« SONYから3D表示対応24インチ液晶ディスプレイ「CECH-ZED1J」 | トップページ | パイオニアからユニバーサルプレーヤー「BDP-140」 »

SACDとPS3と、DSDと再生と。

 先の記事の翡翠さんへのコメントの続き。話題がSACDに少し変わったので仕切り直し。まずはおさらいを。

 PS3の初期モデルは Super Audio CD の再生ができます。どうせならと私も何枚か買ってますが、実はSACDを完全再生したことはありません。
 SACDにはステレオ2.0chの他にサラウンドの5.1ch音声も収録されているディスクがあります。ただ、PS3ではSACDのサラウンド5.1ch音声はリニアPCM5.1chに変換されたうえでHDMIからしか出力されないんですよね。以前の記事でも書きましたが、リニアPCMのサラウンド音声はHDMI出力でしか出せませんので(一時期DTS5.1chに変換されて光端子出力からも出てましたが削除されました)、実質PS3ではHDMI接続のAVアンプがないとDVD時代までのドルビープロロジックII、ドルビーデジタルやDTS方式以外のサラウンドは聞けないと思ってください(これらは光端子からデジタル出力されますので、古いAVアンプやワイヤレスヘッドフォンのプロセッサでデコード可能)。
 さらに言えばSACDのステレオ2.0chの信号はHDMI以外からも出ますが、CD以上の音が出せるのはHDMI出力で、光デジタル出力だとCD並周波数のリニアPCM2.0chに変換されます。最近のSACDはハイブリッド版が殆どでCDデータ層もあってCDプレーヤーでも聴けるようになってますが、CD並出力じゃそれを聴いてるのと変わりません……PS3のSACD再生はかなり音がいいという評判でしたが、結局その実力はAVアンプ無しでは確認できないのですな。うちはブラウン管TVの時代は当然ながら液晶TVになった今もHDMIの先にAVアンプやサラウンドの再生環境がないので、いまもってCD並の2.0chでしか聞いたこと無いです。アナログ音声だと一応CDの周波数よりは高く出せるようですが、PS3のDACはそれほどいいものではないという話。
 つまるところ、PS3でHD時代の音声をちゃんと聞くにはどうあっても最近の、できれば2010年くらいからのHDMI1.3a以上対応7.1chサラウンド対応の新世代AVアンプが必要なのです。

 で、そこに現れたのが今度のSONYの最新型ワイヤレスヘッドフォン MDR-DS7500。ワイヤレスヘッドフォン初のHDMI接続のプロセッサを持ち、HD音声の規格は最新型以外ほぼ再生可能、これ一台でPS3の音声は全てデコードして再生できる最新AVアンプに匹敵するシステムです(あくまで仕様であって、音とかが匹敵するとは限らない)。
 AVアンプの場合、最近はローエンドのAVアンプでも5.1chサラウンドならほぼ対応はしてますけど7.1chやHD音声規格のデコードとなるとミドルレンジでしょうから実買6万前後、型落ちや中古狙いであと5.1chのスピーカーとなるとシステム全部で8万くらい予算が必要。それにくらべればバーチャルサラウンドとはいえ4万以下で購入できるというのは実に魅力的です。特にあまり大音量も出せず部屋で一人で聞いてる(笑)分にはヘッドフォンというシステムはかかせませんので、低予算ではこれしかないという状況。いまリアルサラウンド環境がある人ならミドルレンジAVアンプへの買い換えで済みますので、無理にこれにする必要もないかもしれませんが。

 そんなわけで一応再生はできるとはいえAVアンプ無きPS3ではSACDは宝の持ち腐れ、もとい未来への投資でしかないのでした。で、そこで翡翠さんのコメントです(前説が長いよ!)。翡翠さんは言いました。

『OPPO BDP-93 NEあたりの、ユニヴァーサル・プレーヤーが欲しいですけどねぇ……。』

 SACDは専用ハードは高いし需要も少なくあまり流行ってませんが(細々と続いてるだけで消えてるわけでは……ない)、ただ聴くだけなら実は結構安いハードもあります。それがユニバーサル・プレーヤーというやつです。もとはDVDプレーヤーで(最近はBDのも出ました)、CDやSACDなど他の光ディスク再生能力ももつというのが基本。DVDが出た当時、いやさLD時代から光ピックアップの音声ディスクと映像ディスクをいっしょにしたものとしてありましたが、DVDプレーヤーが安くなったころから格安プレーヤーはみなこの手の物になり、いつしかSACDの再生もできるようになりました。ただ格安ものは、PS3と同じでリニアPCMか光端子で基本CD並の出力しかできません(ただし物によってはサラウンド用スピーカー端子があるので単体でサラウンド再生可能)。というかCD再生でも音質は単体CDプレーヤーに負けてるそうなので、その性能は……。BD時代になってサラウンド等はHD音声でレベルアップしましたが、2.0chはやはりそれなりだそうです。

 まあそういう格安ユニバーサルプレーヤーとは一線を画すのが、翡翠さんのリンク先の記事にあった「OPPO BDP-93 NuForce Edition」らしいです。機能的にはBDユニバーサルプレーヤーなのですが、確かに値段が違う。格安のBDユニバーサルプレーヤーはPS3を除いても5万以下2万前後のものですが、これは実買9万円台。レビュー内容を見るにBDプレーヤーとしてもかなりの実力を持つようです。なによりアナログ端子からのサラウンド出力があるので、スピーカーさえあればとりあえずAVアンプなくても7.1chサラウンドがこれ一台で聴けそう。このNF Editionは日本で独自にアナログ回路つけたそうですが。

 さすがにこれは高いとしても、最近のBDユニバーサルプレーヤーならHDMI接続もあるし単体を買っても将来的にAVアンプ等を買えばSACD本来の魅力を確かめることはできそうです。ぶっちゃけそれじゃPS3とそう変わらんけど(笑)。
 まあいろいろあるようですがSACDについてはこちら「SACDラボ♪♪」というところで結構詳しく解説してますので参考にしてください。SACDについてはこちらのページ、ユニバーサルプレーヤーなど機器についてはこちらのページに書いてあります。BDユニバーサルプレーヤー、今や実買1万円台のものもあるんですねぇ……うちの親の寝室にもSACDに対応してるパイオニアのDVDユニバーサルプレーヤー置いてますが、確か2万ちょいしましたね(TVをHDD録画して見てるから、殆ど使ってない……)。

 ともあれ、早くまっとうなデコードをされたSACDを聞いてみたいものです。

 ところで最近のSACDにはDSDディスクという表記もあります。これはDirect Stream Digitalの略で、SACD規格に使われているデジタル信号方式の名称だそうです(SONYとフィリップスが独自に命名した、いわばバンドエイドやホチキスのようなもの)。先日初めて知ったのですが、単にこのDSD方式でデータを入れただけのDVDディスクはSACD規格とは別物だそうで、なんと現行PS3はSACDには対応してなくてもDSDディスクは再生できるそうです。ただそのDSDディスクの作成というのが機種限定でして。

 そもそもSACDはパソコンでは再生も作成も不可だそうですが、DSDレコーディングはできるパソコンが過去にありまして。SONYの一時期のVAIOに音響チップ「Sound Reality」とそれ専用のソフトがついててそれで作れたそうですが、今はチップもソフトも無くなってますので、使うには付属するVAIO本体を中古で探すしかないようで。

 音響メーカーのKORGにも録音ハードと作成ソフトがあるそうですが、これがまたさらにマイナー。というかSONYと共同で広めようと思ったけど、VAIO思ったより売れなくてぽしゃったんでしょう。四年前のレビュー記事を見ると、まだまだ当時のPCには荷が重かったようですがPS3での再生など興味深いものです。ちなみに実際にDSDディスクを作られた方のレポートはこちら

 おそらくもっとも安い録音機器はKORGのモバイルレコーダーMR-1(既に生産終了で在庫限り。定価は7万台ですがAmazonのマーケットプレースでなんと2万ほどで売られてます)。これにはDSF(DSDファイル)で録音でき、PCでDSDディスクを作れるソフト「AudioGate」も付いてます。「AudioGate」はフリーでダウンロードし使うことも可能ですが、アクティベーションにKORGのハードウェアMRシリーズかTwitter登録(オートツイートは切れないし、一度使う毎にツイートされるとかー)が必要。あとVAIOのように対応チップがあるわけでもないPCでは性能も高めのものでないとエンコードもデコードもちょっと重いかもしれません。

 DSDデータ自体はネットで配布されてたりするそうなので、落して試しに聞いてみるのもいいかもしれませんね……そういえばこちらの記事ではディスクを再生してたけど、PS3でHDD内のデータ自体は再生できるんだろか。ともあれDSDに関してはこの記事も参考にどうぞ。

|

« SONYから3D表示対応24インチ液晶ディスプレイ「CECH-ZED1J」 | トップページ | パイオニアからユニバーサルプレーヤー「BDP-140」 »

コメント

 いろいろ勉強になりました。参照ページも含めて。「スーパーオーディオCD入門」は、拾い読みながらも楽しめましたし(笑)。

 BDP-93は、FLACも扱えるのが良いなーと思いました。PMPをUSB接続して、手軽に聴けそうなので。
 やずみさん続記事で挙げられてる無印BDP-93リヴュー(個人輸入記)も、とても参考になりました。

# マランツやデノン(機器ブランドは、「デンオン」じゃなくなってるのね)やマッキントッシュが、統合されてたと知りませんでした。マランツは兎も角、マッキントッシュは見たことすら無いですけど(笑)。

投稿: 翡翠 | 2011/09/17 01:29

 参考になれば幸いです。他にもおもしろいサイトあったんですが、ちょっと入れ損ねました。アドレスわからなくなって。

>DENON

 古い世代はどうしてもデンオン言ってしまいますねー。いつのまに……と思ってwikipedia見たら、海外でそう呼ばれてたので新会社になったときに変えたと。ダッツンみたいなもんか。
 マランツといっしょになったというのは前に聞きましたが、マッキントッシュもそうだったとは知りませんでした。私はマッキントッシュは見たことありますよ、大阪日本橋の高級オーディオ店で(笑)。値段の桁が違うので、見て少し聞いて終わり。

 DSDは凄いのだろうけど、その再生環境を作るのが難しい。安いユニバーサルプレーヤーではどこまで再生できるのか……高いサンプリング周波数で再生できるなら素直にPCMでいいんじゃないの?という気にもなりますね(もちろん低価格な環境でならですが)。

 まあピュアオーディオ系はおいといて、何にしろとりあえず必要なのはAVアンプかな……型落ちの安いの探すなら五万切るんですが(HDMI対応の去年のAVアンプが中古で3万円台でありました)、AVのデジタル製品は新型で明らかに性能向上、新規格に対応したりするので、前世代品買うのに割り切りが必要なのよね……

投稿: やずみ | 2011/09/17 22:04

 「ダッツン」は知りませんでした。なるほどー(笑)。(「Top Gear」を観るに、イギリスも「ダットサン」とも呼ぶようです)

>  DSDは凄いのだろうけど、その再生環境を作るのが難しい。

 1ビット・ディジタルアンプ──シャープ製であったような──でHDMI入力を持つのとかだと、鳴らしきれるんでしょうねぇ……。そういうのが存在するか、はたして知りませんけど(笑)。

投稿: 翡翠 | 2011/09/18 11:23

>ダッツン
 wikipedia見ると米でも実際はそう呼んでなかったともあるのでただの伝説か。しかし一般のイタリア人がそう呼んだというブログ記事もあるし、BMWをベンベと呼ぶようなローカルトークでのことなのかも。車好きなら正式名称は知ってるってだけで。こういうのは多人数アンケートでもとらないとはっきりしませんね。


 シャープの1ビットデジタルアンプ……確かに昔そのようなものがありましたね。最近はとくに聞きませんが。で調べてみたら、2003年あたりが最後でそれ以後出してない……というかシャープ、今はオーディオ関連ほぼ全滅。アクオスなどに細々と1ビットシリーズの技術がつかわれてるようです。

 ところで別にDSD再生に1ビットアンプは必要ないはずですが(上で書いた再生環境というのは別にスピーカー前までデジタルでという意味ではありません)。デジタルアンプはないと困るけど、1ビットフルデジタルで全部とかいうと桁が違うことになるので(いやそんなものがあるのかは知りませんが)到底買えません。

 2.0chに限定するならどうせアナログに変換するし、ユニバーサルプレーヤーの場合は良いアナログアンプがあればかなり綺麗に鳴るんじゃないかな……とは思うけど、やっぱり他も考えるとデジタルアンプなんだろな。というわけで貧乏人はやはりミドルレンジのAVアンプを格安で……というのが相応でしょうね。


 そうそう昨日書いたもうちょい細かいサイト。

◆♪◆箱庭的ピュアオーディオシステムの薦め AUDIO STYLE◆♪◆
http://www.audiostyle.net/
 ユニバーサルプレーヤー関連というよりSACD関連でいろいろ参考になりますが、ピュアオーディオの方に振れてるんで価格帯が大分違います(笑)。ピュアでもまだ安いほうだけども。

投稿: やずみ | 2011/09/18 17:26

 シャープの1ビット・オーディオ統括者は退職し、Nmodeなるメーカーを興されたそうな。1ビット・ディジタルアンプも出てますが、ディジタル入力が無いですけど。
 まあそれよりも、アンプ筐体中身のスカスカ具合が衝撃的……(笑)。(吉田苑サイトに写真あり)

Nmode
http://www.nmode.jp/

> ◆♪◆箱庭的ピュアオーディオシステムの薦め AUDIO STYLE◆♪◆
> http://www.audiostyle.net/

 上記サイト、二年ぐらい訪ねてなかったかも。当時は、アニメの記事に気づかなかったなー(笑)。
 ONKYO A-5VL、オンキョーから“ディジタル入力を有する”ディジタルアンプが出てたとは知りませんでした。確か三年半前は、ソニーまたはケンウッド製でしか無かったから……(十万円以下の2ch.アンプでは)。
 と言うわけで、ONKYO C-S5VL(SACDプレーヤー)の記事が参考になりました。多少、イライラする文章でしたが(笑)。

投稿: 翡翠 | 2011/09/19 20:41

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: SACDとPS3と、DSDと再生と。:

« SONYから3D表示対応24インチ液晶ディスプレイ「CECH-ZED1J」 | トップページ | パイオニアからユニバーサルプレーヤー「BDP-140」 »