« RIO:board <ライオボード>、レポートその二。 | トップページ | 知らない間に出てました。BD『去年マリエンバートで』日本版。 »

『電脳コイル』、BD-BOX発売決定。

 NHKにて2007年以降放映された近未来SFアニメ『電脳コイル』が、ついにBD-BOXで発売されることが決まりました。BD-BOXについて、制作ブログも開始されてます。

 放映当時からHD製作だろうからきっとBDで出るはずと待ち望み、DVDは割高だしと買わなかったので、本当にうれしいです。去年だったかBSでの放送時にHD画質だったので一応録画はしておいたのですが、やっぱりBDには敵いませんしね。仕様などはAV Watchの記事が見やすいかと。

 ただ全26話で定価38,500円……ううむ、正直高め。NHKのアニメとしては普通だろうし、角川に較べれば安いほうですけどね。ただamazonだと26%引きで28,749円。さすがamazon、一万円近く値引きされるので、ありがたいです。

 問題は“.ANIME”(ドットアニメ)にて限定版が販売されること。……ちなみにこの特集ページのアドレス、4423.html(笑)

 こちらの“Director's Edition”だけの特典は、限定Blu-ray Disk、電脳コイル大図鑑(仮)36p、磯光雄監督書き下ろし収納BOXとインナージャケット2枚だそうです。限定ディスクの内容は、

 1 NHK特番「電脳コイルSP」
 2 パイロットPV(TAF版)
 3 NHK特番「電脳コイル自由研究」
 4 NHK特番「電脳コイル総復習」
 5 DVD特典「電脳コイルのできるまで」
 ※1,2は初パッケージ化

 「自由研究」とか「総復習」はいわゆる紹介的な総集編(ナレーションやインタビューー込み)です。一応これも録画してますが、確か地上波アナログだったので当然SD。BSでもどれか特番やったはずだけど。

 他に監督セレクトの生原画、先着2,000名に特製ダーツあり。

 これだけあって定価は通常BOXより1,400円高いだけの39,900円(しかも送料込み)。どう考えてもお買い得でこっちで買うわ……なんだけどamazon価格と較べると一万と千円ほどの差になるので、まさに特典にどれだけ価値を見いだすか、なんですよね。通常版とともに発売は11月ですが、amazon同様限定版の予約も今日から開始されてます(こちらは10月11日まで)。先着2,000名のダーツが欲しければ、早く決めるにこしたことはないですがー。

 どーしたもんかなー。9月あたりまではいろいろと予約しててカツカツなので、11月でも4万となるとかなり厳しいんだけど。あと今年中には『とらドラ!』のBD-BOXも出るんじゃないかと予想されてるので、二つともというわけにはいかなくなりまして、これは『とらドラ!』はあきらめるしかない。あちらが初回限定生産でないことを祈ろう。


 ところで今回検索してて初めて知ったのですが、電脳コイル、なんとUMDでも出てました。しかも去年2010年に。今どきなぜにUMDと思ったのですが、これが思いの外安い。全7巻で、1巻につき1,995円。第1巻だけ2話収録であまり安く感じませんが、残りは全部4話収録。もちろん解像度はDVDより低いし使い勝手は落ちるので(PSPでしか見られない)これくらい安くないと駄目でしょうが(一応中古でDVD探しても多分これの新品集めるより高い)。amazonではどれも在庫僅少になってますが、売れたのかね……。

|

« RIO:board <ライオボード>、レポートその二。 | トップページ | 知らない間に出てました。BD『去年マリエンバートで』日本版。 »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 『電脳コイル』、BD-BOX発売決定。:

« RIO:board <ライオボード>、レポートその二。 | トップページ | 知らない間に出てました。BD『去年マリエンバートで』日本版。 »