« やみのーなか、心揺さぶる、目覚め、はじーまーるー。 | トップページ | 祝。『ウエストサイド物語(ストーリー)』BD化。 »

(我が家の)新PS3「CECH-2500A」

 そんなわけで、我が家の据え置きゲーム機が新しくなりました。
 「CECH-2500A」。PS3の六世代目(現行機種3000で七世代目)、2000番台の第三世代です。2010年7月29日発売開始で、発売当初は標準小売価格が29,980円で3000が出る前頃は23,800円が相場でした。

 何故新品の3000を買わずにこちらにしたかというと、前にも書きましたが理由は3000から大きな制限がついたからです。ゲームは大丈夫だそうですが、BDなどの場合AVマルチ端子接続で使えるD端子ケーブルやコンポーネント端子ケーブルで480iの映像でしか出力できなくなりました。これまでは1080iまでの映像が出力できたわけで、環境しだいでは動画キャプチャーもできたのに。もちろん普通にアナログHDTVなどに接続してBDを見ようとしても、HD画質では見られないのです。LEDとか減らして消費電力もほんの少し下がってはいますがそれほど下がったわけでもなく、(うちでは今のところアナログHD接続はする予定はありませんが)損失のほうが大きいと思いました。そんなわけで中古でもいいから2500を購入したのでした。2500より前のでないのは、前でなければならない理由が特にないのと、2500ならまだ保証期間が残ってるものがあるからです。

 さて、一目でわかる初期型とは違うスリムデザイン。CECH-2000からこの本体になりましたが、それほど悪くないです。初代のクリアーブラックな本体から少し透けて見える内側とかたくさん空いてるけどカッコ悪くはない排気口とかの所有欲を満たすデザインではありませんが、これはこれでシンプルでよろしいです。何せ軽いし表面は持っても指紋で汚れないシボ加工だし(笑)。横置きにしたときはこっちが薄いし、ディスク挿入口まわりのミラーデザインもなかなかいいかも。

 ただディスクをイジェクトすると、ちょうど半分くらいしか出ないので若干ディスクが取りづらい。初期型だともうちょい出て、スピンドルの穴に指が挟まって出しやすかった気がした……んだけどどうだろう。記憶違いかも。あと単純にスリムになった分、挿入口とスイッチ等のある面の距離が狭くなってるのもディスクを取りづらくしてる原因かな。挿入するときの音も多少変わってて大きいかも(これは記憶違いかもしれない)。

 以下雑感。

 大きく変わったその見た目以外では、やはりファンの排気音が一番わかりやすいです。前は冷房かけてPCの横で起動しててもちゃんと聞こえた排気音が(つまりPCのファンより少し低いだけ)、低音のせいもあってか今はほぼ聞こえません。起動時などを除き、HDDの動作音のほうが大きいくらいです。私は初期型でもそれほど気にしてませんでしたが、これは確かに違う。ヘッドフォンするときは気になりませんが、スピーカーでゲームしたりBD見るときは明らかに新型に軍配はあがりますね。

 縦置きしての上部(横置きだと側面)の熱は旧型と違いありません。そもそも上部に排気口がありませんし、熱も持ってません。初期型と違い、横置きにしたときに左右は殆どスキマなくても問題なさそうです。
 内部の排気は殆ど背部左から出るようになっていて背後はそこそこ熱い風が出てます。本体底面もあったかいので置き場所には注意する必要があります。底面ではHDDのあたりは殆ど熱を持ってませんが、左半分から後ろにかけては温かいです。ここらへんにヒートシンクとか広がってるのかも。排熱のためには、初期型とは違う理由で縦置きが有効ですね。なおサイバー社の縦置きスタンドでtorneを本体底面にあわせて縦置きできるものがありますが、熱がこもるのであまりよさそうに思えません(torneとの間が殆どない)。BDドライブのあたりにtorneが来るような置きかたならわかるんですが、宙に浮くことになるのでかっこわるいか。背後の排気は初期型より温度が低い感じですが、重いゲームとか動かすとどうなるかは不明。

 吸気は本体前面下部にいくつか狭い穴があるだけになってるので、初期型より吸い込み量が少ないかな。排気は一方だけだしそれなりに風の通りはいいかもしれませんが、ホコリには気をつけた方がいいでしょう。前がふさがるとあっと言う間に熱がこもるようになりそうです。ホコリよけに前面装着フィルターも売っていますが、それでファンの音が大きくなる、つまり熱がこもるという話も多々見られますので初期型以上に注意が必要かも。

 さて起動ですが、背部にあった主電源スイッチは廃止されたので電源コードを指した時点で通電します。通電すると、前面右端の電源スイッチの上あたりに赤いLEDランプが点きます。コントローラーなり電源スイッチなりで電源を入れると緑に変わります。電源スイッチとイジェクトスイッチは静電タッチ式ではなく普通のボタン式になりました。押した時のストロークはごくわずかです。ボタンの真ん中、マーク裏から白色LEDが光ってますが、これは3000からは廃止されたそうです。うす暗いときには視認性もよくカッコいいとは思いますが、実際光ってなくてもそう問題はないかな。何せボタンは二つしかなく場所もはっきり別れてるので、本体の見分けがつく明るさなら間違いようがないです。操作はコントローラーかリモコンですから、暗闇で本体操作することもないでしょうし、ディスクをイジェクトさせるなら明かりつけるでしょう。

 外目だと本体もそうですけど、電源コードがかなりコストダウンした感じです。前は本体側が3極で壁側は2極+アース線付きでしたし、太いながらも柔らかめで長い(2.5m)ケーブルでした。リビングが広くても大抵は間に合ったと思うし、最近の家やマニアな家なら3極コンセントやアースも普通にありますからね(最近は、新築だとすべてのコンセントにアース端子を付けるようになってるという話もある。建築士次第かもしれないけど)。
 2000番台のケーブルはどちらの差し込みも2極になり本体側の差し込み形状はいわゆるメガネ式に。ケーブルも細めで少し固くなり、なにより長さが1.5mと短い。今までの場所から電源が取れません。うちはしょうがないので一番近かった、壁から数珠つなぎの先のノイズフィルタータップに付けました。部屋の通り道にまたケーブルが増えた……。せめて2mあればこたつ挟んで反対側のタップ(こちらは数珠つなぎではない)にも余裕で届いたのに。
 PS2のケーブルとも互換性あるらしいですが、それより高めでもいいから長くて質のいい電源ケーブルに変えたいくらいです。まあその手のケーブルは長いとさらに高くなるんですけどね……せめて安物にしててもいいから前と同じ3極端子にしてくれれば、前のケーブルが使い回せたんだけど。

 おしなべて、見た目とUSB端子の少なさとショボい電源ケーブル以外は新型のほうがいい感じです。主電源スイッチは……まあケーブル抜かなくても電源切れたのは便利といえば便利だったか。あとそろそろDualShock3のボタンがヘンになってきてたので(×ボタンが、なんか押して離したときに粘るような感覚でキレが悪くなった)、新しいコントローラーが手に入ったのは助かった。割安なので『アンチャーテッド3』のコントローラー同梱版を買おうとしてたくらいで。ただこのコントローラーもちょっとクセがあって、なんか○押してるときゅっきゅ言うんです……いつまで持つかなー。

 ちなみに3000でコストダウンされた内容はこちらの分解記事などで詳しくわかります。

|

« やみのーなか、心揺さぶる、目覚め、はじーまーるー。 | トップページ | 祝。『ウエストサイド物語(ストーリー)』BD化。 »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: (我が家の)新PS3「CECH-2500A」:

« やみのーなか、心揺さぶる、目覚め、はじーまーるー。 | トップページ | 祝。『ウエストサイド物語(ストーリー)』BD化。 »