« ソフトボックスFFスクウェア | トップページ | ハレーの歌(とは言明してないが)第二弾。『銀河の片隅で』 »

昭和のハレー彗星に寄せて。

 ネットの2ちゃんねるまとめサイトで、静岡で昭和の模型などを集めた博物館「静岡ホビースクエア」が開かれたという記事を見ました。スレッド自体はホビースクエアから外れてどんどん昭和後半の懐かしものネタに進んでいきます。まあ出るわ出るわ、どう見ても同世代(か少し上)の思い出ばかり。見てると本気で懐かしい。
 その中に、ハレー彗星の話が出てきてレベッカが歌ってたというのがありまして。まあすぐに否定されるわけですが、これは私も知ってました。実際にハレーをテーマにした歌「星化粧ハレー」を歌ってたのは「ハイ・ファイ・セット」というおしゃれな女一人男二人のコーラスグループ。松任谷由実近辺のひとたちに歌を提供されて歌ってました。

 実は当時この歌の入ったアルバム買ってまして、結構好きな歌だったので覚えてました。もっともシングルでは殆ど売れなかったみたいですけど。私はちらっとCMだかで聞いて、あとはジャケット買いだった気がする。

 上のまとめ記事に貼られてた、シャレた編集映像のYoutube動画。

 ところで、上の動画の関連動画に、驚きの動画がありました。なんと当時のプロモーションビデオ(多分。はじめてみたけど)。何が変わってるって、半分以上アニメーション。しかも歌詞はハレーに託した恋心といったものなのに、ハイ・ファイ・セットの三人が空をわけわからんエイリアンらしいチビ恐竜を車に乗せて、仲間のもとに連れて行くみたいな。もう何が何やら。最後のほうでようやく実写の三人が合成で出たりとPVらしくなりますが、正直これでは売れないだろ。レコードはしゃれたイラストか何かだった気がするので、驚きました。

 というわけで当時のPVです。

 ちなみに作曲は杉真理。彼の歌も好きで、当時レコード何枚か買ってました。
 あ、井上鑑もアレンジャーとして参加してたのか。好きな作曲家二人が絡んでるんだから、好みなわけだ。

 他に調べてると、あるブログの記事にどうも数年前に出たベスト盤CDにDVDが付いててそこにこの歌のPVが入ってたとあります。それからUPされたものかな。amazonにまだありましたが、12点在庫とあるな。ううむ……とりあえず中古で探すか。

 CD&DVD THE BEST ハイ・ファイ・セット(DVD付)

 ハイ・ファイ・セットのころは既にCD時代になっていて、私もテクニクスのポータブルCDプレーヤー買ってからいくつかCD買って、そのうちの一枚がこのアルバムでした。彼らのレコードのジャケット乗せてるページがあったので調べてみたら「INDIGO」だった。この中では「星化粧ハレー」と「星・導・夜」は覚えてるなあ。他は忘れた。

 当時SONYのいくつかのCDはうっすい特殊なCDケースに入ってました。背面は白い軟質プラで真ん中で折れるので、CDが取り出しやすかった。溝などもあってなんかに挿入するような形だったけど、透明の上蓋は普通にあるのであのままで挿入はできないだろうし……なんだったんだ、あのデザイン。


 そういえば解散して随分立つんですが(1994年解散)、途中よくある再結成がされなかった理由は、メンバーの一人、大川茂さんの消息が不明だからだったらしいです。しかも解散後の1995年にスーパーの金庫破り(一人か共犯かはっきりしない)で捕まってたとか……Wikipediaには書かれてないけどこちらの下のほうにもあって本当らしい。そりゃもう出てくる気にはならんわな。薬とかでつかまるのは多いけど、こういうあからさまな犯罪は珍しいなぁ。もっとも今生きていても70前だし、声ももう駄目でしょうね。

 で、一番最初のまとめ記事の動画のところに書かれてたダジャレの意味がここで判明。
 当時この逮捕で話題になってダジャレにされたのが、「ハイファイ窃盗」だったと。……ンガググ。


 ハレーにひっかけた?レコード、実はもう一枚持ってます。そちらの話はまた今度。

|

« ソフトボックスFFスクウェア | トップページ | ハレーの歌(とは言明してないが)第二弾。『銀河の片隅で』 »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 昭和のハレー彗星に寄せて。:

« ソフトボックスFFスクウェア | トップページ | ハレーの歌(とは言明してないが)第二弾。『銀河の片隅で』 »