« トヨタ ノア X“Smart Editon” DBA-ZRR70G-ARXEP(A) | トップページ | 其の名も、[FRAMEMEISTER] »

トヨタ純正ナビ スマートナビ「NSZT-W61G」その一。

 新車購入に際してナビゲーションシステムを付けるかどうかといえば、どうせなら付けておいたほうがよい、というのは前の車の経験則。まあ郊外や県外に出ないとも限らないし(姉の車でですが神戸に行った時はそれなりに便利だった)。音楽用システム付けるにしても、ナビのほうが使い勝手はよいことも。

 しかしこれまた準備不足で、結局面倒のない純正ナビの、中でもSDナビシステムの最上位(ラインナップで言えば中級か)のスマートナビ「NSZT-W61G」というものを注文しました。価格以外では、純正で唯一、外部AUX入力(ミニプラグ)が前面にあるのが決め手でした。内蔵ディスクやUSB接続ができなくても、最悪PSPでもこれで繋げられるからです(もっとも結局はUSBが付くアダプタ買っちゃいましたけど)。

 ただ、もし8インチナビのデモ機か実物大サイズ比較用写真でもあれば、そっちを選んでいたかも。通常のナビはカーオーディオの2DINという標準規格サイズにすっぽり納まるものですが、これは7インチモニタまでが限界。最新の8インチモニタのナビはそれより大きくなるので外のフレームを専用に置き換えて付けることになります。数字の上では1しか違いませんが、見ると結構大きく感じるもので、ナビはやはり見やすさが一番。大きければそれだけ文字も大きく地図も大きくなるので、やはり便利そうでした。トヨタカローラ、なんというかセールの詰めが甘い……(ついた営業さんがまだ一台も売ってない若手の女性だったので、その後もいろいろ知らないことが……まあ頑張ってるようだから責めはしないが)。

 ともあれ後でネットで見てもそれほど評判も悪くないので、悪い買い物でもなかったかな。
 特徴と感想は以下に。

 前の車のナビはDVDですらなくCD-ROMのナビでした。地図もずっと更新せず使っていましたが(地元市街地では特に必要ではなかったし)、さすがにそれとは較べられません。きれいで見やすくて、さすがは最新型(2011年製)……と思っていたのですが、花見に行くときに使っていたら、早速道なき道をいくことに。ナビ通り進んでたら川の手前で川沿いに曲がるはずが曲がるところが見受けられず、そのまま橋に行き着き、そこを渡るもマップでは橋のない川の上を進んでいました。まあ橋を渡ってしばらくしたら目的地への看板もあって、無事にナビも復帰しましたけど。
 かなり真新しい橋だったのでおそらく去年末か今年に入って開通したのでしょう。今までその橋のところまで行くことがなく、途中までしか知らなかったので、いつ開通したのかは不明。ちなみに家の近所でも新しいショートカットの道が載ってなかったりしましたが、これは去年の結構早い時期に開通してたような。この手の地図は、発売時の一年以上前のデータが普通ですからね。

 SDナビなので当然SDカード内にマップデータなどは入っていますが、なんでも今のナビはマップオンデマンドという機能で、自分でPCを使って地図の更新ができるようです。ナビについてきたDVD-ROMに専用ソフトが入っていて、それをPCにインストールし、オンラインサインアップでIDなどを取得してからマップデータのある専用SDカードをPCに接続、必要なデータをダウンロードします。ただこのダウンロードは道路情報などだけで、店舗の情報などサービス系のデータはないそうで、店舗が変わっても新しくできても更新は無し(そういうデータは年度別の本体データにある)。まあ道路地図としては最新データらしいので、それはそれで便利か。新車(というか新ナビか)購入時は3年はマップオンデマンドは無料、4年目は基本データを購入すれば以後2年間が無料という流れになるそうです。2012年度版は5月か6月だそうですが、基本データは1万6千円前後だそうなので4年後に買い換えるかどうかは思案中。別に最新でなければならないほどナビが必要なわけではないし。

 肝心のナビ具合ですが、特に遅くもありません。姉のとこの前のDVDだかHDDナビとそれほど変わらないかも。現在のHDDナビのエクシ-ドナビとかだともっと切り替えが速くなったりするんだろうか。自分の車の位置が少しくらいずれるのはよくありますが、今のところ昔のナビほど狂ったまんまということはなく、早めに修正されます。長いトンネルとかは走ってないのでわかりませんが。
 カーブやレーン(車線)アリのときなどに声で注意してくれる機能は前のナビにはありませんでした(姉の車にはあったかな)。いえ案内中に左右に曲がるときは言ってた気もするが、普段喋るのは便利なのか邪魔なのか。一応デフォだとどれもオフになってます。

 他には、表示方法が増えてますね。画面半分にエコ評価を表示するモードがあって、右側に5段階のメーターが表示され、今までエコな運転をしてるかどうかの評価がリアルタイムで出るようになってます。ぶっちゃけ評価の細かい判断方法は不明ですが、ナビでなくスピードメーターなどのコンソールにはリアルタイムで変化する燃費数値やこれまで走った平均燃費、残りガソリンで走れる距離などを表示するところがあり、どうもそれなどもリンクして判断してるようです。目安程度のものですが、これを見てると急発進や無駄な空ぶかしにアイドリングなどを押さえようと意識するので、結構いいかもしれません。ナビ使わないような普段の行動範囲内ならば。


 気になる点としては、夜になると(ヘッドライトが点くと)マップの色が変わるナイトモード。コンライト機能で暗くなると自動的にヘッドライトが点くのとなにか干渉してるのか、時々明るくなってもナイトモードのままの時があります。夜は気になりませんが、暗い駐車場とかトンネルから出たときになってます。そういうときは手動で一度ヘッドライトを切にしてからAUTOに戻すと治ることがありますね。

 さて、次回はスマートナビでの音楽鑑賞について。

|

« トヨタ ノア X“Smart Editon” DBA-ZRR70G-ARXEP(A) | トップページ | 其の名も、[FRAMEMEISTER] »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: トヨタ純正ナビ スマートナビ「NSZT-W61G」その一。:

« トヨタ ノア X“Smart Editon” DBA-ZRR70G-ARXEP(A) | トップページ | 其の名も、[FRAMEMEISTER] »