« 2011年9月 | トップページ | 2011年11月 »

『宇宙水爆戦』と日本映画のDVD。

 ついにあの『宇宙水爆戦』のDVDが発売されます。LDは買わなかったので、これは買うかな。長いことソフトが出ずに幻の映画となってましたが、二年前にNHK-BSで放映されました(録ったと思うんだけど……)。
 まあ予告編からもわかりますが正直映像は今となってはショボいし、以前見た雑誌のレビューでも「歴史に残る印象的なメタルーナミュータントだが、出るのは最後だけ」という出落ちからして多大な期待は禁物ですが、オールドSF映画ファンなら一回はちゃんと見ておきましょう。

 で、そこからリンクを見てると、なんとこの年末あたりに60年代から80年代あたりの日本映画がどしどしDVD化されます。もちろん初めてのものもあるのですが、とにかく濃い。いくつか見たもの見てみたかったものを上げてみましょう。

続きを読む "『宇宙水爆戦』と日本映画のDVD。"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

「Creative ZEN X-Fi3」発表。と、アップルの攻勢。

 サウンドブラスターでおなじみのクリエイティブより、AVプレーヤー「Creative ZEN X-Fi3」が発表されました。オンラインではもう予約開始してるのかな。容量は8、16、32GBの三通りですが、microSDスロットもあるので32GBモデルで最大64GBまで拡張できることになります。なお動画再生もできますが、microSDカードからの再生はできない模様。

 一番容量の多い32GBモデルは直販で、16,800円だそうです。発売は11月中旬の予定……のはずなんですが、クリエイティブ・ストア見ると何故かもう売ってるみたいですね。

 AV Watch
 クリエイティブ、Bluetooth/FLAC対応「ZEN X-Fi3」
-aptXで高品位ワイヤレスオーディオも。9,800円~

 デザインが昔のケンウッドのMediaKegのHDDプレーヤーみたいで、好み。値段もそれなりだし、ちょっと欲しいです。デザイン以外だと、ロスレスのFLAC対応というのがいいかな。動画はこのサイズだと特に見る気にはなりませんが、ジャケット写真とか出せるのはいいかも。

 もう何年もミュージックプレーヤー持ってないんですが(PSPで代用してたときもある)そろそろ買ってもいいかもしれません。でもWalkmanも好みだけれどFLACとか対応してくれそうにないし、iPodはなんか使いにくいというか特に欲しくならないんですよね。まあ聞く環境が最近無くなってきたから、あまり使わないというのもあるんですが(自転車で聞くのは禁止になってるし、歩いてどこか行くのもそう無いし)。


 しかし、このニュースを見て二日後、まさかの。

AV Watch
アップル、「Apple Lossless」をオープンソース化

 Apple、ついに標準規格獲りにきたな……。これは他のメーカーはともかく、SONYには大打撃じゃなかろうか。最近はWalkmanがシェアかなり取ってるといいますけど、さすがにこれがオープン化しても採用できそうにないしなぁ……。台湾や韓国産プレーヤーは、すぐこの波に乗りそうですが。

Phile Web レビュー
Apple Losslessのオープンソース化でオーディオはこう変わる!?

 ネットワークプレーヤー他でも採用されるだろうという予測ですが、DRMがあるため日本では案外難しそうですね。本場米国ではDRMフリーになってるので問題ないそうですが、日本はかすらっくがあるからねぇ……。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

「MDR-DS7500」が安い。

 前にも記事にしたSONYの最新型バーチャルサラウンド・ヘッドフォン「MDR-DS7500」が今月頭に発売開始したようです。ようですというのは、まだ現物見たことないからですが。希望小売価格が47,000円(税抜)のところ、発売時から三万円台でした。ただまだ高いなぁ、他メーカーも同様のレベルのものを出してくれれば安くなるかななど前に書いてたんですが……発売後一カ月を経ずになんと28,800円前後という価格になっていました(価格.com調べ)。約39%引きです。

 Gigazineさんとこでこのヘッドフォンのレビュー記事が上がっていて、そこにリンクがありましたが、まさかたった一月ももたずこんな値段になるとは……価格ドットコム売れ筋ランキングでも1位です(どれほどの意味があるかはわかりませんが)。

続きを読む "「MDR-DS7500」が安い。"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

電源コードor電源ケーブルorパワーケーブル

 先日購入したCECH-2500Aですが、旧型PS3に比べて電源ケーブルがいっきに貧弱になってました。まあ一般的なビデオとかゲーム機なら普通レベルなんですが、前が良かっただけにね。太さとか取りまわしのしやすい固さとかはしょうがないとして、長さが短くなったのはマイナスといっていいでしょう。TVなどと同じ場所に置いていっしょに電源タップでまとめてる人はともかく、PS3だけ別のところに置いたりするにはちと不便(私はTVから離れた、PCの隣に置いてます)。前のは長いとまで思ったけど、今度は短い。帯に短したすきに長し。

 そんなわけで、新型PS3に使える、バカ高いピュアオーディオ製品まではいかなくともオーディオ用のマシな電源ケーブルがないか、少し調べてみました。

続きを読む "電源コードor電源ケーブルorパワーケーブル"

| | コメント (1) | トラックバック (0)

祝。『ウエストサイド物語(ストーリー)』BD化。

 PS3が新調なって、またもやゲーム三昧の日々……ってほど、まだしてないけど。まだまだ終わらないモンハンよりも、もっと早く終わる『ICO』や『ワンダ』を先にしたほうがいいような気もしてきました。100時間はとうに超えてるので、『ICO』なら終わってるはず……。

 一昨日には『劇場番マクロスF サヨナラノツバサ』BD限定版も到着しまして、BDもまた見られるのだなぁと感慨にふけりつつ、オマケフィルムの映像を確かめるためにちょこっと再生してたりして。

 で今日AV Watchの記事にて、20世紀FOXから『ウエストサイド物語(ストーリー)』のBDが発売されることを知りました。

 『ウエスト・サイド物語 製作50周年記念版ブルーレイ・コレクターズBOX』
 すでにAmazonに登録されていますが、やはり27%引きは安いな……まあ定価が6,980円と高めなので5,118円ですけど。特典は映像以外にロビーカードとかもあるので、それが要らないなら待っていれば廉価版が出るでしょう。こちらのBOXは5,000セット限定だそうだし。そっちなら多分三千円くらいになるのではないかな。
 廉価版が出るとして、そこで外されそうな特典としてロビーカードの他に「豪華なアーティストが参加しているという非売品トリビュートCD」というのがあります。これが気になる。普通に二千円以上をかけるほど価値があるものかどうか。もちろん海外ものですから豪華であるとは思いますが……。あとAmazonですでにレビュー付けてる人が、海外版との差異などを書いてるので参考にどうぞ。

 あとの問題は発売予定日が12月16日ということ。なんで年末にこんなに溜まるんだ……。どーかなーちょっと無理かなー。来年まで残ってるかなー。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

(我が家の)新PS3「CECH-2500A」

 そんなわけで、我が家の据え置きゲーム機が新しくなりました。
 「CECH-2500A」。PS3の六世代目(現行機種3000で七世代目)、2000番台の第三世代です。2010年7月29日発売開始で、発売当初は標準小売価格が29,980円で3000が出る前頃は23,800円が相場でした。

 何故新品の3000を買わずにこちらにしたかというと、前にも書きましたが理由は3000から大きな制限がついたからです。ゲームは大丈夫だそうですが、BDなどの場合AVマルチ端子接続で使えるD端子ケーブルやコンポーネント端子ケーブルで480iの映像でしか出力できなくなりました。これまでは1080iまでの映像が出力できたわけで、環境しだいでは動画キャプチャーもできたのに。もちろん普通にアナログHDTVなどに接続してBDを見ようとしても、HD画質では見られないのです。LEDとか減らして消費電力もほんの少し下がってはいますがそれほど下がったわけでもなく、(うちでは今のところアナログHD接続はする予定はありませんが)損失のほうが大きいと思いました。そんなわけで中古でもいいから2500を購入したのでした。2500より前のでないのは、前でなければならない理由が特にないのと、2500ならまだ保証期間が残ってるものがあるからです。

 さて、一目でわかる初期型とは違うスリムデザイン。CECH-2000からこの本体になりましたが、それほど悪くないです。初代のクリアーブラックな本体から少し透けて見える内側とかたくさん空いてるけどカッコ悪くはない排気口とかの所有欲を満たすデザインではありませんが、これはこれでシンプルでよろしいです。何せ軽いし表面は持っても指紋で汚れないシボ加工だし(笑)。横置きにしたときはこっちが薄いし、ディスク挿入口まわりのミラーデザインもなかなかいいかも。

 ただディスクをイジェクトすると、ちょうど半分くらいしか出ないので若干ディスクが取りづらい。初期型だともうちょい出て、スピンドルの穴に指が挟まって出しやすかった気がした……んだけどどうだろう。記憶違いかも。あと単純にスリムになった分、挿入口とスイッチ等のある面の距離が狭くなってるのもディスクを取りづらくしてる原因かな。挿入するときの音も多少変わってて大きいかも(これは記憶違いかもしれない)。

 以下雑感。

続きを読む "(我が家の)新PS3「CECH-2500A」"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

やみのーなか、心揺さぶる、目覚め、はじーまーるー。

 というわけで、結果から書くと無事に新PS3を購入し、データ転送を完了しました!
 長かった……この四日は本当に疲れた……。

 あーでもないこーでもないと中古屋を探しまくって、結局2012年7月まで保証が残っていて21,800円の黒のCECH-2500A(160GB)をTSUTAYAで購入。フレーム側面に二三軽い擦り傷はありますがいたって綺麗。別の店舗に保証が2012年8月まででさらに美品の中古CECH-2500B(320GB)が26,800円でありましたが、五千円の差に悩み結局諦めました。160GBは少ないけどあとで今つけてる500GB HDDに入れ換えればいいわけだし、他にいくつか買うものがあったので。それにしても6万近くで買ったPS3が今や半額以下で買えるのか……完全に新規で買うとしても、160GBタイプなら二万少々で買えるというのは実に感慨深いです。ゲーム以外もあると160GBじゃ足らないけど、320GBのを買うより交換はそれほど難しくないから500GB HDDを買って交換するほうがよいですよ(特に買ったばかりでHDDにデータが無ければ)。

 ちなみに他に買ったのは、まず縦置き用スタンド。新品が2,000円のところ、探したら中古で500円という掘り出し物を発見。初期型は厚めだったのでなくても大丈夫でしたが、こちらは必要でしょう。まあ初期型と違い、横置きできるスペースがあるなら縦置きする必要はありません。初期型含め前の大きいPS3では立てたとき上部になる右側面の廃熱や底面にこもる熱も結構あるので、縦置きのほうが廃熱には良いと言われてました。薄いPS3は横からの廃熱はほぼなく(本体プラは少し熱もつけど)、主に背部の排気口から熱を排出してます。横より後ろを開けておくほうが大事です。

 次にUSBハブ。なにせ本体のUSBポートが4つから2つになったうえにメモリーカードリーダライタもなくなってるので、無いと絶対困る。torneと外付けHDD使うひとは買いましょう。うちはtorneと外付け3.5inch 500GB HDDと時々使うヘッドセット兼コントローラー用ケーブルにと、通常最低でも三つは使うので必須。
 購入製品は、以前から使っているシステムトークスのSUGOI HUBの新型「USB2-HUB4XA-WH」。ELP高知で2,980円で購入。割安だったからACアダプタ付きを買いましたが、多分そのままバスパワーで使えるはず……使えました。上の状況にさらに2.5inch 500GB HDDを外付けしてHDDバックアップしてみましたが、電源全く問題なし。本当は4つ以上欲しいけど、4つ以上となると内部カスケードになるので何かと都合が悪かったりします(姉のとこ用に買って失敗した)。これで同時接続できるUSB機器は五つになりました。

 最後にプレイステーション・ネットワーク・カード。PSNで使うプリペイドカードです。一番安いのでも3,000円するのでちょっと痛かった。これは転送が失敗した場合に備えて、あらかじめコピー不可のセーブデータをPlayStation Plusのサーバに保存しあとでコピーするための、Plus入会費用にあてるものです。とりあえず今ウォレットの中身がいくらかわからないので保険に買っておきました(PS Plusは月額500円だし残高あるはずだけど一応)。コピー不可のセーブデータは、Plusのサーバにバックアップしてダウンロードするか転送ユーティリティでムーヴするかしか新PS3に移送できません。もっとも560円余ってたのでこれは結局使いませんでしたし、転送も成功したので意味なかったですが。

 あ、あと新PS3買う前にバックアップ用に買ったHDD。HGSTのTK750 OSO2598。4,980円だったかな。これは失敗でした。Advanced format使ってないからXPでも大丈夫って店員さん言ってましたが、一応一部使ってるようで、ゲームによってはPS3とは相性よくないらしい。これは外付けにして動画ためるのがよさそう。これがまともに使えるHDDだったら、転送の前に交換して楽できたのに……。

 そんなわけで今回の件でとりあえず使ったお金は、〆て33,260円。本当なら八千円引いて二万五千円くらいに納まってましたが、普通にPS Vita買えるなー。

続きを読む "やみのーなか、心揺さぶる、目覚め、はじーまーるー。"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

復活のイデ……もといPS3。前哨戦。

 さて、前回電源停止状態に陥った我が家のPS3初期型ですが、ネットのおかげで原因らしきものとその対策を知りました。分解して直接行う対策が良いのはわかりますが、修理の芽をつむのもどうかと思い、簡易的な対策を施すことに。まずはこの初期型をなんとか起動するまでにし、データをバックアップすることにしたのです。

 先の記事にも書いたようにあちらの記事のコメントなどの実例を参考に、まずはPS3からケーブルを全部抜き、ドライヤーを用意し、机の上に縦置きしたPS3の背部の上のほうの排気口(横置きだと左側になるところ)に向けて、ドライヤーのTURBOでガンガン熱風を送ります。やりすぎて排気口のプラスチックを歪めたという書き込みがあったので、わりと慎重に、よく見ながら時折触ったりして歪まないよう少し離したりしながら5分程温めたでしょうか。PS3本体の底面や右側面にあたる排気口の周りなどプラスチック部分も相当熱くなってましたが、とりあえず歪まずに済んだようです。
 そうして一時間と少々そのまま覚ましたあと、試しにディスク排出スイッチを押しながら電源を入れてみると……おお、ちゃんと出た! 途中で電源切れなかったよ! 排出だけだからすぐ電源切ったけど!

 まあ夜中でしたしバックアップ用のHDDも無いし、そもそも新型買うか修理するかもまだ決めてなかったので、そのときはそのまま電源オフにして終了しました。

 そして次の日(18日)、店を回って新型の一つ前、CECH-2500のタイプを探すことにしました。今となっては店頭の新品は難しいでしょうが、中古の程度のよさそうなものがあればと。何故現行の3000番でないかといえば、3000番ではBD等でアナログHD信号を出せなくなっているから。2500番までならHDMI以外のD端子やコンポーネント端子での接続で1080iまで信号が出せます。普段HDMIで接続してるとはいえ1080iで出力不可になるのはもったいないし(アナログTVにつなぐこともあるかもしれないし、PCでキャプチャーするかもしれない)、内部はコストダウンしてるだけで基盤に特に性能差もないそうですから(LEDとか無い分消費電力は下がってるけど、ファンが安物になってるとか)どちらかといえば2500番が良いです。

 で、見たところ2500番はやはり新品はなさそうで、程度のよさそうな中古はありました。保証が数カ月から一年ほど付いたものが、大体26,800円。新品の3000番が大体23,800円だったので、保証が短めで誰かがどれくらい使ったかわからない使用感がマイナス、HDMI以外でのHD信号有りとLEDランプ付きがプラスで、差額が+3,000円。保証無しもありましたが、中古で初期不良での交換はない店なので四五千円くらいの差額なら保証有りがマシ。とりあえず他に店もあるし、時間も遅かったのでその日は購入は断念。

 とりあえずはバックアップ用にと2.5inchの500GB HDDを購入。HGSTの箱入り三年間保証付きで4,980円でした。帰宅後、それを前にデータコピー用に買っていたセンチュリーのガワに入れてPCに繋ぎ、FAT32でフォーマットしておきます。コスト的に3.5inchのHDDのほうが安くて便利でしたが、2.5inch用のガワが残ってることと、500GB程度でもtorneで使うなら3倍速があるため十分使えるので、万が一の場合は外付けHDDにできます。

 疲れたのでその日はこれで終了。

続きを読む "復活のイデ……もといPS3。前哨戦。"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

黄ばんだプラスチックの落し方。

 ほいっ。がちゃーん。

 の落し方ではなく(はいはい)、黄ばんだプラスチック製品の黄ばみを落とす方法です。
 前にも書きましたが、紫外線などのあたるところにプラスチック製品を置いておくと、特に白系のものは黄ばんでしまいます。おもちゃにはよくあることですが、蛍光灯でもよく黄ばみます。酷くなると茶褐色にまでなります。じわじわと変化するので、少し陰になるところに置いておいたらいつのまにか変色していたということはざらです。原因は紫外線だけではないと思いますが、いわゆる経年変化の一つです。

 以前あるところでその黄ばんだおもちゃを漂白剤に付けて黄ばみを取るというのを目にして、おおまさかこのようなものでと驚きましたが、別のところで同様に行ったその詳細を書いた記事を見つけました。「プラスチックの黄ばみをとる」という記事です。化学式まで引用していて、内容はわかりませんが(化け学なんて記憶の果てです)原因の一つとその対応としてわかりやすく書かれてます。

 まあバラせて液体につけてもいいものに限られますが、参考までに。径年変化のうちボロボロになってるものは下手すると余計に朽ちそうなので、気をつけたほうがよいかと。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

唐突な別れと絶望と虚脱感と諦観と一縷の望み。

 ここ最近PS3では『モンスターハンターポータブル3rd HDver.』をやってました。8月に発売されたものですが、9月半ばから本格的に開始、それでもまだ百数十時間で用意されたクエストの半分もクリアしてませんが。ゲームはもともとPSPで出たもののPS3版でPSPとのセーブデータ同調機能などがありますが、PSP版は持ってないのでPS3のHD Ver.のみで遊んでました。10月になってからより時間を割いていて、武器も弓がそこそこ使えるようになってちょうど乗ってきたころでしたが……。

 一昨日17日の深夜(18日になってただろうか)でしたか、あるクエストで熊系モンスターを倒し(捕獲し)依頼終了、あとは村に戻るだけ(残り一分とか出て時限待ち)のところ、ぴーっという音とともに突然画面がブラックに。PS3が強制終了しました。えー、今やたいした敵ではないとはいえ、終わってまだセーブもされてないのに電源落ちるってなによ? と思ってたのですが、フリーズとかバグとかそんなちゃちなものではありませんでした……。

 コントローラーのPSボタンを押して電源再起動……ぽちっとな……ピーッピーッピー、ぷつん。
 ……あり?

 今度は本体の電源ボタン押して……ぽちっとな……ピーッピーッピーッ、ぷつん。

 ……な、なにぃ!?

 何度押しても、電源ランプが青に変わったと思ったら薄い黄色っぽくなって、すぐに赤点滅で電源が切れます。これはつまりソフトの問題ではなく……本体の故障! 電源すら入らないということは以前のBDドライブの不調ではなく基盤自体の……というところで唖然となりつつも絶望感が。これはPS2までのハードと違う、デジタル時代のPS3のいろんな縛りがすぐに脳裏に浮かんだからです。特に悪名高き日本のデジタルコピーガード絡みの問題が。

続きを読む "唐突な別れと絶望と虚脱感と諦観と一縷の望み。"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

カバーが現すもの。講談社現代新書の変化。

 「講談社現代新書」という新書シリーズがあります。私はもうこの手の新書はずいぶん長いこと買ってませんが、数年前にカバーを刷新したそうです。ある2ちゃんねる系まとめブログの記事にてそのカバーについて触れたコメントがあって、引っかかりました。消えると面倒なので、引用してみましょう。

-------------------------------------------引用開始

38 名無しさん@涙目です。(WiMAX) :2011/10/16(日) 08:44:39.23 ID:ZSD6e9cO0
講談社現代新書のカバーを以前みたいにイラストにして欲しい
今みたいな簡素すぎる表紙は、本を買う楽しみ、読む楽しみが薄れてもうすっかり買う気無くしたわ
責任者は首を俺のところにクール便で差し出すように

96 名無しさん@涙目です。(春日山城) :2011/10/16(日) 09:05:50.14 ID:Gx7hMci70
>>38
http://www.bookclub.kodansha.co.jp/books/hon/0411/nakajima.html

100 名無しさん@涙目です。(WiMAX) :2011/10/16(日) 09:08:27.76 ID:ZSD6e9cO0
>>96
おk 中島英樹の首を狩る旅にでかけてくる

137 名無しさん@涙目です。(金沢城) :2011/10/16(日) 09:21:54.59 ID:yBW29qch0
>>96
中島英樹って人か、
変化を求めるのは、例え保守的な客層相手でも自由にやって良いと思う、
だけれどこれは長期的に致命的だと思うわ。
 ・愛着が全くわかない
 ・表紙を見て好奇心がわかない、新規客がつかない
で、すぐ売りたくなるし。

掃除のときには古いクーポン情報誌と同じく、真っ先に処分する対象になる。
イラストは魅力の+-が大きいけど、これじゃ0ではなく-固定だよ。

イラスト経費削減だとハッキリ言えば良いのに(´・ω・`)

-------------------------------------------引用終わり

 ジョークまじりですが、最初のひとマジに怒ってる。
 本が好きなら、カバーの善し悪しで本の所有欲がいかに左右されるかもわかります。あとで処分するような本にしろ、呼んでる途中で伏せたり、栞挟んで閉じたときに見える表紙が読書中の楽しみでもあります(まあ文庫本とか紙カバーかけたまま読むときは別ですが、当然表紙は既に見てるしめくれば見えますから)。

 そんなわけで一体どのような表紙になったのか、中島英樹とやらはどんな仕事をしたのかと検索してみたら……。

続きを読む "カバーが現すもの。講談社現代新書の変化。"

| | コメント (1) | トラックバック (0)

« 2011年9月 | トップページ | 2011年11月 »