« 日本に住んでいて文化的生活をする者はすべからく傘下に入るべし。 | トップページ | 『ニーア・レプリカント』の作曲家と歌手から被災者へ。 »

どっちもどっちも。最後に追記アリ。

 『海江田経産相 消防庁隊員に対し「速やかにやらなければ処分する」』

 まじか。

 猪瀬直樹のブログの記事『福島原発の放水活動で東京消防報告。今後の教訓にしたいこと。』もあるし、政府関係者がこう言ったことは確かでしょう。安全な場にいて現場の詳細も仕事の内容も機器のスペックと実用範囲も知らない人間が言うことか。

 しかも素人目でも連続7時間放水とか大丈夫かと思ってたら、やっぱりポンプ車が壊れてたそうで。ディーゼルエンジンが焼きついたとか……大体予想できると思うんだけど、予想できないのが政治家か。あと海からの給水ホース、ガレキが邪魔なので長いルートにしたんじゃなかったのか。あれも外の指示か……。
 あ、あと涙流して慰労したらしい都知事さんですが、その決死の男気には涙しても被災者には涙しないのかな。


 さて海江田経産相が言ったかどうかは、実は時事通信社の時事ドットコムのニュースが消えてるのでなんとも言えず。ソースがはっきりしてなかったのか、問題ありと引っ込めさせられたのか……いずれにしろこれはこのままじゃ済まないんじゃないかなぁ。実際に発言があったのは確かだろうし、名前も一度出てしまった以上。もっともソースがネットだけなので、今後新聞社とかがそれを追求するかどうかは……。

 なんにしろ、消防庁、自衛隊の原発の作戦に関わったひとたち、その家族に対して土下座しろといいたいわ。誰かしらんけどさ。

 続きに少し追記。

※22日0時過ぎ追記。こちらの記事にありました。海江田ソース。社会のほうだったか。現時点でアクセスランキング、社会・総合ともにトップです。
『都知事、消防隊への圧力に抗議=原発放水「速やかにしないと処分」-海江田氏発言か』

 あとついでに。
 『ガソリンタンクが無いならむき出しでいいじゃない バカ民主議員、プールにガソリン貯めろと提言』
 まあ冗談だと思っておこう。法律しらなくても、ガソリンが危険物ということすら頭にないようだけど。これはまあ普通に失言でいいが、

 『「この地震、本当に起きてよかった」大阪府議長が発言』
 こちらはもう都知事と同じ思考しかないですね。「天罰」と「天の恵み」と言葉上は反対の意味ですが、発想の道筋が同じ。自分に利する追い風としか思ってない。「言葉は悪いが」と断ってるけど、「地震が起こってよかった」なんてのは普通の発想じゃ出てきませんよ。被害が全くなかったというならともかく(無論当人には被害はないでしょうよ)。
 ※3/23追記。来月の府議選での自民党公認取り消しになったそうで、本人も立候補取りやめにするかもしれないそうな。
 この災害で乾電池や災害向け商品が売れたからよかったなんて思う商売人、いるのかねぇ……まあいるか。乾電池に100倍以上の値を付けるバカとかいるわけだから。


 この震災でわかったことといえば、やはり津波の怖さ。今回の津波で壊滅した街がいくつもあるそうですが、中でも田老町(現在は合併し、宮古市田老地区)はかつての地震で津波に何度か襲われたということで、巨大な防潮堤を作った町です。こちらのブログに田老町へその防潮堤などを観に行ったひとの記事が。写真で見ると確かに大きい。しかしこの地区も今回の地震で壊滅的な打撃を受けたようです。地域は違うかもしれませんが、同じ宮古市に出張に行って災難にあわれた人の記事をみても逃げるのはギリギリだったようですし。

 先日地元のTVの震災関連の番組で、ここ同様にかつて津波にあわれた地区でその後高台への避難路の整備、避難所というか避難台?の設置をしてるというのを見ました。そこは山肌にかつての津波の痕が残っていてそれによると最大30mクラス(戦後のではなくずっと昔)だったとか。そんなわけで避難台もそのレベル。それを考えると、田老地区の防潮堤はあくまで10mで、かつての最大の津波(確か20mは超えてたらしい)すら止められません。素人考えでは今回の津波の勢いは多少押さえられたかと思うけれども(但しTVなどでも言ってたけど、どちらかというと沖の防潮堤がメイン)津波自体はまず止まらないレベルだった……ようです。しかしそれがわかったからとて、「起きてよかった」とは言えませんよね。津波対策が万全ではなかったとしても、津波への防災意識のおかげで先の出張した人なども助かったのでしょうし、他の人々も他県の者よりずっと逃げられたでしょう。地震のときは井戸を見ろという先人の教えで助かったひともいたそうです。

 他の地区では津波被害に逢ったあと高台に集落を作ったところもあります。結局のところこれも専門家の一人が言ってましたが、そういう場所から離れることが一番なのでしょう。車で港へ通うかたちであれば、生活基盤まで消え去るということはないでしょうから。

 もっとも今住んでる人誰もが引っ越しできるわけではありません。やはり避難所をよく確認しておき、すぐ逃げられるかシミュレーションしとくのも必要でしょうか。元海の底で軟弱地盤なうちの店ですが、幸い近所に5階以上の建物が数棟あります。一番近い地区図書館の入ってるコミュニティセンターは新築鉄筋コンクリート6階建てですし1分もかかりませんので、店が倒れさえしなければすぐ走って逃げられるのはありがたいところ。6階建てではまだ危険かもしれませんが、病院はさすがに犬連れては入れないだろうしなぁ。まあ店が倒れなければ、品物が落ちてきて挿まれたり大怪我しなければ、ですね。

 動画オマケ。
 今回の震災での液状化現象。場所はわかりませんがコメントによると浦安? 歩道の境目で割れて、歩道全体が横に動いてるのが凄い……。

|

« 日本に住んでいて文化的生活をする者はすべからく傘下に入るべし。 | トップページ | 『ニーア・レプリカント』の作曲家と歌手から被災者へ。 »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: どっちもどっちも。最後に追記アリ。:

« 日本に住んでいて文化的生活をする者はすべからく傘下に入るべし。 | トップページ | 『ニーア・レプリカント』の作曲家と歌手から被災者へ。 »