« 2012年4月 | トップページ | 2012年6月 »

『処刑ライダー』BD化キテター!

 ふとしたことからamazonでDVDやBDを見てましたら、今年初のBD化という項目がありまして。1930年代からあったので順に見ていきました。そこからいくつかご紹介。

 あと、ただいまパラマウント映画100周年とのことで、ブルーレイ2枚で3,000円というキャンペーンもしてます。全くBDも安くなったもので、これならDVDなど買う気になりません(DVDしか無ければ別)。マイナーなものや日本のものはまだまだ高いけど。

 ちなみにDVDどれでも3枚で3,000円というのもやってます。どちらも5月末までのようです。

 もっともamazonではDVDやBDは普段からかなり値引きしていて、普通に選んで3,000円以下ということもあるので、よく確認しましょう。

続きを読む "『処刑ライダー』BD化キテター!"

| | コメント (2) | トラックバック (0)

パイオニアから3D対応BDプレーヤー+サラウンドシステム 「HTZ-626BD」

 パイオニアから新しいBDプレーヤーとサラウンドスピーカーシステムのセットが発表されました。
 3D対応ブルーレイディスクプレーヤー搭載サラウンドシステム「HTZ-626BD」。オープン価格で6月中旬発売予定。

 この手のお手軽システムでは、ようやくHDMIやHDオーディオ(ビットストリーム対応)にもしっかり対応した新世代の製品です。しかも単にHDオーディオ規格に対応しただけではなく他にもいろいろな新機軸もあって、まさに一世代すっとばした感じ。3D対応というのは単にBDプレーヤーが3Dソフトに対応しているだけではなく、サラウンドでも対応とのこと。5.1chスピーカーのセットなのに仮想11.1chという3Dぽい奥行きのあるバーチャル3Dサウンド機能があるとか。

 HDMI入力は二つあるので、BDプレーヤーとPS3を同時に接続もできますし、SACDにも対応してるので、初期方PS3が壊れて以来聞いてなかったSACDも再生可能。そのうえWi-Fiでネットワークにも接続でき(無線LANルータが必要)、自宅のPCやLAN内コンテンツ再生(DLNA1.5対応)にYoutube再生もできるとか。Youtube再生は最近のTVには対応してるものもありますが、プレーヤー側にあればどんなTVやモニタでも大丈夫なので、これもうれしいところ。最近のAVアンプにはよくあるネットワーク対応ですが、この手の簡易パックでは珍しいのでは。次にiPodやiPhoneもUSB接続クレードルが付いて再生可能。

 さらに、なんとこれだけ入ってお値段が実買4万円前後という話(オープン価格なので)。
AV Watch 『パイオニア、3Dに合わせ11.1ch化するシアターシステム-
        BDプレーヤー内蔵で実売4万円の「HTZ-626BD」』

 お手軽にリアル5.1chサラウンド揃えるにはかなりお買い得なんじゃないでしょうか。BDプレーヤーとしても機能は十全かと思いますし。残念なところといえば、ARCに対応してないところとか(そんなに高くないと思うけど、何故未対応か)HDオーディオ対応といっても7.1ch等へのバージョンアップはできないところでしょうか。まあARCは無理につけなくても、光デジタルケーブルでTVの出力からレシーバーの入力に繋げればいいだけといえばそうなんですが、接続が一つ埋まるしイチイチ切り換えも必要ですからね。YAMAHAやSONYからもこの手のシステムが出てもおかしくはないので、そっちで出ないかなぁ。

 ちなみにレシーバー部の中のBDプレーヤー部だけなら、同時期に発売予定のBDプレーヤー「BDP-150」がほぼ同じ機能を持っているようです。スマートフォン対応で、専用アプリを使ってリモコン代わりにできる点が違うところかな。こちらは二万円前後だそうなので、リアルサラウンドが構築できるスピーカーとアンプ部で二万円と考えると、やはりHTZ-626BDのほうがお買い得な気がしますね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2012年4月 | トップページ | 2012年6月 »