« PS Vitaで動画再生。 | トップページ | 「アンチャーテッド 地図なき冒険の始まり」レビュー。 »

NECから新型無線ルータ「AtermWR9300N」他発表。

 先日家にNECの無線ルータ「AtermWR9500N」導入した記事を書きましたが、もう新型が発表されました。「AtermWR9300N(HPモデル)」です。たしかWR9500Nは去年の11月頃発売だったので、NECとしてはえらく展開が速いです。2月上旬発売なのでまだ一ヶ月ほどありますけど。

 今回の新型「WR9300N」の一番の売りは、11n(a)でなく11n(g)の2.4GHz帯で450Mbpsの速度を出すことでしょう。これまでの300Mbpsから約1.5倍速、一階から三階など階段を挟んだり長距離の環境でもこれまで以上の速度で接続できる可能性が高いです。ただその代わり11n(a)が無くなってるので、近場で無線を使う機器が多かったり電波干渉の多い環境向けではないかな。うちの環境ではWR9500Nで今のところ問題はありませんが、できるんならWR9500Nをバージョンアップさせて対応してくれないかなー。そしたら隣の店の二階でもなんとか30Mbpsくらいは出るんじゃないかと。

 もっとも11n(g)2.4GHzでの450Mbpsが使える相手は発売時はおそらくWR9300Nしかないので、WR9500Nと同じくWR9300Nを二台買って一方をイーサネットコンバーターにするしかないでしょう。うちで購入したものみたいに、セット販売しないのかな? まあこれだとうちみたいにノートPCをしょっちゅう動かすひとには向きませんがね。というかそもそも有線LANポートが100Mbpsのうちにはさほど意味ないかな……まあ長距離ならそもそも450Mbps出ないだろうから、コンバーター間が速くなるだけでも意味はあるか。11n(a)の450MbpsはロジテックのUSB無線アダプタがあるからノートでもなんとか使えたけど、この方式のUSB無線アダプタはいつ出るんだろう。NECもそろそろ自前でUSB対応機器を出してほしいところ。

 にしても半年経ってないのに、もう筐体デザインが変わってるなぁ。WR9500Nも新型筐体だったのに。


 同時に発表された1月下旬発売の「Aterm WR8750N」はミドルレンジの製品──というか筐体はWR9500Nといっしょだから廉価版ですかね。こちらの記事にも450Mbpsが出ないだけで、他のWR9500Nの機能は全部あるとあります。とすると予算と使用環境次第では、こちらを買った方が安上がりかも。300Mbpsだから対応機器も旧来のものが使い回せます(旧来のイーサネットコンバーターセットやUSBアダプタセットも出るようです)。これまでローエンドのルータを使ってて、TVなどで11n(a)が使いたくなった人が買うにはいいかも。

 でも、正直実買で二千円くらいしか値段が変わらないなら、WR9500N買った方が450Mbps出るだけいい気もするなぁ。11n(a)使わないなら、長距離や障害物ありでも速度の出やすいWR9300Nのほうがいいだろうし。まあ値段がこなれて差額がより開いたら、こちらもいいでしょうけど。WR9500Nを買っていて、イーサネットコンバーター増やしたいときの選択のひとつというところでしょうか。いや300Mbps対応の11n(g)のイーサネットコンバーターが欲しいなら、旧来のものでもいいのか……こちらだと値段そう変わらずポートが少し増えるのが利点?

 あとは二つともらくらくQRスタートなるスマートフォン向けの簡単無線設定機能がついてるそうです。まあ最初の設定するには楽ですね。

|

« PS Vitaで動画再生。 | トップページ | 「アンチャーテッド 地図なき冒険の始まり」レビュー。 »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: NECから新型無線ルータ「AtermWR9300N」他発表。:

« PS Vitaで動画再生。 | トップページ | 「アンチャーテッド 地図なき冒険の始まり」レビュー。 »