« SONYから有機EL採用3D対応のHMD「HMZ-T1」 | トップページ | SONYから3D表示対応24インチ液晶ディスプレイ「CECH-ZED1J」 »

Ra97の超高演色タイプのLED電球が登場。

 26~28日に開催された「グッドデザインエキスポ2011」の記事が家電Watchに掲載されていました。そこで目についたのがタイトルにある超高演色タイプのLED電球。これまでよくてもRa90なかった市販LED電球になんとRa97の製品が登場するとは……。以前昼光色でRa99のCCFL管蛍光灯電球の記事を書きましたが、ついにLEDでも同等のものが出てきました。

 メーカーは業務用照明を手がけているという「CCS株式会社」。京都にあるそうです。

 メーカーの民生用LEDのページを見ていると、2010年にダウンライト用のLED照明で既にRa98(Ra95を代表値とする)の製品がありました。今回の製品はこれの電球型といっていいのかも。LEDチップ自体はおそらく同じものを使ってると思うんですが、もし改良していても電球型のためフードとか光の拡散とかもあるのでRa数値が多少落ちてるのかな。

 製品は二種類。電球色のLDA14L-Hと昼白色のLDA14N-H。CCSの楽天ページにエキスポ記事にもあった四種類の製品のページがすでにありました。上のほうにあるのは全光束が最大の100W相当の明るいLDA17L-HとLDA17N-Hで、真ん中あたりからLDA14L-Hらが載ってます。消費電力は14Wで、明るさは電球色は電球30W相当、昼白色は電球40W相当だそうです。

 この製品、一番の問題はそのお値段。どちらも9,429円! まあ税込で送料も込み(購入後レビューを書いてくれたら。書かないなら送料別)だそうですが。

 も一つ問題というか多分気になりそうなのは、空冷ファン内蔵らしいということ。ただ説明文では全光束1,400lmの製品について書かれてるので、もしかしたらこちらの超高演色LED電球はファンレスという可能性もないことはない……かな。ちなみにファンが止まると安全のため暗くなるそうなので、万が一故障してもわかるようです。ファンがあっても環境(天井付けとか)によってはさほど気にならないでしょうが、デスクトップで使うとなるとちと気になりそうな。小物撮影に使おうとおもったら、この光量では結構近づけないといけませんしね。

 それにしても久しぶりにLED電球で一万円近くの値段を見ました。最近のはどこも安くなってますから、かなり割高に感じます。たとえ高演色でもこの値段はまだ手が出せません。3万時間というのは確かに超寿命ですが、前の高演色CCFL管電球のほうは2千円ほどでも2万時間だそうですから、コストパフォーマンスはあちらが上です。ただし蛍光灯照明は使用時間が長引くと段々性能が落ちるものですし、2万時間もしたら演色のほうもあてにならなくなってるでしょうけど。LEDはその点どうなんだろう。寿命近くまで変わらない性能なら、結局コストパフォーマンスは高いことになるかな?

 あ、よく見てみると先の高演色CCFL管電球、電球60W相当(と書いてるけど実質明るさは40W相当)なのに消費電力11Wってあるな。このLED電球より低い……やっぱりコストパフォーマンスはあちらが高いですね。


     CCFL管電球                  LED電球

会社 株式会社豊光社               CCS株式会社
型番 SOLANA-LS60R           LDA14L-H / LDA14N-H
外形 ガラスフルカバー               不明
外形寸法 φ=55mm L=160mm        Φ60 x 120mm
口金形  どちらもE26形
重量   110g                    180g
光源  スパイラルCCFL               自然光LED
定格寿命 20,000時間               30,000時間
全光束 電球色:380lm 電球色:450lm
        昼光色:450lm          昼光色:500lm
演色性 Ra95相当(製品。管はRa99)     Ra97(製品かLEDかは不明)
消費電力 11W                    14W
推奨温度範囲 -20~40℃(60℃まで大丈夫だが寿命が縮む) 不明
相関色温度 電球色:不明          電球色:2,800K
        昼光色:5500K         昼白色:5000K

 全光束や演色性はどちらも安定後の数値。蛍光灯(CCFLも含めて)はすぐには明るくならず温まるまで安定しないので、厳密には30分から一時間は点けっぱなしにする必要があるとか(温度が低い時はなおさら)。LEDはすぐ点くけど、安定にはやはり少し時間が必要。
 あと電球の場合、40Wで全光束は大体485lmだそうなので、CCFL管はやはり40W相当で少し暗めなのは間違いないでしょう。

 LEDでこれまで最高の高演色タイプというのはすごいですが、正直わざわざ買うことはないかな。それより豊光社のソラナCCFL管電球のほうを試しに買ってみたいですね。

|

« SONYから有機EL採用3D対応のHMD「HMZ-T1」 | トップページ | SONYから3D表示対応24インチ液晶ディスプレイ「CECH-ZED1J」 »

コメント

(記事と全く関係が無い書き込みでごめんなさい)

台風での被害は受けてませんか?

投稿: sin | 2011/09/05 01:16

 sinさん、こんにちは。
 お心遣い、痛み入ります。

 大丈夫です。市内はそこそこ雨は強かったものの、特に被害はありませんでした(毎回大雨で浸かるあたりはわかりませんが)。

 高知では海岸側の一部とか(少し前に堤防が崩れたままのところがあったとか)、毎度おなじみ魚梁瀬(やなせ)あたりは相当降ったそうで、それなりに被害も出たかもしれませんが死者はいないようです。

 今回は和歌山や三重あたりが相当酷かったようですが、台風の角度の問題かも。高知はまっすぐ台風の目がきたもんだから、強風域のはしっこが当たる位置がズレてたのでしょう。

投稿: やずみ | 2011/09/05 06:14

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: Ra97の超高演色タイプのLED電球が登場。:

« SONYから有機EL採用3D対応のHMD「HMZ-T1」 | トップページ | SONYから3D表示対応24インチ液晶ディスプレイ「CECH-ZED1J」 »