« とったどー。 | トップページ | HDリマスターの嵐。『ICO』と『ワンダと巨像』 »

凄いぜ、小島プロ。『MGS HD エディション』とトランスファリング。

 カナダのトロントでやってるE3にあわせて先日コナミから発表されたのが、PS2用ゲームやPSP用ゲームをHD化したHDコレクションです。ちょうど同時期にカプコンからも『モンハンP3rd HDver.』も発表されてますし、SDゲームのHD化の波が来てますね(海外メーカーから既に発売中の『ゴッド・オブ・ウォー』が先鞭をつけた感じですけど)。
 その中でも怒濤の如きラインナップの中心が『メタルギアソリッド』の小島監督率いる小島プロダクション・チーム。PS2で発売された『MGS2』と『MGS3』を一緒にした『MGS HDエディション』、PSPで発売された『MGS PEACE WALKER』をHD化した『MGS PW HDエディション』。そしてPS2で発売された『Z.O.E』と『Z.O.E ANUBIS』を一緒にした『Z.O.E HDエディション』。なんというラインナップ。どれも人気作でなおかつ実に出来のいいゲーム(だと思う)。リメイク?ものは大ブレイクはなくとも、確実に売れますしね。

 そしてそれにくわえての売りが、トランスファリングなのでした。

 トランスファリング─TRANSFARRING─というのは、小島監督の造語だそうです。トランスファーとリングかな? 詳しくは以下のムービーで小島監督が直に説明してくれてます。いやー、この動画が笑えて笑えて(笑)

 小島プロのE3特別ページに入ると、いきなりこの動画が入るので驚きました。前半からトランスファリングの説明ムービーあたりが笑うポイントですが、一応動画の内容はちゃんと今度のHD化シリーズの商品説明とトランスファリングの説明になってます。

 トランスファリングを説明すると、PS3とPSP(もしくはNGP)のゲームのセーブデータを同調、共有させ、同じゲームをハードに関係なく続けて遊べるシステム。たとえば『MGS PW』の場合、PSP版をプレイしたあと家に帰ってからセーブデータをトランスファリングでPS3版に転送、PS3版の『PW』でプレイすることができると(当然逆もあり)。その場合元のセーブデータはロックされ、不用意に消されたり上書きされないようになるとのこと。まあ転送時にややこしくなりますし、セキュリティとかの問題もあるんでしょうね。先日発表されたPS3用『MHP3rd HDver.』もセーブデータのリンクはできるようですが、同じようなものかは不明。

 しかし一番の違いは、『MGS PW』の場合、なんと新たにPSP版を買わずともHDエディションにPSP版のダウンロードができるプロダクトコードが付いてくるということ。一粒で二度おいしいですよ? まあトランスファリングの基本である遊ぶ場所を選ばないということを考えれば至極納得できるわけですが、いや実に太っ腹(情報が出てないので、多分カプコンのモンハンP3rdはしないと思います)。BlueRayDiskのいくつかに、PSP等に転送できる小サイズデータが入ってたりするのと同じですね。
 他にも『MGS 2+3 HDエディション』にはPSで出た初代『MGS』のダウンロードのコードも入ってるそうです。監督によれば最初トリロジーとしたかったのだけど初代はPS用なのでさすがにHD化させてもクオリティが上がらなかったとか。それでPSNで発売しているアーカイヴスのMGSを遊んでもらおうということらしいです。ほんとに太っ腹! 『Z.O.E』はさすがにそういうのはありませんが、HD化した本編それぞれにもトランスファリングが乗るそうです。何とリンクするかといえば、PSPではなくNGP。NGPが出た暁にはPS3版のこれをそのままNGPで遊べるようになるとかならないとか……まじか。まあそこらへんはまだまだ予定なんでしょうけど、PS3のデータが少しの改変で動いたらしいのであながち嘘ではなさそう。もしかしてその場合も、NGP用のゲーム本体は無料でダウンロードできるんだろうか? いやもう脱帽ですよ。

 カプコンも見習ってくれたらうれしいんですけど、トランスファリングの場合、二台のハードで同時にゲームするわけじゃないので許された気もしますね。モンハンの場合も同様にしてもいいとは思いますが、同じ家で二人以上で遊ぶとしたら、セーブデータのロックされて遊べないんじゃ意味ありませんし。まあその場合、普通にPSP版を一台分買っていれば問題ないのかもしれませんが。そういや『MHP3rd』のダウンロード版が出たらどうなるんだろう。
 ちなみに先月購入した『涼宮ハルヒの追想』というゲームはPS3版とPSP版が出たんですが、なんとこれもセーブデータの同調機能があるそうです。ただこれ二つともわざわざ買って屋外と屋内とで遊ぶやつはそうそういないと思いますが……。これ以前にアドベンチャーゲームで既にこういう機能をつけたものがあったと聞きますが、それも当然二つ買わねばならなかったんでしょうから、使ったひとは少なかったでしょうね……。

 なおHDエディションはXBOX360でも出るそうですが、携帯ゲーム機のないMSサイドでは当然トランスファリング機能はついてないそうです。まあさすがにXBOXとPS3でデータ共有しても意味ないですわな(最初からどっちかでやればいい話で)。同様にダウンロードコードも無し。落とす意味ありませんからね。初代はそもそも移植になるわけだから始めから作って入れればいいわけだし(しないようですが)、PWはHDエディション自体が移植だし。ただ海外版ではHDコレクションとして『MGS2』と『MGS3』と『MGS PW』はひとつで売るそうで(PS3もXBOX360も)、日本版は割高ということになります。

 話かわってHD化は、単に低解像度のものを高解像度にしたりPSアーカイヴスのPS用ゲームのようにエミュレーションしてるわけではないそうです。ちゃんと元のモデルなどを再レンダリング、解像度を上げた分似合うよう作り、画面をワイド化し、『PW』などは音声も再調整したとか。最近あいついで発表されてるHD化はどれもそういうのをちゃんとやってるようで、まさに言うことなしですね。初代PS3にはPS2の機能もあって動かせますが、さすがに解像度が違うのでゲームによっては目立つジャギーが出たりします。そういうのがないだけでもうれしいところですが、そもそも今のPS3ではPS2ゲームが動かないのでPS2エミュレーションの代わりという意味もあるんでしょうがね。

|

« とったどー。 | トップページ | HDリマスターの嵐。『ICO』と『ワンダと巨像』 »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 凄いぜ、小島プロ。『MGS HD エディション』とトランスファリング。:

« とったどー。 | トップページ | HDリマスターの嵐。『ICO』と『ワンダと巨像』 »