« パイオニアからユニバーサルプレーヤー「BDP-140」 | トップページ | カメラ、飲んだった。 »

祝。『顔のない眼』Blu-ray Disk 発売決定。

 それは今日のこと。夕方ふとしたことで見たAmazonのDVDとBDのページ。そのうち買うかと思って「ほしい物リスト」に『スターウォーズ』先着購入特典付きコンプリートBD-BOXを放り込んで「この商品を買った人はこんな商品も買っています」などをつらつらと見ていたら中に懐かしいものが。
 あのヤン・シュヴァンクマイエルの『アリス』チェコ語完全版がHDリマスター化しBDで出ているというではないですか。昔上映会で見たっきりでDVDは高くて買えなかったし、BDとしてもそれほど高くない価格。これは買うべきだろうなーと思い、そちらもほしい物リストに放り込んで、さらにまたこんな商品を……を見ていたら、今度こそ驚愕。

 あの『顔のない眼』がBD化しているだとぅ!

 思わずクリックしてページに飛んだらまだ発売日前で、予約は普通にできます。思わず「キターーーーッッ!」と叫んでしまいました(店の中なのであわてて口を閉じたけど)。いやほんとにラッキー! この前の『去年マリエンバートで』BDでは、出ているの知ったときには既に発売済みでAmazonは在庫無しになってたからなぁ。あれもそうですが、こちらも海外では既にBD化されてたそうです。

 10月29日に発売予定で、販売元は紀伊國屋書店。その割に定価5,040円とわりと普通の価格。しかしAmazonなので27%オフで3,696円。これはほんとお買い得。よくやってくれた、紀伊國屋書店!
 私は以前のDVDを持ってますが、これは買う。最近HD化したモノクロ映画を何度か見たけど、どれもHDのほうがはっきりわかるくらい上でしたし。

 1959年のフランス映画。モノクロ89分。監督はジョルジュ・フランジュ。音楽はモーリス・ジャール。博士のピエール・ブラッスールは『天井桟敷の人々』、助手のアリダ・ヴァリは『第三の男』のヒロインで名を馳せましたが、その二人に負けず劣らずヒロイン役のエディット・スコブがすばらしい。

 夜道をひた走る車。運転しているのは若いころはさぞ美しかったであろう中年女。後部座席には帽子を目深に被った眠っているような人影。やがて女は川べりに車を止め、後部座席の女を川に突き落とす。
 最近パリ近郊では若い女性がふいにいなくなる。警察や新聞記者はだたの失踪だと思っていたが、あるときから事件と認識し始める。そのころ新たな被害者がかどわかされ、郊外の屋敷に運び込まれる。事件の裏には高名な医学博士と献身的なその女助手、そして事故で死んだと思われていた博士の愛娘の姿があった。

 モノクロの美しい映像。シャープな影、はかなげなヒロイン、不気味な街角や荒涼たる森に響く物悲しい曲。怪奇映画ですが昨今の派手なホラーではなく、基本は残酷で悲しい女性の悲劇。サイコスリラー映画とも言えますが、犯人当ては無く(粗筋で既に出てるし)そういうの目当てではがっかりするでしょう。しかし実に美しく印象深い映画です。どこかTV『怪奇大作戦』の一篇にもなりそうなお話。
 DVDは何度か出ましたが今はどれも廃盤で、ちょっとしたプレミアもの(『去年マリエンバートで』ほどではないけど)。今回のBDも紀伊國屋書店ですし、おそらくそう長くは出まわらないのでは。HMV ONLINEはこちら。DMM.com等では既に予約締め切り。他ではぼちぼちで、結局Amazonが安いです。

 一応ホラーとしては顔の皮を剥ぐ系の元祖だそうで。実際えげつないカットがちらっと出ますのでグロテスク嫌いなひとはちょっと顔を背けるかもしれません。モノクロのせいもあるでしょうが、時代を考えると特殊メイクはかなりよくできてると思いますし、そのちらっとだけな所がいかにも怖い。

 ちなみにこちらに1960年の日本公開時らしきポスターがありますが、どう見ても米ハマーや日本は東宝特撮のいかにもなホラー映画調です。これ見て劇場行ったら、随分イメージが違うと評価下がってたのでは。
 英国か米国かわかりませんが英語版のポスターはこちらに。これも普通に怖いな。他にこちらにも似たポスターがありますが(若干違う)仏語タイトルなのでどこのポスターか不明。仏公開時のポスターはおそらくこちら。上のものも色合いとか絵柄が似通ってるので、この三つはどれも仏で作られたポスター(とその修正)かもしれません。

 あとは音楽かな。さすがモーリス・ジャールというか、妙にひょうきんだけど不気味なメロディで、被害者がさらわれているシーンだとただ怖いし、他だと悲しげにも聞こえるというのがすばらしい。もちろん普通に悲しいメロディもあり。特に冒頭の車のシーンやラストシーンは音楽が映像を盛り上げていて実にすばらしいです。


 是非にお薦め。BDプレーヤー持ってない人もいずれ買うだろうし、買っておくとよいですよ。

|

« パイオニアからユニバーサルプレーヤー「BDP-140」 | トップページ | カメラ、飲んだった。 »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 祝。『顔のない眼』Blu-ray Disk 発売決定。:

« パイオニアからユニバーサルプレーヤー「BDP-140」 | トップページ | カメラ、飲んだった。 »