« 2011年7月 | トップページ | 2011年9月 »

SONYから有機EL採用3D対応のHMD「HMZ-T1」

 SONYから有機ELディスプレイを採用し3D視聴にも対応したHD対応ヘッドマウントディスプレイ「HMZ-T1」が、11月11日に実買6万円ほど(オープン価格)で発売されるそうです。以前技術参考展示された試作品の商品化のようです(デザインとか多少変わってますが)。SONYビルで試聴された方のレポートはこちらこちらに。

SONYプレスリリース
世界初※1HD有機ELパネル搭載 3D対応ヘッドマウントディスプレイを発売

 AV Watch
ソニー、3D対応の有機ELヘッドマウントディスプレイ
-実売6万円。750型スクリーンを20mから見た映像

 本田雅一のAVTrends
超鮮明映像のソニー新HMD「HMZ-T1」を体験
有機ELで「クロストークゼロの3D」

 新しく作られたSONY HMDの公式サイト

 映像はHD対応ですがフルHDではありません。ソニー製の0.7型1,280×720ドットの有機ELパネルを左右に二枚採用。有機ELでこのサイズでこの解像度のものは世界初ではないかと(商品として)。発色や残像など映像的に綺麗な有機ELパネルは大型パネル化やTVに使うには難しいところがありましたが、小型で比較的暗めのHMDにはよすぎるくらいです。
 なおかつ3D映像にも対応してるわけですが、そもそも左右に独立した二枚のパネルを使うHMDは3Dに相性がよく、原理的にクロストークも発生しませんし特殊パネルのTVに比べて発熱や消費電力も少なくて済みますし、フルHDも少ないコンシューマーゲームにはもってこいでしょうね。まあよく宣伝文句で使われる大型画面相当に見える感覚というのは個人差もありますし、やっぱりあてにはならないと思いますが。あとHMDではさすがにMoveとかは使えないんだろうな(Moveはカメラで認識するのでうまくセッティングできれば案外できるかもしれませんが)。

 先のサラウンドヘッドフォンと同じく、HD対応のためのHDMI(Ver.1.4)入力が一つプロセッサ・ユニットにあります。これは世界初かな。HDMIはTV用にパススルーでき、HDMI出力も一個あります。PCやBD機器やPS3→プロセッサ・ユニット→TVという接続になります。
 プロセッサ・ユニットとHMDは3.5mの専用ケーブルで接続されます。今どきなら無線化もできそうなものですが、コストアップにつながるのでなくてもいいかと。一本だし長めなのでプロセッサは邪魔にならないでしょう。まあ左右に首振れば映像も移動するような真のHMDではないわけだし、多少邪魔でも仕方ありません。

 音声用にヘッドフォンもついてますが、バーチャルサラウンドは5.1ch。旧来のものと同じで「MDR-DS7500」には及びません。コストの問題でしょうけど、形状的にも同時仕様は不可。私が持っている古いSONYのHMDでは耳の周りはそれほど厚くないので他のヘッドフォンもなんとかかけられましたけどね。両方買う余裕がある人には残念でしょうが。

 価格は高いといえば高いけど性能からみて妥当だと思います。二三年後一気に下がったり……しないだろうな。有機ELだし。これまでの歴史を考えると早急に飛びつくのは考えものですが、パーソナルな3D映像モニタと考えるとこれでも十分楽しめるのではと思います。昔のHMDでも見始めると結構没入できましたし。ちなみに以前のSONYのHMDグラストロンは三世代目で急激に洗練され軽量化しました(私は二代目を持ってますが、これでもさほど問題なし。一世代目はさすがに……)。ただし三世代目で終わりましたし、当時希少価値がついて価格はなかなか下がりませんでした。CanonのHMDなんかは数年後に捨て値になってのを見ましたけど、数自体は少ないからやっぱり高値つけてたところもありましたね。

 個人的には左右の視力の差(特に白内障の影響)があるので今ではHMDは無理っぽい気もしますが、一度体験してみたいです。特に3Dを。違和感は残るだろうけど、目との距離が近い分白内障の影響は少ないかもしれませんし。

 続きに他の記事のリンク先など。追記。

続きを読む "SONYから有機EL採用3D対応のHMD「HMZ-T1」"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

SONYから新型ワイヤレスヘッドフォン「MDR-DS7500」。

 SONYから新しいワイヤレスサラウンドヘッドフォン「MDR-DS7500」が発表されました。従来機「MDR-DS7100」の後継機というか上位機種になるんでしょうか。標準価格は49,500円。

 SONY プレスリリース
 業界初※1高さ方向を新たに加えた3Dの音場を再現
 デジタルサラウンドヘッドホンシステム 『MDR-DS7500』発売

 AV Watch
 ソニー、HDオーディオ対応無線サラウンドヘッドフォン
 -7.1ch対応「MDR-DS7500」。3Dメガネにフィット

 画期的なのは、ワイヤレス、ワイヤードに関わらず初めてHDMIに対応した(むろんつながるのはプロセッサにですが)ヘッドフォンだということでしょうか。HDMIの入力が3、出力が1(しかもオーディオリターンチャンネル、通称ARCに対応しているので対応HDMIケーブル1本でTVから逆に音声データを引っ張ってきます)。ヘッドフォンの右側面にリモコンボタンがあり音声や音響設定以外にインプットも変えられるので、リモコン付きHDMIセレクターとしても使えます。光デジタル端子も一つあるので従来の機器から同時接続も可能。無論普通のステレオRCA端子入力も一個あり。私が使ってるパイオニアの機種と比べると同軸デジタル端子が消え(光端子がもう一個あるけどこれはHDMIと相殺)ミニステレオ端子などもありませんが、デジタルビデオ機器の時代としては特に問題はないでしょう。

 音声データも従来機(他メーカーのものも含めて)では光デジタル端子(or同軸デジタル)接続なのでDVD時代のサラウンド方式にしか対応してませんでしたが、当然これまで対応してなかったHD世代のものになっています。プレスリリースによればプロセッサの対応している規格は、ドルビーTrueHD、ドルビーデジタルプラス、ドルビーデジタル、ドルビープロロジックⅡz、ドルビープロロジックⅡx、DTS-HDマスターオーディオ、DTS-HD ハイレゾリューションオーディオ、DTS 96/24、DTS-ES、DTS、Neo:6、MPEG-2 AAC、リニアPCM7.1ch/5.1ch……とりあえずLD、DVD、BDにゲームからデジタル放送まで再生できないものはなさそうですね。

 なお聞こえる音はこれまでの7.1chバーチャルサラウンドとは違い上下の感覚も取り入れたものになるとか。3D対応と銘打ってますね。従来機のプロセッサ・チップ二枚を使って再現したそうですが、解説図を見るに背後のスピーカー二つが消えて代わりにフロント2chの上に二つついた感じになってます。まあバーチャルサラウンドでは真後ろのものは普通リアルサラウンドほど感じられないのが普通で、それを素直に表したのかもしれませんが。前なら上下はまだ感覚的にできそうだし(もとよりSONYのこの手のものはオリジナルのバーチャルサラウンドですし、元音声規格も変わるのであれば、どれだけサラウンドに聞こえるかは実際聞いてみないとわかりません)。

 気になる点としては、密閉式ヘッドフォンなのですがそのイヤーパッドが分厚いこと。SONYの低音重視ヘッドフォンと同様の形で、密閉はよさそうだけどわりと蒸しそう。ヘッドバンドは従来とほぼ同じで側圧も強めっぽいし人によっては長時間はつらいかも。
 次に右側面にリモコンがありますが、リモコンは単体でも欲しいところ。ヘッドフォンはかけたままでは音量調節やインプットセレクターは使いづらい。赤外線なら記憶式リモコン使えるかもしれませんが、デジタル無線形式だからなぁ。
 次にインプットは十分ですが出力が。光デジタル端子は一応スルーの光端子出力があります。ただHDMIメインだからなのか単にコストカットなのか、ワイヤードヘッドフォン用のヘッドフォン端子がないんです。ワイヤレスが使えないときや、使い慣れたヘッドフォンを使いたい人、単純にもう一人臨時に使いたいときなど、ヘッドフォン端子があれば大分助かるんですがこれがない。ちなみに別売りのヘッドフォン単体「MDR-RF7500」の標準価格は24,675円。割引があっても結構な値段です。

 正直これからサラウンドヘッドフォン買うなら、機器がゲーム機にしろ(PS3とは相性いいでしょうね)レコーダーにしろ液晶(orプラズマ)TVにしろ、HDMIと音声規格対応のこれしかないでしょう。ブラビアリンク対応でTV等電源ONで連動ONOFFもできるようですし、TVのリモコンで音量調節もできるとか。もちろんお金とスピーカー置く場所と鳴らせる余裕があるならリアルサラウンド環境にすればいいだけですが、深夜視聴やゲームなどを考えるとサラウンドヘッドフォンは気軽です。
 ただまだまだ高い。もう少し安いのやパイオニア等から出てくれると助かるので、そろそろパイオニアも出してくれませんかね(もっとも価格はこれくらいするだろうな)。

| | コメント (9) | トラックバック (0)

バンダイさんありがとう。

 先日「スーパーロボット超合金」というシリーズの「勇者王ガオガイガー」が届きました。このシリーズは従来の超合金と違い、一回り小さい手頃なサイズで統一されたシンプルなロボットフィギュアもの。超合金魂とは少し変わったラインナップも売りなのですが、まさかの「ガオガイガー」に(なにせタカラがスポンサーだったのでバンダイからトイが出るとは思わなんだ)、買わないわけにはいかぬと随分前にAmazonに注文していたのでした。同時発売の「勝利の鍵セット1」とともに。

 でようやく到着。開けてみたところ……脚にダイキャストが使われているのですが、案の定というか股関節が緩い。のはまあ予測される範囲なんですけど(いやそれが良いわけではなく、ポーズ付けられないので困るんだけど)、左手のメタリックレッドの塗装部分に一部剥げが……。これはへこむ。下地のシルバーは残っていて、どうもクリアーレッドを塗ったあと何かさわったのかシンナーでもついたか、クリアーレッドだけがぬぐわれてる感じ。多少はみ出てるとかはよくあるけど、こういう塗装ミスは初めて見ました。

 ガオガイガーは好きなだけに、これは正直がっくり来たので、初めてバンダイのお客様相談センターに電話してみることにしました。

続きを読む "バンダイさんありがとう。"

| | コメント (2) | トラックバック (0)

強制再起動。電源が落ちる……。8/9大幅訂正。

 えーとなにをどうボケてたのか、自分の環境すらろくに覚えてないもんですね……。いろいろと間違えて書いてたので、大幅訂正します。取り消し線引くとなるとあまりに長いので、あきらかに間違ってるところはまるごと書き直しました。すいません。


 ──ちょっと前からうちのPC、何かの拍子にいきなり再起動くらうという現象が頻発してまして。
 いろいろネット見てると、電源かメモリあたりがどうかなったのかと思ってたのですが、どうやら原因の第一候補が判明。エクスプローラー見ると、HDD2が消えてる。それからも何度か起動したあとに消えたりまた出てたりしてました。

 今の環境で使われてるHDDは三台。現在はどれもSATAで、PCIのSATAインターフェイスカードで接続してます。カードには4ポートあり、eSATAがポート0で内部側にポート1、2、3があります。OSの入ってるHDD1はポート1に、内蔵ベイに入れた2TB のHDD2をポート2に、外付けケースに入れた2TB のHDD3はポート3からケーブルでつないだ別のeSATAブラケットで接続しています。ポート0のeSATAを使わず別のブラケットを使うのは、このカードが一番若いポート番号につないだHDDを起動HDDにするからです。内蔵ポートにつないだHDDから起動させるなら、このカードのeSATAポートは使えません。

 さて、昨日は外付けHDDケースの電源切ったら強制再起動かかったので、てっきりそっちが原因かと思ったんですが、よく調べてみるとエクスプローラーから見えないのは内蔵HDD2でした。PCのカバー開けてHDD外したりいろいろ試してたら、内蔵HDDのアクセスランプがついてないのを発見。
 
 これはHDDが悪いのか。試しに外して、他の外付けHDDケースに入れてポート0のeSATAで接続(OS起動後ならつないでも問題なし)。すると普通に認識し、内容も確認できました。HDDに問題はなさそうです。内蔵HDDなのであとはケーブルか電源か、カード自体の問題しかありません。

 結局HDD2を内蔵のポート2につないでいたのをポート3につなぎなおし、ポート2のケーブルをeSATAブラケットにまわしました。あとついでに今後使わないであろうTVチューナーボードを外し(ちょっとでも電源に優しくなれば)、HDD2につないだ電源ケーブルを別のソケットで接続(意味あるかわかりませんが)。

 そして起動。とりあえず現時点ではHDD2もHDD3もどちらも認識してます。これからもなにもなければいいのですが、電源かメモリが問題だったらまた起こるかも。もう少し延命したいので電源とメモリもなんとかしたい気もしますが、素直に新しいPCを買うべきなんだろうな……XP Proもそう長いことはないしなー。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2011年7月 | トップページ | 2011年9月 »