« 訃報。Frank Drebin ことレスリー・ニールセン、ご逝去。 | トップページ | ハンターでないのにはんたーずもでる持ってるなんて……。 »

ブースターは、いつも必要とは限らない。特にCATVでは。

 先日、二階にブースターをつけても一階の地デジ視聴に効果なかった件の続き。

 前回は、二階の途中にブースター挟んだものの、一階の地デジのアンテナレベルになんの効果もないどころか逆にほんの少し不安定になりブロックノイズが増えた、で終わってました。が、実はその後二階のアンテナレベルもなんか不安定(まあこれは初めて液晶TV置いたときからなんですが──これ後々重要)なうえに、なぜか三階のうちのtorneでも二階一階と同様にとある民放一局(ぶっちゃけ高知さんさんテレビ)がまともに見られないようになってました。torneにはアンテナレベルの確認という設定がないので実際にどれくらいのものかはわかりませんが、視聴モードでさんさんテレビに入ると番組名は出るもののそのタイトルのままで内容の映像が全く出ないかやっと出てもブロックノイズだらけですぐ消えるかのどちらか。自室には他はアナログ受像機しかなく、アナログTVやアナログのRD-X5では特に視聴に問題はありません。

 どうにもよくわからないので、できるのは屋上のアンテナやCATVのラインからTVまでのなかで、交換できるものは交換するくらい。といっても壁の中のケーブルは時代的に取り替えが難しいつくりなので、とりあえずデジタル放送には当然対応していないアナログ時代の屋外ブースターをどうにかするか、室内の壁のTVコンセントやケーブルを5C-FB他に変えるか。そこらへんを考えていたところでした。

 さて、話かわって昨日は、TVにつける直前の分波器を買ってきて自室の壁からTVに伸びたアンテナコードを作り直していました。ここらへんも古いもので、ケーブルを直に剥いてネジ止めする器具ばかりでしたので。むき出しなので酸化もしやすく、ひっかかったりしたとき強く引っ張ると抜けるような器具です。

 ネットで色々調べていたら、ダブル分波器というものがありました。買ってきたのは電気の延長コードのテーブルタップのようなつくりの日本アンテナの製品「ダブル分波器 STSW2D」。壁からのケーブルを入力側につなぎ、中で分配と分波して二種類二系統で出力(VHF/UHF出力が二つにBS/CS出力が二つ)する、それぞれがF型コネクタータイプの分波器です。CSの高周波数まで対応するものなので、今後TVの信号が色々変わっても大抵のことには対応するかと。

 この製品の利点はまず全コネクターがF型接栓対応なこと。ねじ込むので接触不良がおきにくいし、ケーブルを少し引っ張ったくらいでは抜けません。コネクターしかないので、ケーブルの長さは必要に応じて自分で選べます(当然自作しても可)。実際ケーブルはF型接栓で閉じておいたほうが、滅多にないでしょうがあとあと必要な長さが変わったときなど再構成時の交換等が簡単なのでお薦めです。裸に剥いてネジで止めてると付け外しにドライバーがいるし、むき出しだと酸化もしやすいので。
 あと分配器は二つとか三つに信号をきっちり分けるのであまり使うと減衰も大きいらしいですが、これだと内部で分けるので分配器一つと分波器二つ使うより減衰が少しでも押さえられるとか。ちなみに分配器は分波器代わりにしてUHFとBS用にそれぞれつなぐこともできますが、減衰が大きいため素直に分波器を使って入力したほうがいいそうですよ。

 他にはサン電子からもダブル分波器が出てます。「ノイズカット ダブル分波器DSP-77FW-P」。こちらの特徴は分波器本体からの出力がF型端子でなく短いケーブルだということ。入力側はF型コネクターなので「STSW2D」と同様に自分で選べますが、どうせTVやビデオデッキの裏に置くのだからと出力側は短めの70cmケーブルが直に付いてるわけです。本体がシールド構造でごついわりにケーブルは細かったりしますが、これくらいの長さだとさほど減衰もないだろうし三重ケーブルでノイズ対策もされてるそうなのでまず問題はないかと。ケーブルが切れたときに交換はできませんが、手軽だし短いけどケーブル四本付きと考えれば値段はかなり安いです。うちは箱買いしたケーブルがあるので「STSW2D」のほうにしましたけど(出力側のケーブルの長さも変えられますので)。

 ダブル分波器はあちこちでアースソフトのPT2にお薦めとありましたので、覚えのある方にはお薦めします。なんでもSTSW2Dに短いケーブル自作して最短距離で付ける方もおられるようですが、5Cあたりだと太過ぎてあまり短くすると取りまわししにくくなるので注意。

 そんなわけでこれに使うために、壁からの一本と分波器から二本分あわせて三本のケーブルを作って、前に使っていた5C-FVのケーブルとむき出し止めの分配器と分波器等と交換しました。あとで見たら途中分配して出してたFMチューナー用のケーブル忘れてたんで、これはRD-X5あたりのアナログ出力から取るかな。

 で、この新しいケーブル、壁側のコネクターはL字型のプッシュプラグ(押し込むタイプ)付けたんですが、これ結構きつめのやつなのに最初付けたときなぜかアナログ画面にノイズが……。もしかして壁の中の接線(TVコンセントの裏側の端末、古いやつなので裸ケーブルのネジ止め式)の問題かもしれませんが、差し直してたら直りました。そういえば、古いケーブルは同じようなプッシュプラグでしたがゆるいやつで、途中の分配器や分波器の接続は書いた通りむき出し線を挟むだけとか結構甘いものばかり。ちょくちょくノイズ混じってたのはあのせいだったか……やっぱりF型接栓のほうが確実かなー。直すか……。


 さてただ壁の接続の調子が悪いだけでもこんな風になります。デジタルの場合はブロックノイズが出るか、一気に消えるかの違いですが、しかし一階と二階の壁のコンセントは変えたしF型接栓にもしたので屋内のコネクタ部分での障害はほぼ考えにくい。とすると、やはり残るは屋外。屋根の上です。

 そんなわけで屋上へ登ってみました。実は今回の本題はこれから(前振り長いわ)。

 三階のベランダからハシゴ立てて一番上へ。今は使われてないUHF等のアンテナを付けたマストには古い混合器やブースター、分配器などがつけられています。見るとブースターはマスプロの古いもので、ケーブルは剥いてネジ止め。内部には各信号のゲイン用つまみと入力混合スイッチとFMカット・スイッチはあるけど、減衰器(アッテネーター)のスイッチはありません。前回の室内ブースターの件で調べたところ、アンテナレベルは信号の強さではなく信号の品質のレベルなのでブースターで強化してもアンテナレベルが上がるとは限らないとあり、実際にブースター付けても改善されなかったという例はいくつもあります。そういうときにはアッテネーターを挟むとよくなることもあるとあったので、それを期待してたのですが……(伏線その一)。

 ケーブルを見ると、電信柱から来てるCATVのケーブルは保安器を通じてそのままブースターのUHF/VHF混合入力に。BSアンテナは自前で設置した物で、そこからそのままブースターのBS/CS入力に。ブースター内部で混合されて出たケーブルが、直下に付けた屋外用二分配器で分配され、一本は二階の寝室経由二階の和室経由一階居間へ。こちらは建築当時に引き込まれた黒いシースの5C-FVケーブル。もう一本の白いシースのS-5C-FBはそのまま三階へ。二十年ほど前に地元に戻ったときに、家にBSアンテナ付けるついでに新たに自室へ引き込んだもので、ブースターや二分配器もそのころ変えたもの。ちなみに同時期のはずだけど、ブースターと違い分配器はF型接栓での接続でした(安い型落ちブースター買ってきたのかも)。
 ブースター以下のこれらは全てCATVがつく前のシステム。CATVは数年前にTVの中継局方面に十数階建てマンションが建って陰になるため、難視聴解消でこちらは無料で契約しました。設置は当然CATVの業者がやってきて施工しました。ただ屋上の自前のシステムから地上波のケーブルを抜いて、そこにCATVのケーブルを組み込んでいったんですけどね(伏線その二)。

 実は上がる前にふと思いついたのが、そもそもCATVの信号はどれだけ弱いのか?でした。よく考えたらブースター付けたのは自前のアンテナのためで、CATV付けたときに業者がそのままつけてたけど信号とか計ってた覚えもない。業者は確かCATVのケーブル引っ張ってその信号だけ見てたのです。BSは二階にブースター着けたら一階が劇的に上がったので、屋外ブースターだけでは駄目なことはわかる。でもCATVは? 二階で信号強くしたら逆効果なんだったら、むしろ屋上のブースター外したらどうなるんだろう。
 そんなわけで短いケーブルと中継接線持っていって付け替えて試すつもりで上がったら、ブースターにはケーブル直結で先がF型接栓ではないので使えずがっかりした! ……んですが、そこでブースター内部見てまた考えた。見るとBSもそうだけどVHFもUHFもダイヤルは最大に回してました。BSは確かにこれでも足らなかったんですが、まてよ、アッテネーターなくてもゲインダイヤル下げたら10dBくらいは下がるんじゃ……で下げてみたんです。
 屋上に上がる前、一階のTVをあらかじめ映りの悪い「さんさんテレビ」に合わせてアンテナレベル表示状態にし、母に数値見るように頼んでました。そこで一階に電話し、ダイヤル最大から最小まで動かす前に、アンテナレベルを見て読み上げてくれと言ってからダイヤルを回します。じわりじわりと下げてから聞いてみると……当初のそれまでのアンテナレベルは36くらいでブロックノイズがちょくちょく出る状態。しかしなんとダイヤルを半分くらいに下げたところ、レベルは56に! 推奨レベルは40くらいなので、これで全く問題なし。二階にブースター付けたときのBSと同じ劇的な変化です。

 ついに成功です。ヤッター!!ヽ(´▽`)/
 (いや別に両手あげて叫んだりしません。心のうちで快哉をあげただけ)

 追記:あとでよく見たら、CATVのアナログ放送ってVHF帯域で全部送られてました(地元UHF局なども変換してVHFで流してた)。だからアナログで見る分にはダイヤルがmaxでも一階じゃ足らないくらいだったので、maxにしてたのは当然。そしてそもそもCATVの無料アナログ放送にはUHF帯域での放送が基本無いので、UHFのダイヤルは変更せず。ところがデジタル放送だと元の信号で十分すぎたため、ダイヤルはちょっとだけ回す程度でよかったわけです。
 TV視聴をデジタル化する際には、旧来のシステムを使うにしても、隅から隅まで新規に付けたつもりでチェックすることが大事ですね。


 さて、二階寝室のTVも同様にアンテナレベルがアップしてました。大体60から66くらい。三階のtorneも試してみたところ(アンテナレベルはないのでわかりませんが)ブロックノイズは皆無になりました。ただなんかざらつくような圧縮による?ノイズは増えた気もしますが。torneで見ると汚い地デジ番組多いのよね。

 ダイヤルを最小にしてもあまり変わらなかったので、三階での状況も考えて(室内でデッキとかtorneとか分配先が多い)1/3~1/2のあたりにしておきましたが、いやまさか本当にブースター付けたため信号品質が落ちていたとは。BSとかかなり減衰してただけに、一階までのラインでCATVの信号にブースターがほぼ必要ないとは思いませんでした。まあBSの場合はより高周波数でケーブル品質もそれほど高いものではないから減衰が大きいのかもしれませんが。てか明らかに二階のブースター、CS・BSラインブースターだけで十分だったよね? わざわざいいの買い直したのに、2,500円くらい損したってことですな。分配器にも使えるので三階で使いたいくらいだけど、一階のためにBSブースターは必要だしなぁ。

 アンテナレベルが低い場合の対策はまずアンテナからというお約束は知ってたものの、CATVの場合はまずCATV入力の信号レベルから対策しろってわけです。もっとも液晶TV買ったときにも地上デジタルの映りが悪いとCATVの業者に見てもらったんですけどね。そのときも信号など特に調べもせず、保安器に付けてたアッテネーターだかを外しただけでした。ちゃんとブースター前後で信号強度とか調べてくれればわかった気もしますが、そんなもの持ってなかったもんなー(多分)。まず最初にCATV付けたときに安易に最初からあったブースターつけてしかもレベルを最大のままにしてた業者もアレだけど(上に追記しましたが、最初はアナログ放送視聴だったのでブースター最大で合ってた)、素人が最初からわかるわけもないわなこりゃ。

 結論。タイトル通り。三階の屋上から一階までくらいで地デジ観るだけなら、普通にCATVは見られます。5Cなら古いFVでも問題なし。BSデジタルの場合はFB以上でなおかつ中継器とかあまりないほうがいいだろうし、ブースターも必要かもしれません。インターネットとか使う場合も同様。
 信号強度がわからない場合は、ブースター付ける前と後のアンテナレベルも調べるべし。CATVの場合そもそもCATVが引き込まれた部分では十分な強度があるはずなので、問題はそのケーブル以降と思え。既にブースター付けてるけどアンテナレベルが上がらない場合は、簡易的ではあるがケーブルと中継器を用意してブースター無しで直結と、ブースター挟んだとき(ゲインは最低)と、ブースターありでゲインあげたときで較べてから、ゲイン上げたときのほうが良いならブースター変えろ。ただしその前に接続はできるだけF型接栓に交換の上、壁のTVコンセントもちゃんと今のやつに変えてからね。
 うちみたいに最初からブースターついてると気がつきにくいので注意。トホホ。

|

« 訃報。Frank Drebin ことレスリー・ニールセン、ご逝去。 | トップページ | ハンターでないのにはんたーずもでる持ってるなんて……。 »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ブースターは、いつも必要とは限らない。特にCATVでは。:

« 訃報。Frank Drebin ことレスリー・ニールセン、ご逝去。 | トップページ | ハンターでないのにはんたーずもでる持ってるなんて……。 »