなわけで、かなりカルト色の強い、というかどマイナーな映画です。私もamazonで発売予定を見かけるまで、その存在すら全く知りませんでした。

続きを読む "DVD『怪人カリガリ博士』"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

BD『処刑ライダー』

 処刑ライダー

 陰謀と破壊と犯罪の渦巻くアリゾナに蘇る地獄の騎士
 卑小な悪に立ち向かう地獄の騎士、処刑ライダー

 今日、彼を待ち受けるものは、果たして、誰か

 ……そりゃ、ナイトライダーだってば。

Pict9021_01r6


 無事に到着しました(といっても来たのは5月26日の話。この記事寝かせすぎ)BD『処刑ライダー』原題“The Wraith”です。いやー、ようやく手元にコレクションできたわー。VHSはともかく、DVD買い損ねたけどBDで出るとは思わなんだ。世界初のBD化だそうです。

 『処刑ライダー』は、1986年の米映画。監督・脚本はマイク・マーヴィン。正直それほど名の知られた監督ではありません。goo映画のページには三作品、allcinemaのページには九作品しかありません(残る六作品は日本未公開)。この『処刑ライダー』も映画そのものは正直B級映画で凄いものではありませんが、不思議と今でもファンのいるカルト作品になってます。

Pict9030_t1r4


 BD初回版には紙ケースと、当時のチラシと劇場パンフレットの縮小復刻版がついてます。こちらがチラシ。裏には近日公開、岐阜ピカデリーのハンコが。調べてみたけど、この劇場も今は無くなってます。

Pict9028_t1r2

 こちらは劇場パンフレット。後ろにWraithがいるのはまだしも、なんで中央と左に悪役が(笑)。ヒーローのチャーリー・シーンが右にいてまるで脇役のようだし、三人が仲間で謎の相手と対決する話にしか見えない。当然合成写真だろうし他に使われてはいないし、製作が何故こんな表紙にしたのか全く意味不明なんですが、実は米のポスターでもヒーローとヒロインと悪役二人が一緒にハイウェイを走る光に驚いてる感じの絵なので、どっちもどっち。こんなところもB級の証か。

 あらすじ。
 アリゾナ州の田舎町ツーソン。町を外れれば荒野に道が続くのみ。そこではパッカードをリーダーとする暴走族が高級車などにレースをふっかけ、汚い手で負かして車を強奪していた。そのパッカードにまとわりつかれているケリーの前に、ある日バイクに乗った旅人ジェイクが現われる。恋人のジェミーが殺されてから独り身のケリーだが、ジェイクに惹かれていく。時同じくして謎の黒いターボ・カーも現われパッカードらがレースをふっかけるが、暴走族メンバーはレース中に事故って大爆発。しかし死体はほぼ無傷で何故か目玉だけがくり抜かれていた……。車が激突しても復活するターボ・カー。そしてそれに乗る黒いライダースーツの男の正体は?

続きを読む "BD『処刑ライダー』"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2012年6月 | トップページ | 2012年8月 »